同人とかpixivとかサブカルっぽいもの

にわかアニメファンです。仕事でサブカルちっくな人たちにものを売ってこいと言われ、少し勉強をしてみました。
そこで感じた意見なんかをかいていきたいです。


テーマ:
最近pixiv見るようになって、はじめて「同人作家」という職業があることを知りました。
念のため説明をしておくと、オリジナルの創作ではなくて、その時々の人気漫画やアニメを下地にした創作物を同人誌の即売会や通販などで販売することで、生計を立てる人のことです。

わざわざ「職業」というのはそれで稼いだお金で生活をしている人がいるからです。

私の知っている同人誌とかっていうのはもっと趣味の延長みたいなもので、販売価格も原価ギリギリのところでおさえていて、交流や自己実現が目的の最初に来ているものとばかり思っていたので、この職業を知ったときはそれなりに衝撃を受けました。

なんとなく、「最近の同人誌は高い」とかジャンルとか内容に偏りがあることは知っていましたが、実際にそれでかなりお金になる人が出始めたってあたりから流れが変わってきたんですかね。

そうなるきっかけはともかく、お金を稼ぐためですからそんなに好きでもない人気作品を描くこともあるんだろうし、内容だって薄い本に合うような短さにまとまる-----しかもインパクトのある-----ものになっていくんだろうなということが予想できます。

プロとしてデビューしてる作家さんでさえ、時々同人誌作ってコミケ参加とかしてるわけですから、いかにこの仕事が儲かるかがわかります。

考えてみれば内容の編集をする人件費とか雑誌や単行本にするための手続き費用とかゼロだし、描きたいこと描いても出版前に批判されることもないし、おまけの著作権はもともと自分のものじゃないものを使っているのだから本気で守る必要もないわけです。

需要があるから供給があると言われればそれまでですけど、個人的にはこういう流れには少し疑問を持ってしまいます。

最近はデジタル入稿とか便利なツールもあるし、ドローソフトも高機能パソコンも、正直誰でも簡単に買えて使えてしまいます。
下手をしたら原作者よりも絵がうまいなんてことも当たり前にあるし、アニメにいたっては画像検索をするとどれが本物でどれが二次かもわからないものがたくさんあります。

今の日本の出版業界とか著作権を扱う団体のやり方が完璧なものとは私も思っているわけではないですが、それにしてもその二次創作という部分で人が生活できるほどお金が入るというのはかなり問題な気がします。

話は昨日に戻りますが、最近のアニメやらがきちんと筋立ったものではなく穴だらけの雰囲気をつぎはぎしたものが多いというのも、もしかしたらここにつながってくるのかな、と深読みもしたくなります。
むしろガチガチで妄想の入る隙間の少ない物語よりも、スカスカの設定だけで進むような話の方が二次産業的にはおいしいでしょうし。

都条例とか児童ポルノとかここ最近インターネットでかなりうるさく叩かれているマンガの表現規制についても、もしかしたらここが発端なのかもしれないなと思ったりもします。

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード