お年頃

テーマ:

6年前に 受けた手術の後遺症から

女性特有の更年期症状がすぐに出て 随分 悩まされたけれど

ホルモン補充の選択もせず 何とか やり過ごしてきました

 

3年前から  一睡も出来ない 食欲がなく 食べることが出来ない

立っていられない程の動悸 不安感にも襲われ ホルモン治療を 始めました

 

身体は うそのように ラクに なったのだけれど 翌年の同じ季節に また

今度は 食べる事が出来ない 不安感と 気分の落ち込みが 激しくなりました

 

身体的には ホルモン治療は 効果があるけれど 心には 効かないと ネットで 

調べました

 

脳への神経伝達が 上手く 行かなくなるのが 更年期うつの 特徴らしい

 

今まで 出来ていた事が 出来なくなる

家事 仕事が 段取りよく出来なくなる事  それが 顕著な症状

 

退職したからには 家事位 丁寧に 一生懸命 やらなきゃならない

家族に 申し訳ないと いう思いに 縛られ過ぎてきたかな

 

何せ やる気スイッチが 完全オフに 一か月前から

 

 

朝起きて 身支度するのも 億劫   お弁当 朝ごはん 片付け ゴミ出し おそうじ

お洗濯 鬼のように 次々に ルーティーンが 待っているのに

 

冗談のように 動けない   怠惰なだけと 思われても  異常なのが 自分自信でよくわかる

 

周りの人には わかって もらえないだろうけど

 

世の中 もっと 家事が大変な人は たくさんいるのに  みんな 当たり前に 普通に

やっているのに ここがまた 情けないと 自分を 思いっきり 責めてしまう

 

比べても 焦っても 仕方ないのも 判っているけれど

 

食欲が わかないので ご飯の支度が かなり 億劫

 

 

お料理が 頭の中で 組み立て 出来ないから スーパーの買い物も  まともに 

出来ないと いう 異常な状態

 

三度の ご飯は  待ったなしだから  一番 辛い 作業になってしまった

 

片付けも やっと  お風呂に入って   髪 乾かして お顔の 手入れして

歯磨きして  あたりまえの 自分の事すら まともにサクサク 出来ず 時間がかかり 

 

眠ったら すぐにまた 地獄のルーティーンが 始まる

 

明日は もう少し まともに できますように

 

こんなのは 自分じゃないと 認めたくない気持ちからも 解放されますように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

夕方

テーマ:

 

主婦には 避けられない 毎日のルーティーン

 

なんてことなく 普通に出来ていたことが 出来ない 不安と焦り  ジレンマに陥り

 

情けない自分を 責めるばかり

 

気力スイッチ 完全にオフです    自ら オフになっていると 理由付けして 

甘えているのに 違いないのだろうけれど 

 

 

家族に 迷惑かけているのが とっても 申し訳なく思うけれども 身体も 気持ちも どうしても前に 向いてくれない

 

 

すべてが 負のスパイラル  

 

 

抜け出したい

 

 

 

 

 

 

 

AD

えいっ やっ

テーマ:

今日も やっぱり 気持ちも 身体も動かない 動き出さない

 

精神論者だった癖に 気合い一つと わかっているのに

 

特効薬は 自分の中にあるに 違いないのに

 

ただ 甘えに過ぎないのだろうけれど   抜け出せない

 

 

 

   

AD