2011年03月23日

佐賀県 花まつり情報

テーマ:祭り&イベント情報
$橋ちゃんの佐賀★嬉野温泉・武雄温泉・たら竹崎温泉・鹿島・観光グルメツアー-花まつりカレンダーバナー



県内各地のおすすめスポットをご紹介します。


神野公園の桜(3月下旬~4月上旬)
佐賀市/神野公園
佐賀藩10代藩主 鍋島直正公の別邸で、ソメイヨシノを中心に公園内に約600本、隣接する多布施川沿いに約3000本あり、多くの人で賑わう。

徐福サイクルロード桜(3月下旬~4月上旬)
佐賀市諸富町/徐福サイクルロード
旧国鉄佐賀線跡地を利用したサイクルロードの両脇には約1000本の桜が植えられ、人々の目を楽しませている。

巨石パークの桜(3月下旬~4月上旬)
佐賀市大和町/巨石パーク
園路沿いの約300本の桜が咲き、多くの花見客で賑わう。

川副さくらロード(芝桜)(4月中旬~5月上旬)
佐賀市川副町/有明佐賀空港周辺地
有明佐賀空港北さくらロードの西側に、幅5m長さ80mに約6000本の芝桜を植栽しています。
満開時には「ピンクのじゅうたん」を連想させます。

唐津城の桜(3月下旬~4月上旬)
唐津市/東城内
唐津城の本丸で、ソメイヨシノなどの桜が270本咲き、ぼんぼりのライトアップもあり花見客で賑わう。

鏡山の桜(3月下旬~4月中旬)
唐津市/鏡
ソメイヨシノ5000本が咲き、頂上の展望台からは唐津を一望できる。
また、登山道には桜のアーチがある。

上護岳の桜(3月下旬~4月上旬)
唐津市/浜玉町平原
標高300メートル、唐津湾を一望できるロケーションに地元有志が植林した8000本の桜が咲く。
九州一の桜の名所を目指します。

田代公園の桜(3月下旬~4月上旬)
鳥栖市/田代公園
600本もの桜が咲き乱れ、シーズン中は多くの花見客で賑わう。
見頃に合わせてライトアップを実施。

朝日山公園の桜(3月下旬~4月上旬)
鳥栖市/朝日山公園
500本の桜が咲き、展望台からは鳥栖市内が一望できる。

西渓公園の桜(3月下旬~4月上旬)
多久市/西渓公園
西渓公園は、多久家の家老屋敷跡を多久出身の炭鉱王「高取伊好」が整備し、当時の多久村に寄贈した山水公園。
約300本の桜が咲き、桜を楽しむ多くの人で賑わう。

中央公園の桜(3月下旬~4月上旬)
多久市/中央公園
桜やつつじが多く、春は3月末から5月上旬までぼんぼりを設置し、花見客で賑わう。
児童遊園地もある市民の憩いの場。

岩屋山渓桜公園の桜(3月下旬~4月上旬)
多久市/岩屋山渓桜公園
日本各地から集めた37種類400本の桜を植栽した公園。
いろいろな桜が楽しめる。

明星桜(3月下旬~4月上旬)
伊万里市/東山代町浦川内
樹齢約900年。 夜間樹下で火を焚いて眺めると、花弁が火に映えて明星の趣があるところから「明星桜」と呼ばれている。

桜山公園の桜(3月下旬~4月上旬)
武雄市/桜山公園
染井吉野、八重桜が500本。

円応寺参道の桜(3月下旬~4月上旬)
武雄市/円応寺
参道100mに100本の桜並木。

慧洲園の桜(3月下旬~4月上旬)
武雄市/慧洲園(陽光美術館)
九州随一と言われる約4千坪の純日本庭園に70本の桜が花開く。

御船山楽園の桜・ツツジ・フジ(4月上旬~5月上旬)
武雄市/御船山楽園
武雄領主 鍋島茂義の別邸跡。 5000本の桜、50000本株のツツジが咲き乱れる。
ほか、フジ、シャクナゲも。

旭ヶ岡公園の桜(3月下旬~4月上旬)
鹿島市/旭ヶ岡公園
鹿島藩主 鍋島直彬が、毎春藩内の人々を慰めるため、観桜の宴を開いて楽しんだことを起こりとしている。 一目5千本の桜が満開となる時には、春の宴で賑わう。

花のトンネル(3月下旬~4月上旬)
鹿島市/大手門~旭ヶ岡公園
鹿島鍋島藩の鹿島城の名残を今にとどめる「赤門」から「大手門」へと続く城特有の曲がりくねった道は見事な桜並木が続き、「花のトンネル」と呼ばれている。

のごみ人形工房のしだれ桜(3月下旬~4月上旬)
鹿島市/のごみ人形工房
郷土玩具「のごみ人形」の工房。 工房の敷地内には鍋島更紗の染織資料館もあり、その一面に一本の美しい、ドーム型のしだれ桜が咲いている。

祐徳稲荷神社参道の桜(3月下旬~4月上旬)
鹿島市/祐徳門前商店街
祐徳稲荷神社の参道にあたる門前商店街は春になると見事な桜並木が続きます。
歴史ある門前の佇まいと朱色の鳥居と対比する桜の花は幻想的です。

鹿島市役所の一本桜(3月下旬~4月上旬)
鹿島市/鹿島市役所
鹿島市役所の駐車場に堂々と咲く一本の桜。
枝ぶりも見事で、毎年一足先に張るの訪れを告げる桜です。

臥竜ヶ岡公園の桜(3月下旬~4月上旬)
鹿島市/臥竜ヶ岡公園
長崎街道の宿場町「肥前浜宿」を見下ろす高台にある臥竜ヶ岡公園。
家族でのんびり花見、という方にはおすすめの穴場です。

蟻尾山公園の桜(3月下旬~4月上旬)
鹿島市/蟻尾山公園
鹿島市内を一望できる高台に位置する蟻尾山公園。 アスレチックや芝生の広場、各種スポーツ施設が集まるこの公園は、春になると花見客で賑わいます。

小城公園の桜(3月下旬~4月上旬)
小城市小城町/小城公園
小城公園は小城藩主の鍋島元茂、直能が造園した名庭園。 さくら名所百選の一つである園内には3000本のソメイヨシノが咲き誇る。

吉浦神社の桜・ツツジ(3月下旬~4月上旬)
嬉野市塩田町/五町田 吉浦神社
吉浦神社の境内には、600本~700本の桜やツツジが咲き乱れるほか、参道の眼鏡橋を渡り、170段の石段を登ると塩田町の中心や有明海を望める。

轟の滝公園の桜(3月下旬~4月上旬)
嬉野市嬉野町/轟の滝公園
轟の滝周辺には約230本の桜があり、休日には花見客で賑わう。 また、公園から続く川沿いの遊歩道も桜並木が続き、絶好の散策コースとして目を楽しませてくれる。

納戸料の百年桜(3月下旬~4月上旬)
嬉野市嬉野町/吉田納戸料地区
樹高13mを誇る一本桜、通称「百年桜」は春には新芽が伸びた若葉色の茶畑に、淡いピンク色の花弁を咲かせ、コントラストがとても美しいです。

温泉公園の桜(3月下旬~4月上旬)
嬉野市嬉野町/温泉公園
嬉野川の横に広がる温泉公園沿いに桜が楽しめる。

日の隈公園の桜(3月下旬~4月上旬)
神埼市神埼町/日の隈公園周辺
古代烽の山の日の隈山を中心に、国道34号からの桜街道を含め約3000本の桜。
山頂からの眺望は360度の展開で見事です。 家族でゆっくり楽しめます。

宝珠寺ヒメシダレザクラ(3月下旬~4月上旬)
神埼市神埼町/小渕
樹齢約100年の古木は、淡いピンクの花を咲かせます。 山里の小さな寺にひっそり咲く桜は、回りの風景と合わせて必見です。

桜街道(3月下旬~4月中旬)
神埼市脊振町/広滝岩屋
県道三瀬~神埼線眼鏡橋付近の城原川沿い、約2kmにわたり桜が植栽されており、3月下旬より標高の低い神埼町側から徐々に咲き始め、最後の桜が散るまで花見が楽しめる。

目達原駐屯地の桜(3月下旬)
吉野ヶ里町/目達原駐屯地内
ヨメイヨシノ800本が咲き乱れる。

村制施行100周年記念塔の桜(3月下旬)
吉野ヶ里町/村制施行100周年記念塔
通称「千本桜」と言われるほどたくさんのソメイヨシノが咲き乱れる。 また、展望台から佐賀平野が一望でき、遠くは雲仙普賢岳を望むことができる。

白坂公園の桜(3月下旬~4月上旬)
みやき町/白坂公園
鷹取山を望む県道から坂道を上ると約200本の桜並木が現れる。 提灯も取り付けられるので、昼夜を問わず幻想的な雰囲気を味わえる。

綾部神社宮山の桜・つつじ(3月下旬~4月上旬)
みやき町/綾部神社
桜が約500本、つつじが約700本植えられ、春になれば山全体がピンク色に染まる。
夜になると頂上までの道に数百個の提灯が灯り、多くの花見客で賑わう。

三島公園の桜・ツツジ(3月中旬~)
玄海町/三島公園
桜150本、ツツジ3500本を植栽。 「見晴らしの丘」からは、風光明媚な仮屋湾を一望できる。
玄海海上温泉「パレア」に隣接しており、温泉と公園散策が同時に楽しめる。

玄海町いこいの広場の桜・ツツジ(3月中旬~)
玄海町/いこいの広場
「いこいの広場」の周囲に、桜250本、ヒラドツツジ1万本、サツキツツジ300本、カンツバキ600本を植えており、開花の時期は壮観。

桜ヶ丘公園のさくら(4月)
有田町/桜ヶ丘公園
芝生公園を囲むように八重桜が咲き乱れる。 花見やバーベキューを楽しむ親子づれなどが訪れる。 公園内では芝生でソリも楽しめる。

白石町 桜の里のさくら(3月下旬~4月上旬)
白石町/さくらの里
林道深浦渡平線沿いに植栽された約400本の桜が咲き乱れ、たくさんの花見客で賑わう。 遠くは雲仙岳を望むことができる。

蕨野の棚田の菜の花(3月下旬~4月上旬)
唐津市相知町/蕨野の棚田
日本の棚田百選にも選ばれた「蕨野の棚田」約700枚が黄色のじゅうたんに変わる。 菜の花は、4月中旬には田んぼにすき込まれ、稲の肥料として活用される。

城原川の菜の花(3月中旬~4月上旬)
神埼市/城原川河畔敷
河畔敷に咲き誇る菜の花は黄金の帯となり自然の雄大さと春の暖かさを感じさせる。

JR吉野ヶ里公園北口の菜の花(4月上旬~4月中旬)
吉野ヶ里町/JR吉野ヶ里公園駅北口
JR吉野ヶ里公園北口から吉野ヶ里公園に向かって、一面黄色いじゅうたんのような菜の花畑。 10000m2に菜の花が咲き乱れ、春ののどかさを感じさせる。

志気のしゃくなげ(4月中旬)
唐津市北波多
樹齢約200余年で1株の大きさは、高さ約5m、枝張り約3~5mの株4株、また、樹齢40年前後のものが20数株植えられています。 見頃はピンクの可憐な花が咲きます。

高野寺のしゃくなげ(4月上旬~5月上旬)
武雄市北方町/高野
約1000本のとりどりのシャクナゲが咲き誇り、訪れる人を魅了する。

淨徳寺のシャクナゲ(4月中旬~5月上旬)
神埼市脊振町/田中
佐賀方面から脊振山頂へ上る途中、田中地区に淨徳寺がある。 この寺の裏山に住職が手塩にかけて育てたシャクナゲが植栽されている。

竹の古場公園のつつじ(4月下旬~5月上旬)
伊万里市/竹の古場
公園内では1万株のつつじが観賞できる。 5月5日には「竹の古場つつじ祭り」が開催される。 また、つつじが見頃を迎える頃、八重桜200本も見頃となる。

東山公園(祐徳稲荷神社外苑)のつつじ(4月下旬~5月上旬)
鹿島市/東山公園(祐徳稲荷神社外苑
一目5万本のつつじが神社外苑に咲き乱れ、朱塗りの神社との色の兼ね合いは壮観。 ゴールデンウィークあたりが見頃で、毎年この時期にあわせて盛大な植木市も開催される。

小城公園のつつじ(4月下旬~5月上旬)
小城市小城町/小城公園
小城公園は小城藩主の鍋島元茂、直能が造園した名庭園。 日本の歴史公園百選の一つである園内には25000本のツツジが鮮やかな彩りを添えます。

専称寺の大サツキツツジ(6月上旬)
多久市/多久町
創建1200年を迎える浄土宗の寺院。 境内にある樹齢600年の大サツキツツジがある(市天然記念物)。

大興善寺のつつじ(4月中旬~5月上旬)
基山町/大興善寺
「つつじ寺」の愛称で全国に知られるようになった天台宗別格本山。 7万5千平方メートルのつつじ園に5万株のつつじが咲き乱れる。 つつじ祭り期間中、200m間の道沿いでは、土産品、食品、植木の出店で賑わう。

大円寺ナンジャモンジャ(4月下旬)
神埼市神埼町/大円寺
「ナンジャモンジャ」と呼ばれるヒトツバダコの花は白く雲が降ったように、晩春、見事な花を咲かせます。

天然記念物「切木ぼたん」  (4月中旬)
唐津市肥前町/切木
豊臣秀吉ゆかりの明国渡来のぼたんで、毎年4月中旬には400以上もの大幅の花を咲かせる。 県の天然記念物に指定されている。

ぼたんと芍薬まつり(4月中旬~5月中旬(予定))
唐津市肥前町/ぼたんと緑の丘
世界のぼたんと芍薬が咲き競う九州最大級のぼたん園「ぼたんと緑の丘」で開催するイベント。 期間中は、ぼたん・花苗の販売や地場産品の直売など出店コーナーもあり賑わう。

舞鶴公園の藤(4月下旬~5月上旬)
唐津市/舞鶴公園
樹齢100年を超えるもので、市の天然記念物にも指定されている。 藤棚の面積は約500m2で花房の長さは1.3mにも達し、その数は5万を超えたいへん美しい。

真木の大藤(4月下旬~5月上旬)
鳥栖市/真木町天満宮
推定年齢約120年、佐賀県及び鳥栖市指定の名木・古木に選ばれた葉面積270m2の大藤は、花が棚から垂れ下がり、日光すら遮るほどである。 夜になるとライトアップされる。

天山ラベンダー園のラベンダー(5月下旬~7月上旬)
佐賀市富士町/天山リゾート
佐賀市富士町にある天山リゾート(天山スキー場)に、ラベンダー園が開園します。 ここでしか味わえないラベンダーアイスクリームや素敵なグッズもあります。

チャイナ・オン・ザ・パークのラベンダー(5月中旬~5月下旬)
有田町/チャイナ・オン・ザ・パーク
チャイナ・オン・ザ・パークの園内の約2300m2に4000株のラベンダー花畑があり、みごとな香りと紫色の絨毯をつくる。

大和中央公園花菖蒲園開園(5月下旬~6月中旬)
佐賀市大和町/大和中央公園
繊細な美しさの伊勢系、キリッとした粋な感じの江戸系、力強く堂々とした風格の肥後系とおよそ100種4万株の花菖蒲を集めました。

見帰りの滝のあじさい(6月中)
唐津市相知町/見帰りの滝周辺
日本の滝百選にも選ばれた見帰りの滝周辺に咲く約4万株のあじさいは見事。 6月1日~6月30日には、「あじさいまつり」が開催される。

大聖寺のあじさい(6月中旬~7月下旬)
武雄市北方町/杉岳山不動尊大聖寺
杉岳大聖寺は、別名「あじさい寺」と呼ばれている。 庭いっぱいに約5000株の色とりどりのあじさいが咲き、天気によって変わりゆく白彩が美しい。

中木庭の棚田に咲くあじさい(6月中旬~6月下旬)
鹿島市中木庭
国道444号を大村市方面へ進んだ、中木庭ダムの上流に位置する棚田に咲くあじさい。 棚田と山あいの自然の風景にあじさいが溶け込んでいる。

樫原湿原のトキソウ(6月中旬~6月下旬)
唐津市七山/樫原湿原
九州の尾瀬ともいわれる数少ない湿地で、珍しい湿原植物の宝庫となっている樫原湿原に6月中旬から下旬にかけて薄紫色の可憐な花を咲かせる。

聖光寺の2千年ハス(6月下旬~7月中旬)
多久市/多久町
聖光寺は多久聖廟の近くにある神仏混合の寺院で、ハスの権威、大賀一郎博士ゆかりの二千年ハスの池がある。 可憐なピンク色の花が咲く。 午前中の鑑賞がよい。

樫原湿原のサギソウ(8月)
唐津市七山/樫原湿原
九州の尾瀬ともいわれる数少ない湿地で、珍しい湿原植物の宝庫となっている樫原湿原を代表する植物で、シラサギのような可憐な花びらが魅力的。

江里山の彼岸花(9月中旬)
小城市小城町/江里山
全国農村景観百選と日本の棚田百選に認定された棚田に、赤々と燃える彼岸花が華やかな彩りを添える。

脊振の彼岸花(9月下旬)
神埼市脊振町/脊振地区一円
棚田の稲穂に彼岸花が映える。 夕暮れ時はよりいっそう美しい景色を眺めることができる。

ひょうたん島公園(7月下旬~8月初旬)
佐賀市兵庫町/ひょうたん島公園
佐賀市兵庫町にあるひょうたん島公園の西側で、田んぼいっぱいのひまわりを楽しめます。

ひまわり畑(10月上旬~10月下旬(予定))
多久市/多久町東の原
多久聖廟近くの田に、季節はずれのひまわりが2万本の大輪を咲かせる。 秋の釈菜時に満開になるように植えられる。

秋に咲くひまわり(10月下旬~11月中)
みやき町/山田
季節はずれのひまわりが晩秋の山あいに3万本の大輪を咲かせる様は、夏とはひと味違った趣がある。 遅咲きのひまわりは、ハゼの紅葉と同時に楽しめる。

有明佐賀空港コスモス園(10月下旬~11月中旬)
佐賀市川副町/有明佐賀空港公園周辺
有明佐賀空港公園周辺に広大なコスモス園が広がります。

東山公園(祐徳稲荷神社外苑)のコスモス
鹿島市/東山公園(祐徳稲荷神社外苑)
祐徳稲荷神社の外苑にあたる東山公園の山頂の花園に咲く一面のコスモスは、秋の澄み切った青空とのマッチングが最高。 まるで天上の楽園にいるかのような気分が味わえます。

JR神埼駅北口のコスモス(10月中旬~10月下旬)
神埼市神埼町/神埼駅北口周辺
JR神埼駅北口より吉野ヶ里に向け、広さ約1.7ヘクタールにおよぶコスモス約100万本が吉野ヶ里歴史公園を背景に一面に広がる。

JR吉野ヶ里公園駅北口のコスモス(10月中旬)
吉野ヶ里町/JR吉野ヶ里公園駅北口
JR吉野ヶ里公園駅北口から吉野ヶ里公園に向け、200万本のコスモスがお出迎え。

シチメンソウの紅葉(11月上旬~11月中旬)
佐賀市東与賀町/東与賀海岸・干潟よか公園周辺
有明海の海岸に広がるシチメンソウは、まるで海の紅葉のよう。 11月には、「シチメンソウまつり」が行われる。

環境芸術の森(11月)
唐津市厳木町
約30年の歳月をかけ、作礼山の山懐におよそ20ヘクタールの「環境芸術の森」が広がる。 秋になると、1万本を超える紅葉が深紅、黄緑色とりどりに谷を錦に染め別天地となる。 小さな滝とせせらぎや自然石の配置が絶妙である。

大山祇(おおやまずみ)神社のもみじ(11月上旬~12月上旬)
鳥栖市河内町/大山祇神社
九千部山の中腹にひっそりと佇むこの神社には、県や市の名木・古木に指定された木々が聳え、その景観は佐賀県遺産にも登録されている。 秋にはライトアップも実施。

西渓公園の紅葉(11月中旬~11月下旬)
多久市/多久町西の原 西渓公園
紅葉時期には、色あざやかなもみじが訪れる人たちに感動を与え、心をなごませる。 また、紅葉まつり期間中は園内の登録文化財「寒鶯亭」を食事休憩所として無料開放する。 夜間はライトアップも実施。

祐徳稲荷神社日本庭園の紅葉(11月中旬~11月下旬)
鹿島市/祐徳稲荷神社
祐徳稲荷神社にある日本庭園は四季を通じて花や自然を楽しめるよう、様々な樹木や花があります。 秋には真っ赤に色づく紅葉が美しく、参拝客の目を楽しませます。

大野渓谷の紅葉(11月中旬~11月下旬)
鹿島市/大野渓谷
大野渓谷は嬉野市との境に位置し、平谷からは横断林道を通っていくことができる。 山道に突如として現れる朱色の滝見橋付近の紅葉は小さな滝と渓谷とマッチして素晴らしい。

平谷渓谷の紅葉(11月中旬~11月下旬)
鹿島市/平谷付近
中木庭ダムの上流付近から平谷温泉付近までは、紅葉の見所が数箇所あり、秋の深まりを楽しめます。

岩屋観音のイロハモミジ(11月下旬)
鹿島市/岩屋観音
佐賀の名木百選、樹齢350年のイロハモミジの大木。 山奥の岩屋観音にそびえるイロハモミジの紅葉は一味違います。

清水の滝の紅葉(11月中旬~11月下旬)
小城市小城町/清水の滝
「全国名水百選」の一つ、落差75m・幅13mの清水の滝。 色鮮やかなもみじと滝が、訪れた人たちの心をなごませる。 紅葉に合わせて夜間ライトアップと竹灯篭の灯りで幻想的に彩ります。

星巖寺の紅葉(11月中旬~11月下旬)
小城市小城町/星巖寺
1684年に建立された星巖寺。 赤く色づいた紅葉が参道を飾り、静かに佇む五百羅漢がしっとりとした秋の風情を漂わせています。

九年庵と仁比山神社の紅葉(11月中旬~11月下旬)
神埼市神埼町/仁比山
晩秋、九年庵から仁比山神社一帯には、イロハモミジの古木の群生が広がり見事な紅葉に包まれる。

大興善寺のもみじ(11月下旬~12月上旬)
基山町/大興善寺
7万5千m2の庭園に500本以上のもみじが植えられており、紅葉の色合いと大興善寺の萱葺屋根との調和が絶妙なコントラストを醸し出す。(夜間ライトアップの機関あり)

鷹取山ハゼの紅葉(11月下旬~12月上旬)
みやき町/鷹取山
鷹取山東山麓にハゼが約300本群生している。 白坂公園方面からは、山肌を一面紅く染めるはぜの紅葉が楽しめる。(なお気候に左右されるため、紅葉が見られない場合もあります)

泉山弁財天の大いちょう(11月中旬~11月下旬)
有田町/泉山
樹齢1000年の巨木。 国の天然記念物指定となっており、今も樹勢は衰えていない。 秋の黄金色に色づいた美しさは格別。(高さ40m)

千石山のさざんか(10月下旬~11月中旬)
吉野ヶ里町/千石山
約2.9haに2000本を超すサザンカが自生していて、真っ白い花を咲かせる。 斜面一帯はサザンカの花で雪かと見まちがうような光景となり、訪れる人の目を楽しませてくれる。

高伝寺の梅(2月上旬~3月上旬)
佐賀市/高伝寺
龍造寺家、鍋島家の菩提寺。 お寺のいたるところに、紅梅、白梅が開花し、樹齢400年といわれる紅梅「霊徳寿梅」(れいとくじゅばい)も咲き誇ります。

御船ヶ丘梅林の梅(2月中旬~3月上旬)
武雄市/御船ヶ丘梅林周辺
御船山山麓一帯に広がる約3000本の梅林。 あまりの見事さから「一目一万本」といわれている。

牛尾梅林の梅(2月上旬~3月上旬)
小城市小城町/牛尾梅林
源義経や弁慶が腰旗を奉納し、源頼朝が神領を寄進したという由緒ある牛尾神社の裏山一帯に、約13000本の梅の花が咲き誇る。

みゆき梅林園(2月下旬~3月上旬)
嬉野市嬉野町/みゆき公園
福岡県太宰府天満宮より寄贈いただいた八重紅梅・一重浮白梅をはじめ約400本の梅が咲き誇る。 園内には休憩所もあり、ゆったりと散策できます。

玄海エネルギーパーク「椿園」  (2月~3月)
玄海町/玄海エネルギーパーク「椿園」
新種「玄海淡雪」をはじめ、約100品種800本の椿を楽しめる。 推定樹齢450年、幹周り240cmのヤブツバキは圧巻。 入場無料。

玄海エネルギーパーク観賞用温室(通年)
玄海町/玄海エネルギーパーク
発電所の蒸気を利用した施設で、「熱帯温室」「ディスプレー温室」「レストガーデン」「オーキッドルーム」という表情をもつエリアで構成され、四季を通じてくつろげる快適な空間を楽しんでいただける。 入場無料。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

さがなう 橋ちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:ペタありがとうございます。

>MIRACHE-HIROさん

佐賀はよかとこ 一度はおいで チョイナチョイナ♪ みたいな。(≧▽≦)
佐賀は温泉がいっぱいあるんで、是非お肌すべすべになって、いつまでも綺麗を続けてください。 :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

5 ■Re:無題

>【整体】てもみ屋さん

てもみ屋さんも素敵な情報アップしていっとくれ~。 まっちょるけんね。 ('-^*)/

4 ■Re:無題

>mimiさん

子供達連れていっとくれ~♪ ヾ(@^▽^@)ノ

3 ■ペタありがとうございます。

佐賀県ですか!

いいですね~!

佐賀にいなくても、佐賀県の素晴らしさが分かる、楽しいブログですね!

佐賀県は気になっていましたが、いよいよもって、行きたくなって来ました。

ありがとうございます。

2 ■無題

素敵な情報満載ありがとうござます☆

1 ■無題

開花情報と おススメスポットありがとうございます♪

楽しみになってきた~♪♪

開花したら早速近くに行こっと(*^▽^*)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。