母と暮せば

テーマ:

先日,吉永小百合&二宮和也主演の映画「母と暮せば」を鑑賞しました。

ということですので,感想のほうを書かさせていただこうかと思います。

母と暮せば

今作は,第39回日本アカデミー賞 にて優秀賞を11部門受賞しています。


今作の主演は「ふしぎな岬の物語 」の吉永小百合

暗殺教室 -卒業編-」の二宮和也の2人で

その他にも「バケモノの子 」の黒木華

岸辺の旅 」の浅野忠信,「八甲田山」の加藤健一

私の男 」の広岡由里子,「きいろいゾウ 」の本田望結

さらば あぶない刑事」の小林稔侍,「交渉人 真下正義」の辻萬長

海よりもまだ深く」の橋爪功らが出演しているのですね。


監督は「家族はつらいよ」の山田洋次が担当しています。


そんなこの作品を鑑賞させていただいた感想はというと,

親子の愛がしっかりと描かれている作品であったと感じました。

山田洋次監督ならではの手法が光った作品に仕上がっていた。

ただ,浅野忠信は名前をメインに出すほど出ていない気がしたので,

第39回日本アカデミー賞 の候補入りもちょっと謎ですね。

AD