三浦大輔賛江

三浦大輔 引退試合で10点取られて降板。
最高だぜ。
あんたは横浜の本物のエースだ。

 

通常、ある程度の名のある選手の引退試合は、打者なら試合の大勢に影響ないところで代打で一打席。
投手も試合に影響の少ない場面で出てきて、バッター一人に投げて、お疲れさん、今までありがとう、というのが通例だ。

 

しかし番長は違った。
ラミレス監督に『ラスト登板どうする』と聞かれて「できればいつもの試合の時と同じようにいかせてください。」と言って試合に臨んだらしい。
今日の試合に、チームは16年ぶりの勝率5割もかかっている。

 

結果6回1/3を投げて10失点。ボコボコに打たれた。
最後までガチでいってボコボコにされて引退。
男の花道として、スポーツ選手の最後として最高である。

 

勝率3割台が何年も続いた横浜暗黒時代。大輔の存在だけが横浜を応援する支えだった。
今年は初のCS進出。でも三浦大輔はそこに勝利では貢献できず、今期は0勝2敗。
そして最後の花道登板、のはずが。


真正面から挑んで、衰えた球を投げ続ける。

 

良くあるパターンの、打者一人だけに投げて、打たれても抑えてもそこできれいにおしまい、というのでも、きっと感動したと思う。
でも、この終わり方の方が、大輔らしい。
そして横浜らしい。

 

ラミレス監督だって、CSにはせめて勝率5割で出場したいと切に願っていたはずだから、たとえば2回の表で4点目を取られたところあたりで降板させたって、全然OKなはずだ。
でも、今日はすべてを三浦大輔に託したかったのだろう。
勝負に浪花節は禁物、とは思うけれど、でも今日だけはいいよ。
大輔が思いっきり投げて、打撃陣も精一杯援護して、でもボコボコに打たれて終わる。

 

さすが。
男だ。

 

25年間横浜ベイスターズに在籍。
172勝184敗。

 

ありがとうございます。三浦大輔さん。

AD

久々の新曲映像アップ!

「見たことのない夢」

 

8月28日 幡ヶ谷36°5 『見たことのない旋律(メロディ) 3』のライブより。

自称「美メロ系」です~。

 

 

見たことのない夢 詞・曲 いしはらとしひろ

 

1. 星をほら 素手でつかんで君に あげたよ

そんな夢をみた さめなきゃいいのに夢 見た

☆ 待つべき時に待てなくて 自ら滅ぶ人を

 

たくさん見てきました だから 今は

 

2. ほど遠い 星も未来も遠い だから

 

夢を見よう 現実逃避の夢 見よう

 

あふれ出る 涙あふれ出る 今

 

ため息も 後悔も 友達にしよう

 

☆ 待つべき時に待てなくて 自ら滅ぶ人を

たくさん見てきました だから 今は

 

 

新曲もアイデアはたくさんあるので、どんどん作ろうっと! 
乞うご期待です。 

 

 

 

【相模の風THEめをと ライブ予定】

☆9月10日(土)足助のかじやさん

20周年記念 「アコバトルスペシャル」

 

☆9月18日(日)京都 和音堂

うさみみスタウトとのツーマンライブ

19時開演 2000円+1ドリンク

 

☆9月19日(月・祝)京都 音や

「おいでやすLIVE」14:00開演 1000円+ドリンク

 

☆☆9月25日(日)大森風に吹かれて

9月の東京ライブはここだけですよ~~!

岡本主任とのツーマンライブ

19時開演 前売り・予約 2000円+オーダー

当日 2500円+オーダー

AD

【キンクスについて語り倒す その1】

 

キンクスって知っていますか?

イギリスのロックバンド。

活躍したのは60年代から80年代。

解散はしていないけれど、実質的には1996年くらいにバンドとしての活動は停止してしまった様子です。

 

60’Sブリティッシュ4大バンド、などと称され、ビートルズ。ストーンズ、フーなどと並び称されることもありますが、こと日本での人気、認知度で言ったら先の3つのバンドには大きく水をあけられている感じ。

 

でも、このバンド、大好きなのですよ、わたくし。

はっきり言って演奏なんかは結構しょぼい。今の感覚で聞くとね。

でもいいんです。

しょぼいけど⇒それでもかっこいいから。

 

かっこいいことは七難隠す。ははは。

 

1964年にデビュー。ビートルズがブレイクしたその少し後ですね。

イギリスの音楽界、というか音楽ビジネス界では『ロックンロールバンドは当たるぞ』ということで、雨後の竹の子のように、にょきにょきと次から次へとデビューし、そのいくつかはヒットを飛ばします。

そんなバンドブームの中、キンクスもデビューし最初からヒットをかっとば……すことができなかったんですねえ(笑)。

最初の二曲は 箸にも棒にもかからず、次がヒットしなかったらレコード会社もクビか?というところで放った特大のホームランがこれです。

「ユー・リアリー・ガットミー」

この元祖ハードロックともいえるめちゃカッコいい曲です。

 

でも、僕らの世代で言うと、こちらのヴァン・ヘイレンバージョンでご存知の方も多いでしょう。

 

演奏力も音の処理の仕方も断然ヴァン・ヘイレンの方がよい。

でも先にも書いたように、キンクスの方がしょぼいけれどカッコいい。

 

この曲は曲作りとしても当時としては画期的で、(というかおそらく初めて?)コードの平行移動の上にブルースモードのメロディがのっかっているという(コード進行もかなり独特)、音楽の構造的にもロックとしては、かなり新しかったはずです。

そしてこのギターの粗さと放熱ぶり。いや、バンド全体の発熱ぶり。バンドってこうだろう?

 

あー、今聴いても極楽じゃあ。

 

【相模の風THEめをと ライブ予定】

 

☆9月10日(土)足助のかじやさん

20周年記念 「アコバトルスペシャル」

 

☆9月18日(日)京都 和音堂

うさみみスタウトとのツーマンライブ

19時開演 2000円+1ドリンク

 

☆9月19日(月・祝)京都 音や

「おいでやすLIVE」14:00開演 @1000

 

☆☆9月25日(日)大森風に吹かれて

9月の東京ライブはここだけですよ~~!

岡本主任とのツーマンライブ

19時開演 前売り・予約 2000円+オーダー

当日 2500円+オーダー

 

☆10月23日(日)幡ヶ谷36°5

相模の風主催「見たことのない旋律(メロディ)4」

12:25開演 ¥2000+1ドリンク¥500

出演:ひだかコンブとパセリくん.、はたなか圭一、相模の風THEめをと

⇒お客様参加型企画あり!

⇒宮城料理のスペシャルメニューあり!

 

☆☆東北応援行商ライブ第15回スペシャル

相模の風THEめをと ワンマンライブ

11月13日(日) お茶の水カカドゥにて

文京区湯島1-7-16 TEL.03-3818-2220

JR御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分

17時30分開場 18時開演

前売り・予約 2000円+1ドリンク+予約特典付き

当日 2500円+1ドリンク

AD

9月、10月と、結構いろいろな場所でライブをやるめをと。

少し細かくお知らせしていこうかな。

 

まずは今週末9月10日(土) 愛知・足助のかじやさん

豊田市足助町西町10

「アコバトルスペシャル 足助」です。

こちらは、以前東北応援行商ライブにも出演いただいた 都築敏博さんのお誘いで参加します。

足助のかじやさんに出演するのは4年ぶり。2012年の秋以来です。

おととし、前オーナーの広瀬さんがなくなってしまいました。(現在は息子さんがお店を継いでいます)

葬儀に出席することもできなかったので、あの場所で歌うことで、広瀬さんにもあれからの我々の色々を報告できたらと思います。

もちろん楽しさ全開でね。

 

アコバトルの名の通り、12組の出演者による音楽のバトル。

めをとはハーモニーでワッカを作ってきますよ~。

13時開演 めをとは17時20分頃からの演奏です。

足助近辺の方、お目にかかれるのが楽しみです!

 

【相模の風THEめをと ライブ予定】

 

☆9月10日(土)足助のかじやさん

20周年記念 「アコバトルスペシャル」

 

☆9月18日(日)京都 和音堂

うさみみスタウトとのツーマンライブ

19時開演 2000円+1ドリンク

 

☆9月19日(月・祝)京都 音や

「おいでやすLIVE」14:00開演 1000円+ドリンク

 

☆☆9月25日(日)大森風に吹かれて

9月の東京ライブはここだけですよ~~!

岡本主任とのツーマンライブ

19時開演 前売り・予約 2000円+オーダー

当日 2500円+オーダー

 

☆10月23日(日)幡ヶ谷36°5

相模の風主催「見たことのない旋律(メロディ)4」

12:25開演 2000円+1ドリンク500

出演:ひだかコンブとパセリくん.、はたなか圭一、相模の風THEめをと

⇒お客様参加型企画あり!

⇒宮城料理のスペシャルメニューあり!

 

☆☆東北応援行商ライブ第15回スペシャル

相模の風THEめをと ワンマンライブ

11月13日(日) お茶の水カカドゥにて

文京区湯島1-7-16 TEL.03-3818-2220

JR御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分

17時30分開場 18時開演

前売り・予約 2000円+1ドリンク+予約特典付き

当日 2500円+1ドリンク

そして。
じゃんじゃかじゃ~~ん、な感じで。

ちょっと先ですが、11月13日(日) お茶の水カカドゥにて
相模の風THEめをと ワンマンライブを開催します。

 

今回は東北応援行商ライブ第15回目のスペシャル企画。
じっくりと東北商品の買い物を楽しんでいただき、
たっぷりと めをとの音楽とショウを楽しんでいただけたら。
スペシャルの名に恥じないいろいろな仕掛けや仕込、
そしてもちろん新曲や色とりどりの音楽で楽しいをお届けします。

 

ぜひ、一緒に楽しみましょう。

もちろん今からでも予約受け付けます。


この日記にコメントをいただくか Amebaメッセージにて受け付けます。

早くも予約好調であります。

 

11月13日(日) お茶の水カカドゥにて

文京区湯島1-7-16 TEL.03-3818-2220

JR御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分
17時30分開場 18時開演
前売り・予約 2000円+1ドリンク+予約特典付き
当日 2500円+1ドリンク

 

おーいえ~~。

 

相模の風THEめをとのイベント 見たことのない旋律 at 幡ヶ谷36°5 無事終了です。

ご来場の皆様、出演の下釜一臣さん 雲河トールJr.さん ありがとうございました。

今日も美メロが宙を舞ったよ。

そして美味しい福島料理も皆様に堪能していただけました。おーいえ~~。

 

ベース弾き語り、という他に類を見ない独特のスタイルでソウルフルな歌声を聞かせる 雲河トールJr.

熊本にボランティアに行った時のことを歌った歌は、印象に残りました。

そして相模原が生んだ美メロニスト 下釜一臣。

彼の作る歌はさりげなくも引っ掛かりのある、美しいメロディに彩られています。いいね!

 

今日の料理は福島づくし。

いかにんじんやざくざくがセットになった「福島プレート」が大人気。完売でございます。

素朴だけど深い味。美味しかったぁ。

今日のシェフ、ぎゅうちゃん、ありがとう!

 

そして恒例のお客様参加のお絵かき大会。

今回のお題はウルトラマン。

福島県須賀川市はウルトラマンを生み出した、円谷さんのふるさと。今や須賀川市は「すかがわ市M78光の町」として、ウルトラマンの町、を前面に押し出しています。

なにも見ないで書くのは、意外と難しいウルトラマン。

 

 

今日のお客様グランプリは上の写真、カラータイマーで見事に表現してくれたお客様!3代目グランプリです。

グランプリの客様には めをとからドリンク券を一枚プレゼントしました。

楽しいなぁ。

 

相模の風THEめをと セットリスト

1.見たことのない夢

2.これは夢じゃない

3.身を低くして

4.帰れない

5.未来のボクたちへ

6.おとなげない大人

気持ちよくやれました!

今日は福島・南相馬の小高駅前 エンガワ商店さんのTシャツを着て演奏しました。

南相馬ではいつもお世話になっている常世田さんのお店です。

胸にでっかく『縁』と入っています。正に縁が繋いでくれたTシャツ。

気合入りましたよ。

 

そして次回のめをとイベント「見たことのない旋律 4」は10月23日開催です。

幡ヶ谷36°5にて昼の12時30分から。 日高昆布とパセリ君 はたなか圭一 相模の風THEめをと でお送りします。

お食事の方のスペシャルメニューは宮城県の名物料理を。

お楽しみに!

いよいよ明日!「見たことのない旋律(メロディ)3」に出演してくださる、 
下釜一臣さんの歌を聴いてください。 
なんで出演をお願いしたか、この曲を聴けば一発で分かってもらえますよね。 
美メロじゃ。 
 



もちろん相模の風THEめをともいろいろ仕込んでいます。 
楽しい昼のひと時をご一緒しましょう~。 


☆8月28日(日) 幡ヶ谷36°5 
相模の風&36°5 共催「見たことのない旋律(メロディ)3」 
http://365.seishun-p.com/main.html 
渋谷区幡ヶ谷2-13-1平沼ビル2F 
京王新線幡ヶ谷駅北口より徒歩一分 
12:30開演 ¥2000+1ドリンク¥500 

出演:雲河トオルJr.、下釜一臣、相模の風THEめをと 
⇒お客様参加型企画あり! 
⇒福島料理のスペシャルメニューあり! 

遅くなりましたが、とてもいい雰囲気でした。日曜の東京ゆがぜん。
月一イベントで65回目。
主催の柴田ヒロキさんには頭が下がります。

お客様もたくさんでよかった。
ご来場の皆様、対バンのみなさま、ありがとうございました。
楽しくやれました。




弱冠20歳のさわやかな歌声 中野星
熟練の技と少年の心を失わない斉藤智治WITHジョニーササガワの歌世界、堪能しました。
主催の柴田ヒロキ オーラが出てきたぞ!

素敵な日曜の夜でございました。
相模の風THEめをとのセットリスト

1.残り全部バケーション
2.おとなげない大人
3.見たことのない夢
4.甘いワイン(斉藤哲夫カバー)
5.タイムマシンにお願い(サディスティックミカバンドカバー)

そして今週末 28日の昼は
めをとイベント『見たことのない旋律 3』です!

☆8月28日(日)幡ヶ谷36°5
相模の風&36°5 共催「見たことのない旋律(メロディ)3」
http://365.seishun-p.com/main.html
渋谷区幡ヶ谷2-13-1平沼ビル2F
京王新線幡ヶ谷駅北口より徒歩一分
12:30開演 ¥2000+1ドリンク¥500
出演:雲河トオルJr.、下釜一臣、相模の風THEめをと
⇒お客様参加型企画あり!
⇒福島料理のスペシャルメニューあり!

音楽は祝祭だ!

もちろん音楽にはいろいろな側面があるし、一言ではくくりきれないのは承知していますが。
最近、とみに思うのですよ。
自分たちにとっては『祝祭性』こそが、音楽をやる意味なのだろうなって。

今週末開催の「見たことのない旋律(メロディ)」は、その名の通り、旋律にこだわっているイベントでもあるのですが、美しいメロディの奥に潜む『祝祭性』なんてやつを引き出せたら嬉しいなぁ。

日曜の昼、ですからイベント終了後ものんびりできますよ。
ダブルヘッダーで用事を入れても大丈夫!
というわけで一緒に楽しい時間を作りましょ。

ぃよろしく!

☆8月28日(日)幡ヶ谷36°5
相模の風&36°5 共催「見たことのない旋律(メロディ)3」
http://365.seishun-p.com/main.html
渋谷区幡ヶ谷2-13-1平沼ビル2F
京王新線幡ヶ谷駅北口より徒歩一分
12:30開演 ¥2000+1ドリンク¥500
出演:雲河トオルJr.、下釜一臣、相模の風THEめをと
⇒お客様参加型企画あり!
⇒福島料理のスペシャルメニューあり!

短く合掌した

毎年8月15日になると、戦争のことを書くいしはらです。
今日は終戦記念日。
本当は正午に合掌、と思っていたのだが、コロッと忘れていて、仕事の合間に短い祈りをささげた。

僕の父は終戦ぎりぎりに応召して(学徒出陣)、旧満州でソ連との戦いに参戦。
銃を一発も打つことなく捕虜になり、シベリア抑留。
母は昭和20年の横浜大空襲を、辛くも生き延びてきた(母は横浜育ち)。

父も母も、僕が小学生くらいの頃から、その当時のことをわりとよく話してくれた。
だからそのころの自分は、まわりの友達のお父さんもお母さんも、戦争を経験していて、そういう話を家で聞かされているもんだ、と思っていた。

でも、親が戦争に兵隊として行っていた、などというのは、僕の世代ではもう少数派だったのだ。
そういうのがわかってきたのは、中学生くらいになってからだ。
僕の父は大正14年生まれだけれど、まわりの友人たちの父親は、もう一世代~二世代下の人が多かった。終戦時で中学生くらいだろうか。

考えてみたら、うちの両親とも、そういう話をするとき「だから戦争はダメなんだよ。」とか「平和を守り続けなきゃ。」という、ご立派なことは言わなかったような気がする。
ただ、とにかく戦争は大変だ。あんな思いは二度としたくない。と

そりゃそうだ。
空襲の中を命からがら逃げまわったり、仲間がどんどん死んでいく酷寒のシベリアで重労働したりすれば、まさに「骨身にしみる」だろう。

戦後71年間。
日本は戦争をしないで済んできた。
これは稀有なことである。
もちろんアメリカ合衆国の戦力の笠に守られて、という部分はあるにせよ。
平和ボケと言われようが、金さえ出せばいいと思っているのかなどと揶揄されようが、これはすごいことなのだ。

平和ボケ上等!

集団的自衛権の行使に関しては昨年秋、参院で可決され法として成立した。
僕はこの法律は日本の自衛に使われるのではなく、「アメリカさん、戦争の下請けしますよ。」と言っている、と解釈しています。ゆえに反対であります。

法で決まったものは絶対、ではない。
法の改正・改訂はできるもの。
まずはそういう議員を選ばなきゃな。
次の国政選挙は急な解散などなければ、今年の12月の衆議院選挙だ。

まずは投票行こうな。
この投票権を手に入れるためにだって、相当な量の血が流れているのだからさ。