2016-09-18 21:11:11

お誕生日おめでとう

テーマ:三奈子に届いて!!
三奈子お誕生日おめでとう

37歳  家で18年半 知らない土地で18年半


これは三奈子が生活していた場所です。
三奈子考えられない年月が過ぎてしまいましたね。

どんな所で誕生日のお祝いをしましたか。「お誕生日おめでとう」って目の前で伝えたいのに。
昨日はケイコおばちゃんの家で小さいケーキにローソクを立て『みなちゃんおめでとう」ってケーキにナイフを入れました。ケイコおばちゃんもずっと心配をしています。
明日は山古志での署名活動です。

20日の日に家でお誕生日祝いをしようね。どんなケーキを作ろうかな?東京でかわいいクッキーを買ってきました。きっと三奈子も喜ぶと思うよ。
一緒にできなくて残念ね。
三奈子 待っているよ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-18 18:25:11

荒木和博氏のメッセージ 特定失踪者と拉致問題を考える市民集会「中村三奈子さんをさがす会」

テーマ:三奈子に届いて!!
2016年9月11日(日)、アオーレ長岡にて、
「特定失踪者と拉致問題を考える市民集会〜中村三奈子さんをさがす会集会〜」が行われました。

当日、特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏よりビデオメッセージを頂きましたので、こちらで公開させていただきます。



荒木様、ありがとうございます。
お集まりいただきました、皆様、ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-12 22:02:07

新潟日報さんへご掲載 「少しでも娘に近づきたい」 長岡で中村三奈子さんとの再開目指す集会

テーマ:活動や情報
「少しでも娘に近づきたい」
長岡で中村三奈子さんとの再開目指す集会



 北朝鮮に拉致された可能性を排除できない長岡市の特定失踪者中村三奈子さん=失踪当時(18)=との早期再会を目指す集会が11日、長岡市のアオーレ長岡で開かれた。三奈子さんの37回目の誕生日となる18日を前に企画され、母クニさん(73)は「少しでも娘に近づきたい」と訴えた。



 市民による支援組織「中村三奈子さんをさがす会」が主催し、約100人が出席した。クニさんと、新潟市西蒲区出身の特定失踪者大沢孝司さん=同(27)=の兄昭一さん(80)、拉致問題を取材してきた新潟日報長岡支社の原崇記者が現状を報告した。

 三奈子さんは1998年4月、韓国への入国記録を残して行方不明になった。クニさんは「いなくなる原因が分からない。失踪から18年後の娘の姿を見つけられるよう頑張っていきたい」と語った。

 昭一さんは孝司さんについて「黙っていなくなるような弟ではない」と述べ、「母は『何か理由があるはずだ』と思っていた。しかし、理由が分からないまま、母は亡くなってしまった」と振り返った。



http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20160912279274.html

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-12 21:59:32

新潟日報さんへご掲載いただきました。 拉致問題 埋没化に懸念 北朝鮮の核実験で

テーマ:活動や情報
拉致問題 埋没化に懸念
北朝鮮の核実験で



5回目の核実験実施を発表した北朝鮮。国際社会からの非難を無視した行動に対し、拉致被害者の家族らは9日、「解決への道が遠くなったのではないか」と懸念を募らせ、日本政府に対して早期の被害者救出を強く求めた。



 拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(80)は「国連などがあれだけ制裁を科しているのに、どんなつもりで核実験を続けているのか。分からない」と憤った。

 拉致問題の再調査を北朝鮮が約束した2014年5月の日朝合意から2年以上経過した。進展がないまま、北朝鮮は核実験や弾道ミサイルの発射を重ねる。

 早紀江さんは「こうなる前にもっと早く拉致問題を解決できなかったのかと、いら立ちが募るばかりだ」と強い口調で話し、日本政府に対して「制裁とともに、被害者を救出するという強い思いで北朝鮮と交渉してほしい」と訴えた。

 特定失踪者の家族からは核問題に国内外の注目が集まることによって、拉致問題が埋没することを心配する声が上がる。新潟市西蒲区出身の大沢孝司さん=失踪当時(27)=の兄昭一さん(80)は「誰か(北朝鮮を)止められないのだろうか。このことで拉致問題がはじき飛ばされてしまった感じがする。残念で悔しい」と語った。

 長岡市の中村三奈子さん=失踪当時(18)=の母クニさん(73)は「拉致被害者を救ってほしいという思いがどうすれば北朝鮮に伝わるのか。日本政府は北朝鮮を動かすような行動をしてほしい」と要望した。

 拉致被害者家族らを支援する「救う会新潟」の高橋正会長(80)は「核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮には怒りを感じるが、このことで拉致問題解決が遅れることはあってはならない。政府は国際社会と連携し、対応していくべきだ」と強調した。

 一方、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)県本部は「コメントできない」とした。



http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20160910278901.html


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。