足立区からの物体X

ロックが好き、映画も好き。そして、たいやきが大好き♪

そんな自分は今、滝巡りにハマっています

不定期ながら訪瀑記を中心に色々と書き綴りたいと思っています


テーマ:

7/16、福島県は西郷村にやって来ました

目的は阿武隈川にある赤滝です

赤滝の存在は去年、知ったのですがなんせ道中は長く、ハードな道のりという事と

単独では万が一の事を考えたときに厳しいか・・・と去年は自重しましたが、場数もこなし、

そこそこの経験値も出来たので出陣しました

あとは買ったばかりのミラーレスカメラで赤滝を撮ってみたいという思いもありましたしニヤリ

 

道の駅・しもごうで車中泊し、来た道を戻るように走ります

道の駅・しもごうから右折して国道289号線を走り安心坂トンネルの手前に

甲子温泉への案内板があるので、その指示通りに右折(ログの黒矢印)

道なりに進み、大きな右カーブの手前・左側が駐車場所になります

車3~4台は止められるかな

 

駐車場所から来た道を戻ると・・・

ここが入口になります

ガードレール側では無い方に進んでください

 

赤滝への全体ログ

 

今回の滝巡りに関して悲しい事が2つ・・・

訪れた5つの滝の写真だけアップしたブログにも書きましたが

1つは買ったばかりのミラーレスカメラを大熊滝雌滝の滝つぼに落とした事と

もう1つは今回のログ・データを無くしたことです

 

ログ・データの足跡だけはありましたがマーキングした所はアプリ内の地図に残るので

(その地図を見ながらいつも★印を付けているんですけど)

そのマーキングした所が消えたわけです

マーキングした場所によっては通過した時刻とかも入れてたから、所要時間の参考にもなると

思っていたんですけどね・・・はぁショボーン、何をやっているんだか・・・

 

上の写真も帰りに撮ったもので、大熊滝雌滝への道中の写真はありませんが

きもとなる所は記述しておきます

あと今回、訪れるにあたり参考にさせてもらった滝レポをリンクしておきます

ぶらり滝めぐり・・・滝訪問記「阿武隈源流本沢(赤滝ほか)」

事後承諾のリンクなので、都合によりなくなるかも知れませんがご了承ください

 

上の写真の赤矢印の方へ進んで甲子大橋の橋脚下を進みます

 

この先を進んでいくと「危険につき沢の方へ迂回してください」と木にくくりつけられた案内板があるので

指示通りに沢へ下ります

左手に堰堤が見えたら沢から山道へ戻ります

山道は行き止まり(青いトタンが落ちています)左に続きますので

左に進みジグザグ進行で登ってください

ビックリマークこの青いトタンの手前・右手に沢へ下りる踏み跡がありますが惑わされないように

 

自分はここから沢へ下りてしまい、しかも1人先行者がいたので

右手が正解と思って後追いしたのですが、実は先行していた方は釣り人で訪瀑には無関係でした

 

来た道を戻らずに沢をそのまま遡行していったら、巨大な堰堤が立ち塞がっていまして・・・

その為、堰堤の右岸側にある急斜面を登るはめにガーン

沢靴のため、足元は気をぬくとずるずる滑るわ、高度感があるわでこのルートは危険です

間違わないようにしてください

 

登りきって先へ進むとロープ場があり沢へ下ります

あとは沢に沿って進んでいくだけ

せっかく沢靴を履いて来たので、今回は積極的に遡行しましたニコニコ

 

そして大熊滝雌滝に到着です

落差は15m

広く深く蒼い滝つぼ

 

右岸側をへつって進めば裏見もできます


この時にはすでにカメラを落とした後なので気分は盛り下がりえーん

 

この場所から振り返って

そういやぁ、鎖場だったなぁ

 

本当に盛り下がったので、この場で帰ろうかとも思いましたが

「再訪時の赤滝へのルート確認の為やプンプン」と気持ちを切り替えて大熊滝雄滝へ向かいました

 

大熊滝雄滝へは雌滝の手前の右岸側に上へ登る鎖場があるので登っていきます

 

登ったらもう1段鎖場が・・・

 

鎖場を登り終えたらロープ場を伝って進みます

 

途中には雄滝を見下ろせるポイントあり

 

ロープ場を伝って・・・

 

ロープ場を下りて・・・

 

大熊滝雄滝が見えたびっくり

多分、雌滝から10~15分位で着けたと思います

 

近づいて・・・

 

やや正面から


 

落差は50m

 

左岸側より気持ち見下ろす感じで・・・


 

右岸側から


 

雄滝の名の通りに力強く、そして高いところから豊富な水を落としています

滝前では飛沫による清涼感を味わいましたが・・・気分は晴れません(苦笑)

 

写真では滝の大きさが伝わらないかもですが、実際はデカくて迫力あります

見応えアリアリですねニヤリ


このブログを見て行ったとして事故やトラブル等を起こしても当方では一切責任を
持ちませんので、全て自己責任で行動してください

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sai5150さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。