散歩もん。

東京を中心に、自由気ままに歩いたときのちょっとした「発見」を記録していきます。


テーマ:
Sagaraです。
今日は藍染川の源流を探すために、北区滝野川に来ました。

{7708A81B-6212-4302-B020-56561F0246AB}
最寄駅は、都電の滝野川一丁目駅。

{DA31CB82-155C-4C3A-AACF-19ABE1812066}
駅のベンチです。
真ん中の金具は、知らない人に勝手にベンチに寝込まれないためだと聞いたことがあります。。

さて、藍染川の源流を探しに行きましょう。

おや? 早速、あやしい!
{AD905807-1C4D-4F90-BA92-C35012B26DF1}
周りから低いこの道。
なんとなく、不自然な曲がり… これはあやしい。
暗渠っぽいですねえ。

早速、古地図を見てみましょう。
{BA51FD38-C380-4BE1-AA3A-7B7BF82FE760}

まさに、川の上にいました!!
しかし、残念ながら藍染川ではない!
よく見ると、流れは北向きです。
石神井川に流れる川①だったようですね…

藍染川は、駒込付近を通り、不忍通りの脇を通って、不忍池に流れ込む川です。
流れの場所は②。

水源は同じ田んぼのようです。
しかし、まだ北の石神井川流域です。

では、昔の田んぼに沿って不忍池を目指しましょう。
きっとどこかに痕跡があるはずです。

{991D9E01-0B95-49B8-B68D-3C677FCD4895}
ここで、あやしい蓋!!
「いやいや、普通の東京下水道の蓋でしょ」と思われるかもしれません。
しかし、この蓋、普通のものよりも少し大きいです。普通の蓋は60cmですが、この蓋は直径75cm。
はっきりしたルールではありませんが、昔の暗渠にはこの蓋が使われていることが多い気がします(Sagara調べ)。

実際、下水道台帳(http://www.gesuijoho.metro.tokyo.jp/semiswebsystem/TspAgreement.aspx?ReturnUrl=%2fsemiswebsystem%2f)を見ると、大きい下水管があることがわかります。

{71CD6C67-3D0E-4506-A3BE-32F89E12F380}
だいたい暗渠は、緑道公園とか駐輪場とかになっていて、ともすれば殺風景なものです。
しかし、藍染川は両側がほとんど商店街になっている珍しいパターンです。
歩いていて面白いですね!

{5C1D6DB1-5E88-4B3D-95DE-1DD8B7F13FF9}
西ヶ原銀座。
藍染川には銀座がたくさんあります。

{EA396AC6-D1F4-4048-9B8E-D529A5B5E94B}
横を見ると、いい感じの裏道ですなあ。
猫が似合いそう!

{09ACE6B2-422F-4E0E-AA63-4EE1DD55414A}
ほら、見てください!
ペットボトルです。
きっと、猫が出るのでしょう。

そして!!
見つけました!!
{F7160E85-1F76-4EEC-9A47-7F6EAF48168C}
西ヶ原銀座の真ん中に突如現れた特殊なマンホール蓋です!!
これは、空気抜き機能付きのマンホールです!

なぜ、興奮するのかというと、周囲を見ても空気抜き機能付きのマンホールはここだけだったからです。
雨が降ると、暗渠が水で満たされるため、空気は高いところに逃げて来ます。すなわち、空気抜きがあるところが一番高いところ。おそらく分水嶺だと思います!!

{AA4FA104-60FC-4AD1-818C-CFA5C6943640}
古地図でいうとこの辺り。
田んぼの真ん中ですね。
この地点が藍染川の始まりと言えるでしょう!

現場を探せば、本にも書いていないような面白いことがわかるものです。
皆さん、散歩に行きましょう!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。