浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

去る2014年12月26日(金)から29日(月)の4日間に渡り、ふくしまっ子Smileプロジェクトさまによる「第6回ふくしまっ子Smileキャンプ」が開催されました。

(以下、「ふくしまっ子Smileキャンプ」=略称「ふくスマ」)



冬季キャンプとなる今回のふくスマは、第2回・第4回と同様、長野県における浄土宗大本山善光寺参拝と栂池でのスキー教室がメインの日程となりました。



開催ひと月前、開催地が2014年11月22日に発生した震度6弱の「長野北部地震」の震源地と重なる為、ふくスマスタッフ・参加予定児童と保護者の皆様は揃ってキャンプが開催できるのかどうか心配されました。



しかしながら、ふくしまっ子Smileプロジェクト事務局による事前調査により、善光寺さま、スキー場、宿泊地などの被災は少なく、余震を心配して開催中止することは風評被害に繋がってしまうとの判断から、開催を決行する運びとなったそうです。



それでは実際の様子です。



26日早朝。福島県内のいわき・郡山・鏡石の出発地にキャンプ参加児童と保護者の皆様が集まりました。


20141226ふくスマ①結団式

お揃いのニットキャップを被り、ふくしまっ子Smileプロジェクトの阿部代表(兼浄土宗災害復興福島事務所所長)からの「怪我の無いよう気を付けて楽しんで」との言葉を胸に刻んで、いざ出発!




20141226ふくスマ③バスレク
20141226ふくスマ②バス

バスの中では、自己紹介に始まり、スタッフ扮する長野の悪代官(!?)による楽しいレクリエーションも繰り広げられた様子(^^♪


お友達との楽しい時間に、約6時間の移動もあっという間に過ぎ、長野県松代へ。


20141226ふくスマ④おやき総本家

今回のキャンプ最初の体験活動の会場へ。


長野県名物「おやき」を作らせていただきます♪


20141226ふくスマ⑪おやき作り

まずはおやきや総本家さんのスタッフからおやきについて教えていただきました(^^


20141226ふくスマ⑦おやき作り
20141226ふくスマ⑨おやき作り
説明を聞きながら自分たちで協力しながら一人5個のおやきを作りました。


見ているとやっぱり女の子の方が手際も良く上手だったかな・・・




20141226ふくスマ⑫おやき作り

粉まみれになったり、手に生地がベッタリとくっついたり、悪戦苦闘しながらでしたが、最終的になんとか綺麗に仕上がりました(^^)/



20141226ふくスマ⑥おやき作り 20141226ふくスマ⑧おやき作り

おやきや総本家さんのご厚意で「ニラせんべい」も作らせていただきました。

韓国のチヂミに似た味でとっても美味♪子どもたちにも好評でした(^^)



こちらの体験会場で、自分たちで作った「おやき」を蒸しあげてもらい、昼食と一緒に食べてお腹もいっぱい(*^^)v


ご指導してくださったおやきや総本家さんのスタッフの皆さんにご挨拶をして、一路白馬栂池高原へ。


栂池高原のロッヂチロルさんに到着したら、翌日からのスキー教室に備えてレンタルスキーのフィッティング。

慣れないスキーブーツの脱ぎ履きに悪戦苦闘している姿も。




20141227ふくスマ①朝食準備
食事の配膳のお手伝いも班毎にさせていただきました。

皆、積極的にお手伝いしていた様子。


20141226ふくスマ⑭夕食
食事の前後には皆で「食前・食後の言葉」をお唱えして、食に対する感謝を改めて認識して心に留めておくよう努めました。合掌する姿もまだ覚束ない様子でしたが、皆一生懸命にお唱えしてくれていました。



27日。丸一日スキー教室です。


20141227ふくスマ⑩スキー

前日までしんしんと雪が降っていた白馬ですが、この日はふくしまっ子を歓迎するかのように朝から快晴!



20141227ふくスマ②スキー

スキー教室のインストラクターの先生方にご挨拶。ちょっと緊張してるかな?


20141227ふくスマ③スキー

レベル別に分かれ、しっかり準備運動をしてからレッスン開始!

20141227ふくスマ⑧スキー

初心者・初級者クラスは、スキーを着けるのにも一苦労・・・


20141227ふくスマ⑥スキー

それでも午前中のレッスンにより午後には初心者クラスまですべてのクラスがリフトに乗ることができ、子供たちの吸収の速さにビックリです( ゚Д゚)



20141227ふくスマ④スキー
20141227ふくスマ⑤スキー
ときどき転びながらも、先生の指示に従って連なって滑っていく姿はカルガモの親子のようで微笑ましいですね(*^^*)

この日、午前・午後のスキー教室を経て、ある程度滑れるようになったふくしまっ子たちはナイタースキーも体験しました。


レベル別にふくスマスタッフに引率されて照明に照らされたゲレンデを存分に滑り、日中習ったことを再確認しながら練習。

日中に比べ冷え込みが厳しい中でしたが、寒さを忘れるほど楽しかったようです(^^)



28日。


20141228ふくスマ①アルプス全景

この日もこの時期の白馬では珍しく雲もほとんどない絶好のスキー日和となりました。

この景色、ホント最高です!



20141227ふくスマ⑭スキー 20141227ふくスマ⑬スキー

インストラクターの先生にご挨拶して、午前中で最後のスキー教室スタート。

準備運動はキッチリと!



20141227ふくスマ⑮スキー 20141228ふくスマ⑥スキー

この日は初心者から中級まですべてのクラスで最初からリフトに乗って中腹へ。


20141228ふくスマ②スキー

20141227ふくスマ⑦スキー

クラスによってはかなり難しいゲレンデコースにも挑戦したようです。



午後は自由滑りの時間。

ふくスマスタッフとともに、今回のスキー教室で習得したすべてを出し切って滑り、栂池高原スキー場のゲレンデと白馬の絶景を満喫させていただきました(^^)♪


20141228ふくスマ⑨スキー記念写真

白馬連峰をバックに記念の一枚♪



スキーの全日程を終え、宿に戻ったふくしまっ子たちは着替えを済ませ、レンタルスキー・ウェアを整然と片付けて、休憩しつつ今度はふくしまっ子Smileキャンプ開催にあたり、全国各地からふくしまっ子へ様々な形でご厚意をお寄せいただいた方々への「感謝のお手紙」を書いてくれました。


子供たちそれぞれの感謝の気持ちと今回のキャンプの思い出などを懸命に綴っている様子でした( ..)φ


スキーで疲れているところ頑張って綴っている姿が印象的でした(^^)





20141228ふくスマ⑧白馬館社長挨拶

夕食時には、昨年のキャンプと同様に今回のキャンプ開催につき栂池高原でのあらゆることでお世話になっている「白馬館」の松沢社長がわざわざふくしまっ子に会いに来てくださいました。20141228ふくスマ⑦白馬館社長挨拶



先の長野北部地震で震源地となり各所で被害が出たことをお話され、遠く離れてはいるけれども福島県の人々とともに復興に向け力強く歩んで行こうという心強いお言葉を頂戴いたしました。



本当に様々な面でサポートをいただきましたこと、福島事務所といたしましても感謝いたします!





29日。最終日。


2日間思い切りスキーを満喫した栂池高原に後ろ髪を引かれながらも一行は長野市内へ。


浄土宗大本山のひとつ善光寺さまへ参拝です。



まずは浄土宗善光寺大本願さまへ。



20141229ふくスマ⑥善光寺

鷹司台下に対面させていただき、東日本大震災から3年10カ月を迎えようとしている福島の復興を応援し、そして温かくお見守りいただいていることが肌で感じられる温かいお言葉を頂戴いたしました。


ふくしまっ子たちも善光寺大本願さまの荘厳な雰囲気の中、鷹司台下との対面に少し緊張気味でしたが思い思いの表情で台下のお話に耳を傾けておりました。

また、台下から直接ふくしまっ子ひとりひとりにお守りが手渡され、そのお守りを大切そうに頂戴する子供たちの姿が印象深かったです。


また、今回の善光寺大本願さまへの参拝では、ふくしまっ子たちとそのご家族の皆様から先の長野北部地震の影響で被害のあった善光寺さまへのお見舞いがふくしまっ子から鷹司台下へと直接届けさせていただきました。


福島から長野に向けた想いが形として届けられ、絆がより強くなった瞬間だったのではないでしょうか。





善光寺大本願さまを後にし、宿坊「兄部坊(このこんぼう)」さまのご案内により参道を本堂に向け歩きながら各所にてご説明をいただきました。

20141229ふくスマ⑧善光寺

仁王像の大きさに驚く子どもたち。


20141229ふくスマ⑨善光寺

参道途中の元善光寺のご本堂(旧:如来堂)があった跡地の地蔵尊にもお参り。

20141229ふくスマ⑩善光寺

大きな六地蔵も参拝しました。


20141229ふくスマ⑬善光寺

境内には大きな石灯籠が多くありますが、その多くがさきの長野北部地震により倒壊や一部損壊の被害を受け、仮修復の状態となっていました。

20141229ふくスマ⑪善光寺

ご本堂に参拝させていただき、「お戒壇めぐり」も経験。

阿弥陀様とのご縁を結ばせていただきました(^^)



20141229ふくスマ⑮善光寺


ご家族やお友達への御守りや善光寺限定グッズなどのお土産を選んでから、昼食会場の兄部坊さまへ。


20141229ふくスマ④善光寺


宿坊という大本山ならではのいつもと異なる雰囲気を楽しみながらの精進料理を頂きます。

20141229ふくスマ⑯兄部坊

まずは食前の言葉。


キャンプ当初はキャンプのしおりを見ながらお唱えしていた子供たちもこのときには全員覚えてしまって、何も見ないでも大きな声で自信を持って唱えてくれました(^^)/
頼もしいですね。

20141229ふくスマ⑰兄部坊精進料理

見た目にも綺麗で美味しそうなお料理♪

食べてもとっても美味しく、お替り自由なご飯を何杯もお替りする子の姿も見られました(^^)

美味しい精進料理でお腹を満たしたふくしまっ子は、またの長野県訪問の決意を心に福島への帰路に就きました。


帰りのバス内では、ひとりひとり、子どもたちから今回のキャンプの感想や新年に向けた抱負などを発表してもらいながら、楽しく時間が過ぎていきました。


20141229ふくスマ⑱いわき解散式

出発地いわきに帰還し、お迎えの保護者の皆様に見守られながらの解散式。


4日ぶりの再会に思い出話や笑顔で溢れるとても微笑ましい瞬間でした(^^)

3泊4日という短い日程ではありましたが、キャンプに同行したスタッフも、出迎えてくれた保護者の方々や福島事務所阿部所長も、子供たちの明るい表情と元気な様子に子供たちの成長を感じることができたように思います。


この度のキャンプ開催にあたり、ご協賛いただいた全国各地の皆さま、参拝の日程に合わせお出ましいただいた善光寺大本願の鷹司台下、参拝の首尾を整えてくださった大本願の皆さま、兄部坊の皆さま、そして栂池高原での円滑なスキー体験を支えてくださった白馬館の皆さま・ロッヂチロルさま・スパイシーさま・インストラクターの先生方、その他関係各所の皆さま、本当にお世話になりました!


福島事務所からも、この場をお借りいたしまして深く御礼申し上げます。



また、年末のお忙しい中、都合をつけて今回のキャンプに同行してくださったボランティアスタッフの皆さま、お疲れ様でした&ありがとうございました!




ふくしまっ子Smileプロジェクトさまでは、今後もキャンプを継続的に開催するべく動き出しております。



どうぞ震災・原発事故からの復興、ふくしまの未来を担う子どもたちを応援していだだける方は、その御厚意をお寄せいただければ幸いです。



今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浄土宗災害復興福島事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。