特許翻訳 A to Z

特許翻訳歴25年、業界改善を目指した情報発信歴22年。
自らの試行錯誤に加え、参加者数のべ1000名を超えるセミナーや講座、年間50名前後の個別相談などを通して得たスキルアップのヒントをお届けします。


テーマ:

3代目「特許翻訳の世界」 > 通訳翻訳ジャーナル連載「翻訳さんぽみち」 
 > 「原文理解に対する誤解」-99年1月号


復刻シリーズ「原文理解に対する誤解-(2)」からの続きです。

※小見出しは、99年当時『通訳翻訳ジャーナル』での掲載時に編集部で付けて下さったものをそのまま使います。
 

通訳のように瞬時に訳すことはできないが、
時間があれば訳せるという誤解

ところで、サイトラ式の原文理解プロセスが翻訳のスピードと品質に大きく影響していることに気が付いたとき、私はある疑問にぶつかりました。
起点言語を理解して対象言語で正しく伝えるという過程だけを見れば、通訳も翻訳も同じはずです。
ところが日本では通訳者になるには厳しい訓練が必要で専門の学校もたくさんあるのに、翻訳者になるために同じような訓練をしているところは聞いたことがありません。

ある友人は、翻訳者の方が「楽」というイメージがあるからでは?と言っていました。
通訳は「その場で瞬間的な処理」をする能力が要求され、一方翻訳はある程度調べ物をしながら作業をする余裕があるからです。
結果、通訳のように瞬時に訳すことはできないけれど、「時間さえあれば出来る」という「誤解」が生じています。
仕事の品質と時間とは決して正比例するものではなく、「理解」というプロセスに関して見れば時間はあまり関係ないのですが、時間があるから通訳よりも楽と思いがちのようです。

確かに通訳者は単語力がないと仕事にならず、一方翻訳者は辞書でゆっくり単語を調べることができます。
かといって、ゆっくり調べる時間があれば原文を正しく理解できるかというと、それとこれとは別のような気がしました。

何故、通訳者だけが英語を英語のまま理解するための訓練を受けるのか?
この疑問にぶつかったとき、書店でサイトラと英文理解のことが書かれた本はないかと探してみたのですが、都内の大型書店にもかかわらず求めていたような書籍は全くないに等しい状態でした。(読者の中で、サイトラならこの本がいいよという書籍を御存知の方がいらしたら、是非教えて下さい。)
そこで今度は、インターネットを活用して調べてみたところ、有益な情報はゼロ。
ところが一方、海外のサイトに目を向けたところ、とても全部は回りきれないほど膨大な量の有益な情報がヒットしました。
海外には、翻訳者と通訳者を区別なく同じプログラムで教育している団体や学校が山ほどあったのです。

翻訳者になるか通訳者になるかは最後の最後に決めることで、それまでは翻訳者だからとか通訳者だからとかいった区別はせずに同じようにトレーニングを積んでいます。
日本ではどうしてこういった訓練がされていないのか分かりませんが、翻訳のスピードがあがらない、品質が粗い、訳抜けが多いなどの悩みを持っている方は、一度通訳者の訓練方法を真似てみてはどうでしょうか。

(了)


【2016年の目線から】
最近は、通訳訓練「以外を」想定した英語学習本や英語教授法の資料でも、サイトラのテクニックを普通に見かけるようになりました。
ここでいう学習や教授法は「話せるようにする」ことを目的とするもので、翻訳における品質&速度の向上を想定したものではないのですが、それでも、大いに利用価値があります。
(サイト「トランスレーション」と言うのに、通訳だけなんですよね・・・なぜか。)

2000年代になると、雑誌記事もいくつか出ています。
たとえば、国会図書館の蔵書検索で「サイトトランスレーション」を検索すると、ここまでピンポイントの検索語ですら、15件ヒットします。
(一部、どうみても関係なさそうな資料も混じっていますが・・・)

最も古いのは、「サイト・トランスレーションの機能と技法」という2001年の記事
日本通訳学会の『通訳研究』という雑誌に、掲載されたものです。
このくらいの時期になると、雑誌媒体でも出始めた、ということなのでしょう。

かたや海外はどうかというと、たとえば英国British Libraryのメインカタログで「sight translation」を検索すると29件ヒットし、そこには1800年代の書籍が複数あります。
米国Library of Congressでも、やはり1800年代の書籍が含まれます。

どちらの図書館も、日本でいう国会図書館と同じような位置づけです。
世界の図書館(主に米国)を横断検索するWorldCatに至っては、275件もヒットします。

海外のほうが幅広い視点の資料が存在する事情は、昔も今も変わらないようですね。

余談ですが、WorldCatの検索対象には、日本の国会図書館デジタルさながらにインターネット上で閲覧できる電子書籍も含まれます。
これはこれで、Google Booksとは違った意味で便利です。

覚えておくと、役に立つことがあるかもしれませんよ。


■関連記事
翻訳さんぽみち

  ├原文理解に対する誤解-(1)

  ├原文理解に対する誤解-(2)

  ├原文理解に対する誤解-(3)
  │
  ├仕事の効率化-(1)

  ├仕事の効率化-(2)

  │        └用語一括置換マクロ誕生の舞台裏

  │
  ├「マクロ辞書」の作り方と活用法(1)
  ├「マクロ辞書」の作り方と活用法(2)
  │
  └作業効率化の目的

 


インデックスへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

水野麻子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります