性と生を考える会 taroのブログ

奈良でささやかに継続してきた私たちのつれづれ…


テーマ:

 

ハンセン病フォーラム

「それでも人生にイエス、か?」

 〜ハンセン病の終末を迎え、入所者の皆さんと共に考える〜

 

お知らせをいただいたので、ご紹介。

奈良市には、ハンセン病快復者の方も共に作られた

「交流(むすび)の家」という家

=ハンセン病快復者の社会復帰セミナーセンター

があります。

ここの建設運動を始め、国内外で活動をされている

「FIWC関西委員会」が主催でフォーラムが開催されます。

当日は、快復者の皆さん(入所者の方、社会復帰された方)やご家族、関西委員会の方たちがお話されます。

総合司会:徳永進さん(関西委員会、野の花診療所)

特別ゲスト:樹木希林さん

 

日時:6月24日(土)13:00〜16:00

場所:大阪YMCA国際文化センター(土佐堀)

会費:1000円(要申し込み)

 

◎詳細、申し込み等は

 FIWC関西委員会(検索してね)

 

◎チラシより

日本のハンセン病の歴史は、国民の努力による解決という方法を取らず、時が過ぎ去ることによる消滅、という方法で幕を閉じようとしているように思われます。

平均年齢85才となった元患者さんたちは今、何を思っておられるのか。その言葉にみみをすまし、改めて、私たちの前に置き去りにされている問題について、考え合いたいと思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

講演会「自分らしく生きる」

講師:田崎智咲斗

性的マイノリティの視点から「自分らしく生きる」を語ります。

 

日時:2月 7日(火)10:00〜11:30

   2月28日(火)10:00〜11:30

 ※どちらも同じ内容です、ご希望の日程でどうぞ

 

会場:NP法人きららの木 華で厳る(生駒市壱分町11-7)

参加費:無料(先着50名、事前予約制)

 

申込:TEL  0743-21-1107

         FAX  0743-21-1108

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今頃ですが、昨年の振り返りと、新年のご挨拶。

 

昨年2016年、性と生を考える会では、

 

1、久しぶりの自治体回り、

 奈良県庁と県内39自治体を回り、要望書を提出しました。

 

2、エンディングプロジェクトでは、

 「マイノリティとおひとりさまの老後」をテーマに、

 5回の学習会(うち1回はサロン形式)を開催。

 

3、12月には、恒例の年末サロン(兼学習会、兼忘年会)を開催。

 

4、冊子の増刷

 「教職員のためのセクシュアル・マイノリティサポートブックVer.3」と

 「私たちはここにいる 性的マイノリティの声:奈良県版 第2版」

  を当会で増刷しました。

 

5、講師派遣

 学校関係、保護者会、人権教育推進などの研修に行かせていただきました。

 

6、展示に参加

 人権関連イベントに展示で参加しました。

 

その他、もろもろ・・・、いろいろありました。

ご参加くださった方、ご協力くださった方、

本当にありがとうございました。

 

性と性を考える会も18年目、

「ちがい」と自分らしさ、地域性と具体性を大切に、

今年もコツコツ頑張ります。

また1年、どうぞよろしくお願い申し上げます。

みなさまにとりまして、幸多い1年でありますように。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。