浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

福島事務所にて協力させていただいている福島教区浜通り組青年会主催の「浜〇かふぇ」ですが、今週は「平作町一丁目応急仮設住宅 集会所」にて午後2時より開催されました。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20131016作町②


この日は各地に大きな被害を出した台風26号の影響で、いわき市も大荒れのお天気でした。

福島県でも一部地域を除き、小中学校が臨時休校となりました。


この日、浜〇かふぇはこちらの仮設住宅と「山崎雇用促進住宅 屋外広場」の2カ所での開催予定でしたが、「山崎」は屋外のため残念ですが中止にさせていただいたそうです。


「作町一丁目」でも開催が危ぶまれましたが、台風の進行速度が早かったこともあり、予報より早めに雨風が収まったことで開催することができました。



さてカフェの様子です。

スタッフが集会所内で準備を始めていると、学校がお休みになって家の中でうずうずしていた子供たちが早速遊びに来てくれました(^^)


大人の住民の方々も徐々にお集まりになり、約20名の方が来てくださいました。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20131016作町③

話題の中心は、やはり今回の台風のことが多く、伊豆大島で被災された方々のことを皆で心配されていました。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20131016作町①


浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20131016作町④

子供たちは雨風の収まってきた外でスタッフとバドミントン♪


近年、ゲーム機に夢中な子供も多いですが、外で元気に遊ぶ子供たちの姿を見ると微笑ましいですね。




今回お伺いさせていただいた仮設住宅の皆さんの避難元の楢葉町では、今年春の町議会において翌年平成26年春に帰町の判断をする、ということになったわけですが、除染活動の進捗状況や実際の放射線量の推移、福島第一原発における汚染水問題、放射性物質を帯びた瓦礫や表土などの中間貯蔵施設の受け入れ可否の問題など、様々な問題があるために、「帰町判断をするかどうかの判断」も難しいというお話も耳にします。


愛着ある地元をとにかく元の状態に戻してほしい、といのが住民の皆さんの想いだと思います。


元の状態に戻せないのなら、できるだけ早いある一定の段階で、今後の生活の方向性を政府に示していただかないと、住民の皆さんはご自身の心をどこに向けて進んで行けば良いのか、ますます分からなくなってしまうように思います。


震災・原発事故から2年7カ月という時間が経過し、世間では震災の記憶が徐々に風化していくのを感じながら、なかなか進まない復興に精神的に疲れてしまう方も少なくないように感じます。



どうぞ被災各地へ温かいお気持ちを向け続けていただきたくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浄土宗災害復興福島事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。