鳥頭式インチキ日記

映画・本・漫画・アニメレビュー


テーマ:

公式サイト http://www.hannibal-rising.jp/


レディースデーということで、何も知らない50代のおばちゃんが友達と連れだって観に来ていたんですが、だれかとめてやれよと思いました(笑)気の毒に。


ストーリー


1952年、リトアニア。

戦争をやり過ごそうと、レクター伯爵は妻や子供達を連れて山小屋に非難した。

しかしそこにドイツ軍が来て、戦闘の巻き沿いで死んでしまう。


残されたハンニバルは、妹ミーシャと共に山小屋にいたが、逃亡兵が来て監禁されてしまった。

最初は「子供を助けたことにすれば、死刑を免れる」と生かされていたが、そのうち食料がなくなり、ミーシャが食べられてしまう。


ソ連軍に助けられたハンニバルは、ソ連の孤児院で暮らすが、そこは以前住んでいた城だった。


ここでの支配的な管理に耐えきれず、逃げ出したハンニバルは、叔父を頼りにフランスに行く。



以下ネタバレ


この映画は突っ込んでナンボなので、ネタバレ全開で行きます。


ミーシャが死ぬところ、そして食べられるところをちゃんととっていないってところが、評判が悪い原因なんですけど、確かに。

ハンニバルの回想シーンで出てくるものの、おぼろげで曖昧。「ハンニバル」がグロすぎると苦情でも来たのか?って感じです。戦争物にするならば、そこはちゃんと映しておけよと。


フランスに逃げたハンニバルは、叔父が死んでいることを知るのですが、叔父の妻のレディ・ムラサキに助けられて、癒される。

ここで日本のさらし首に感銘を受けるんだけど・・・・・・・、そもそもさらし首に感銘を受けるなよ(あったでしょ。欧米にもそういう習慣)って話ですが、そこまではまだいい。


ハンニバルがレディ・ムラサキの後をついて行くと、


まず能面が荒縄で何個も吊り下げられている。


そして鎧兜が据えられていて、


その前に刀があって、


レディ・ムラサキはロウソクに火をつけ、


「ここで先祖の霊をうんぬん・・・」


って、それ仏壇?仏壇なの?なんかちがくない?先祖の霊を祭るのは、仏壇なんじゃないの?鎧兜じゃないよねえ。ねえ!


だいたい能面を荒縄で吊り下げるところからして間違ってる上に、鎧兜が仏壇代わりって・・・(--)


だれか何か間違ってるぞと、教えてやれよっ!!



まーべつにいいんだけど、私が一番日本人として違和感を覚えたのが、レディ・ムラサキに卑猥なことを言った肉屋をハンニバルが彼女しかふれられない神聖な刀で殺しちゃうのですが、それを知ったレディ・ムラサキが、


大事な先祖の刀を血で汚しよってからにー!

さっさと出て行け!ばかたれ!


とおこらないところ。


彼女も戦争の被害者なので、ハンニバルの殺人をとがめないところはわかるのですが、大事な先祖の刀を汚されておこらないって日本人としておかしいよ。


その後、医学生の奨学生になったハンニバルは、あるきっかけから妹の敵を探す手がかりを思い出して、故郷の山小屋へ。


わざわざ自白剤を自分にうってまで思い出さなくても、最初から山小屋探せばいいじゃないかみたいなツッコミもありますが、そこで一人と会い、他のメンバーの行方を聞き出して、殺す。


後は戦争犯罪者のくせに、成り上がって金持ちになっちゃってる敵を見つけ出して、殺したり殺されそうになったり・・・。



これが最初で「レッド・ドラゴン」「羊たちの沈黙」と続けば良かったんだけどねえ(^^;)

もう羊たちがすごすぎたから、後はもうもう・・・。


そういや昨日テレビで「ハンニバル」やってましたが、ヤバイシーンは全カットでした。


バターの匂いがするぞおおおお~~~!!


ってあれもカットで、いやそこはカットしちゃ意味無いだろっ!ってツッコミを相方と共に。



そういやハンニバルって、子供は殺さないのよね。うるさいから嫌いだって設定ではあるんだけど。

自分に気に入らないことをした人間だけ殺すんだから、銃乱射事件の犯人よりは、まともって事?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
宮田 勝重
愛犬の食事百科

宮田勝重監修となっていますが、実際には宮田先生にくわえ、坂根弘・浦元進先生の共著と言った方がいい形式になっています。


この手の本の場合、様々な意見を取り入れていても、最後の総括にむけて意見をまとめるのが普通ですが、まとまっていません。

わざとそうしたのか、編集の手腕が悪いのか、先生達の仲が悪いかは知りませんが。



ただ、色々なケース(犬の成長段階においてや、病気になったときなど)による、色々な知識を取り入れるのには便利な本です。

そういう意味では本当に食事百科ですね。


以前の家庭には、家庭の医学百科って一冊置いてましたけど、あんな感じでしょうか。

レシピはさほど載っていないので、実際に手作り食を作る場合には、この本のカロリーや栄養所要量を参考にして、別のレシピで作るというのが有効な使い方。


こういう場合はどうすれば・・・?と迷ったときに、とりあえずの知識を得るには良いでしょう。

この本を読んだ上で、獣医に相談するなり、さらに専門的な本を読むなりすればいいと思います。



全体的なスタンスとしては、宮田先生が手作り食推奨派なので、手作りより。

でもドッグフード派の人のためにも、どういうドッグフードを選んだらよいか、その選別法も二章・三章で紹介しています。




今日3回目のワクチン注射のために、獣医に行ってきました。


最初に行った獣医があんまり好きではなかったので、変えたのですが(使っているワクチンの種類とかあるみたいだから、なるべく変えない方が良いのかもしれません)、手作り食も食べさせていることを言うと、



手作り食では偏食になる可能性があるので、ドッグフードにしてください。

2~3日食べなくても健康な犬なら大丈夫ですから、我慢比べをしてでも食べさせるようにしてください。



と言われました。


でもこの本では、基本の食事を手作りにするのでもドッグフードにするのでも、子犬のうちから色々な食材に慣れさせておいた方が良いとしています。


なぜかというと、たとえば病気になったとき高齢になったとき、病犬食(老犬食)を食べさせる必要がでてくることがありますが、一つのドッグフードしか食べていないと、そのフードしか食べず、病犬食(老犬食)を食べないと言う問題が出てくるからだそうです。



まあこのように、同じ獣医でもまったく違う意見が出てくるのは当然のことのようです。

この本でも各先生方の言っていることが微妙に違っています。それを感じるにも、この本はいいですね。



そして忘れちゃいけないのは、獣医も商売だと言うこと。

手作り食はだめだと言われた私が獣医に、


「でも最近ペットフードのリコールがあったから(あるいは添加物が)、怖くて・・・」と言うと多分、


「うちの病院のフードは安全ですよ」と、勧められるはずです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドナルド・R. ストロンベック, Donald R. Strombeck, 浦元 進
犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択

図書館で借りたのですが、手元に置いておきたくて。

コピーでもいい気もしますけど・・・。


トマス・ハリス, 高見 浩
ハンニバル・ライジング 上巻 (1)
トマス・ハリス, 高見 浩
ハンニバル・ライジング 下巻 (3)

かわねばなるまい。

かわねばなるまいよ・・・(--)


西原 理恵子
できるかなクアトロ
菊地 秀行
妖魔戦記
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
坂本 徹也
ペットフードで健康になる!



今犬を愛するセレブな奥様方には、手作り食がブームなんだそうで、皆様色々と作っています。


ドッグフードは添加物が問題で(人間みたいに規定量がないそうな)、かといって手作り食では栄養のバランスがなあ・・・


と、どなたも迷われているようです。

専門家への質問コーナーも見ましたが、専門家でもどちらともいえないというのが現状の模様。


っていうか、専門家は、商売でかかわっている部分もあるので、顔をさらしてメディアで「ペットフードは悪い」とはいえない部分もあるんでしょう。



結局どっちよ?と、巷で話題沸騰の「ペットフードで健康になる!」を図書館でかりてきてみました。



第一章はペットフードの問題点について。


いや、色々と脅かしてくれました(^^;)

まるで「たけしの本当は怖い家庭の医学」状態です。


詳しく書くと、いたずらにみなさんを怖がらせることになってしまうので書きませんが、これを読んだら


ペットフードなんて絶対あげられなーーーーいい!!(><)


と、おもってしまいますね。



そして第二章は、いいペットフードについて。

添加物を使わない、完全自然食のペットフードを紹介しています。


まー、ようするにこの本って、この章にのっているペットフードの宣伝なんでしょうけどね。

記者が自発的に取材したのか、頼まれて取材したのかはわかりませんが。

(自分で探したと書いてあっても、そうじゃない場合があるのは周知の事実でして・・・)



第三章は総括と、消費者がというか飼い主がどうするべきか?ということについて。


手作り食が一番望ましいけど、栄養面を考えてやるには限界があるし、時間だってかかる。

そういうときどういうフードを買えばいいのか?ってことだそうです。


で、問題が・・・・



一キロ1000円の呪縛から抜け出せ!



だそーです。


うちはユーカヌバ子犬用をあげてますが、これがキロ1000円。

このまえ、


人間の米より高けえじゃねーーかっ!!


と、思わず自分らが普段食べている米をキロ単位で換算して比較して、夫婦同時突っ込みをした高級ドッグフードです。



でもドッグフードには肉とか入っているんだから、本来はキロ2000円以下にはならないはずなんだそうです。


そして、そういうちゃんとしたフードをあげたときの食費は、


小型犬で一日400円。


一ヶ月だと一万二千円で、それぐらいだとぜんぜんOKだそーです。


「口ばかりでペットは家族と言うのではなく、この子のためにうちは月2万円、あるいは3万円の食費をかけてあげようと決め(以下略)」(本文322ページより抜粋)



我が家では、大の大人二人、


しかもその内一人は固太りの大男の食費が、


あわせて月3万円ですがーーーっ!!



いや、この月3万円って、こちらの物価の高さを知らなかった私が相方に一日いくらいる?って聞かれて、「1000円でいいんじゃない?」って答えたことから始まるわけですが、実際には4万もらってますけど、うち1万は買い食いや雑費で消えていくとして、相方も買ってくれたり外食したりする分があるから、厳密に3万円じゃないけど、それでも基本は3万ぐらいですが?(米別)


しかも、3万円でも使いすぎだよな~、買い食いとかやめればもっと減らせるのにとか、思ってたりしますが?



ソレガナニカ問題でも?(--)



あー、そうですね。


ビンボーなのに、犬なんか飼った私が悪いんですね。


悪かったですねー、ビンボーなのに、血統書つきなんか飼って。



つーか、ここに出てくる人たちの金銭感覚はなにかおかしい!


スーパーで売っている米が一キロ1000円~2000円するのに・・・


って、どんなセレブだよっ!!



実は、手作り食を考えているのって、キロ1000円もするユーカヌバ買ってるぐらいなら、自分で作ったほうが安いのでは?と思ったからだったりします。


いくら犬の食事が肉主体だからといっても、中型犬なんてそんなに食べるものではないし(成長期をすぎたら特に食べなくなる)、私らが食べなくなった米や、どうしても二人分を作ろうとするとあまってしまう野菜や安い鶏肉なんかを使ったら、安く上げられるんじゃないかと。


というか、1人→2人って食費としてみたら結構な違いですけど、2人→3人ってさほど変わらない気がするので。それが子供ぐらいにしか食べない犬だと特に。



まー、というわけで手始めにこの本を読んでみたのですが、私が学んだのは、



昔自分が飼っていた犬も適当なものを食べていたけど、病気ひとつしなかったし(死因は心臓麻痺だったので、食事とは関係ない。多分公園で食べちゃいけないものを食べてしまったんだと思う)、相方のところの犬も、適当なものをあげていたのに15年ほど生きたんだから、別になにやったって変わらないんじゃないか?



という、半分逆切れの発想だったりします(^^;)



ドッグフードだけあげていて、15年以上生きたという犬や、味噌汁ぶっ掛けご飯で15年以上生きたという犬もいるわけでして、別にどっちでもいいじゃんと。



そしてドッグフードは添加物が多くて、添加物なしのを選ぶと人間の食費よりも上になるとしたら、安く上がる手作りでいいんじゃないの?


鶏肉なんて、100グラム100円以下だし。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

パリのパフォーマンス集団YAMAKASIの超人的な体術がみものの子供には絶対に見せちゃいけない映画「YAMAKASI」

彼らが再びスクリーンに!!


「YAMAKASI」ではパルクールと呼ばれる移動術が基本でしたが、「マックス!!!鳥人死闘篇」では、格闘術もくわわって見所満載です。


が・・・・・・・・・・・・


なんで借りちゃったんだろう・・・・(しくしく)


だいたい二番煎じの行き着くところは、アジア(日本)のスピリチュアル系に落ちることになってるんですけどね、一言で言うと、



なんでこんな、「ハイランダー3」みたいな映画、借りてきちゃったんだか(泣)



この一言だけで、わかる人にはわかるでしょう。


まあでも、トンデモ映画としては、面白いって言えば面白いんですけど。

YAMAKASIの繰り広げるパフォーマンスは、相変わらずすごかったですしね。


普段ビルからビルへ飛び移ったりしてるんですから、映画の中でももちろんガチですよガチ。

編集でごまかしているところもあるとは思いますが、かなり危険なことをやっています。


とにかく絶対あなたの大切なお子さんには、見せてはいけません。

特に男の子。


だいたいがですよ、工事現場にいって勝手に足場を登りだしたかと思ったら、そこがマフィアの巣窟で、「ここはうちのシマだ」と言われて返した言葉が、


「俺たちはただ、トレーニングしていただけだ」


子供かっ!!おまえはっ!!


勝手に人の土地に、ましてや工事現場になんて、入っちゃいけませんとお母さんに教わらなかったんですか?



とまあ、すべてが子供の理屈で進むんですけど、「YAMAKASI」も大変に子供っぽい理屈でストーリーが進んでましたが、あれはアレで別に良いのですよ。

しかし「マックス!!!」はいかん。

なぜスピリチュアルなのか・・・。


こういうのをみると、あまりのうさんくささに途端に冷めてしまうのは、私がアジア人だからでしょうかねえ(^^;)

白人だったら、面白く観ていられるのかも?


そういや日本のヤクザがでてくるのですが、背中の入れ墨が「レッド・ドラゴン」みたいな入れ墨でした。


それ違う!!ちがうからっ!!

普通昇り竜とか虎とかそういうっ・・( ̄□ ̄)


日本のヤクザだからといって、入れ墨をいれりゃーいいってもんじゃありませんよ。

と力一杯否定してしまいましたが、ひょっとして今のヤクザさんには、おしゃれな入れ墨(普通の昇り竜とかのほうが、おしゃれだと思うけどそれはおいておいて)をされている方もいるのでしょうか?


というわけで、しょっぱい思いを味わうことになった「マックス!!!」ですが、カンチガイ日本映画が好きな方は、みてみるといいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。