鳥頭式インチキ日記

映画・本・漫画・アニメレビュー


テーマ:

絵画限定ですか?


イサム・ノグチの彫刻が良いのですが。


大通公園のかなりはじっこのほうに、こんなhttp://www.noguchi.org/blkmantra.htm 滑り台が無造作に置いてあったりします。


見ていると、子供がどんどんわき出てくるように見えて、大変楽しい作りです。


あと、モエレ沼公園っていうのもあるんですが、http://www.sapporo-park.or.jp/moere/  こちらは彼が設計した公園です。もう完成したのかな?


結局一回も行かないうちに、札幌を離れてしまったなあ(^^;)


いろいろなところに作品があるので、興味のある方はみてください(^^)

http://media.excite.co.jp/ism/043/02museum.html


って、この前行った美術館にもあったのか!


しまった、常設展示はみなかった・・・。




こちらの作品を、部屋の真ん中にどーんと置いてみたいです。http://www.isamunoguchi.or.jp/gamen/museum/taiyo.jpg


しかしこれ、本元の美術館では、壁に立てかけられているようですね?

私が札幌で観たときは、後ろに回れたのですが・・・


このなんの変哲もない、ただの石のわっかに見える彫刻ですが、彫刻を挟んで立って、お互いをのぞくと、とても楽しい作品であります。


わっかの真ん中の空間が切り取られた異次元のようでいて、さらに向かい合っている人物は、自分とは似てもにつかないのにまるでもう一人の自分のように感じられます。


是非ともくぐってみたかったのですが、にらまれたのでやめました。

(壊れやすいらしい。実は)


こちらのhttp://www.isamunoguchi.or.jp/gamen/museum/voide.jpg 作品も、前後にまわるととても楽しかったりします。


こういう見方が正しいのかどうかは解りませんが、多分大筋からははずれていないと思います(どうだろう?)


んで、この手のやつ(人の背丈ほどの大きさです)を、どーんと廊下か部屋の真ん中において、またぎくぐって生活したいです。


掃除の時に、絶対にやりづらくてむかつくと思いますが(笑)


そのまえに、地震が起こったら死ぬな(--)



ランプ(あんどん?)だったら手にはいるのですが、http://media.excite.co.jp/ism/043/01products1.html  いずれ田舎の家で暮らすことになったら、買おうかな?(^^)


って、なんか値段下がってますか?前よりも。


ん~~~?もうちょっと高かった気がするのですが・・・・。


前から決して手が届かない値段ではなかったけど・・・。



そーいえば、相方が事務所に使っている部屋の壁を塗り直そうかって話が出たときに、


どーせなら、宇宙空間にして、エンタープライズを描いて


と言ったら、そんな事務所はイヤだと断られました。


ちっ。


面白くない(--)




そして芸術に興味がない相方は、私を美術館まで送った後、いつも外で待っています( ̄□ ̄;)!


それもどうだっ!


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ご成婚の報道を見ていて、腹立つことしきり。


買い物の訓練をしていたとか、洗濯も勉強したとか、そーゆーのはいいですよ?

そういうことを言われるのも、仕事の一つだろうさ。


でもさ、


みじん切りがお得意だそうで


って、なんだよっ!!


よけいなことを、いうなっ!!!


みじん切りなんて、できて当然なんだよっ!


これで国民の半分ぐらいは、みじん切りしかできないと、思っただろうよっ!


これだから、家事のできない男はイヤだ。


アホなことしか言わないから。



そしたら別のところで、お花見かなんかでみんながお弁当を持って集まるってやつで、味を聞かれて、


変わったところはないけれど、優しいとてもおいしい味です。


変わったところはないっていうのは、いらないんだよっ!


よけいなことをいうなっ!


家庭的で、宮様らしい優しさにあふれたおいしい味です。


とか、い・え・よっ!!


しかも、他にも色々作ってるのに、クローズアップされるのは、おにぎりだけ。


おまえの奥さんは、おにぎりもつくらねーのかよっ!


そして土筆と桜のおにぎりだというのに、変わったところはないんですか?


そーですか(--)


お上品な人たちは、そんなものは毎日食べているんですね?


天皇家だから高価な食材は嫌味だろうと、でも小技を聞かせて風流に土筆と桜っていう絶妙な選択が、なぜわからんっ!


これだから、料理のできない男はイヤだ。


ばかじゃないの?まったく(--)



ってことを思うのは、私がこれまでよく、


おにぎり作れたんだ!


とか言われてきたから。(男からも女からも)


そのたび料理もできない人に思われてたと思って怒ってたけど、実は自分も作れないから、そういうことをいうんだということを、最近知ったり(^^;)


おかずもちゃんと作っていたのに、おにぎり作れたんだ!っていわれたこと、わたしもありますとも。ええ。


実の母親にも言われたことがありますとも(--)



これが「おにぎり作れるのが普通」っていう人間だったら、言わないよ、そんなこと。


私も言ったこと無いし。


兄貴の家に泊まりに行ったとき、嫁さんが作った朝ご飯を見て兄貴が言った。


これなに?


あほかっ!よけーなこというなっ!


スクランブルドエッグとボイル野菜とスープも普段作ってないことを、


ばらすんじゃねえっ!!


ブロッコリーと卵の名前もわからんのか。相変わらず頭が良いのにアフォだね。


といって、気づいていないふりをしたけど。


いやほんと、家事のできない男はバカだ(--)



20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
記事とは全く関係ないけど、欲しいからUPw

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

USJ公式サイト http://www.usj.co.jp/index.html


私と相方はもともとネット上のつきあいはあったのですが、リアルであったのはUSJが大阪にできたからでした。

USJがなければ、リアルで相方と会うことはなく、恋愛に発展していなかったと思います。

なので、USJの年間パスは、毎年買ってもらっています。

そして通いづめてます。


去年までのクリスマスのショーはしょぼかったのですが、今年はがんばってます。


USJには、ハロウィンの時に、「ビートルジュースのホーンテッド・ビート」というパレードがあるのですが、それがモンスター映画のユニバーサルらしく、踊り子さん達が洋物のお化けの格好をしてパレードをするという、泣き叫ぶ子供の姿がたまらないショーがあるのですが、毎年それが評判が良いので、その手のショーを増やす方向に行っている模様です。

(でも今年はユンソナのせいか、しょぼかったんだよね、ハロウィン)


ブロードウェイとニューヨーク・シティオペラから歌手を招いて(公式では男性の名前しか挙がっていないのですが、女性歌手も外人です。でも曲数から言って、男性の方がどちらも位が高いのでしょう)、聖歌隊・ダンサーとともに、クリスマスキャロルを歌ってくれます。


いや、USJでこの手のショーが見られるとは!

ハロウィンに続き、アタリのイベントを出しましたね(^^)


まず最初に、無駄にお金をかけたツリーを存分にみやがれ!ということで、ツリーの点灯です。

長い間、点滅を見せられます。


まずブロードウェイの男性歌手が歌います。


女性もうたい、二人でデュエット


オペラのテノール歌手が歌い


ソプラノ歌手も歌います。

UPしている画像は、先々週に行ったものと、昨日行ったものが混じっています。

この写真は昨日のもの。

テノール歌手が日本人ですね(^^)


片羽の天使の踊り。






踊っている間も歌っているのですが、最後にみんなで合唱です。

曲数が多いのが特徴で、たっぷり聞けます。


金のシャワー!

とても綺麗です。


それで終わりかと思ったら、最後に雪が降ります(^^)

どちらも、風がないときに行った方が、綺麗に見えます。



もう、まぜろ~~~(><)!!って感じですね。


この手のショーはみんなそうなのですが、最初の頃よりも日数を重ねるごとに、練られていってよりレベルの高いショーが見られます。


昨日見に行ったときは、ものすごい強風でしかも向かい風で可哀想だったのですが、みんな笑顔で情感たっぷりに歌ってくれました(^^)

いや~、昨日のはよかった。うん。


日本人のおっさんだけは、喉詰まらせていたけどさ(ちっ)


クリスマスまで、USJのとりこです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

参考サイト http://www.gaga.ne.jp/hakkeyoi/

なんとなくチャンネルを回しただけだったので、何の映画かもわからず見ていたのですが、それゆえにえらくびっくりしました。

どうやら夫が失業したらしく、デブの妻が工場に働きに行くことに・・・

失業したことで、ちょっと頭のねじがゆるんだ夫は、妻にボディペイントをして、ヌード写真をとり、絵はがきにすることを商売にしようとする。

妻は主任の嫌がらせにも負けず、工場でけなげに働くが、なぜかこの工場にはデブが多い?そういや工場長も百貫デブだし・・・・

夫の仕事が見つからないことと、わけのわからん商売を始めようとしていることに妻はいらだち、喧嘩が絶えなくなってくる。

ということを、途中からだったのでよくわからず観ていたのですが・・・・・・・

宇宙人がいると本当に信じているカルトな夫は、何でも良いからさっさと次の仕事先を探せばいいのに、飲んだくれておまけに薬もやってるらしい。

そして「本当は俺はおまえにそんな苦労をさせるつもりはなかったんだ」と、お金もないのに仕事を辞めるように言われた妻は、工場長に辞表を提出しに行く。

すると、工場長の部屋は、畳のエセ日本様式

ええ?なぜーー?

そこで彼女は工場長に、

「あなたは見所があると、ずっと思っていたの。私たちの秘密クラブにいらっしゃい。そこでは、太っていることが美しいのよ」

といわれ、行ってみると、

相撲クラブだった( ̄□ ̄;)!

ここで何の映画かも、題名すらわからず観ていた私は、驚愕!

ぽかーんと口を開け、見送ることに・・・

こちらhttp://www.ywad.com/movies/678.html のレビューで、題名をばらさないほうが、映画としては成功するんじゃないか?って書いてあったけど、まさしく私はそのパターンにはまったわけです。

いや~、びっくりした。

その後はめくるめくデブの相撲の鍛錬のシーンが繰り返されるわけですが、それがまた、カンチガイニッポンで笑えます。

いやね、まじめに作ったつもりなんだろうけど(笑)

それにしても、デブはデブなんだけど、みんな綺麗なんですよね、ものすごく。

もちろんそういう人ばかりを選んだんだろうけど、それにしても、きっと痩せたらみんな、もんのすごい美女なんじゃないかと・・・

外人って、太るときっつい人多いですけど、工場長以外(笑)はみんな綺麗でした。

夫が写真を撮るシーンで、ライトを微妙に当てて、もし痩せていたらこういう輪郭なのか?というのを浮き立たせるシーンがあるのですが、とても綺麗です。

自分が太っていることで、自信が持てなかった彼女は、相撲の鍛練を積むうちに、だんだんと自分に自信を持ってくる。

そしてヤク中宇宙人カルト夫は、最初妻の行動を浮気していると疑うが、つけてみたら変な格好をした太った女(綺麗な浴衣と思われるものを着ていた)たちの中に混じって、変な踊りをする妻の姿を見つけ、妻が宇宙人と接触していると勘違いする

イヤ、だからおかしいから・・・・( ̄▽ ̄;)

なんか・・・・・・

えっとこのあと、全国大会に出ようとするのですが、そこで力尽きて寝てしまいました(^^;)

レンタルしてこようと思います。

変な映画として紹介しましたが、割と良い映画でした(^^)

「ブラス!」に雰囲気が似ております。

イギリス映画だからね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

季節の変わり目には、変なヤツが増えるっていう話だし、私のパパリンも、そのころよく頭の都合で入院していた気もするけど、先月先々月ぐらいから、アラシがすごいな~と。


ネットのアラシって、季節にかかわらずいるけど、立て続けにいくつも。


人気サイト・ブログの宿命かね?と思う。


アメブロはランキング1位を取ったら賞金がつくから、それもまた有名税ってことで、あきらめつく部分もあるんじゃないかとはちょっと思うけど。



結婚のところで1位を取っていた方のところが、最近騒がしいことになっている。


事の発端は、管理人さんが関西人で、


東京弁を使う男は、寒い。


って言ったことからだったと思う。


ささいなことだよね。


嵐が来る前からも1位だったけど、みんな和気藹々としていたと思うけど、その発言は嵐さん以外のまともな人も、「ちょっと・・・」って感じだった。


相方に聞いてみたら、やっぱり東京弁を使う男は、おかまっぽく聞こえるようだ。


北海道育ちの私は、東京弁にタイする違和感って、わからないのだけど。


でも、方言や土地の慣習に対する差別ともとれる発言は、気をつけなきゃならないと思う。


これがネットじゃなくて、リアルだったら、たとえば関西で東京弁を使って、「寒い」っていわれても致し方がないところがあると思う。


郷にいれば郷に従え。で、その土地になじまなきゃならないから。


(それと、関西の方は、他の方言をものすごく笑いものにするんだよね(^^;)あんまり良いことじゃないと思うんだけど、関西人的には、それがおいしいってことなのかな?そういう自分も関西弁で、なまってるんだけどw、関西人は自分の言葉が標準語と思っているようだ。ゆえに関西の方は、他の土地に行くとちょっと辛い洗礼を受けることになったりする話を、よく聞く)


でもネットの世界では、どこの土地の人が見ているかわからない。


だから、自分の価値観=標準ではないってことを忘れないようにしないと。


自分の感じたことを、素直に表現するのは良いんだけど、「もし読む人がこうだったら・・・」ということを考えて、「悪いけど、私は~~感じた」といった、謝罪の言葉を入れるとか、注釈とかをきちんとつけるべきなんじゃないかなあ?


多分ご本人も、軽率だったなと思っていると思うんだけど、その後もアラシが来続けているのは、気の毒としか言いようがない。


ところで、学歴とかで差別するの、やめましょうよ。


たしかにね、昆虫並みのバカで大学に行かなかった人もいるだろうよ。


でも、大学に行かなかった人が全部バカかっていうと、別にそういう訳じゃないし(--)


あと、学歴とか美しさとか若さとか金とか地位とか、そーゆー肩書きってものだけを、自慢するのはやめましょうよ。


もちろん、そういうものを手に入れるためには、何らかの努力はしたんだろうから、それを誇るのはいいんだけどさ。


もしそういうのが無くなったら、どうするつもりなの?


学歴は無くならないけど、そんなもん、よっぽどすごい大学じゃないと、外国(他の県とか)行ったらなんの意味もないし、美しさも若さも金も地位も、すべて失う可能性がある。


肩書きが無くなったら、何か自分に誇れるところはあるのかね?


だから私は学歴よりも、いつでも自分を持っている人が好きだ。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。