英検ライティング

テーマ:

最近は英検の本番前ということもあり、対策にあたることが多いです。

当塾でも英検対策を行っていますが、みなさん英作文に苦労しています。2017年度第1回の英検から「3級」以上にライティングテストが導入されています。これは文科省が推進する「読む・聞く・書く・話す」の4技能を意識した変更となっています。対策として、「決まったパターンを覚える」という勉強法もひとつの手ですが、表現力という点でいつか壁に当たると思います。そこで、オススメしたいのが日頃から英語を書くということです。

 

具体的には「日記」です。

簡単な英文でもいいので毎日日記を書いてみてください。

 

中学生であれば、

I got up at seven this morning. I ate bread and a fried egg for breakfast.

Then I went to the park to play soccer with my friend. It was fun.

 

くらいのレベルからで大丈夫です。間違えも気にしません。毎日続けることが大事です。[1]

同じような文でも日々書くことで表現力が上がると思います。さらに研鑽を積み、最終的には英検等の試験で(または実際の会話で)質の高い(高得点が取れる)表現ができるようになるのがねらいです。

 

Today, I got up about seven o'clock. When I got up, my mother was still sleeping, so I had to make something to eat. After that, I enjoyed playing soccer with my old friends, Ken. That was very good time for us because I hadn't seen for a long time.

 

ここで大事なのが、とにかく辞書を引くことです。英語に限らず、分からないことはまず自分で調べる という習慣は、学力UPの秘訣だと思います。また、近年、「読める」けど、「書けない(話せない)」生徒が近年多いように思います。学校教育において、ライティングの時間が減っているのでは、と危惧しています。まだまだ入試などにおいては、ペーパーテストが主流なこともあり、「文章を書く力」の必要性が減ることは無いと思われます。

 


1.twitterなどを利用するのも手。

 

AD