1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-07-17 08:32:59

テーマ:ブログ
梅雨

梅の雨
梅の季節は三月
何故だ?
まあ
どうでもいい

ビニール傘が世界を支配している最中
俺は戦っていた

いつもの電車
我の横に立つ
50歳位
アロハ
ネオ坊ちゃん刈りのおじさんが
ずーと

なんでだろー なんでだろー

と独り言を言っている
なんでだろーなんでだろー

なんでだなんでだろー は言わせねえが かなり デカイ独り言だ

首をクイッと傾け なんでだろー
上を見てなんでだろー
腕組み直してなんでだろー

我の頭の中ではジャージ着た二人組の芸人が動きまくる

読書中の我にはかなりうざい

なんでだろーなんでだろー 

知らねえよ

なんでだろーなんでだろー

サングラス越しになんで野郎を見据える

貴様の疑問点を世界に聞くな
声に出しても神は答えない

ならば 我が答えてやろう

電車内の人々も我同様になんでだろーにやられ あらゆる集中力を奪われている 

故に 我発動

なんで野郎
なんでだろーなんでだろー

なんでだろーねなんでだろーね

なんで野郎
?? な、な、なんでだろー

なんでだろーねなんでだろーね

なんで野郎は我を横目に見ながら小さくなんでだろー
我 がっつり視線合わせながら
なんでだろーねなんでだろーね
さあ どうする
我は否定はしてない むしろ共感している いわばあんたの仲間だ
共に世界の謎を解き明かそう
あんたの悩みは皆の悩みの種
悩み屋め 
奴の悩みを考える
全くわからないけど
悩んでるのは解る
では何故悩む
安心したいから 納得したいから
腑に落としたいから 要は自分の為にだ
自分を守りたいから人はなんでする
それが奴のなんで
では皆のなんではどうか?
奴のなんでに虐げられ 惑わされ
故に皆のなんでは奴に集まる
なんで、なんでばかり言うの?
なんで止めて 
noなんでno problem
我 なんでをとめる者なり
世界の為に また自分の為に

と 我同様なんで野郎のなんでにしびれを切らせた50歳くらいのおばさんが叫ぶ

なんでなんでうるさい! 静かにして勝手に考えなさい!

先を越された我だが おばさん ナイス!

なんで野郎
、、、なんで、、、

あんたは間違えたんだよ なんでと聞く前にあんたは自分すら見えてない
故に答えど見つかるはずはない

叫ぶおばさん
あんたもうるさい!

え、、、


SAGGA NEW ALBUM
BE THE CHANGE

きっと答えが見つかるアルバムだと思います


AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-05-31 18:29:59

今夜はISH-ONE

テーマ:ブログ
誰かの為に生きてみる

そんな風に感じさせてくれたきみに

ぼくは生きる意味と証を手に入れた

ありがとう

と 初夏の太陽に感謝しながら生き始めた今日

最近禁欲気味の我

まあ特にあっちの方だが

どっち?

まあ上下で言えば下だ

故に色々ギンギンだ

目なんて軽く瞳孔開いてるし

腹すらへらない

別に早いヤバいやつとかしてない

ただゆかないだけ

でギンギンだ

ギンギンに支配されないよう
円の友和を心がけるが
ついギンギンが先にでてしまいやがる
だが合気でギンギンを必死に回す

昔は色々なスィッチが直ぐに入り暴走し金や色々なものを失ってきた我

しかし今は例えギンギンでも 微風のごとくユラユラとしながらも目を周りに向けず まずは己に向けられる様になり
ギンギンをシャーシャーに変換する

シャーシャーだ

と いつもの電車
ややギンギン気味の我にぴたりとくっついて来た若き美女がいた

さほど満員電車でもないのに
かなり近い、というより既に女の顔が我の胸に埋まる位近くにきた

美人局か?それともまぼろしか?

ギンギンが高まりだす
やばい
我後ろへ下がる
美女 ついてくる

なるほど、、
我のギンギンにきづいたな

シャーシャー発動

美女をまるで自分のゴルフバッグか何かと思い始める
生暖かい香水臭いバッグだな
なんだ紫色か
なんだシワシワか
なんだつかい古したバッグか

いや

我ゆっくり美女をシャーシャーモードで見やる


よく見たら
我より瞳孔開きまくった
50歳後半の体型だけは若いが
お歯黒塗ったみたいな真っ黒な葉を剥き出しにしたおばさんが
はあはあ言いながら体を震わせている

???


さっきの美女は何処に


しかもはあはあが死んだ金魚の水槽の匂いだ

さっきの芳香は何処に

ババアの白目が我を見る
ギンギンだ

ババア シャーシャーにしてやる

続きは今夜の渋谷ブエノス

相方ISH-ONEワンマンライブで

メンツはこれだ
{F335872B-68AD-432C-9E12-B031C46ACBB9:01}


AD
2015-05-26 12:46:02

テーマ:ブログ
緑のおじさん

それは横断歩道の門番

いわばケロベロス

黄色の旗が時に世界を封じ
時に世界を開かす

新緑芽吹くいつもの通り道

登校する小学生が世界中の大人達より熱く一円にもならないが
世界が変わるかも知れない話をしてる

最近事故でもあったのか
今まで無人の横断歩道に緑のおじさんが2名づつ立っている
子供達が先に渡り 
我と緑のおじさん二人しかいなくなった横断歩道
ニューヨークは基本皆信号無視
渡れるなら渡る
我それが染み付いてる
もちろん今は子供達がいたら信号無視はしないようにしてる
だが 今は大人三人のみ
信号は赤 車は来てない

緑のおじさん二人を見やる
どうみてもやらされてる感満載な二人
あーあー面倒くせえな
あちいな
ダリィな と聞こえてきそうなくらいだ
信号機があるのに、それを無視させない為の仕事など、流しそうめんを監修するよりも意味のない事だ

赤信号 わたるかな

我が渡る気配を見せると 条件反射のごとく緑おじさんが我を睨む
が お互い大人 お互いの忙しさ 赤信号のありがたさ全てわかった上で 無視する大人の理由  

緑おじさん
あんた、、早くいきな、、俺は何もしらねえし 何もみてねえ

助かりもうす、、あんたの、存在意義を無駄にしてしまいすまぬ

緑おじさん
だから俺は何時みてねえって言ってんだろ? 俺は緑のおじさんだぜ、安全のケロベロスだ、だがな、今はたまたま目にゴミでも入ったか、涙で上手くみえねえよ、

、、あい、わかった、、もう何も聞くまい、言うまい、 さらば

緑のおじさん
なんだか今日のお天道様は眩しすぎるな

赤信号を渡り始めた我
と 緑のおじさん2が反対側で黄色旗を振りまくり何か口パクで言ってくる

パクパク?

ダメだ全然わからん
パクパクパク?
だからわからない

赤信号渡りきる我
緑のおじさん2が 我に言う

緑のおじさん2
本当はダメだけど子供いなかったしね 今日は大目に見ておくよ

ほう? なかなかの上から目線

恩にきります

緑おじさん2
気にすんな

気にさせといて気にすんな

SAGGA NEW ALBUM

BE THE CHANGE 

気にさせといて気にすんな的内容もあるアルバムです

発売日もうちょいで決まるかな

宜しくピース
AD
2015-05-24 13:49:50

アイスコーヒー

テーマ:ブログ
軽やかにうつろぐ季節とは逆に
大人達の足取りは重さを増す
暖かいというより暑い朝
行列と渋滞は江戸の華

いつものコンビニ
二つあるコーヒーメイカーの一台故障中
まあ日曜だし
暇だし
天気いいし
たとえアイスコーヒー用の氷だけ入ってるカップ片手に
おじさん達が10人行列作っていたとしても 
切れたりはしない

それはレジでアイスコーヒー用氷カップを買った瞬間に始まるストーリー
普段ならコーヒーメイカーは二台フル稼動だし並んだとしてもマックス三人くらいだった
今日は何故か我入れて10人、おじさんばかりが行列を作っている

ある者は寝起き直後風なボサボサヘアー
またある者は朝一ランニング後風 汗だく
またある者はこれから仕事に向かう不動産営業風
で ある者は 
氷カップを5個持っている
家族からつまはじきにされてそうな
猫背の痩せた ただ目だけが異様に爛々としてる男がいた
気の強そうな小太りババアが5個カップ男に話かける

小太りババア
あんた、早くしてよ みんな車で待ってんだからさ あたしは先に車に戻るからね
カップ男
、、、、わかった、、、
行列の野郎共が聞き耳を立てる

一言で全ての男性を敵に回したババアの態度
男とは弱い立場の男には 他人であればこそ深い共感を示す

同情と軽蔑が交差した空気が辺りを包む

ただ我は行列最後尾
カップ男は我の前
故に 我10番目てはなく コーヒー的には15番目だ

もちろんカップ男より前にいる野郎共には奴が5個カップを持っている事など気にもならないし 意識する必要もない
故にかかあ天下男に同情的に話し始まる

大変ですな
今日は暑いですな
お互い大変ですな
うちのもね厳しくてね

など不幸な旦那達が我先にと妻の悪口大会に華を咲かせてる

カップ男は余裕たっぷりで自分に話かける野郎共にいちいち恐縮しきった顔で頭を下げている

同情は余裕から生まれ
同情された側はその余裕に自分の惨めさを浮き彫りにされてく

ただカップ男が最大に恐縮してる理由は 

我にある

糞行列の最果てにいる我
伸びまくったヒゲ
軍人ヘアー
サングラス
タンクトップ
の我

きっと5個カップを持っている自分に我がイラついているだろうと心配しているようだ

無問題だよ

優しいあんたは家族にも使われ
世間にも道を譲り
つねに誰かに気を使い
それは弱い自分が唯一生き残る方法と決めつけ
誰にも迷惑もかけないが 誰からも軽んじられてきた悲しき優しさ

我 その優しさを強きものに変えたい
故に 我はあんたにイラつかない

20分経過
喉も渇ききり 意識も朦朧としてきた
カップ男の順番

アイスコーヒー用氷ももう溶け始めている

ぺこぺこしながらコーヒーを作り始める

我に気を使わないでくれ
我大丈夫 と心で微笑む
大丈夫 あんたが今まで譲ってきた時間に比べたらコーヒー5杯くらいなんでも無い

と このコンビニには前ブログでも書いたが凛としたかなりカッケーおばちゃんがいる 女優ばりの美しさに真っ直ぐな瞳 世界中の闇を切り裂く聖天使だ

で その天使がいきなりコップ男に

もし宜しかったら後ろのお客様を先に使わせてあげて下さい
後ろのお客様は一杯だけですからお願いします!

と、深々と頭を下げた

正に天使、神対応   だ、、、が、、


それは同時に弱気故に優しさを他人をすり抜ける武器に変えて身を隠してきたカップ男と我との永遠の別れを意味した

カップ男
、、は、、はい、、大丈夫、、です
どうぞ、、

上目使いに我を見る奴の目が怯えと自らへの怒りと小太りババアへの不安で潤んでいる

我まずは天使に

大丈夫ですよ、暇なんで、この人(カップ男)家族待たせてるので俺はつぎで大丈夫す!

でカップ男に
大丈夫す! 

これなら多分カップ男の殻をこじ開けられる

が カップ男の顔が急に曇る

?!

カップ男はワナワナと体を震わせて俺をにらみつける 

しまった、、我、、奴がさっきも余裕たっぷり野郎共に余裕でなぶられていたのを忘れていた そこに最大の余裕をかましてしまった 
まさに 余裕神だ

余裕が人を傷つける 相手が余裕がなければないほど

今更余裕無い振りも出来ない
何が奴を救えるか

その時さっきの小太りババアカムバック

あんたいつまでやってんのよ さっさとしなさいよ 本当の使えないねえ
コーヒーすら買えないの? 早くしてよ 後ろににいちゃん待ってんだよ
我に向って
本当はごめんなさいね この人とろいから お兄さん、先にやる?

いえ、大丈夫す、、

カップ男の怒りは消え失せ 正直息子みたいにテキパキ動き出す

カップ男を救えるのは妻だけ
たとえ罵声浴びせられても
愛あればこその事

学びました

我まだまだ甘し

SAGGA NEW ALBUM

BE THE CHANGE

そんな甘さも垣間見えるアルバムです

宜しくピース

2015-05-23 19:57:30

果て

テーマ:ブログ
多分皆様は信じられないだろう

しかし やはり私はある意味神の様な人間を身の回りに呼び込む才能があるらしい

いつもの電車

我ほろ酔いで気づかずに優先席に座っていた
いきなり かなりファンキーなじい様
ロン毛
オーバーオール
両耳ピアス
のじい様が

この席は何歳から座るのかーなー?
若い奴らには座らせなーい、
座れなーい
座りたいけど座れなーい
若い奴が座ってるー
でも私は座りたーい

と 糞下手なラップが座してる我の頭上から響いてきた

我以外には若者なし
故に我をかるくディス

ほう?

最近 合気道なの感銘を受け習い始めようとしてる我

友愛こそ最強也

故にぶっ飛んでるじい様すら
我同胞

じい様、座りたいかな?

ファンキーじい様
座りたい!

今時珍しく素直な御仁
気に入った

座りなされ

じい様
マジ! ありがとう!

周りの大人達もホッと嘆息する

じい様
最近の東京人は知らない人とはなさないねー 

我、結構話ます

じい様
だろうねえ、普通これやったら皆んな切れるよ

でしょうね

じい様
でも 君は切れないね 

まあ、じい様に席譲るのは当たり前す

じい様
俺今超調子いいよ 俺ずっとヘアメイクやっててさ にいちゃんは音楽系

ラッパーす

じい様
俺の二人の息子もラップしてるよ

多分知り合いすね

じい様
かなー、でも人って話さないとわからないよね?

ですね

じい様
君もなかなかやるね 普通むかつくでしょ

むかつかせたかったんすか?

じい様
んーというより若者が優先席に座るの嫌いでね

そうすか、、たまに席譲ると逆に怒られたりしました だからじい様元気そうだからリスペクトから譲らなかったんすよ、 最初は

じい様
それ超嬉しい

いやかっけえじい様すよ

じい様
かあーかっかー いやはや見上げた若者よ

痛みいります


座ったじい様の横にいた老婆が
二人の馬鹿な男を見て微笑む

むかつく前に相手の話をきいてみよう

だいたい理解できるよね

面白い話じゃなくて サーセン

SAGGA ソロアルバム
BE THE CHANGE

そんな出会いに溢れたアルバムです。


宜しくピース
2015-05-22 19:31:37

思ひ出

テーマ:ブログ
なんか今日の東京の空気は喉にくる

埃まみれの街で

誇りまみれで働く全ての人々big up

疲れて つい電車で寝てしまうのも解る


眠いのは大人だけではない

いつもの電車

我の右隣に座る中学生男子は
部活疲れか 横にいてもフラフラ
たまに我の肩に頭が乗る
自分の息子みたいなもんだから
寝かせてやる

と フルーツの甘い香りと共に
キャリーパミュなんとかみたいな格好でかなり短いフリフリのスカート履いた年齢不詳のうら若き乙女が
中学生男子の前に立った

そんなにフリフリで足見せまくって大丈夫か?風邪引くよ とは言わないが まあ かなり短いスカート


さっきまで俺の肩にもたれうつらうつらしてた中学生男子が
おもむろに腰を折り曲げ
自分の膝に被さるように寝だした

いや 正確には寝たフリだ

何故なら奴は ミニスカの中に興味がある

さも疲れて意識も朦朧で
ミニスカなんて知らないけど
すげー疲れて疲れ過ぎて堪えられなくなって膝で寝てしまいました的な態勢で 奴は自らの本能の赴くまま
ミニスカ一直線だ

ちっ 姑息な粗チンボーイが
と周りの大人が羨む中

我 かなり奴を応援している

いきなり男子が自分のフリフリミニスカの円周内に入られたパミュは
最初怪訝そうに彼を見下ろしていたが 我含め周りが
なんでもないよー疲れた部活帰りの学生だよー心配いらないー的な空気に安堵したのか
ミニスカの直下にいるボーイの存在を忘れた
世界も忘れた
ただ 我だけ奴をガン見

ボーイの演技がエスカレートする

無理にフラフラ最初する

しかしそれは周りのいや、ミニスカの気を引いてしまう事に気づかず

うーん、、とか言ってる

ボーイ、ダメだ、それじゃお前の存在がミニスカにばれる

ばれたら警戒され、ミニスカの奥は永遠に闇の中だ

と神の助けか車内アナウンスがなる
遅延らしい
皆がアナウンスに気をとられてるさなか

奴と俺だけは神経を張り詰める

駅に着いた

の瞬間、ボーイの最終奥義

寝てたけど、駅に着いたけど、どの駅か分からないし眠いから薄目でフラフラみちゃいます視線発動

ボーイが顔を上げる
そこはすでにフリフリミニスカの中だ 
まさかミニスカが目の前にあるとは気づきもしませんが、たまたま目を開けて何が悪いの?作戦だ

その一秒にも満たない時間で
ミニスカの中をボーイは凝視

さあ
さあ
さあ ボーイ 夢は見れたかい?

ガン見してるボーイをガン見してる我 ボーイはガン見後変な形でビクついた

ボーイ 逝ったな、、、

ピクピクするボーイは再び目をつむり安らかな顔で まだ自分の駅じゃないから安心してねちゃいました的表情でうつ向く


貴様、、もう一度やるだな、、


ミニスカは気づいていない

と いや、、ミニスカの顔が赤い


見せてるのか?いたいけなボーイの夢を叶える為にラッキーの源になる為、生きる希望を与える為に
サクリファイス
女神か?

童貞専門女神様


昔我が中学生の時に向かい座ったミニスカの姉さんが股ガハッて開いて中身モロ見せしていたのを思い出す

世界の可能性を広げてくれた思い出

世界は自分の想像する通り、期待通りになると幻想と勇気をくれた思い出

まさに

今の状況

新宿でミニスカが下りた
それを察したのか
スキッとボーイも起き出し
イカの死骸だけが近くを彷徨っていた

SAGGA ソロアルバム
BE THE CHANGE

ジャケ作成開始

また XKHALIVAS NEW MV
STUPIDEST RMX FT ROAR NOE DIZZI AND MEKA

宜しくピース
2015-05-10 12:17:11

クルクル

テーマ:ブログ
最近は太っている人を回すのが流行りらしい

最近アー写撮影終わり 意気揚々と筋トレして二郎食って酒飲んで
危うく肥満児の仲間入りしかけた我

この前のライブでは仲間から
G-UNITの人みたいと軽口を叩かれ

久々に会った友には 背中ぎ岩みたい
など言われまくったので
色々反省している今日この頃である

まあ どうでもいい

いつものランドリー

薄暗いランドリー内で

1人肥満児が回っていた

このランドリーには待機中に座る用の椅子が三脚あり その中の一脚は背もたれの無い ただオフィスの椅子みたいにクルクル回るやつだ

齢30位
脂ヘアー
体重90kぐらいの肥満児が
誰もいない真昼のランドリーで
椅子に座りクルクル回ってヘラヘラしている

ランドリーに入る我
クルクル肥満児と一瞬目が合う
が 奴は急な俺の登場でクルクルやめるかやめないか迷っているようだ
二週目クルクル で また目が合う

なに浮かれてやがんだ

ならば クルクルやめるまで 見続けてやる

肥満児もいきなりクルクルやめる方が恥ずかしさが倍増するし
なんとかして自分を正当化しようと
あくまでクルクルは趣味で全人類皆クルクルみたいな当たり前感だしながら 三週目 

まだ我は見ている

ライズアップのビートボックスが聞こえだす

ブー ブーツ ブー ブーツ

ティティティティティ ティティティティティ
には行かせねえよ

肥満児の顔色が変わる

肥満児
貴様、、何奴?

おいおい、昼間の無人のランドリーで洗濯しながら回ってるお前は魂の洗濯中か?

肥満児
クルクルはな、世界との合気、シンクロ、これ輪廻転生なり

は? 回れば某cmみたいにオートで劇的ビフォーアフターになると信じてんだろ?儚き者よ、クルクルしてもな劇的アフターはこねえよ

肥満児
クルクルを馬鹿にするな、クルクルの奇跡待ちだ、夢なき者よ

否、貴様はな、クルクルの世界から戻れないだけだよ、クルクルはな世界を回す、また重力すら無くす
確かに宇宙だよ、でもな、クルクルは貴様の何も変えはしない ただイタズラに現実逃避させるだけだ

肥満児
クルクル、、クルクルパワーは無限だ、ユニバースだ、世界の始まりだ

それが、お前の何になる?

肥満児
??  

頭でっかちに世界を見て憂う暇があるなら 目の前の現実と己自身を見つめよ クルクルは確かに優しい
でもな、それに甘えたらダメだよ
世界との合気は まずは生きる姿勢
即ち まずは背筋をのばせ

肥満児
もう、伸ばせないよ、、伸ばし方を忘れてしまったもの、でもね、クルクルなら、背筋が伸びるんだ
僕が世界の中心 世界は僕の為に回る

自ら回り世界が自らの為に回っていると豪語するクルクルにはもう我の声は届かない

洗濯を始めた我の背後で小さな世界が回っていた

SAGGA NEXT ALBUM

BE THE CHANGE

こちらはきっと皆の心に届くはず

クルクル

2015-05-07 15:56:06

えへ

テーマ:ブログ
若手は情熱だけが取柄

ゴールデンウィークとは全く無縁な生活のおかげで 今朝もなんら変わらない毎日の始まり

世間はだれきった心を強引に日常にもどさんと 必死に歩調のBPMをあげている

以前にもブログで書いた事があるが
蛇崩れから中目黒の山手通りに向かう野沢通り沿いに とある道がある

自動車すら通れない細い道で
道幅は3mもない小道
そこに全く意味の無い信号機がある

信号機が何色だろうと車が通らない道 故に信号機が赤で 止まるのはよほどの堅物か小さな子供が近くにいる時に大人の見本を見せたがる自尊心の塊ぐらいだ

基本我も、近所の爺様ですら皆信号機の存在すら忘れている

信号機真横のコンビニでアイスコーヒーを買い 信号機すら見ずに我
道を渡りきった 

その時

二十歳そこそこの新米警官が我の前に立ちはだかり

おいっ信号赤だろ!危ないだろ!
戻りなさい!

と 厳しく注意をしてきた

まあ熱血新米警官だから 

はあ? 

と軽い返事をして

赤信号で渡りきった道を
赤信号のまま戻る

あれ?

赤信号無視して怒られたのに
赤信号無視して道を往復させられた我
新米警官は自分の職務全うした感に酔って 我に再び赤信号を無視させた

てか 本末転倒だろが

で 青信号になってまた道を渡る


警官が

以後気をつけてね!

あの、、赤信号のまま戻ったんすけど、大丈夫すか?

警官
、、、、え、、、


、、、え、、、


法律を全うする為になら法律は無視しても良いと言う謎な迷路に迷い込んだ我

新米警官は えへ! 

我も えへ!

えへえへ


SAGGA ソロアルバム
BE THE CHANGE
着実に発売に向かい中


えへ
2015-05-02 13:58:23

ヨガ

テーマ:ブログ
ザンギエフとダルシムが鏡の前で戦っていた

すでに春を通り越して

夏真っ盛り的な気運にあてられたのか はたまた不健康な行きすぎた健康志向からか
代官山のジムは満員だ

まあ一応アーティスト気取りの我も週に一度はジムに行く
別に筋肉をつけたいわけではない
精神的ドMの我は体を酒、タバコ、二郎で痛めつけるだけでは飽き足らず
極限まで疲れさせたいだけだ
そしてジム開け速攻タバコふかしながらケミカルラーメンを食べて飲みまくるという悪業を働くのだ
無駄?
私はそうは思わない
無駄と言う言葉をあてがってもらえるだけの価値がある事に安堵する

まあ どうでもいい

でジムの鏡の前

本来正しいフォームを確認する為の鏡だが、事、代官山のジムではゴールドジムなどでバキバキにしてるマッソー達には到底かなわない、言わば、まあまあ頑張ってる素人マッソー達が思い思いに鏡の中の己と対話していた

と 
このジムにしては出来の良いザンギエフみたいはゴリマッソーが我が物顔で鏡の前に
奴のドヤ顔とむさい雰囲気にイラつく我
周りのヒヨッコマッソー達は尻込み
ザンギエフが25kのダンベルりょうてにフンフン始める

フンフン フンフン フンフンフン
ハアッハアッハアッ

うぜえな


ザンギエフの独壇場の鏡前に一人の細長い爺様が立つ

ザンギエフが爺様を見下ろす
フンフン
爺様がザンギエフを優しく見上げる
ヨガ

ダルシムみたいな爺様
あぐらをかいて座り
頭の上で合掌 して
肩周りの関節が外れてんじゃねぇか?てくらいグワングワン肩周りだけをぶん回す
頭と合掌は微動だにしない

達人だ、、

そして頭を抱える様に両腕で頭を包むと、そのまま頭を地面に押し付け逆立ちをしながは、両足を左右前後に開きまくる 180度以上開いている

ヨガ開脚 ヨガ倒立 いずれヨガファイアだろう

ダルシムに全てかっさらわれたザンギエフのこめかみに血管が浮き出る
両腕のダンベルをぶん回す
フンフン

ダルシムは筋肉バカを尻目に後頭部に背後から反らせた足の指先をくっつけて立琴みたいになってる
ヨガハープ

ヨガファイア待ちの我
早くファイアだしてー
又はヨガテレポートでも構わん
あんたならやれそうだ
やってくれ 筋肉をつけるだけより、なんか色々苦労するヨガの方がヤバイのやれそう的な俺の幻想を満足させてくれ

ダルシムは腕や足を自らに絡みつけ
バスケットボール位の大きさになった
最終奥義ヨガベンジャミンバトン
卵にかえってしまったか、、

ヨガファイアだしてー

我子供の様に真っ直ぐな眼でダルシムを見つめる

と ダルシム体解きながら
こっち見て
半目、、
半目とは、

はっ、はっ、、

ヤベエ ダルシムに見とれて隙間見れの我

0.1秒の遅れ 
ダメだ 直撃は避けられない

ヨガファイア発動

ハッークション!!


何度目だ 俺が爺様からクシャミ食らうのは
何度目だ、アンドロメダ、似てるな


まあ 


SAGGA NEW ALBUM

BE THE CHANGE

アーティスト気取りのアー写完成
いよいよ動きだすので

宜しくピース
2015-04-18 07:26:54

闇歌

テーマ:ブログ
とんでもございません

は 間違いで

とんでもない事でございます

が 正しい

サザエでございますか


まあ どうでもいい

暑いのか寒いのか謎な季節感に翻弄される人々を尻目に 新緑が芽吹く


自由が丘のタクシー乗り場に革靴が綺麗に捨て置かれている

片方だけならば誰かの酔いの忘れ形見だと思えるが
左右両方の革靴が ピタっと整然と置かれている

タクシー乗り場の予約待ちか?

それとも誰かが次元の狭間に飛び込んだのか

だな、

次元の狭間に飛び込み 死ぬ気か

だな

いや

透明人間が靴だけ脱ぎ忘れたか

確かにまだ夜は肌寒い

まあ どうでもいい

終電を降り帰宅の途につく我の背後から話声が聞こえる

なんなんな なんなんな なんなんなな


なんなんな? 

なんなんなをひそひそ声で連呼する男は 

歳の頃35
紺のスーツ
やりすぎビシネスツーブロック
縁なしメガネの裏の目は半目だ

なんなんな
なんなんな
なんなん なんなん なんなんな

ふっ、、、三三七拍子で浮かれてやがる

なんなんな
なんなんな
なんなんな なん、、なん、なん

おいおい リズム感悪いな 

我仮にもラッパー
リズム感悪いのはあまり歓迎出来ない

てか夜道で なんなんな とか半目で言ってる奴なんて 大概鼻からエクトプラズム垂れ流し野郎に決まっている

ふう、、、ダメだ、、またイラつくな 
正すかな

なんなんな
ブッブッカ

余り上手くはないがリズムだけ完璧なbeetボックスで奴のなんなんなを正しにかかる

な? 
止まる半目 


ほらほら ついてきな半目エクトプラズムよ

なんなんな なんなんな
ブッブッカ ツクツ ブッブッカ

ツクツはハットだ
なんなんな なんなんな なんなんなんなんな
ブッブッカ ツクツ ブッブッカ ツクツ
ブッブッカッブブブッカ

歩くスピードを緩め半目を我の先に行かす
抜きざまに半目を見れば
半目は目覚めていた

さあ まだなんなんなやりてえなら
次はニッキーミナージュ並にやらないと乗れないbeetをかますよ

奴の背後に回る我

半目 少し訝しみながら我をチラ見

して再び

なん なん なんなんな、、

我をチラ見

なんだ?欲しいのかい 欲しがり屋さんめ

なん なん なんなんな 
ブッカカブッカ ブカッカブッカ

今度はダンスホールレゲエでかます

ブカッカブッカブカッカブッカ
ブカッカブッカブカッカブッカ

夜道にうら悲しく我の下手なbeetボックスのみが響いていた

成敗

SAGGA NEW ALBUM
BE THE CHANGE

そろそろアー写とります
写真嫌いだけど

one


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇