子持ちネイリストSaeのブログ

広尾のエステサロン内と出張でネイリストをしています。
ネイルを中心に、ゆるゆると綴っていきます。


テーマ:

欧州選手権で、バンクーバー以来のISU公認試合に出たプルシェンコが

優勝を遂げましたクラッカー

演技後のガッツポーズが印象的です。(動画はこちら から)



子持ちネイリストSaeのブログ


優勝はしましたが、実は満身創痍。

この後は世界選手権には出場せず、怪我を完治させるそうです。

それもこれもソチへの第一歩といったところでしょうか。


バンクーバーOPで銀盤の王者メダル(銀メダル)を獲得した後、

「連盟の許可なくアイスショーに出演した」といういちゃもんにも近い

ロシアスケ連の嫌がらせを受けて(批判発言をしたので)

競技から離れていました。

こういう嫌がらせや怪我をものともせず、2年近く競技から離れていたにも

関わらず、他の追随を許さないという驚異かお

よくある復活劇とは一味もふた味も違いますね。


実はソルトレイクのころは、私はヤグディン派でした。

プルに惚れたのはトリノ前後から。「ニジンスキーに捧ぐ」が

決定的だったような気がします。


2位につけたのは同じロシア、しかも同じミーシンコーチのもとにいる

ガチンスキー。

年末に日本選手を取り上げた「氷上の系譜」という番組が放送されたけど、

こちらはロシア版氷上の系譜といったところか。

プル様は、ガチ君とガチ勝負して負けない限り引退はしないのでは?

ロシアが(またはミーシン門下生が)世界のトップであり続けることに

責任を感じているような気がしてなりません。

オレを倒してから行けと言わんばかりの姿勢、漢気たっぷりではありませんかぱちぱち


それにしても、アイスショーでも(クワドはともかく)3Aもバンバン跳び、

サービス精神たっぷりの演技で観客を沸かせ続けて来たプル様。

それでもやっぱり真剣勝負の試合となると顔つきが違ったし、

本人もこの高揚感を忘れられないと言わんばかりの態度。

日本のフィギュアファンの間では、今回のFSの曲「ロクサーヌのタンゴ」といえば

高橋大輔の名プロの一つとしてあまりにも有名で、

年初のショーで彼が数年ぶりに滑ったこのロクサーヌの動画が

フィギュアブロガー達の記事を賑わしていました。

私も、もうロクサーヌは大ちゃん以外考えられないと思っていましたが、

なんのなんのブタ

フィギュアスケーターも役者と同じで

・曲に入り込む、または曲を奏でる人

役者でいえばその人本人よりも役のイメージが先行するタイプ

・曲の方が演者に近づいてくる人

何を演じても役者のキャラクターが垣間見えるのに、違和感のないタイプ

・曲に振り回される人 大根役者

に分けられると思うのだけど、プルは間違いなく2番目でしょう。

このタイプは1歩間違うと大根と言われかねない。

日本の役者でいえば田村正和や織田裕二といったところか。

しかし、ご存知の方ならわかるだろう漫画「ガラスの仮面」でいうところの

姫川亜由美なのだ。(入り込むタイプが主人公北島マヤ)

決して大根ではなく、自分自身と役を重ね合わせていくうまさがあってこそ、

その人なりの演じ方ができ、

逆に入り込むタイプの演技は同じ技量を持った人なら誰が演じても同じ、

ということになってしまうのだろう。

(スケートの場合は同じ技量というのがまた難しいのだけど。



さて、

プルシェンコといえばジャンプ、ジャンプといえばプルシェンコというくらい

ジャンパー、特にクワドジャンパーとしてのイメージが強い彼だけど、

実はかつてはビールマンスピンも持ち技だったし、キレのいいステップは

氷を削りながらもプログラム全体を濃密にする要素として定評があった。

何よりも登場しただけでその場を支配する空気感、圧倒的な存在感は

他の追随を許さない。


対して我らが高橋大輔。バンクーバー以降特に演技派のイメージが

先行しているけど、実は2008年の怪我以前はフリーで2回クワドを入れていたし、

今でもステップから流れるように跳ぶジャンプは世界でも評価が高い。

(あのマスゴミ絶賛王者Pチャンも、大輔のジャンプ参考にしたと言っているし)


マスゴミのおかげで「ジャンプの○○」「表現力の○○」などと

わかりやすく分類されがちなフィギュアスケーターたちだけど、

世界のトップで真っ向勝負している人たちは(真っ向勝負してない人もいるけど)

やはりどちらも超一流なのだ。

浅田真央にしても子供っぽいだのなんだの言われて

3Aだけの選手のような印象を植え付けられ、

苦難を乗り越えて初めて演技派のような持ち上げ方をされているし、

安藤美姫だって、トリノではクワドだけのジャンパーとして扱われていたのに、

それを乗り越えて演技派として開花したような言われ方をすることがあった。

伊藤みどりにしたって日本より世界からの評価の方がはるかに高いし、

本田武史だって、世選でメダルを取った時の海外の報道で

出てきた時代が悪かった(ヤグプルが居なければもっとメダルをとれただろう)

という言われ方をしているのを見たことがある(昔過ぎてソースは出せないけど)。


コロコロと変わる採点基準に翻弄されることなく、長きにわたって

いい成績を収め続けるプルシェンコの存在は、

ジャンプ重視だろうとスケーティング重視だろうと表現力重視だろうと変わらない。

6.0時代を含めてどんな採点方法や基準でも王者は王者であり続ける。

今回のEUROは自己ベストを更新しての優勝と来たもんだ!

その絶対王者を見て、日本のマスゴミは何を思うのだろう。


もう一つ、一時採点ルールを自分たちの都合のいいように変えてきた輩が

存在するならば、プル様の偉業を見て何を思うのか。

どんなルールにも屈しない絶対王者が存在する以上、

彼らの思惑は通用しないし、そういう存在は必ず現れて

不正をあらわにしていくだろう。

そして、そういう王者は、記録だけでなく記憶にも残る選手になっていくのだ。

バンクーバーOPでKYが滑った曲を覚えている人がどのくらいいるのか?

(私は007はともかく、FSやエキシは全く記憶にありません)

今季の激突王子のFSの曲を聴いて、どうしても本田武史やプルシェンコしか

思い浮かばない人がどれだけ多いのかなになに?


真央ちゃんのシニア参戦、荒川静香金メダルで湧いてから6年。

日本のフィギュアファンもだいぶ目が肥えてきた。

インチキなマスゴミや、スターづくりに躍起なISUと各国スケート連盟の嘘に

惑わされる人は徐々に減ってきている。


選手の血の滲むような努力がきちんと実を結ぶよう、応援し続けたい。

このブログでも、毒吐かずにいられる日が来るように祈るばかり


ペタしてね



子持ちネイリストSaeのブログ
FPUにご協力ください

FPU(Figure skating Protection Union)は、
フィギュアスケートの未来を守りたいという気持ちから誕生しました。
会の趣旨に賛同していただければ、どなたでも会員になることができます。
会費は 必要ありません。
FPUは、フィギュアスケートを愛する皆様のご協力をお待ちしております。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Saeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。