最強おひとり様ライフ

つれづれなるままに…こわいものなしのおひとり様の生態観察


テーマ:


二人分のプレゼントを買いに洋服屋さんに行きました。
柄タイツとニットに決めてレジに行き
「それぞれプレゼントにしてください」
と言うと
「ご一緒にお包みしますか?」
と言う
はあ~?!( ̄□ ̄;)
と思いつつ言葉を変えずに
「それぞれプレゼントにしてください」
ともう一度言うと
あろうことか
「2点ご一緒にお包みでよかったですね?」
と向こうは言葉を変えて私に言った。
意地悪な私は言葉を変えずにもう一度
「それぞれプレゼントにしてください」
と今度はちょっと強めに言った。

それでも理解できない店員に
「そ・れ・ぞ・れ!」
と言ってやった。

大丈夫か?(-_-;)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


筥迫(はこせこ)を作りました。
宮迫じゃないょ( ´艸`)

筥迫とは、花嫁が打掛の胸元の合わせに差し込んで用いる
箱状の装飾品。
もともとは実用的な用途があったのでしょうが、現代では装飾品として婚礼衣装に欠かせません。
ちなみに七五三の女の子の祝着の胸元にも小型のものを差し込んで用います。

来週結婚する友人のために作りました。
彼女はお色直しにお母様のお振袖を着ます。
とっても素敵なお振袖がより花嫁衣装らしくなるようコーディネイトを考えました。
白の袋帯、白の丸ぐけ、金刺しゅうの半襟
そしてどうしても花嫁アイテム「筥迫」を使って欲しくて手作りしました。

どうか彼女がその日、幸せな花嫁になりますように♪
願ってやみません:*:・( ̄∀ ̄)・:*:




ま、言える立場じゃないんですが(^▽^;)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



どなたか分からないが
同業者の方が渾身の力を振り絞ってお着付けしたであろうと思うと
大変申し上げにくいのだが
この着付けはいかんともしがたい( ´(ェ)`)

どうしてこんな残念な着付けになってしまったのか
同業者でなくとも
着付けをかじったことのある方なら違和感を覚えたはずである。

襟元に見える「半襟」と呼ばれる白い部分がまったく見えてないのだ!
一番顔のそばなのでここは特に重要な部分なのに。
この半襟というのはきものの前に着る「長襦袢」と呼ばれるものに付属するもので
この長襦袢をいかに正確に着る(着せる)かが全体の仕上がりを左右する。

半襟を左右対象に、キチンと正中を通して合わせることが重要なのである。
半襟が歪んでいるといくらきものを正しく着せようとしてももうどうしようもないのだ。
また帯揚げ、帯締めなどの中心にくるべき結び目はすべて半襟に合わせて正中を通さなければならない。
「半襟」が着付けの肝と言っても過言ではないのだ(`(エ)´)ノ_彡

半襟の見せ具合は好みもあるが
(たとえば中村珠緒は衿合わせはゆったり、半襟はかなり細く見せている)
好みだけでは済まない「決まりごと」もある。
きもの(着付け)の世界と言うのは往々にして「決まりごと」が付きまとう。

半襟(長襦袢)の衿合わせは若い人ほど深く合わせる。
(花嫁姿を思い出して頂きたい。まっ白い衿がしっかり重ねられた姿を)
衿合わせは年を重ねるほどにゆったりと、合わせ目を下げていく。
振袖を着るミスならば花嫁同様、のどの窪みを隠すぐらいしっかり合わせて欲しい。
衿合わせをしっかり合わせれば自然と半衿はたっぷり見えてくる。

また半襟に刺しゅうやビーズの装飾などが施されていれば
なおさら半襟をたっぷり多めに見せる。

吉田沙保里の半襟がどんな半襟だったか知らないが
つーか見えてなくてわからないからヽ(`Д´)ノくわっ
装飾なしの白半襟だったにせよ、もう少ししっかり半襟を見せて
若々しいお着付けにしてあげたらよかったのにと思う。



ついでにゆーけど
帯結びも全然だめ!
「ふくら雀」だと思うけど
吉田沙保里の身長にしては左右の羽が大き過ぎ。
羽がピッと背中から離れているのもおかしい。
今にも飛んで行きそうょ(x_x;)
前から見て肩から出ない長さに羽を取り
もっと肩に沿わせるように形作ってあげて欲しかったゎY(>_<、)Y

もひとつ言わせて頂くと
帯揚げもダメ(´_`。)
吉田さんくらいの身長の人だと
帯に帯揚げがかかってしまうと
帯巾が細まり、短足に見えます。
「ふくら雀」結んだのなら
帯揚げだけ変則的なことをしようとせず
せめてすっきりと「いりく」にしてあげたらよかったのにと思う。

あぁ、残念(TωT)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログを読み返すと

へぇ~そんなことあったんだ

へぇ~そんなことしてたんだ

へぇ~そんなとこ行ったっけ?

もう、まるで人ごとである。

あらゆることを忘れ去っているので

初めて読むかのような追体験・・・

風邪をひいていたとか

誕生日だったとか

誰がどうしたとか

ほんとに

人と言うのは忘れる生き物だ。

とくにわたし

ブログに書いておいたお陰で思い出せることもあったり

気付くこともあったり

懐かしいこともあったり

書いててよかったと思う。

この機会に読み返してよかったと思う。

あの時こんな風に思ってたんだ

あの人今どうしてるんだろう

あらこのころは真面目だったなとか


人はうつろうものなのね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
そんな訳で

映画のレビュー、ニュース・話題などの記事を除くすべての記事を読み返した。

いや、読み返そうとした。

最新の記事から読み始め

飽きたら

一番古いのから読んでみたり

姉の記事だけを読んでみたり

何度も両手を上げて降参白旗(降参)しそうになった

ただでさえとりとめのない

なんの脈絡もない膨大な文章を

あっちこっちから読むという

訳のわからないことをしてしまっていたために疲れてしょうがなかった。

でもでも

わたしって面白いこと書いてるよね~

あはははは~~~~



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんはブログの書籍化を考えたことがあるだろうか

そもそもわたしはブログを書き始めたきっかけが
「鬼嫁日記」だったので
はじめから書籍化を目標に書いてきたようなものだ

と言っても
書き始めた当初こそブログタイトルの「おひとり様」の姉を切り売りすることで
「おひとり様の日常」に一貫した記事を書いていたのだが

ついつい
日々のできごとや
くだらないブログバトンや
気になったニュースや話題
好きな映画のレビューなど

「おひとり様」とは関係ない記事も増え
そのうち姉のことには触れなくなって数年経ち
ついには記事すら書かなくなってしまっていた

そんな今日この頃
うっかり目にしたのが「ブログ書籍化の募集広告」

今まで何回か同じような広告を目にして
そのたびにエントリーしようとフォームを開いて入力するのだが
難しいことを聞いてくるので途中で力尽き
応募に至ったことはなかった

だけどもだ・け・ど
今回は最小限の情報で応募することができたために
ポチっと応募するに至ったのです。

そうしたら
担当の方から
「このままでは情報が足りません」という内容のお電話を頂いた。
あら、やっぱり・・・
選択肢がある項目は選択したけど
それ以外の補足説明を入力すべきブランクは空白のままだったから

テーマもごちゃごちゃしているので
どこを読んで欲しいのかを絞ってくださいというようなこともおっしゃられた。

ごもっともでございます

そしてわたしはこの数日
自分のブログを読み返すという
かつてない苦行を強いられたのです





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秘密のケンミンSHOWを見ていたら




北海道のヨウカンパンを紹介していました。




要は羊羹のかかったパンパンなのですが




北海道では大人気音譜




給食にも出るらしいのですが




ヨウカンパンなんてまったくもって




見たことも聞いたこともありません。










食べてみた~いっラブラブ










そうだ!




お姉さまに買ってきてもらいましょドキドキ








そんな訳で




即、姉にメールしました。
















私:





タイトル/土産





本文/ようかんパン買ってきて。






るるぶ北海道’09~’10 (るるぶ情報版―北海道)



¥880

Amazon.co.jp




旅ボン 北海道編/ボンボヤージュ



¥1,365

Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。