ガンバレ!日本会議佐賀!応援ブログ

日本会議佐賀応援ブログにようこそ!
日本会議佐賀の情報などをお届けしようと思います。


テーマ:

来る4月29日(金)、憲法シンポジウムを開催いたします。(主催:美しい日本の憲法をつくる佐賀県民の会、公益社団法人日本青年会議所九州地区佐賀ブロック協議会)

 

「やさしく学べる学習会!~心を動かす憲法の話~」をテーマにパネルディスカッションを行います。

登壇者は、

・中山恭子氏(参議院議員)

・西修氏(駒沢大学名誉教授)

・諌山仁美氏(女子の集まる憲法おしゃべりカフェ編集員) です。

 

はじめて憲法について学ぶ方にも是非、ご参加していただきたい行事内容となっています。

また、実際に憲法改正となれば、国民投票が実施されることになりますが、本シンポジウムでは、携帯端末を用いた「模擬国民投票」も行います。是非、国民投票の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

 

参加費は、無料となっております。ご家族やご友人をお誘いあわせの上、ご参加ください。お待ちしております。

 

と き 平成28年4月29日(金) 開場:13時 開演:13時30分

ところ ドゥイング三日月(佐賀県小城市三日月町長神田1845)

 

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 2月11日(木・祝)、皇紀2676年の建国を祝う奉祝行事が県内各地で盛大に開催されました。

 佐賀市では、日本会議佐賀と建国記念の日佐賀県奉祝会の共催で「皇紀2676年建国まつり」をアバンセホールで開催、約270名が参列しました。第1部の奉祝式典は石井順二郎会長の「私が小学校5年生の昭和15年、紀元2600年祭が盛大に行われ、村々を旗行列で歩き、こぞって日本の建国を喜んだことを鮮明に覚えています。今日はただの休日ではなく、国のはじまりを偲ぶ大切な日です。」とのご挨拶から始まりました。

 続いて、参列者全員で「紀元節の歌」を歌い、吟道佐賀松風会の寺町松博師範より「建国記念の日」との吟題で素晴らしい吟詠を賜りました。

 また、来賓を代表して、衆議院議員の岩田和親先生と参議院議員の山下雄平先生よりご祝辞を賜り、その後、「神武建国の精神に想いをいたす建国記念の日奉祝行事を政府主催で実施すること」と「国民が平和で安全に暮らせるための憲法改正の実現」を政府に要望する決議を満場一致で採択しました。

 最後に神道政治連盟佐賀県本部の古川勝久副本部長より「今年は、憲法改正が国民によって審判される重要な年です。手足を縛られた憲法によって、素晴らしい歴史をもった日本を潰したくはない。この一年、憲法改正にむけて努力していきましょう」との力強い閉会の挨拶を頂きました。

 続く第2部では、政治評論家の江崎道朗氏を講師に招き、「天皇陛下の祈りと憲法―日本の伝統を受け継ぎ、現行憲法の弊害に抗して」との演題で記念講演を賜りました。

 江崎講師は、今上陛下が、皇太子時代から、障害者福祉や農業や漁業の振興にいかに心を砕かれて来られたかを説明され、その上で、皇室は行政が救済できていない人々に光を当て救済されるご存在であることを明らかにされました。

 この日は佐賀市以外でも、県内各地で奉祝行事が開催されています。

 

 唐津市では、唐津地区建国記念の日奉祝会実行委員会(日本会議唐津支部も所属、主に講演の部の企画・運営に携わっています。)主催の「第54回唐津地区建国祭」がりふれホールで開催され、230名が相集いました。衆議院議員の古川康先生、参議院議員の山下雄平先生もご臨席の下、9時20分より神事、奉祝式典と続き、その後には、「日米同盟の拠点・沖縄の現状と課題」と題し、惠隆之介先生(拓殖大学客員教授)よりご講演を賜りました。惠先生は、かつて廃藩置県後の沖縄で蔓延していた結核やポリオ患者を献身的に介護し、これの絶滅に寄与した公衆衛生看護婦に関する動画を紹介されました。大変感動的な映像で、涙なしには視聴できませんでした。前日10日の夜には日本会議唐津支部で、惠先生との夕食懇談会も開催しました。

 武雄市では、「武雄市建国記念の日を祝う会」(日本会議武雄支部も所属)が主催となり、奉祝行事を武雄市文化会館で開催、200名が参列しました。武雄市の奉祝行事には、小松政武雄市長もご出席頂きました。その後、佐賀新聞論説委員長の横尾章氏より「憲法公布七十年を考える」との演題でご講演を頂きました。

 鳥栖市では、日本会議佐賀東部支部が主催となり、八坂神社にて建国記念の日をお祝いする神事が執り行われました。鳥栖市議会議員の先生方をはじめ、約20名が参列しました。

 伊万里市では、約50人が若宮神社に相集い、紀元節をお祝いする神事が行われました。神事の後は、憲法改正の必要性についての学習会を開催しました。

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月3日(日)、佐賀市民会館大会議室にて憲法講演会を開催いたします。講師は、明星大学教授の髙橋史朗先生です。演題は、「憲法の家族条項について考える―ベアテ・シロタ・ゴードンと家族保護規定」です。


ベアテ・シロタ・ゴードンは、GHQの民政局に所属し、個人の尊厳と両性の平等をうたった日本国憲法第24条「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有する(後略)」を執筆した人物として知られています。


日本国憲法には、「家族の尊重、保護」規定は存在しません。しかし、欧米では、家族の価値は個人の尊厳とともに重視され、多くの国の憲法に家族保護規定があります。


髙橋先生は、ご著書「日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと」の中で、現在の家庭科教科書が家族の定義について「自分が誰を家族と思うかによって決まる」とし、「孫が祖母のことを家族と思わなければ祖母は家族でない」「犬も家族と思えば家族になる」などの考え方を問題視されています。日本の伝統的な家制度、家族観、結婚観をとかく否定するように、家族の多様化を強調することに警鐘を鳴らされています。


5月3日の憲法講演会では、憲法における家族条項を中心に現行憲法の出自とその問題点を明らかにします。女性の方にもぜひ聴いて頂きたい内容の講演会となります。ご家族やご友人をお誘いの上、ご参加ください。


と き 平成27年5月3日(日) 開会14時

ところ 佐賀市民会館大会議室(佐賀市水ケ江1-2-20)

講師 髙橋史朗先生(明星大学教授)

演題 憲法の家族条項について考える―ベアテ・シロタ・ゴードンと家族保護規定

参加費 1000円

AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。