浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

今週の浜〇かふぇは、「中央台高久第8応急仮設住宅 談話室」と「平山崎雇用促進住宅 広場」の2カ所にて午後2時より開催されました。


この日は気温も上がり、日向ではこの時期としては暑いくらいの陽気となりました。




まず「高久第8」の様子です。


約30名の住民の皆さんがお越しくださいました(^^


20140514高久第8① 20140514高久第8②




住民の皆さん同士で近況や今後の生活に関することなど、いろいろなことをお話されてました。



こちらにお住まいの皆さんは原発事故の影響により「楢葉町」から避難なさっております。


楢葉町では今年3月までに国による除染活動が完了し、インフラの復旧整備もほぼ完了というところまできているとのことです。


町としての帰町(元の場所へ戻る)の時期が今春にも判断されることになっています。


あの事故から3年以上が経過し、戻る住民の方がどれだけいるのか、ということもお話の中に出てきます。


また、戻ったとしても、元の場所で以前のように商売を再開させることができるかどうか、というお話も聴こえてきます。


「震災・事故前にコツコツ積み上げてきた商売の形は、あの事故による避難によってすべて失われてしまい、また1から積み上げなおす気力はもう残って無いよ」とおっしゃる方も少なくありません。


賠償だけで元の生活を取り戻すことは難しいことではないか、原発事故のもたらす影響の深刻さを改めて感じるカフェとなりました。



次に、「山崎」の様子です。


こちらのカフェでは、いわき市復興支援ボランティアセンターさまのご協力により、『朗読小屋 浅野川倶楽部』さまによる「紙芝居」が開催されました。


『朗読小屋 浅野川倶楽部』さまは金沢市を中心に活動されている皆さんです。

詳しくはこちら。 → http://asanogawaclub.web.fc2.com/


20140514山崎紙芝居①


青空の下、紙芝居を楽しむ住民の皆さん(^^♪


20140514山崎紙芝居②


伝統的な紙芝居の形式で、懐かしい想いとともに楽しませていただきました。


浅野川倶楽部の皆さん、カフェのお手伝いもしていただき、本当にお世話になりました。

ありがとうございました!




来週5月21日(水)の浜〇かふぇは、お休みとなります。


5月28日(水)は今回と同じような形で2カ所での開催となるそうですので、ご参加希望の方は浄土宗災害復興福島事務所までご一報くださいますようお願いいたします!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浄土宗災害復興福島事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。