特許翻訳 A to Z

特許翻訳歴25年、業界改善を目指した情報発信歴22年。
自らの試行錯誤に加え、参加者数のべ1000名を超えるセミナーや講座、年間50名前後の個別相談などを通して得たスキルアップのヒントをお届けします。


テーマ:

以前もときどき言及していますが、検索エンジンGoogleには、特許明細書を検索するための2種類のシステムが存在します。
具体的には、Google Patent Searchと、Google Patentsです。

この2つがどのくらい違うのか、あらためて比較してみました。
前者については、英語ドメインと日本語ドメインの両方で試します。

 

① Google Patent Search (日本語 co.jpドメイン)
② Google Patent Search (英語 comドメイン)
③ Google Patents

 

キーワード:"酸付加塩"
① 2,180件  ② 2,180件  ③46,838件

キーワード:"カップリング助剤"
① 0件  ② 0件  ③ 39件

キーワード:"イオン対合剤"
① 0件  ② 0件  ③ 36件

キーワード:"塩基付加塩"
① 440件  ② 440件  ③12,697件

 

いずれも、翻訳によって生じたと思われる、明細書でしか見られない用語で試しました。
 


参考までに、WIPOのField CombinationでJapanese descriptionに対して同じキーワードで検索すると、上から順に41,742件、27件、45件、9,499件となりました。
キーワードによっては、Googleのほうが取得できる情報が多いことになりますね。

ただし、"カップリング助剤"で実際にGoogleの検索結果を繰ってみたところ、実際には37件、"イオン対合剤"35件でしたので、若干の誤差はあるようです。

また、"塩基付加塩"は最初の260件目まで、"酸付加塩"は300件目までしかページを繰ることができず、全部を確認することはできませんでした。

それでも、Google Patentsは類語対応をはじめとして他の公報検索システムとは少し違うインタフェースを持っていますから、調べたい内容によってはこちらが役に立つかもしれません。

 


■関連記事
JPlatPat停止時の代替手段
J-STAGE停止時の代替手段

 


インデックスへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

水野麻子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります