浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

今週の浜〇かふぇは、「内郷白水応急仮設住宅 集会所」と「平山崎雇用促進住宅 広場」にて午後2時より開催されました。





まず「内郷白水(うちごうしらみず)」の様子です。





20140910内郷白水④  

こちらで行われるカフェにはいつも学校から帰ってきたお子さんと保護者の方が一緒にご来場してくださいます(^^)



いつも来てくれる子供たちもすくすくと成長し、毎回カフェで訪問させていただく度に「大きくなったなぁ」と感じます。



子どもたちの成長を見られることはとても嬉しいことですが、それだけの月日が流れても未だ仮設住宅にて不自由な暮らしを余儀なくされている方が大勢いらっしゃる現実があることを改めて感じる瞬間でもありました。



20140910内郷白水①20140910内郷白水②

今回のカフェでは、京都法然院の遊心会さまから寄せられた絵葉書が住民の皆さんに配られました。



住民の皆さんが絵葉書を嬉しそうに眺める姿が印象深かったです。







さて、次に「山崎(やまざき)」の様子です。





いつものように浜〇かふぇがオープンすると楽しみにされていた住民の皆さんがご来場くださいました。


20140910山崎①



今回の山崎でのカフェには、いわきし復興支援ボランティアセンターさまを通じて、大道芸人のレオさんが来てくださいました。


20140910山崎②

フランスの方ですが、被災各地を巡って芸を披露して被災された皆さんを楽しませてくださっている方です。




20140910山崎③

この日は、音楽や卵を使った芸をご披露くださり、住民の皆さんも大変楽しまれていらっしゃいました。





こちらの雇用促進住宅では災害復興住宅など次にお住まいになる場所が決定しお引越しされる方も徐々に出てきており、現在80戸のうち約45戸まで入居数が減ったとのお話もありました。



来年春ごろには残りの多くの世帯もお移りになる予定だそうです。




福島県社会福祉協議会が行ったアンケートによると、災害公営住宅にお移りになることで不安な点として、新たなコミュニティの中で孤立してしまうのではないか、というものが多いそうです。


また、災害公営住宅の入居の応募が始まっても、仮設住宅や借上げ住宅にてこの3年6か月の間に作り上げてきた人間関係を失いたくない、子供たちの環境をこれ以上変えたくないというような理由で災害公営住宅への入居申し込みを控える世帯も少なくないようです。


公営住宅の整備に長い月日が過ぎてしまったことや、原発事故による避難生活により何度も引っ越しを余儀なくされてきた世帯も多いことなどが公営住宅への入居を難しくしている現実があるようです。





次回の浜〇かふぇは9月24日に開催予定とのことですので、ご参加希望の方は福島事務所までご一報くださいますようお願い申し上げます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浄土宗災害復興福島事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。