労働組合ってなにするところ?

2008年3月から2011年3月まで、労働組合専従として活動しました。
現在は現場に戻って医療労働者の端くれとして働きつつ、労働組合の活動も行なっています。

あまり知られていない労働組合の真の姿(!?)を伝えていきたいと思います。


テーマ:
まず、お知らせです。
派遣村マニュアルが下記URLからダウンロードできます。


東京 春の派遣村アクション
派遣村実行委員会パンフレット「あたたかい春を迎えるためのマニュアル」

http://www.k5.dion.ne.jp/~hinky/hakenmura/hakenmura.pamphlet09haru.html



「ユニオン」と「労働ニュース」アーカイブ様からの情報提供で、次のような相談活動もあります。


http://www.pref.ehime.jp/tiroui/roudousoudan.htm

7月から月に2回無料労働相談 7/10,24 8/7.21
愛媛県労働委員会 先着3名
電話 089(912)2996
対象は個人の労働者など
【「ユニオン」と「労働ニュース」アーカイブ 推薦】


http://www.pref.kagawa.jp/roui/senmonsoudan.shtml

7/28 香川県労働委員会 労働相談
7月28日(火)15:00~17:00 予約要

http://www.pref.kyoto.jp/news/general/2009/7/1246581393823.html

京都府労働相談「非正規労働ほっとライン」 社会保険労務士が対応
7月、11日、18日、25日
弁護士や労働委員会も紹介する場合もあります。


http://rojouhimeji.blog18.fc2.com/blog-entry-59.html
7月11日(土)炊き出し・散髪・生活相談
カトリック姫路教会


http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/090704_2.html
雇用と生活 全国一斉無料法律相談会
2009年7月4日(土)~8月7日(金)
相談日は各地で異なります。
問い合わせ先  日本弁護士連合会人権部人権第1課 
TEL:03-3580-9504


http://mainichi.jp/area/osaka/news/20090708ddlk27040377000c.html

関西で 労働・生活なんでも電話相談 11日まで
主催 「アルバイト・派遣・パート関西労働組合」「管理職ユニオン・関西」
※午前10時~午後6時 11日まで 大阪:06-6881-0110 
神戸:078-360-0450 京都:075-343-3003

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090709ddlk34040709000c.html

労働相談 11日 海田「七夕さん」 /広島
主催 反貧困ネットワーク広島
ポルトガル語、スペイン語、中国語もOK
連絡先 (082・227・8181)



労働組合には「政党からの独立」という原則があります。「○○組合は○○党系」ということがよく言われますので、「何だその原則は?」と眉唾に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、労働組合は同じ要求を持っている労働者であるという一点で団結するので、政治思想の違いによって差別されないというのが原則です。どんな政党を支持しようと、それは本人の自由です。

なので、政局の話は当ブログで取り上げるべきものではなく、直接的に選挙を話題にすることもなるべく避けるようにしてきました。

ですが、ちょっと聞き捨てならないことを知り合いから教えてもらいましたので、ここで注意を喚起しておこうと思います。


来るべき総選挙に向けて、私たち有権者がどのような選択をするべきなのか、様々な場で論じられています。

その中で、「政権交代のためには小選挙区では民主党候補に投票を集中し、比例は好きな政党に投票するという、合理的な戦略的投票行動をすべきだ」という主張があります。

私は、小選挙区こそ、それぞれの候補の主張を聴いて、自分の考えと最も合致する候補者に投票すべきであり、それを合理的でないからといって一つの方向に誘導しようとするのは民主主義の否定だと考えていますので、そもそもそういった主張には反対でした。


そして、もう一つそういった主張に反対すべき根拠を知りましたのでお伝えしたいと思います。それは、「戦略的投票行動を選択すると、小政党の候補者は比例区でも落選する恐れがある」ということです。


詳しくお話ししますと、それは衆議院選挙だけに認められている「重複立候補制度」によるものです。

衆議院選挙は小選挙区比例代表並立制を採っており、小選挙区と比例代表にそれぞれ候補者を立てますが、所属政党が許可すれば一人の候補者が小選挙区と比例代表に重複して立候補することができます。そうしますと、小選挙区で落選しても比例代表として当選する候補者が出てくることになり、中には小選挙区において供託金没収点(有効投票数の10分の1)未満の得票であっても当選してしまう候補者が現れました。よって、2000年6月の衆議院選挙からは、供託金没収点未満の得票だった候補者は、比例代表になっていても当選できない制度となりました。


詳しくは、下記URLを参照してください。

Wikipedia  重複立候補制度  最終更新 2009年6月22日11:23

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E4%BE%8B%E5%BE%A9%E6%B4%BB



つまり、「戦略的投票行動」に納得してしまった小政党の支持者が、みな小選挙区で本当に支持している候補者に投票せず、比例代表だけ支持している政党に投票した場合、その候補者は供託金没収点未満の得票となってしまい、せっかく比例代表で支持政党に投票してもその候補者は落選してしまうのです。

比例代表には重複立候補者以外も立候補するでしょうから、その政党の議席数そのものには影響がないかもしれません。ですが、自分が支持し、是非国政に送り出したいと考える候補者を落選させてしまう恐れがあるのが「戦略的投票行動」です。

候補者の中の誰を支持するか、はっきり意志が固まっているという方は、「戦略的投票行動」が合理的であるとか、正しいとかいった言葉に惑わされる必要はありません。自分の投票行動を後悔しないよう、きちんと支持する候補者に投票してください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

みどりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。