鳥頭式インチキ日記

映画・本・漫画・アニメレビュー


テーマ:

今夜のカレーは、エバラ食品の横濱舶来亭カレーフレークです(^^)




辛口が欲しかったのですがなかったので、中辛を買ってきました。


材料はこちら。





タマネギにんじんたくさんと、450円の表示もまぶしい(^^;)豚肩肉。

うつってないけどジャガイモ、そしてエリンギ。


横濱舶来亭カレーフレークはこくがありそうなカレーなので、エリンギが合うかと思って買ってきました。



肉を炒めたら、ジャガイモ以外のすべての材料を圧力鍋に入れ、とろとろになるまで煮るべし煮るべし。


タマネギがとけたらルーとジャガイモを入れて、ひとにこみ。

エバラ食品の横濱舶来亭カレーフレークは、フレーク状のルーなので、すぐとけて味がなじみますよ~。あっという間にできました(^^)






味はさらっとしていてかつスパイシー。

そして色があかっぽいんですよ。この色がたまりません。食欲をそそります。


最初は甘いかな~?と思うぐらいなのですが、あとからスパイスの香りと味がばーーっと広がって、美味しいです。

普段ハバネロばっかり食べている相方には、ちょっと辛さが足りなかったようですが、今日使ったのは中辛。

辛口はきっともっと、スパイシーでぴりっと辛いんでしょうね(^^)


北海道のスープカレーとルーカレーの間ぐらいかな?

夏向きで、元気が出そうなカレーです。




みなさんも、明日はカレーでどうですか?(^^)







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

公式サイト http://www.sonypictures.jp/movies/spider-man3/index.html


初日に観に行ったというのに、レビューは今日。

まあ、遠慮無く書けるってことで良いとしますか。


「スパイダーマン3」は、1からの複線をすべて解決してまとめ上げた感じ。第一部完といったところでしょうか。



ストーリー


世間に認知され、人気者のヒーローとなったスパイダーマン。

恋人MJとの仲もうまくいき、プロポーズしようとしている。


一方MJは仕事があまりうまくいっておらず、ピーターに相談しようとするのだが、いい気になっているピーターは聞く耳持ってくれない。


そうして二人の間が少しずつすれ違っているとき、ピーターの伯父さんを殺した真犯人がみつかる。



以下ネタバレ


とにかくピーターの調子ののりっぷりが、痛々しい作品。


最初はちょっとだけ調子に乗っているだけだったのが、MJと別れてから一気に加速するあたりでは、


こいつは頭がおかしいのか?


と思ったほど。


いくら子供向け映画とはいえ、そこまで調子に乗らないと、アメリカ人にはわからないのか?と、ツッコミ入れました。

でも考えてみたら、日本のアニメや戦隊物でも、主人公の慢心ぶりがはなはだしいことってありますね。


メガネもコンタクトも忘れるという、痛恨のミスをしてしまったので、ご自慢のとってもとってもお金がかかっているCGに感動することはできなかったのですが(^^;)、おそらくちゃんとした目でみれば、砂の一粒一粒がすごかったんでしょう。


正直サンドマンは、


いったい何しに出てきたんだ?

つーか、頭悪すぎ!


としか思えないのですが、哀愁を含んだ彼のテーマ曲はよかったです。

子供のために復活するという設定も、いいですね。


一度スパイダーマンに取り憑くことによって、その特殊能力を吸収した宇宙生物ヴェノムは、スパイダーマンの能力の一つであるスパイダーセンス(超感覚で、危険を察知する)が効かないんだそうです。

だからスパイダーマンにはヴェノムの動きが読めず、ぼこられほうだいだということですが、


わたくしそんなことは、先日ラジオの映画解説を聞くまで、まったくわかりませんでした。


スパイダーセンスがきかないことはおろか、スパイダーマンの能力を吸収したってこともよくわかってなかったです。

メガネを忘れて集中力に欠けたせいか?と相方に聞いてみましたが、相方もスパイダーセンスうんぬんは、気付かなかったようですよ。


ピーターの慢心ぶりをあそこまで描写している尺があるなら、ちっとはヴェノムの能力について描写したらどうなんだと。


せめて、


「!!スパイダーセンスがきかない!!」


といった台詞の一つは欲しかったです。



文句ばっかりいってますが、娯楽映画としてとっても良かったと思います。

映画版「スパイダーマン」最大の欠点、


みんなのあこがれのはずのヒロインが、キルスティン・ダンストであること。


も、今回は2よりもさらに可哀想な目に遭っていますので、まったく気にせず観ることができると思います。


相方が、「死ねばいいのに」って一回しか言わなかったぐらいですから(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
主婦の友インフォス情報社
アレルギー、太り過ぎから守る「雑穀フード」パワー―愛犬の健康管理は肥満防止から!


レシピが載っているわけではなく、色々な家庭の色々なわんこのライフスタイルを紹介して、こうすればよりよくなるという改善策を提案している本です。


様々な犬の食生活がわかるので、自分と似ているところを見つけてアドバイスを参考にすると良いと思います。

基本的にはみなさん、ドッグフードにトッピングもしくはおやつって感じですね。



そして、


これだけ色々でも、みんなそれなりに健康に育ってるんだから、別になんでもいいんじゃない?


みたいな結論に・・・(笑)


雑穀は、私自身があまり使わないので食べさせる気はないのですが(全粉粉とおからはおやつで使ってるけど)、お好きな方は参考になると思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高野健一の「さくら」を視聴して、最初は子供のことを歌っているのかと思ったのだけれど、犬だったのですね(^^)


視聴はこちら http://www.takanokenichi.com  から。


こちらの小説「さくら」http://www.shogakukan.co.jp/sakura/top.html  にインスパイアされて作った曲だそうです。



ちょうど犬を飼ったばかりなので、今の私にとっての大切な「さくら」といえば、この子・・・





ゾンビドッグ


なのですが、どうやら雑種をもらってきたという内容のようなので、それからいうと、一番最初に飼った犬でしょうか(^^)


どこの馬の骨とも知らない雑種で、姿はまあ立派だったものの、ハスキーの血が入っていたらしく顔が怖い(オマケに大型犬)という欠点があり、「可愛いね~~」と言ってくれるのはよっぽどの犬バカというちょっと可哀想な犬でした。

この、誰も可愛いと言ってくれないっていうのは、小学生の女の子だった私にとって、結構くるものがあったなあ(笑)


ふんっ。

うちの子は雑種だけど賢いのよっ!だから一番なのよっ!


みたいな(^^)


今血統書付きを飼って、なおさらそう思います。

血統書付きの犬でも、「ちょっとそれは・・・(^^;)」という犬種もいるのですが、「これは○○っていぬです」っていえるもんねえ。



そんな風に、私にひねくれ要素を一つ増やす結果となりましたが、雑種と言うこともあってか、大変に性質が安定して穏やかな良い家庭犬でした。

父も母も犬飼育の経験はあったのですが、しつけなどはしたことがなく、当時小学校6年生だった私がすべてしつけましたが、それでも問題なく従ってくれる犬でした。


そして、小学校から大学まで、私の心の支えになってくれました。

犬がいなかったら、ひょっとしたらまともに育ってなかったかもなあと、今二匹目を飼って思います。

ちっとも面倒見ていませんでしたが、大事な大事な存在でした。



犬ブログをロムしていると、犬が死んでしまったという書き込みにあたることが、たまにあります。

自分も今飼っている犬のことをブログに書いたりしていますが、死んだらどうしようと。


ショックで何もかも放り出して、逃げ出したくなると思うのですが、みなさんちゃんと記事を書かれているのですね。その後も続けている方も多いです。

すごいなあと思います。

私もそのときには、きちんと犬の死を受け止められるように、ありたいものです。



本当はこんな犬。アメリカン・コッカー・スパニエルです。

今は可愛いけど、大人になるとオッサン顔になるかもしれないという、大変微妙な犬種。

またしても、微妙な犬を飼ってしまった。

ところで、この子を飼うことにしたのは、ペットショップで見たアメコカの明るいおばかな性格に一目惚れしたから(結局その子は飼えなかったけど)なんですが、夜中にわけもなく寂しくなったとき、犬にふんふんしてもらいたかったからっていうのもあります。


今の生活になんら不満はないし、寂しければ相方をたたき起こしてなぐさめてもらえばいいのですが(ひどい)、なぜかどうしても犬じゃないと駄目だったわけで。


多分子供の時の私が、当時飼っていた犬を夜中にたたき起こして小屋から引きずり出して抱きしめて、無理矢理慰めてもらっていた経験からだと思います。

毛むくじゃらの体と、ぽよぽよのひげと、ふんふんしてくる鼻がないとだめなんです。



さ~~!

犬を飼ったから夜抱っこするぞ~~



と、思ったのですが、今飼っているおぼっちゃまは大変な寂しがりやで、そんなことをしようものならまた寝かしつけるのが一苦労なので、やってません(T○T)


以前飼っていた雑種は、私の心の支えになってくれたのですが、今の犬は、そういうところはまったくないですね。

それは私が成長したからなのか、犬の性質なのか・・・。


犬の方でも、相手が守らなきゃいけない存在だと思うと、しっかりしてくるものなので、前の犬は常に私を守ろうとしていたのかもしれません。



高野健一さんの「さくら」http://www.takanokenichi.com は、5月23日発売です(^^)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ストーリー


アンソンと家族は、東京に住んでいる。

息子が難病にかかったからだった。


キョンジャはスカウトされたことから芸能界に入るが、自分の出自を隠さなくてはならないことに、不満を感じる。


アメリカの病院に行けば助かるかもと言われ、アンソンは危ない仕事に手を出す。



以下ネタバレ


私はどっちかというと左よりの思考なのですが、それでもみていてあまりの露骨さと極端さに鼻白んだシーンがいくつもありました。


一部でささやかれている噂(井筒監督のスポンサーがそっち系だから、そういう映画しかとれない)っていうのは、本当だったのかと思ってしまうほどです。


日本人と朝鮮人が、過去の辛い歴史を乗り越えて、仲良くやっていこうよ。同じ人間じゃないかというテーマを感動的によく表現していた前作に比べ、あまりにもひどすぎます。

がっかりでした。


井筒監督がこの映画で何を言いたかったのか、それすらさっぱりとわからず。

ただ在日の人たちの宣伝の映画なのかと。


この映画を観て喜ぶのは、在日の方だけでしょう。

たとえ左思想の日本人でも、気持ちの良い映画・感動できる映画とは思えないんじゃないかなあ?


いや別に、極度に左なのはどーでもいいんですけど、その前に映画としてだめだめなもので(--)

だいたい台詞が何を言っているのか、さっぱりわからなかったですから。


井筒監督に戦争映画はあわないんじゃないかな?

同じく戦争を語るんでも、戦場じゃなくて妹尾河童の「少年H」みたいな語り口が、いいと思う。


ほめられるところは、訳わからないテンションの不良と、悲嘆に暮れる子供のオバサンの嘆き方と、キョンジャが出演することになる映画のプロデューサーの朝鮮蔑視かな?

その辺の描写が井筒監督らしくて、独特でよかったです。


とにかく井筒監督が酒の飲み過ぎで脳みそがわいていたとしか思えないこの映画、観に行っちゃいけません。



犬を置いてまで、見に行く映画じゃなかったです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。