最後らへんのシ者のブログ

荒ぶるカメラをお許し下さい。


テーマ:
シ者です。

幾多のトラブルを経て、ようやく以前から構想していた新ボードが完成しました!

当初自分で組もうと色々必要パーツを集めていたのですが、ノイズ面や見た目のクオリティが下がるのがどうしても嫌でボードの組み込みで有名なドクターMusicさんにお願いすることにしました。

ドクターMusic公式サイトへ

まずは沢山あるエフェクターの中から今回厳選して組み込んだ機材の紹介とお写真をば

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

$最後らへんのシ者のブログ

【使用機材】

(写真上段右から左に)

KORG pitchblack+(下にCAJ INandOUT)

Combat BOMBS D-02

VEMURAM jan ray

CHICAGO IRON OCTAVIAN

Wren and Cuff Tall Font Russian

MXR MC-402 BOOST OVERDRIVE

VooDoo LAB PEDAL POWER 2 PLUS

(写真二段目右から左に)

BOSS PS-6 Harmonist

Wren and Cuff Your Face

strymon Mobius

strymon TIMELINE

Noah'sark DC-STICK(上げ台の下)

(写真三段目右から左に)

Jim Dunlop crybaby GCB-95"アビー"

MWFX JUDDER

digidigi製カスタムスイッチャー

ERNIEBALL VP JUNIOR 25K

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【信号経路】

ギター→
CAJ/IN and OUT(THRU)→
WREN AND CUFF/YOURFACE→
Dunlop/GCB-95→
CAJ/IN and OUT(Buffer IN)→パラアウトはKORG/Pitchblack+へ
スイッチャー→
ERNiE BALL/VP Jr#6181→
Strymon/Mobius→
Strymon/Timeline→
CAJ/IN and OUT(OUT)→アンプ

スイッチャー各LOOP

L1 : BOSS/PS-6
L2 : MWFX/Judder
L3 : Combat/D-02
L4 : VEMURAM/JanRay
L5 : Chicago Iron/Octavia
L6 : WREN AND CUFF / TALL FONT RUSSIAN
L7 : MXR/MC-402

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

美しすぎて踏めん奴

今回ボードを新調するにあたって幾つかのコンセプトを設定したのですが、

・現在所属しているバンド(DAZZLE VISION 大凶作 jerryfish)とその他サポートの全てに一枚で対応できるボードにする

・耐久性、ノイズレス、音質の全てを兼ね備える

・実用的で踏みやすいレイアウトにする

まだまだあるのですが大きくはこんな感じです。

システムを組む上でノイズをどうにかするってのが課題になってくると思うのですが、
俺は電気に関しては無知で、その辺りは素人には一番解決しにくい所だと思ったので思い切って外注しました。

エフェクター数個の規模ならいいけど今回みたいに数が増えれば増えるほど難しいよね

上から見るとわからないのですが、

$最後らへんのシ者のブログ

TIMELINEからPS-6までを底上げしてあります

これで二段目もとっても踏みやすくなります

今回依頼したドクターMusicさんなのですが、打ち合わせの段階からめっちゃくちゃ親切丁寧に相談に乗ってくれて、

あーでもないこーでもないと難易度の高い要求にもしっかりと対応してくれました

いやーほんと頼んでよかったです

肝心な音関係なんですが

上段は両端以外全部歪みという

$最後らへんのシ者のブログ

メインの歪みは、ディストーションはコンバットD-02、オーバードライブはjanray、ファズはYour Face

俺は歪みはかなり使い分けるので必然的に多くなってしまいます

中でもWren and Cuffの二機は必須です

Tall Fontはロシアンファズのクローンなのですが、僕はブースター的、単体の歪みとしての両方で使うのでめちゃ重宝してます

そしてまたこのYour Faceが曲者でゲルマニウムファズなんですよね

ゲルマニウムファズは手前にバッファが通ると音質が変化します

これが時にほんとめんどくさい事になる

ワウやバッファーとの相性はゲルマニウムファズとは切っても切れない悩みだと思うのだけど、

バッファ抜きのワウを使ったり、ワウは歪みの前が好きなので繋ぎ順をいじったり色々考えたのです、が

結果としてYourFaceの直後にワウ、そしてIn and Outのバッファインを活かすためにその二機はIn and Outのスルーへ(バッファ通らない)通す方法をとることに

そうすればYourFaceを使うとき以外は手前にワウを噛ます事が出来ます

そしてstrymonの二機種!これは説明不要でいいかと

スイッチャーは友人のdigidigiさんのお手製です

プログラム機能はなく単純な8ループスイッチャーになります

こちらにdigidgiさんによるスイッチャー製作ブログがありますので興味ある方は是非とも

digidigiブログへ

あとはニコニコの動画でもよく使っているMXFXのJUDDER

これは後輩にあたる人から教えてもらって購入したのですが、

単機能で面白い効果なので好きな人は好きなエフェクターだと思います

今はテストランで日本に入ってきてるのでなかなか手に入り難いんですよね

当時ネットでは完売していたので、渋谷の残響ショップに在庫があるのを嗅ぎつけ残響ショップで購入しました

こんな感じでしょうか

いやー早く使いたい!実はこれ書いてる段階ではまだ手元にないんだ!!

2月はライブが多いので早く慣れて導入したいな~

ギターを始めた当初からコンパクトエフェクターと共にギター生活を送ってきたのでこうも美しいボードだと物凄いインスピレーションを受けそうです

ライブに来た方は是非是非足元も覗いてみてくださいね!

AD
いいね!した人  |  コメント(10)

[PR]気になるキーワード