浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:


今夏も『ふくしまっ子Smileキャンプ(略称:ふくスマ)』が関西地方において開催されました!


今回で7回目となる『ふくスマ』ですが、前年の夏(第5回)と同様、知恩院さまでの「おてつぎこども奉仕団」入行と淡路島滞在、大阪海遊館・姫路城見学という内容となりました。



このキャンプの開催は、全国よりの貴重なご協賛やご支援によって継続的に開催が可能となっております。

今年度も開催できましたこと、この場をお借りいたしまして福島事務所からも御礼を申し上げます。



それでは実際の様子です。



7月24日(土)早朝。


JRいわき駅とJR郡山駅の改札前には、県内各地からの参加児童たちと見送りの保護者の方々が集まりました。
20150724ふくスマ①


それぞれの駅で結団式と、見送りしていただいた保護者の皆さんに「行ってきます!」のご挨拶を済ませたふくしまっ子たちは、東京駅にて合流。

新幹線のぞみに乗車して、いざ京都へ。






京都駅から総本山知恩院さまへは、佛教大学さまご支援のバスにて車窓からのプチ京都観光をしながら移動♪

20150724ふくスマ②

佛教大学さま、本当にお世話になりました!



知恩院さまに到着したふくしまっ子たちは、愛媛教区・滋賀教区の子供たちとともに「おてつぎこども奉仕団」に入行。


20150724ふくスマ④


結団式・オリエンテーションに始まり、法然上人御堂や御本堂などの諸堂参拝、お勤めの練習などに臨みました。


いつもの学校とはかなり異なった知恩院さまの荘厳な雰囲気に、はじめはちょっと緊張している子もいるようでしたが、たくさんのお友達と一緒に過ごすうちに緊張も解けた様子でした(^^)



20150724ふくスマ⑧

勢至堂、法然上人御廟参拝


20150724ふくスマ⑨

経蔵参拝。

特別に内部も見学させていただきました。


20150724ふくスマ⑦
20150724ふくスマ⑭
大鐘楼見学。

ひとりひとり鐘楼の真下を通らせていただき、世界最大級の大きさを体感しました!



20150724ふくスマ⑤

御本堂(仮本堂:現在改修中の為)参拝




夕食時には、皆で「食前のことば」「食後のことば」をお唱えしました。


皆、天地の恵みやたくさんの手間暇を掛けて作られた食材・食事に対する感謝の気持ちを噛みしめながらお唱えしている様子でした。




20150724ふくスマ⑮

夕食後には夕べの集いにて楽しいレクリエーション。

参加教区の垣根を越えて、たくさんのお友達と交流できたようでした(^^)/



20150724ふくスマ⑫


協力しながらお布団の準備をする子供たち。

ぜんそく等、埃に敏感なお友達の分も皆で準備してくれました!



20150724ふくスマ⑬

就寝時間には皆でお十念をお唱えして消灯。




25日。


いつもより早起きした子供たちは、朝のお勤めに参加させていただき、その後、お世話になっている知恩院さまの廊下を中心におそうじ。


20150725ふくスマ② 20150725ふくスマ①

丁寧に雑巾がけしてくれました。おかげで廊下はピカピカです!




朝食後、現在改修工事中の御堂の改修現場を見学させていただきました。


20150725ふくスマ③

皆なかなか見られない寺院の大規模な改修工事に驚いている様子でした。



見学後、子供たちはバスにて比叡山へ。


20150725ふくスマ④
根本中堂に参拝させていただいてから、徒歩で法然上人が修業されていた「青龍寺」を目指してハイキング。



20150725ふくスマ⑫
勾配のある山道を谷に落ちることの無いように注意しながらしばらく進んでいくと趣のある青龍寺の伽藍が見えてきました。


20150725ふくスマ⑥ 20150725ふくスマ⑧

20150725ふくスマ⑦ 20150725ふくスマ⑨
青龍寺ではご住職と奉仕団の合宿長よりご法話やお勤め、さらには裏手に流れる沢での沢遊びなど大自然の中のとても静かな山中にお念仏の声と楽しげな歓声が響き渡りました(^^)




青龍寺から知恩院へ戻り、夕食を済ませた子供たちは、ともし火の集いに臨みました。


20150725ふくスマ⑭ 20150725ふくスマ⑮

子供たちそれぞれがいただいた御燈明のともし火を阿弥陀様の御前に献じ、皆で明るく・正しく・仲良く生活していくことをお誓いしました。


蝋燭の火を扱うともし火の集いに臨んだ子供たちの少し緊張した面持ちでお誓いする姿がとても印象的でした。





26日。

おてつぎこども奉仕団最終日。



20150726ふくスマ① 20150726ふくスマ②

朝のお掃除を終えた子供たちは、奉仕団での思い出を元に寄せ書きの作成やお友達や指導員の皆さんとの連絡先やサイン交換をして、ご縁を繋ぎました。



20150726ふくスマ③ 20150726ふくスマ④

最後の解団式のお勤めでは、入行した時とは比べ物にならないくらい大きな自信に溢れた声でお経やお念仏をお称えし、奉仕団でひとまわり大きく成長したことを感じさせる場面となりました。




おてつぎこども奉仕団の全日程を終えたふくしまっ子たちは、京都から大阪海遊館へ。



20150726ふくスマ⑥ 20150726ふくスマ⑦

海遊館前にある大観覧車に乗り込み、USJなどのある大阪湾をの眺望を満喫してからいざ入館!


20150726ふくスマ⑧

とても大きな水族館に子供たちのテンションも上がります(^^)





20150726ふくスマ⑬ 20150726海遊館①
20150726海遊館⑬ 20150726海遊館⑫

20150726海遊館⑩ 20150726海遊館⑨

20150726海遊館④ 20150726ふくスマ⑮ 20150726ふくスマ⑭ 20150726ふくスマ⑩ 20150726ふくスマ⑨ 20150726ふくスマ⑯

たくさんの種類の海や川に生息する動物の見学や実際に魚やエイ、ヒトデなどに触れる体験!


20150726ふくスマ⑰

また、海遊館スタッフによる海遊館アカデミーも受講し、水族館の生物たちの生態や健康管理の仕方など裏方でないと分からないことを教えていただき勉強してきました。


今回の海遊館見学に際し、貴重なご支援ご協力を頂戴いたしました大阪教区浄土宗青年会さまには深く感謝申し上げます。ありがとうございました!



海遊館を後にした一行は、キャンプ後半の拠点淡路島の旅館へ。


夕食後には家族に向けたお手紙を書いて、キャンプ前半を振り返りました。






27日。




20150727ふくスマ①
淡路島での初めての朝を迎えたふくしまっ子たちは、旅館脇の広場にてまずラジオ体操(^^)/


ふくスマスタッフの方がラジオ体操の内容を忘れていたようで、子供たちの方がスムーズに体操していたようにも見えました(^^)



朝食を頂いた後、一行はバスにてイングランドの丘へ。


まずはパン作り体験。


20150727ふくスマ④

それぞれが思い思いに生地を形作り、チーズやレーズンをちりばめたりして、皆楽しみつつも集中して作っている様子でした(^^)


パン作り体験の後は、班ごとに分かれ広い園内を散策。


20150727ふくスマ⑨ 20150727ふくスマ⑤

20150727ふくスマ⑧ 20150727ふくスマ⑥

20150727ふくスマ⑦

コアラや珍しい鳥類がいたり、ゾウガメやウサギなどを直接触れるコーナーがあったり、アスレチック、植物園などもありました。


20150727ふくスマ⑩



昼食は園内でのバーベキュー♪


20150727ふくスマ⑪ 20150727ふくスマ⑬

焼きあがったパン作り体験で作った自作パンを受取り、パンも食べつつバーベキューも満喫。




お腹を満たした一行は、南淡路へ移動し、観潮船発着港のジョイポート南淡路にてまずはうずしおについてレクチャーをいただきました。


20150727ふくスマ⑭ 20150727ふくスマ⑮

うずしおが発生するメカニズムを分かりやすく説明していただき、知識が深まったところでいよいよ観潮船に乗船。



20150727ふくスマ⑯

心地よい海風にあたっていると、ほどなくうずしおポイントに到着。

船のあちこちから歓声が聞かれました。


20150727ふくスマ⑰

綺麗な景色と鳴門海峡大橋の大きさ、そして播磨灘と紀伊水道の干潮満潮の時間差による大きなうずしおの迫力に驚いている様子でした。


この日の夕食前には、お坊さんでもあるスタッフから絵本を使った食育のお話をして、子供たちに食事を頂けることのありがたさや食事は他の命を頂いているからこそ大切に頂かなくてはならないことなどが伝えられました。


20150727ふくスマ⑱

皆、真剣な表情でお話に耳を傾けていましたので、しっかり伝わったことでしょう。良いお話でした(^^)






28日・29日の両日は、いよいよ待ちに待った海水浴の2days!


旅館近くの海岸へ移動すると、そこには兵庫教区浄土宗青年会の皆様がテント設営をして待ち構えていてくれました!(^^)!

今回の海水浴にあたり、子供たちの安全を確保する為、応援に駆け付けてくださいました。


2015072829ふくスマ③ 2015072829ふくスマ⑩

兵庫浄青会のイケメン上人の皆様にご挨拶をしてから、準備運動。


2015072829ふくスマ⑪


いざ瀬戸内海へ!


2015072829ふくスマ④ 2015072829ふくスマ⑫

スタッフの掛け声とともに海水浴開始!

2015072829ふくスマ⑬ 2015072829ふくスマ⑭

2015072829ふくスマ⑮ 2015072829ふくスマ⑦


東日本大震災以降、数少ない海水浴場しか開いていない福島県の子供たちにとってのびのびと大自然の中、海水浴を楽しめることはとても貴重なことです。


実際にいわき市でも震災・原発事故以前は10カ所ほどの海水浴場が開設されておりましたが、現在では2カ所のみとなっております。

もちろん浜辺や海水などの放射性物質を定期的に繰り返し、安全性は確認されております。しかしながら防潮堤の再整備に時間がかかることや子どもが砂や海水に直接触れることへの不安感が拭えないなど様々な要因で海水浴場の開設にはかなり慎重にならざるを得ない状況が続いています。


以前は普通にできていた活動をするのにも、いろいろと考慮してするかしないかを判断しなければならないことは全国の皆さんが想像するよりもとても難しいことのように思います。


そんな中、こういった心配の少ない地域でのびのびと野外体験活動を行えることはふくしまっ子にとって、ふくしまっ子の保護者の皆さんにとって今となってはとても貴重なことだと言えます。


今回、2日間ともお天気に恵まれ、存分に瀬戸内海を堪能できたようです(^^)♪




2015072829ふくスマ⑯ 2015072829ふくスマ⑰

29日の午後には、兵庫浄青会さまがご準備くださったスイカでスイカ割り!


海岸には棒を持った人を誘導する大きな声とスイカを割る瞬間の歓声が響き渡りました(^O^)



2015072829ふくスマ⑱

2日間の海水浴でお世話になった兵庫浄青会の皆様に皆でキチンとお礼を述べて、また瀬戸内海にもお礼をして、海水浴終了。


兵庫浄青会の皆様、テント設営や子供たちの安全確保、スイカ割り準備など大変お世話になり、ありがとうございました!


2015072829ふくスマ⑧ 2015072829ふくスマ⑲

夜は大花火大会!

皆で仲良く火を分け合いながら堪能しました(^^)🎇


2015072829ふくスマ⑳
たくさんの打ち上げ花火が淡路島での最後の夜を彩りました🎆🎇🎆






30日。


20150730ふくスマ⑦

4泊お世話になった旅館の女将さんにお礼をして、後ろ髪を引かれながらも淡路島を出発。


20150730ふくスマ⑧ 20150730ふくスマ⑤

一行は屋根瓦の目地漆喰などの改修工事を終えたばかりの真っ白な姿が印象深い姫路城(通称:白鷺城)へ。


20150730ふくスマ④ 20150730ふくスマ②
20150730ふくスマ③ 20150730ふくスマ①

ボランティアガイドさんに説明をいただきながら見学させていただきました。


世界文化遺産・国宝に指定されている姫路城に皆興味津々な様子で、とても蒸し暑く感じる日でしたが、しっかり水分補給しながら頑張って見学している姿が印象的でした。


20150730ふくスマ⑨

雄大な姫路城を背に記念の一枚♪




姫路城を後にした一行はJR姫路駅から新幹線で帰路に就きました。


東京駅で、福島県内の参加場所により電車が分かれる為、またボランティア学生スタッフとは東京駅でお別れとなる為、駅構内の一角をお借りしてそれぞれお別れのご挨拶と再開の約束をする姿が見られました。


中には学生スタッフとのお別れに涙を流す子供たちも。

このキャンプが子供たちにとって本当に有意義なものであったことを強く感じる瞬間でした(^^)



学生スタッフの見送りを受けつつ、ふくしまっ子は福島県内へ。


20150730ふくスマ⑪


いわき駅や郡山駅の改札を通るとそこには保護者の皆様がふくしまっ子の到着を今か今かと待ち構えていらっしゃいました!(^^)!


改札を出ると皆さんの拍手と笑顔に迎えられ、皆で揃って「ただいま!」のご挨拶。


1週間ぶりに会う日焼けしたお子さんの姿に保護者の皆さんもお子さんの成長を感じたのではないでしょうか。



各駅にて解団式を行い、ふくしまっ子はそれぞれ保護者の皆様の元へ。


キャンプの思い出をキラキラした目でお話している子供たちの姿が印象的深かったです(*^^)




今回のキャンプが無事に開催できましたことは、本当にたくさんの皆様のご協賛とご協力の賜物でございます。


参加したふくしまっ子たちに貴重な体験を積んでもらうことができたと思います。


この場をお借りいたしまして、このキャンプを応援させていただいている福島事務所といたしましてもご協賛、ご協力いただきました皆様に厚く御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました!


また、キャンプを運営されているふくしまっ子Smileプロジェクトの皆様、キャンプにボランティアスタッフとしてご参加いただいた皆様、本当にお疲れ様でした。



今後ともふくしまっ子の健やかな成長にご助力を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浄土宗災害復興福島事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。