• 15 Jan
    • 2017年1月15日、除雪。

      昨日は、せっかくのサタデーナイトなのに、雪にふりまわされてものすごく早く眠気に襲われました。健康的な睡眠時間をゲットした代わりに、楽しみだった土曜ナイトのテレビをすっぽり見逃すという体たらく。このテレビっ子のわたしが・・。ふがいない。また、今日の朝はそのお陰で早く目覚め、二度寝しようという計画も・・上の子の5時半起きそして市の無線放送「始発電車が動きません」または下の子の6時前起きなどなどによって敢えなく頓挫。それもそのはず今日は、どうやら高島市にとって久しぶりの豪雪の時。思い出すのは、6年前。わたしが親知らずを抜いたのが、いまからちょうどその時期の同じく、1月第二週だったのですが、その入院したとき以来のものだったような気がします。実際は、今回はその時以上のひどいものである気がします。朝7時。第一回目の除雪スタート。とりあえず、記念撮影。笑ってはいますが、ドアを開けたら、そこは雪国だった・・。という感じ。膝したまで雪が積もっていたのと、車の上の雪を見ても、40センチくらいは積もったと思います。30分ほど雪かきをして、生活上に必要な動線を確保したあとは、急に疲れが来て、一度コーラを雪で冷やして飲むためにコーラを雪中に投入。そして休憩。一時間ほどして、柔らかく冷えたコーラを飲んでみます。美味しかった。しかし・・思ったより冷えていない、こんどは缶でやってみよう。10時半過ぎ、もち好き・小豆好きの下の子の熱い要望により、小正月のぜんざいが早めに我が家にもたらされました。母屋の母親が煮てくれたあずきをもらい、こちらで餅をいれ、いただきました。塩昆布と交互にいただくのが、ヨメの実家が檀家となっているお寺で頂く方法と同じ食べ方で、確かにとても美味しかった!甘さと、しょっぱさの交互にくるリニアモーターカーのような仕組みに、永遠と食べていられそうな感覚に陥ります。下の子、ぜんざいを三杯。わたしは二杯。ごちそうさまでした。昼になり、少し晴れ間が出ました。こんどはヨメの熱望により、スーパー「平和堂」さんへ買い物へ向かいます。(車をどけたあとは、見事な平地です。)今週は、天気が読めなさそう・・ですので、ヨメにはたくさん買い込むように指示を(偉そうに)出します。買い物をヨメに任せ、その間、子どもたちを(偉そうに)伴い、マクドナルドで買い物をして、わたしと子どもはヨメ待ちで、駐車場に待機します。待機中、駐車場の傍らの雪がえらいことになっていることに気付きます。駐車場の他の車も、みていてとても危ない。障害者の方が停めやすいエリアに停める人や、車線をまたいで停める人・・天気がこうなので「無礼講」という感じではありますが、この辺が高島市らしくて、とても横着です。この辺りを・・変えていきたいな。しかしまあ、日本全体が今は「自分本位」で進むなかですので、わたしなどがどういう考え方であっても関係ないのでしょうし、注意しても逆に刺されるような危険もはらんでいる世の中では(ポイズン)、黙って見ているほうが賢いのかも、と思います。ですがわたしは、わたしの子達には、あれはよくない例、これは良い例だよ、といってその都度、説明させてもらっています。自分の行いを、いつも、誰かが見ているということは意識しても良いのだと思います。わたしにとって救いだったのは、年寄りの方の方が比較的、停め方や停める場所に対して横着だったのに対して・・若い人たちのなかには、きちんとマナーを守る人たちが多く、中には一旦停めた「停めない方が良い場所」から、違う場所から移動させた人も居られたことです。いくら、高齢化社会が避けられないとしても、この街の将来を担うのは、やはり若い人たちです。少しだけ希望が見えた気がして、少しだけ持ち直した天気のもと、ヨメの買い物終了を待ち、帰宅しました。思えば、この昼過ぎが一番マシでしたね・・。そのあと、また少し荒れました。再度埋めたコーラとともに、ビッグマックをいただきました。ごちそうさまでした。午後から、一瞬見えた青空のもと、会社と工場の雪かきスタート。嵩だかい雪は、まだどけやすい雪ではありましたが、量が多すぎました。とりあえず、掘るように雪かきをして、した分を振り返る。屋根雪が落ちてくるまでは、ここがしばらく、通路となります。工場入り口付近から、ここまでするのに小時間かかりました。その後、倉庫から工場まで、糸を運ぶ動線も確保。最後に、会長=親父と母親とで力を併せ、明日こられる社員さんのための駐車場を確保。よくどけられたものだ、と思います。途中横の道を走る車が立ち往生すること数回。轍ができるのはいいのですが、違う車が来るとまた違う轍ができるので、それに惑わされるようにスリップして、田んぼに突っ込みそうな車が多かったです。特に、離合するときが一番大変そうです。今回は、本当に雪が多すぎました。かくいうわたしも、昨年までで手放したデリカD:5が今あれば、もう少し楽に移動できたのだと思います。「デリカでも雪道そんなに強くないのかも?」と時々おもっていた、乗っていた当時。年間を通して考えても、最近はあまり雪も降らないしなぁ、ということで思い切って手放したわけですが、やっぱりせめて4WDの車は、一家に一台くらいは必要なのだと痛感しました。明日以降、早めに解けてくれることを祈ります。除雪を終え、17時前に帰宅。お疲れさまでした。夕食。サラダパンをいただきました。ごちそうさまでした。夜は、用事があったのであまり出掛けたくないほどの天候が続きましたが、何とか出掛けて、無事に帰ってくることが出来ました。途中安曇川付近のあまりの具合に、わたしは時速20km/hで通過しました。明日の朝は・・これはアカン。アカンやつや!帰宅して、ホッとして、明日も頑張ろうと思うわたしなのでした。 月がキレイ。明日以降用事がいっぱいの今週・・とにかく頑張ろう。

      1
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 2017年1月14日、雪。

      朝、営業日なのでテレビを見ながら、工場へ出勤する前に。NHKの6時台のトップに、滋賀県高島市の映像が。有り難いことですが、雪の話題以外でも取り上げてほしいなあ。朝一番の雪の具合は、思っていたよりは、という範囲でした。これで済めば、有り難いなあ、という感じ。でもこういうときは大概、こんなもんでは済みません。8時過ぎ、社員さんが来る前後、また少し降りだします。この雪のせいなのか、低温で糸が縮むのかわかりませんが、朝から9時くらいまでの現場は、タテ糸切れ、ヨコ糸切れ、などで絶・不調。社員さんがお一人お休みなので、会長もわたしも今日は、現場メインでお仕事です。合間に、雪の様子を見たりして過ごします。13時、食事に戻った時の何となくの感覚で、「今日はアカン日」と解釈しました。お昼ご飯、うどん。もちいりなので、力うどんですね。もっと頑張れ、ということだな。ごちそうさまでした。子どもたちのサッカー練習も中止のようで、彼らは時々、雪かきをしてくれています。14時過ぎ、現場に戻ります。夕方17時までの稼働を諦め、16時に社員さんに帰ってもらうことにしました。ウチの会社にお越しの社員さんは、市内北のエリアの方が多いのです。たぶん、自宅付近ではもっと降っていることでしょう。そして17時になってしまうと周りが暗いですし、ますま雪が止むという保証もないし、何より社員さんの安全確保が大事ですし、まだ明るいうちに帰ってもらった方が良いということです。社員さんの車の雪を下ろすのを手伝い、道までの雪をどけるのだけでも、一苦労。この車の社員さんを見送ったあと、軽く滑っていたようですが、そのあと何とか帰れたようで良かったです。自宅も心配なので、現場も止めて、17時前に帰宅しました。明日は日曜日なので朝の心配はひとまず要りませんが、問題は明後日の朝ですかね。明日は一日中降るとしたら、三時間おきくらいに自宅も会社も雪かきを少しやっておかないと、月曜日えらいことになりそうな予感です。帰宅したら、我が家の精鋭たちが雪かきをしていました。車の移動だけでも、できる用意をしておきたいものです。二人の子どもが雪を掻くというか、飛ばすというか、という風景が面白くて、ずっと見入ってしまいました。お疲れさまだね。昨年は降らなかったので、雪が嬉しいのかな。そのあともどんどん降るので、きりがないですけどね。どちらか一台だけでも、動きますように。わたしの母親が子どもたちを構い、褒めるのでまた、子どもたちは頑張って作業をします。下の子はもう、背丈が埋まりそうです。お疲れさま。上の子のスコップは結局、壊れました。もう、あとは明日ですね。終わってから、コーヒーを飲んで、お菓子を食べました。そして夕食をいただきました。あんかけごはん。ごちそうさまでした。明日は・・休みです。雪かき頑張ります。

      テーマ:
  • 13 Jan
    • 2017年1月13日、来客・会議・軍鶏鍋。

      朝は現場からスタート。本日・金曜日は、午前中から来客がある予定です。合間に段ボールの引き取り回収の手伝いや、仕事の納期の問い合わせ(まったく知らなかった仕事で、糸も届いていないのですが、答えよとのこと・・無茶です)などの対応をしました。11時過ぎに来られた方々は、わたしが前に勤めていた会社の関連会社の染色屋さんでした。その中のお二人は、仕事も、遊びも、しばらく一緒にさせてもらった先輩方たちでした。ご丁寧に挨拶に来ていただいたということで、恐縮しきり。前に勤めていた、とはいえそちらを辞めて、今の家業に就いてから、約20年がたっています。しかしながら「三つ子の魂百まで」という言葉がありますがわたしにとって、大学を出てから仕事を覚えさせていただいた、いわばひよっ子の時期に出会った方々へのご恩や、仕込んでいただいた内容は、骨身に染みていて忘れられるものではありません。会えばどうしても、しようもない思い出話などになってしまいますが、それでも感謝しております。ご恩を返せるよう、糸染めなどがあればまた、よろしくお願いいたします。工場を見学いただいたあと、皆さんをお昼ご飯に「かばた館」にお連れして、13時前、そのまま組合社屋に向かいました。とりっこ定食。 ごちそうさまでした。午後からは、組合の展示会向けの会議が行われることになっています。それに先がけラベルを発行したり、展示会で配る同業他社さんの会社リーフレットを作ったりして、慌ただしく会議を迎えます。会議に参加された人は圧倒的に少なく。ご本人が風邪、ご家族が病気、社員さんが病気なので現場に入っている、プリント立ち会いがあるからいけない、などなどのご理由。確かに、合同展示会なので「欠席」してもことは進むし、段取りは他の人がするかもしれません。しかししかし。自分達の大切な商機を担う、大切な会議なのです。合同であることに油断せず、同業者を出し抜くつもりで準備をするくらいで良いと思うのですが・・特にわたしは最近、単独で展示会に出ることが多いので、余計にそう思います。そんなわたしの思いも、展示会の縫製コンセプトを相談している、かわむらさんからの差し入れ「含み天秤」により雲散霧消。美味しそう。美味しかったです。たねやさんは、なんでも上手に作られるなあ、などと気楽に感心しつつ、先ほどの悩みを忘れます。会議を終え、組合で雑用を続けたかったものの場所がなく、帰社。現場にて、機織り。超強撚糸を使ったヒット作の異種を作れ、ということになっていて、グレー杢糸のスーパー強撚糸を打ち込みます(開発者は同業他社の某専務、その専務の了承済み)。チリが入るのが恐ろしいですが、杢糸の良さなのか、チリが入った?としてもあまりわかりません。とにもかくにも人知を越えた撚り回数を実現させたこの織物、この後の生地加工まで、うまくいきますように心から願っています。その後、18時過ぎに現場を出て、18時半に送ってもらい、鳥居楼さんにて酒席がありました。ご存じ軍鶏鍋です。水炊き。すき焼き。何となく今日は、見ているだけで、お腹いっぱいになりました。その代わり、お酒がよく回りました。ごちそうさまでした。帰り、鳥居武さんに送ってもらう道すがら、雪の降り始めを感じました。明日は、寒さも雪も、この冬一番となりそうです。仕事なので、ちょっと怯え。それでも季節感で言えば、少しホッとしたようなところもあります。降雪・・あまり激しいのは、ちょっとやめてね。

      3
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 2017年1月12日、忙しい木曜日。

      昨日の夜20時前、わたしはいなかったのですが糸が届きました。  「1月6日に着けてほしい。」と1月5日に依頼して  届かないので1月10日に再確認。  「今日には届くでしょう、お待ちください。」  てな返事を鵜呑みにして、まだまだ届かない。  11日午前中には、まあ言うても届くだろうと解釈して、まだ届かない。 結局 11日午後遅くに電話して、そこから返事がのらりくらりだったところを見ると、多分夕方、その時間から京都の倉庫からの発送を掛け、何とか間に合わせたつもりなんでしょうが。   緯糸に使っていたので、なんとか糸がショートする前、つまり織り糸が無くなって織機を停める前には補充することが出来たのですが、年明けからこれでは、先が思いやられます。  ちょっと苦情を言おうかな、と思っても、会長によれば・・・ 「正月やし、そういうのはやめておこう。」 とのことで、わたしの動きをけん制します。  会長は神なのか、仏なのか、こういう時は本当に怒りません。  わたしには真似できません。 出来た会長=親父さんだと思うんです。  だがしかし・・・真似をしていいとも思えないんです。 理由は下の通り。  1.わたしは人間が出来ていないので、良い人の真似がもともとできないから  ・・・書いてある通り。 2.指摘することで、相手の改善につながるから  ・・・「こっちが我慢すればよい」というのは、結局は究極のエゴだと思うんです。近所づきあい、社会のコミュニティなら少し話は変わりますが、特に仕事面に於いては。指摘することで相手さんに気付きを与えることは、個人的にすごく大事だと思います。 3.待てない。  ・・・繊維業は景気が悪すぎます。せめて頼んだものがすぐに来ないと致命的になります。  等々。 今回は、「言わない」ことを選び、相手さんに気付いてもらうことにしました。  半年後、一年後、その会社が成長しているかどうか、楽しみにしています。  さて 冬型の気圧配置が強くなってきた今日この頃。他の地域ではそろそろ、雪の知らせが届きます。  この地区も、もう間もなくディープ・スノウの予感。  だって寒いもの。  午前中からは、今年になって初めて、特に用事がない日だったのですが、そんな時に限って落とし穴、ヨメが風邪で欠勤となりました。  事務所に、いつも居てくれる人がいないと、こんなに困るものなんですね。  何とか、気を持ち直して仕事続行。  今日は事務所の電話を気にしながらの現場中心、そして用事をこなす日とします。  試織の糸も届きました。 新内外さんの「モクティ」40番手、GR1のスーパー強撚糸。  うまく撚糸のストレッチが活きたまま織れるかどうか、が今回のポイントです。    現場の合間に  さる方に頼まれた日本酒を上原酒造さんに買いに行き、それをまた届け、帰りにまた別の用事で寿光苑さんに日の予約・依頼をしに行きました。  お昼の間は現場。 機織りをしました。 13時に帰宅して、ヨメの風邪の具合を見に行き、予感がして結局ご飯は食べずに事務所にとんぼ返り。  案の定・・・ 13時過ぎ、社員さんのお子さんの通われる学校の方から電話がありました。 「発熱か何かでお子さんの具合が悪い」 とのことで、おひとり帰宅。  事務所、工場ともに一人ずつ少ない状態での営業日となりました。  工場に入り機織り、事務所に入り電話や作業、などをしていると・・・  わたしが工場に入った合間に、会長がある電話を取ったようで、これまた胸騒ぎがして事務所へ戻ります。  かかってきた番号を調べると、あまりよくない感じの電話業者との情報が。 会長に確認。  親父「NTTがな、3割安くなるとか言うてな、明日来るらしいんや。」  わたし「・・・。」  親父「ちゃんとホンマのNTTやて言うとったわ。」  わたし「ホンマ違うらしいで、これみてや。」とPC画面を見せるわたし。  遠目で見て、バツの悪そうな顔をする会長。  普段、電話やパソコン、ネットのことのややこしそうな電話の場合はことごとくこちらに振ってくるくせに、そんな会長の隙間を狙った巧妙な電話の話し方と、話の進め方がその担当のひとにはあったんでしょう。  結局 その人たちには来てもらわないようにお願いして、事なきを得ました。  引っかからないコツは、とにかく向こうから掛けてきたタイミングでは話に乗らないことです。  本当に要る時、必要なときにはこちらから116か何かにかけて、手続きすればいいのです。  その結果、大きな得を失っていたとしても、さらにそれ以上の損をする可能性がある時は、話に乗ってはいけないと思うんです。  会長=親父さんの今回の応対力を見ていて、ウチの会社が伸びない理由がよくわかった気がしてしまいました。  頑張ろう。  帰宅して、夕食を頂きました。 ヨメはおそらく、風邪の中、作ってくれたんやなあ。  感謝。   どちらかいえば無理するタイプのヨメなのでしばらくは心配ですが、うまく乗り切ってほしいものです。  明日は金曜日。用事も、来客も、会議も、夜には酒席もあります。  頑張ろう。

      2
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 2017年1月11日、今年最初の例会日。

      水曜日の本日。今年最初の、高島ロータリークラブの例会日となっています。少し早めに出席して、皆様に挨拶をさせてもらいつつ、開会までを過ごします。入会してから、ロータリークラブで新年を迎えたのは四回目となりました。早いような、まだそんなものか、という感じもあるような。本日のしつらえは、少し変わっていて。開会して会長挨拶、等を終えてから戸次先生の舞を拝見したあと、食事をいただきます。中田次年度幹事のはじめての見せ場、幹事報告の内容を奪う野崎幹事など、見所がたくさんありました。可以登楼さんのお正月のお食事をいただくと、年が明けたな、と感じます。今年も美味しかったです。白味噌仕立てがとても美味しかったです。ごちそうさまでした。ゆっくりと食事するのも、良いと思いました。その後、うっかり出席した理事会で思いの外、時間をとられ、帰社。帰ってから、展示会の案内状の宛名書きを頑張りました。早くも、二月三月は展示会の時期です。頑張らないと・・夕方。1月6日着の糸がまだ届かない、という(あり得ない)じれったい状態の中、ヨメが発熱とのことで、病院へつれていくことに。リアルせんとくんのコスプレで励ます下の子。何かの真似をしようと頑張る上の子。その様子がよかったのか・・ヨメの診察は思いの外早く終わりました。年明けの平日の夕方、とても多くの人が病院を訪れることに感心と驚きを持ちつつ、車で待機。結果は、インフルエンザ検査は陽性ではなく、風と発熱からくる脱水症を起こしていたらしい、との診察でした。いま、インフルエンザが我が家にやってこられたら非常に困ったので、不幸中の幸いでした。ヨメも疲れが溜まっていたのでしょう。病院から戻り、インフルエンザ確定なら出席やめなあかんな、と思っていたロータリークラブ有志の方々の新年会に遅れて出席しました。軍鶏。なぜか、焼き。もうひとつの鍋は、鯛の鍋。この後の雑炊がとんでもなく美味しかったです。お肉もありました。何となく、バタバタ、ふらふらですぎていった水曜日でしたが、年明けの雰囲気を味わいました。明日以降も忙しい予定です。頑張らないと。

      2
      テーマ:
  • 10 Jan
    • 2017年1月10日、週明け火曜日。

      週明けの火曜日は、午前中はまあまあ良い天気でした。そんな午前中は出荷作業や、加工所からの出荷の段取りの合間に、糸商さんがお見えになって挨拶をさせていただいたり。そんなバタバタの日なのに、組合に用事で寄ったら、逆に用事を言われて一時間ほど、展示会向けの作業。もともと、急におひとり、社員さんがお休みになったこともあり、現場もなかなかタフな日だったのですが・・(頼まれたら、そりゃあしますが、実は、こっちが手伝ってもらいたいくらいです)まだまだ年明けだということで、日常に戻るまでは、時間がかかりそうです。昼の間は、少し遅れて現場で機織りをしました。13時過ぎ、お昼。「麺職人」の台湾ラーメン。これは・・かなり美味しかったです。早くも今年一番のヒット作を見つけてしまったわたし。良い予感?しかしながら、午後からも忙しく・・それから商工会へ出向き、帰ってきたらまた別の用事。それが終わったらまた、別の用事。まさに、用事のリレー。有り難うございます。忙しいのは、本当に有り難いことです。夕方から、機織りに入りました。しばらく、繁忙期の現場で仕事ができるのも、また有り難いことです。帰宅。夕食前に、タイミングが合って、子どもたちとお風呂に入ることができました。今日から学校が始まった子どもたち。何か、生き生きしています。上の子は、「給食」に関して取材に来たのに、あまり映ってなかったことを複雑な顔で語ります。(あとでみたら、そこそこうつっていました)(教室にテレビカメラが来るなんて、良い経験をしましたね)下の子は、疲れているのか、何となく態度が男前です。足の組み方、手の持たれ方、水の飲み方。まるでイケメンの茶坊主です。時代が時代なら、彼は恐らくその世界で人気だったはずなのに・・もう平成なんです、残念ながら・・さておき、食事。何だか豪華。「おかずがあまりなかったけど、母屋からもらった」とのこと。我が家のおかず。漬け物と小魚。これらがもらいものだろう、蟹とさつまあげ。さつまあげは、ウチの母親が島根の出雲から好んで取り寄せている、和泉蒲鉾さんの「天ぷら」と呼ばれるものです。ごちそうさまでした。明日も忙しいと思います。乗り切りたいものです。

      1
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 2017年1月9日、祝日おやすみ。

      成人の日、の本日。会社は休みなので、わたしも休むことにしました。どうしても終わらなかった(らしい)、子どもの宿題を手伝いながら午前中を過ごします。手伝いながら寝てしまったわたし。起きたら、11時過ぎでした。宿題は終わっていました。終わったので、外食につれていけ、という雰囲気になっていた子どもたち。面倒くさいけど・・どうせまたしばらく、子どもたちを構えなくなる前に、連れていってあげよう、と思い直し、出掛けることに。大津市の、焼き肉「でん」さんへ。昨年も、この時期に来ていますが、やっぱり食べ放題の魅力には勝てません。度々メニューが変わっているので、それの確認をしなくてはいけない、ということもあります。サラダも、石焼ビビンバも、キムチも、ナムルも、とりあえずは価格内に収まっているので安心です。とても美味しかったです。下の子も、アレルギーがでたのか、少しかゆみを訴えたもののおおむね無事に食べられました。本当に丸刈りが似合うなぁ。時間ギリギリまで食べていたので、帰りに買い物に寄り、帰宅したら既に、夕方が迫っていました。日が少しだけ長くなったので、その辺りはよかったですが。夕食は、お茶漬けでした。 明日から学校が始まる子どもたちと一日を過ごしながら、わたしも少し鋭気を養えたと思っています。休みの日、仕事をするのもいいですが、彼らと過ごすことで見えてくるものも、得られるものも、大いにあります。今年は、そういう時間を増やしたいと思います。

      テーマ:
  • 08 Jan
    • 2017年1月8日、おやすみ日曜日。

      日曜日。疲れがたまっていたのか・・午前も、午後も、寝てばっかりで過ごすこになりました。仕事しようかな、と思っていたのですがとにかく、身体が重くて動かない。こんなことは珍しいのですけど。年末年始、そこそこ忙しかったのでその弊害が出ているようです。お昼、その睡眠の合間に、サッカー練習から帰って来た子どもたちを眺めます。丸刈りにした下の子の頭を、つい眺め、つい触ってしまいます。相変わらず神々しい。下の子がダライ・ラマを見つける人たちに見つかったら、次の人に指名されてしまうのではなかろうか、とおびえて、心配しています。お昼ご飯は、うどんでした。下の子は、米の麺。上の子とわたしは、おろしと揚げが入っています。つるつるとあっという間に食べてしまい、昨日のお粥の残りを食べたあと、ドーナツを食べます。ごちそうさまでした。昼からも寝ました。子どもたちと話しをしながらソファーに座っていたら、何だかものすごく眠くなってきて。「とうちゃん、寝てばっかりやんか!」などと言われるのも、久しぶりのことでした。それにしても子どもに囲まれて寝るというのは、幸せな感じに満たされることには間違いないです。夕食。下の子を見ているだけで、拝んでしまいます。夕食は、アサリの酒蒸しと、鳥とさつまいもの炊いたやつが出てきました。わたしがぐうたらしていても、献立を考えて、作ってくれているヨメに感謝。ごちそうさまでした。下の子の後ろ姿をみていると・・新日本プロレスの昔のジャージを思い出し、なおかつ解説の山本小鉄さんを彷彿とさせる頭から肩のラインに、そっちからもスカウトされるかも、と心配する親なのでした。丸刈りは最強だなぁ。

      テーマ:
  • 07 Jan
    • 2017年1月7日、土曜日営業日。

      昼間に自宅に帰ったとき、下の子によって書かれた書道を見ました。「もち」。人間、好きなものを書くということには、こんなにも躍動感が出るのだなぁ、というちょっとした感動を覚えました。そんな土曜日。朝から機織り。調子の悪い台があり、それをケアするだけでちょっと大変。寒かった朝ではありましたが、天気は良く、光が機場にも満ちてきます。営業日の土曜日に限って、天気が良いのは昨年からの引き継ぎのようです。まあしかし、今が繁忙期です。タテ糸の調子がやたら悪くても、織らないといけません。土曜日の営業日が多い今月ですが、乗り切らないといけません。機場以外の用事もあり、なかなか忙しい午前中でした。昼間も現場に入り、そのあとお昼を食べに自宅へ戻ります。昨晩のカレー。足りないので、「麺づくり」をいただきます。そして姉の土産、シウマイもいただきました。ごちそうさまでした。午後からは、事務所で用事をして過ごしました。夕方、現場に入ってから散髪をしてもらいにいきました。先にしてもらっていた子どもたちと合流して、帰宅。二人とも、さっぱりしました。やっぱり、下の子の丸刈りは本当によく似合います。三ミリ、最高。夕食は、七草粥と、お肉。なかなかの組み合わせです。お粥とお肉も、結構美味しかった。松前漬けもお粥によく合います。ごちそうさまでした。わたしも散髪してスッキリしましたので、明日から頑張ります。

      テーマ:
  • 06 Jan
    • 2017年1月6日、大津・ご来客・書類作成。

      年明けの金曜日。お仕事開始、2日目です。今日は朝イチで現場に入ったあと、大津へ出掛ける用事があり、クルマで向かいました。前にコスモ石油のタンクローリー、そして琵琶湖。朝一番より、午後にかかる時間帯でどんどん天気がよくなっていきました。これは、眠くなるパターン。出掛けるまで。 冬休み最終時期の子どもたちを眺めつつ、着替えます。一生懸命やっているのは、Wii Uの「Minecraft」。きっと面白いのでしょうね。子どもたちに、いってきますと伝えます。わたし「大津いってくるし。」下の子「また?(出掛けるの?)」というやり取り。よく考えたら・・年明け以来、一日に京都へ向かい、それから昨日に大阪、今日は大津ですから、リアル近江商人、といったお上り具合。子どもは、本当によく見ています。荷物があるので、クルマで。白髪が増えた。今年、46才ですからね。顔つきは最近、上の子に似てきたのと、親父さんに似てきたのと、弟にも似てきたような気がします。ということで南下。全体的に、クルマは少なかった感じですが、工事が多かった。湖西道路、和迩付近。年末だったら、もっとひどい待機時間だったはず。大津までは、約一時間ほどの道のりですが、ちょっと時間が かかりました。国道を下り、大津市街地へ。ホテル紅葉跡地は工事中。前にスーパーのバローさんが出来ていてびっくり。子どもたちが愛してやまない、ラウンドワンの横を通り。目的地、ものづくり補助金の事務局、支援室に。年末に提出した完了報告の手直し箇所を指摘していただきました。それも、山ほど・・「まだ、良い方ですよ。」と担当者は重ね重ねおっしゃいますが、また時間がかかるのか、と思うと、こちらはもう戦意喪失。ギブアップ。支援室を後にして、コラボしがに寄って挨拶をして帰ろうかと思いましたが、そこまでの余裕もなく。一礼して、拝んで去ることにしました。それでも大津に来たので、お昼は久しぶりの「マタリ」さんに伺うことにしました。日替わり定食、今日はとんかつ。これで、580円。美味しかった!ごちそうさまでした。それから、帰りはバイパスを使わず、旧国道を一時間以上かけて北上。15時から、金融機関のご来客がある予定なのです。スーツを作業着に着替えることなく、そのまま事務所で書類を手直し。それをしつつ・・予定したご来客の前に、別のご来客のお越しがあり、営業の電話があり、とにかく、とても忙しい。今年は、こんな年なのだろう、というイメージは描けましたが。そんな折夕方、別の補助金申請の書類が出来上がったことは、とても良かったです。明日は、別のものを修正する予定。バタバタ過ぎる。それから、現場。しまい際にタテ糸がバツン!と五本切れたのは凹みました。夕食は、カレーライス。 今日はツナ入り。らっきょうも美味しかった。ごちそうさまでした。久しぶりにテレビを見ながら一人でリビングにいると、片岡鶴太郎さんがマッチの真似をしている番組があり、目が釘つけに。久しぶりの「マッチで~す。」にはテンションが上がりました。わたしもテンションを上げていきましょう。明日からも頑張ります。

      テーマ:
  • 05 Jan
    • 2017年1月5日、仕事始め。

      本日5日から、仕事始めとさせていただいたわが社。事務所に寄ったあと、朝7時前、現場で機織り開始。とても寒かったこともあり・・機場は、さすがになかなか、温まるまで時間がかかりそうな雰囲気。8時と8時半に出社された社員さん方に、それぞれ新年のご挨拶をして、わたしは慌てて着替え、挨拶回りの支度をします。駅に行く前に高島織物組合、晒組合、へ挨拶へ。9時過ぎ、新快速で大阪へ。本町で数件、挨拶回りをさせてもらう予定でした。ところが、本当に数件まわったところで、いただいたお酒がまわってきてしまいます。「今日はあまり回れないなあ・・」という感覚の中、いただいたお昼の天ぷら。えび。かき揚げ。顔が真っ赤っかになった段階で、会社から用事がいくつか出てきて、電話もなったことで早めに滋賀に戻ることに。こりゃ、参った。まあしかし、有益な情報も得られたので、来ないよりはマシでした。一旦帰宅して着替え、酔いも覚めたので工場へ。工場は、なかなかのてんやわんやで。絡み糸ボビンがいたんでしまった。5本ほどタテ糸が切れていた台から、さらに数本が切れ。一時間ほど織る間に、またそれが出てきた、という悲劇。10本ほど戻す作業に、20時前まで大汗をかいて修正。普通に織れるようにタテ糸を巻いてもらうことは、難しい。ふらふらで、帰宅。ラップをされた夕食が待っていました。姉からもらったシウマイ。ごちそうさまでした。少しハードな仕事始めでしたが、明日からも頑張ります。明日は午前中に大津、午後から来客応対の予定です。

      テーマ:
  • 04 Jan
    • 2017年1月4日、滋賀へ戻る。

      そろそろ、滋賀へ戻る日となりまして。午前中は何も予定がなく、ゆっくりと過ごしました。お昼には、金閣寺そばの「くら寿司」さんへ行き、お正月の最後の?贅沢な食事を楽しみました。ちくわ天うどん。いとこ同士の別れが近づいているので、何となくしんみりしている上の子と、甥っ子くん。下の子は、相変わらずマイペースでしょうがをたらふく食べている。子どもたちの様子を眺めつつ、ごちそうさまでした。行き、帰りの京都市北部の道もそこそこ、車が多く。 仕事はじめのところがあり、そして帰省される人たちがいて、観光客の方もおられ。眺めつつ、気分だけは明日からの仕事に備えます。14時過ぎ、京都を出ます。15時過ぎ、滋賀につきます。道があまり混んでなくて、良かったです。姉と姉の子達は、17時台の電車に乗って帰る予定だったようで、何とか間に合い、顔を見ることができました。ヨメ宅で、いとことの別れを果たした後、今度は、こちらでいとこと別れたウチの子達。お別れした後しばらく彼らは兄弟の間で背を向けて、少し疲れているような様子を見せていました。それでも、夕方からのサッカー練習へ出向いていきました。  頑張れ。わたしの夕食は、お茶漬けです。ごちそうさまでした。しばらく、これで良いです。あっという間のお正月休みではありましたが、休みのなかった12月のことを思うと、とても有り難かったです。明日からの仕事始め、精いっぱい頑張ります。

      1
      テーマ:
  • 03 Jan
    • 2017年1月3日、お正月三日目。

      ヨメの実家で過ごす、お正月3日目。今日は午前中、お寺へ向かいます。北区にある、浄土宗のお寺で、14年前に亡くなったお義父さんが眠られております。本堂でお経を上げてもらうまで、控え室でぜんざいをいただいて待たせてもらいます。お茶とお菓子。ぜんざい。毎年の楽しみにさせていただいています。特に・・ウチの下の子は。堪能したようです。ごちそうさまでした。順番が来たので、お経を上げてもらいます。続いて、お墓参り。無事終わり、ほっとします。お寺を後にして、昼食を食べようということで、北山通りのフォルクスに向かいます。 とてもよく混んでいて、しばらく散歩をして時間を潰すことにしました。20分ほど待って、ようやく入れました。しかしながら、ぜんざいがきいているのか、あまり早めにはメニューが決まりません。甥っ子くん、ウチの上の子などの子どもたちは、スパゲッティにしたようです。その前に、バイキング形式で食べられるパンやサラダを楽しみます。上の子は、ボロネーゼ的なもの。甥っ子くんは、カルボナーラ。見ていると、美味しそう。わたしもサラダとスープを食べました。メインは、ランチメニューのサーロインステーキをいただきました。お肉、美味しかった!サラダもスープも、二杯目をいただきました。ごちそうさまでした。帰宅後、ゆっくり過ごしました。子どもたちは、ゲームをして過ごします。わたしは昼寝と、タブレットでのドラマ鑑賞をして過ごします。夕食は、また豪華なものでした。今日は餃子が出たのがうれしかったですね。ビールに合う。お刺身も美味しかったです。そろそろ、滋賀に戻る日が近づいてきました。子どもたちの泣き顔が想像できるので、ツラいものです。工場や、仕事の始まりもイメージしておかないといけませんね。頑張ろう!

      1
      テーマ:
  • 02 Jan
    • 2017年1月2日、お正月二日目。

      お正月二日目の朝。 普段は5時台に目覚める上の子が起きてこないのに、わたしが先に目覚め・・「今は4時半くらいかな?  とうちゃん、最近おしっこ近いな~。アハハ~。」みたいな気持ちでトイレに立って、ヨメ部屋に帰ってきて、時計を見たら既に、7時過ぎ。思わず時計を二度見し、横で寝ている布団のかたまりをつつき。 「まだ寝てるわ・・」と少し慌てます。わたしにも家族にも 早くも元旦を過ぎた直後の今、年末を越えた疲れが出てきたようです。 長く寝られる時に寝ておく、のも大事なことですから「よかったなぁ」などと思いつつ、子どもを起こして、わたしも起床。朝御飯は、お正月ならではのお節料理をおかずに、白ご飯と粕汁での食卓。   ごちそうさまでした。傍らで、戯れる子どもたち。  見ているだけで楽しいものです。 いとこ同士の遊びが楽しいのは、いくつまでなのかなあ。出来たらずっと、仲良くしてください。 早めのお昼ご飯は、近隣のエムケイボウルの中に併設されているレストランで、バイキングを食べます。昨年と同じ行程です。550円ですから、良いおかずが無くなったらそれまで、ということも多く、ある意味では真剣勝負です。揚げ物、サラダを中心にいただきました。合計3席の一団での食事、場所がとれてよかったです。わたしが主にとったもの。おでん、湯豆腐、サラダ、そば、唐揚げ、そしてこの後、カレーライス。チープながらわたしは満足です。 ごちそうさまでした。エムケイグループ、ありがとう。賀茂川沿いを歩き、上賀茂神社に参拝しにいきます。多くの人が居られるなかで、甥っ子くんと、子どもたちとで記念撮影。鳥居のそばの露店で「サンマスティック」という時を見つけて「ん?」となったのですが「サツマスティック」の空目でした。わたしは疲れているのか?ともかく天気が良い参拝は、気持ちいいものです。三が日の間に子どもたちをつれてこられるのは、とてもうれしいことです。おうまさんも健在です。全体的に、元旦の夕方に来たときより盛り上がりが違います。お腹いっぱいなので、露店に目がいきませんが、大根やぜんざいなど、普段なら目を引くこと請け合いです。臨時の手水場で手を清めます。昨日と違って、少し風景を楽しむ時間がありますので、辺りを見渡します。その後、参拝。子どもたちにそれぞれ、お賽銭をわたし、自分で投げて、拝んでもらいます。子どもたちも大きくなってきました。お神楽か何かが催される、良い時間帯だったようです。おみくじを引き、「七」だったので恐らく大吉か、と思ったのですが・・「吉」。占いによれば「引きこもりになる時期は過ぎたので、もっと自信をもって出ていきなさい」とのこと。よし!今年は、どんどん出ていこう!!新たな決意をして、ヨメ宅に帰宅。美味しそうなお菓子が待っていました。ハラダさんのラスク。そして姉からもらった馬車道のミルフィーユ。なんと楽しい、おやつタイム。ごちそうさまでした。食後は、子どもたちの遊んでる様を見ながら、わたしは昼寝。他の人たちはドラマ「相棒」を見はじめてしまい、四時間くらい拘束されていました。正月、家族で、「相棒」て・・。でも、とてもよいお正月の2日目でした。夕食では、ビールののみ比べをしつつ、お義母さんの正月料理を今日もいただきます。一番搾りの感想取手・・プレモルのようなかおり?あっさり仙台・・あっさりしすぎ北海道・・ゆずっぽい?横浜・・洗練された味名古屋・・味濃い、色ちょい濃い岡山・・あっさり、魚に合いそう福岡・・横浜に似た感じ、料理を邪魔しなさそう熊本・・ヱビス?それに、わたしが持参したTigerビールも合わせつつ、ビール三昧でした。お料理たくさんあると、ビールも進みます。お漬け物があるだけで、わたしはとても楽しくずっと過ごせます。下の子にも食べられる方法で料理していただけることに感謝して。正月2日目も、楽しく終わりました。ごちそうさまでした。食後は、ゴチの新メンバー予測をみんなで楽しくしつつ、過ごしました。今年一年、こんな感じで楽しく過ぎたらいいなあ。

      1
      テーマ:
  • 01 Jan
    • 2017年1月1日、平成29年元旦。

      新年が明けて、いつもと同じように朝5時台に目覚めて。大晦日の洗車作業のお陰で疲れて、本当によく寝られた昨晩。風情とか、情緒とか、そういうものが必要以上になく、自然と年を越せたのは本当によかったです。地域の氏神さんの元旦祭と、親戚の高田さん宅に挨拶に向かうため、ネクタイを締めて、スーツを着て、朝7時過ぎに外へ出ます。朝焼け。 厚い雲の向こう、日が出てくるだけで特別な雰囲気。思わず、拝んでいる自分に気づきます。何があっても、毎日夜は明け、新しい一日がやってきます。そのことの平等さに少し感動しつつ、母屋へ向かいます。我が家では、新年の一月一日には、みんなでお雑煮を食べます。そう、決めてるだけで、親父さんは何をしゃべるでもなく・・こういうときに、きちんと家族の前で話せる人なら、また年賀の意味もあるのでしょうが、それがないのがある意味ではとても我が家らしい。お雑煮以外に、京都市に住む、弟宅から届いたお節料理を囲んで、豪華なお正月を迎えます。 弟の奥さんが勤めている会社のお節料理です。和風三段、中華風二段、合計五段のお重です。  付属の献立表を見ながら、これはあれ、あれ食べようか、でもない、等という会話が弾みます。 ごちそうさまでした。お雑煮。自分のに加え、子どもの余った分を食べたら、お腹いっぱい。今回の正月・・太りそう。食後、お寺にいく親父さん。わたしは、地元の神社の元旦祭に向かいます。区の新年会も兼ねているものです。青空、そしてこの温度のお正月なんて、久しぶりなので戸惑います。普段は、吹きすさぶ風で寒くて寒くてしょうがない神社の境内も、今日はなにを話されても長く感じない。有り難いことです。それから親戚の高田さん宅に新年のご挨拶に向かい、帰宅。ウチに来られていた親戚の方にご挨拶をしてから、届いていた年賀状の整理をします。住所を間違えていた葉書が、大晦日になって届いたので、諦めて今日届いたもので対応をしました。「出したけど届かなかった」という方々、少しお待ちください。下の子と郵便局へ行った帰り道。とにかく早く京都のヨメの実家に帰りたい彼は、そこから「何時にいくの?」攻撃をわたしに仕掛けます。出掛けるまで、少し休みたいわたし。16時出発と思っていたものが、早まりそうです。姉の子達=いとことの遊びも楽しいみたいですが、年の近いいとこの多い、ヨメ実家は特別なようです。姉や母に見送られ、結局15時過ぎに滋賀を出ることに。忙しかった年末年始のことから、少しだけ解放されます。大津市、京都方面に向かう国道を南下します。白鬚神社の前の車(北向きの車両が数珠繋ぎ)と人(お詣りにならぶ)にびっくりして、南下を続けます。 ええ天気です。家族で拝んで、さらに南下。国道を降り、途中峠から京都市内へ入ります。左京区静原辺り。16時半につき、子どもたちはいとこ同士で遊び始めます。わたしは、ヨメと上賀茂神社に参拝に向かいます。まあしかし、たくさんのひと。お土産やさんも、17時までは出ています。元旦にこられて、うれしい。今、本殿は工事の真っ最中。その工事されている間を潜り、参拝。また明日も来ると思いますので、おみくじは明日に引きましょう。高島の扇骨屋さんが居られてびっくり。お聞きして、奥さんの実家がわたしのヨメの実家に近くて、またびっくり。今年は、なんか良いことがありそうです。歩いて帰宅。夕食は、お義母さんの料理です。ごちそうさまでした。子どもたちの並んでいるなかで食べると、わたしも負けていられません。でも今日は・・大人のグループの中でのビールが楽しかったです。しばらく子どもたちには、楽しいお正月が続きそうです。明日は予定がなにもなく、ゆっくり過ごせたら良いな、と思います。今年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

      テーマ:
  • 31 Dec
    • 2016年12月31日、大晦日。

      大晦日。昨夜・・最後に行ったスナックでの時間で、湖西線により帰宅することを諦めたわたしと青谷重利くんは、四条烏丸の東横インに宿泊をしたのでした。わたしにとってこんな勝手が出来るのは、ヨメの理解はさることながら、本当に久しぶりの、ほんわかした、確固とした予定が何もない朝だからこそ。ちょっと幸せ。四条烏丸の年末の風景。晴れたので、とても気持ちいい朝でした。食事は、ホテルの、東横インならではのおにぎりなどの朝食です。ここのグループの、朝飯好きやわ~。堪能して、帰宅の途に就きました。天気は良いけど、凛と澄んだ空気のもと。立派な門松が、明日の晴れの日に迫った出番を待っています。準備されるのは、おそらくとてもたいへんなのですが、こういうの、やっぱり良いですね。さてわたしも帰って、年越しの準備をしましょう!8時41分、京都発の各駅停車の湖西線のわたしが乗った車両は、学生さんと外国の観光客の方のおられる号車でした。堅田を過ぎて、向かって左手、西側に見事な山々が見えます。そしてそこを過ぎると右手、東側には、琵琶湖が陽に照らされる風景が訪れます。知らぬ間に学生さんが降り、外国の方が降り。車両にはわたし一人。琵琶湖と山を独り占めして、すごく贅沢な滋賀の湖西の風景をわたしは堪能して、ちょっと泣きそうになります。なんという幸せ。湖西線は、優れた景観をもつ、全国でも有数の路線だと思います。できれば、でなくて・・必ず、残していただかなくてはいけない、本当に貴重な財産だと思います。そうでないと、わたしの子ども、孫の代に申し訳が立ちません。来年、山場だと思います。わたしはわたしで、出来ることを頑張らないと。・・と格好を付け、うれしはずかし朝帰りのわたしを駅まで迎えに来るヨメ。ありがとう。同級生各位の今の様子を伝え、運転を代わり、家まで向かいます。帰宅。即、洗車。一台目、カローラフィールダー。さすがに、二年目のクルマで、先月点検を終えたばかり。洗えばすぐにキレイになります。二台目、ストリーム。5月以降、中古で買って、会社用に使って来たストリーム。よく走ります。有り難う、と思いながら洗いました。その合間。またまた、高校時代の同級生とご飯にいくことになりました。高島市安曇川のお好み焼きの名店、「どんじゃん」さん。最初は、キムチ焼きそば。一緒に行ったのは、ヤマゲンこと、山元和也くん。「予想外」の動きを見せることから、「ガイ」という異名があった彼も、今ではすっかり住宅設計のプロとして、関東でお仕事をされています。そしてわたしとは小学校から高校まで一緒の、金田浩由紀くん。今ではドクターとして、関西の医大で病院に勤務されています。優秀な友達は、わたしの誇りです。わたしは、せめて生き方くらいは、彼らに負けないようにして、恥じないように、生きていかないといけないと常々思っています。逆に言えばいつまでも、彼らにも友達と思ってもらえる人間で居続けることが、わたしの生き方の根本なのかもしれません。お好み焼きは、ミックスうどん、大。ここのお好み焼きが一番美味しいのではなかろうか、と結構真剣に考えています。ソースをのせ、のりをかけ、鰹節をかけます。マヨネーズも載せます。今日のは特に・・久しぶりなので本当に染みるくらい、美味しかったです。ごちそうさまでした。また次に、会えるときまで楽しみにしておきます。ありがとう。色々話してとても満ち足りた気持ちと、まだまだ話したかったな、と思いを織り混ぜながら、帰宅の途に就きます。途中で才川食品の才川社長がクルマで仕事をされていて、大晦日まで大変だなぁと思いつつ、帰宅。 なんという、好天。洗車三台目、は軽トラアクティです。働き者の軽トラくんを、感謝の思いを込めつつ、洗車。荷台のマットも、運転席のマットも、全部洗いました。軽トラに負けないくらい、わたしも来年、仕事を頑張ろう!そんな折、母屋から、中の遊びに飽きた下の子くんが出てきました。上の子、甥っ子も出てきて、外遊びをする彼ら。中の遊びも良いけど、外で遊んでね。そこから、会社に出向き、年明けの準備を。「謹賀新年」ポスターを工場の入り口に貼ります。こちら、倉庫の入り口にも貼ります。お鏡餅を、事務所に置きます。来年、多くの商談が出来ますように。工場の、大事な大事な、織機の上にも鎮座させます。来年、多くの夢と希望を織り上げられますように。心より祈りつつ、事務所と工場を後にしました。祖母の病院と、買い出しから戻った母親のクルマを最後に洗車します。黒い車は、難しい。そして会長=親父の車は外で洗ってもらいましたが、4台はキツイ、と気づきました。でも、スッキリしました!母屋に入ったら、孫に囲まれた、会長=親父が明日の準備をしていました。縁側から、冬の西陽の光が差し込んでいて、なんだか、とても神々しい。親父さんも、その域に達してきたのでしょうか・・不思議な風景でした。夕食は、早めの17時から母屋でいただきました。ごちそうが並びます。 この時点でお節を食べ始める辺り、我が家らしいです。ヨメは煮しめと、鶏料理を母屋に献上したようです。昆布巻き、は我が家の正月の味ですね。珍しいところでは鯉の炊いたん、が並んでいました。子がたくさん。鯉料理が好きな姉のために、西友さんで母親が買ってきたようです。あとは氷魚。松の花に酔った会長=親父が、やたらと孫たちに氷魚を勧めていました。同じことを何度も言うようになると、年老いたということなのだなあと再認識。こちらが、ヨメ作の煮しめ。ごちそうさまでした。姪っ子と、ウチの下の子がお餅を取り合っています。「餅をかける少女」と「ミスター餅っ子」の対決です。 甥っ子、上の子はマイペースに食べています。 みんな、楽しそうで何より。お餅を食べてふくれたお腹を、姉にさわってもらう下の子。食べすぎです。明日は大丈夫なのか・・家に戻り、子どもたちと風呂に入ります。これもまた、親として最高にしあわせな瞬間です。紅白をみて、年越しです。今年の紅白、いいなあ。粘って一緒に見ていた下の子は、21時前に就寝。「とうちゃん、良いお年を!」しっかりと言えたね。ありがとう。おやすみなさい。今年は、良くも悪くも、本当に本当に大変で、忙しくて、バタバタとして、目の前のことを処理できて何とか過ぎていったことだけが収穫であった、という気がします。悪くはなかったのですが、良くもなかった。それでも、本当に楽しかったんです。夜が更けていくなか、来年のことを少し思います。とにかく来年は、(自ら)動いて、(人やものや周りを)動かして、 (結果などを)導きたいと思っています。モットーである「言行一致」を、個人的にはさらに目指します。ここ数年の忙しかった流れの集大成となるべく、素晴らしい一年にしたいと思っています。皆さま方には、一年間、このブログに、そしてわたくしに関しまして、多大なご理解と諸々のご容赦をいただき、誠に有り難う御座います。 皆様のご多幸とご健康と一族の皆様のご繁栄を祈りつつ・・明日からやって来る「来年」も、どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。では2016ありがとうございました!

      テーマ:
  • 30 Dec
    • 2016年12月30日、納め後の仕事・2日目。

      今年最後の金曜日は、ゴミ収集の最終日ということで、ゴミを出すために出勤します。そして糸へん商売の大事な相棒と言える、糸を格納している段ボールの回収日ということもあり、こちらも急ぎ、集めて出します。整理しつつ、束ねて、砕いて、頑張って作業します。結局ゴミは8時45分、段ボールは9時30分、という異例の早い時間に取りに来ていただき、スッキリした気持ちを得ることが出来ました。これらが溜まったままなら、ちょっと年は越せません。その後、社内のカレンダーを今年のものから、来るべき年のものに交換。地味ですが、非常にたいへんな作業です。 そして、大事な事だと思います。  JALのもの、双日さんのもの、あたり(例年と比べて滅多にいただかないところ)から頂けました。応接スペースを片付けがてら、カレンダーの密集地帯を作り上げます。こちらも、少しスッキリ。カレンダー類のゴミを整理して、裏が使える紙は適当なサイズに切って、機場でのメモ書きに使います。事務所のフロア全体に掃除機をかけ、最後は、ヨシダヤさんから頂いた、「謹賀新年」ポスターを準備します。ここまでで11時を回ってしまい、餅つきをしている家族に合流。作業は既に、佳境を迎えていました。母親、姉、ウチのヨメが総出で、餅大好きのウチの下の子がそれらをじゃまする、という微笑ましい光景です。わたしは、なにも出番がありません。グーグル先生によれば、全国的に一番、一般的なのは、醤油につける食べ方らしいです。ウチでは、大体大根おろし+醤油。ついで、きな粉。(あずき缶は結局使わず)醤油には、のりを巻く食べ方もあるようで、子どもたちが特に好むため、姉が頑張って巻いていました。傍らで、蟹がボイルされていて、それらを餅の後に食べる、という意味のわからない順番。子どもたちが食べにくいので、こちらも姉とウチのヨメの手にかかり、ほぐされます。「たくさん出来た!」と達成感に溢れる、義姉妹。「缶詰でよくない?」と、言えないけど思ってしまったわたし。    殻で取る出汁の効いた、味噌汁が楽しみです。喜ぶ下の子。ごちそうさまでした。食後は、少し食べ疲れたので、ちょっとゆっくりして、クルマの給油に向かったり、師走のまちをながめたり。午後からは、良い天気になりました。郵便物の確認のため、会社に戻ります。今年も一年ありがとう。と会社の建物につぶやきます。夕方、高校の同級生の澤田厚くんと飲みにいくため、京都に出ました。 何となく正月らしい京都駅は、帰省客の人や観光客の人で溢れていました。こういうコーナーもあり。新年に先駆けて、撮影します。こちら、澤田くん。これがあるのは、ホテルグランヴィアに通じる、タクシー乗り場の前なのですが、そこに立派な生け花も併せて展示されていました。良い感じ。 花は全くわかりませんが、良いものですね。お正月の間、多くの方を楽しませてください。祇園まで移動します。お店は、何件か廻ったんですが、どこも予約でいっぱいでした。30日、晦日というのをなめていました。その代わり、景色は楽しめましたけど。「かっぱ」さんで少し待ち、ようやく生中にありつくことが出来ました。お通しは、軽めの粕汁。      寒かったので、とても有り難いです。お店は、活気に溢れていて、大繁盛。  31日は、朝四時まで開店されるそうです。商売繁盛、素晴らしい。 おでん、オニオンスライス、おさしみ盛り合わせ。きすの天ぷら。串カツ。うにあて、という名のうに。隣には、外国の方が来られたので話しかけると、フランスから熊本へ来た留学生、ビクトリアさんという方。数日間、京都旅行に来られているそうです。とても美人。 それから移転されたスナックに、数年?ぶりにうかがいました。 ここから、同級生の青谷重利くんとも合流。 夜は長かった・・。 でも話してると一瞬。  頑張った今年。  最後に、とても楽しい会話ができてよかった。   明日は大晦日。やれることやって、新年を迎えたいものです。  

      1
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 2016年12月29日、納め後の仕事・1日目。

      暮れも迫りつつある、12月29日。機織りなのか、事務所仕事なのか?何をしようか、と考えつつ、とりあえず9時前に出勤。毎年まいとし、なにかやることがあるもので、年末は休めることのほうが少なく思えます。今年は特に、家族でふらっと遊びにいくことも難しいので、仕事があるということは有り難いものです。本当は、家の掃除とか、したいのだけど。会長が高らかに「キリがないから、もうワシは年内は織らん。」と告げたため、わたしは事務所仕事決定。補助金の申請作業に没頭しました。実は昨晩、徹夜をする勢いで(寝たけど)パソコンに向かっていたので、一気に仕上げてしまおうと言う欲が出てきまして。仕事の傍ら13時まで作業をして、お昼を食べに戻ります。揚げ物、納豆。納豆久しぶり。美味しかったです。ごちそうさまでした。事務所に戻り、届いた郵便の整理をして、作業続行。まあなんとか、完成。捨て糸の回収にこられた業者さんに捨て糸をお渡しして、年越しの挨拶をしたあと、銀行、郵便局に向かい、帰社。それから、カレンダーの準備。16時半に、本日の仕事を終え、帰宅。下の子が、縄跳びをしていました。おやつを食べすぎたので、夕食のためにお腹を減らしているのだそう。寒いのに。母屋の中にはいると、上の子と、わたしからみて甥っ子が遊びに耽っていました。三年生と五年生、良いコンビです。下の子は、まだまだ、なわとび。傍らでわたしは、座りながら見守ります。鰻重を待っていた下の子のもとに、うなぎが届けられました。引き続き、母屋でいただくようです。まあ、美味しそう。もりもり食べている、子どもたちはみんな、大きくなったなあと見ながら思います。この一年、わたしは成長出来たのだろうか、とふと思います。答えはわかりませんが、来年を迎えられることに喜びを感じつつ、まだまだ、頑張ります。

      テーマ:
  • 28 Dec
    • 2016年12月28日、仕事納め。

      仕事納めの日。今年最後の水曜日は、小雪が舞う、とても寒い日となりました。・・寒い。雪はきれいなものですが、寒冷地の人間としては、ちらちら舞い散るくらいが助かります。これ以上積もることはなかったので、すごく助かりました。朝一番は現場、そして高島晒で用事をして、織物組合でも用事をして、帰社。それぞれで、越年のご挨拶をしてまわると、いよいよ年の瀬だなあと感じます。今年は有り難いことに、午前中に商工中金さん、滋賀銀行さん、という2行も挨拶に回ってきていただきました。「こんなことは、わが社はじめてかもしれない」と会長も言っていたので、そんな気がします。これを励みに・・きちんと借りて、きちんと返していくことを、来年以降の目標に付け加えたいと思います。来年もどうぞよろしくお願い致します。お越しいただく前後から、今年最後の出荷作業を会長と繰り広げました。フォークリフトであっちにいって、といえばこっちへ向き・・フォークリフトを下げて、と言えば上げられたり・・親子での作業は、商売は、本当に難しいと痛感しております。滋賀銀行の支店長さんには「お二人は仲良いですねぇ。」と仰っていただきましたが、果たして。来年以降は、関係性の改善も目標に付け加えたいと思います。それから、再度、高島晒へ出向く用事が出来たので、またうろうろして、帰社して書類を作成。そんなこんなで、午前中はあっという間に終了。お昼は、会長が現場に入ることとなり、わたしは帰宅して昼食をいただきます。冬休みの子どもたちは、ノリノリで遊んでいます。Minecraft が面白くなってきた模様です。めいっぱい遊ぶのも良いけど、めいっぱい勉強もしてほしいな、とうちゃんは。 心の声を封印して、チキンラーメン。そして、焼き飯。ごちそうさまでした。午後からは、書類の作成と、来年一発目の出荷の段取りなどをして、電話がかかってきた得意先様への挨拶などをしてから、夕方から現場に入ります。社員さんにご挨拶。皆さん、今年も一年ありがとうございました。織機たちにも、心のなかでご挨拶。来年も、どうぞ宜しく。(多分明日も動かすけどね・・)19時になり工場を停め、しばらく事務所で片付け作業を致します。明日あさって、ゴミだしや店番などで、多分出勤ですが、機織りもそれぞれ四時間ほどはしたいと思っています。19時半前、帰宅。夕食は、焼きそばでした。ソースの味があまりしないので、あっさり系?ラー油がかかってたけど、そのパンチが強すぎて、塩焼きそばだと思って食べるとちょうどよかったです。昨日から出てくる明太子、そしてお漬け物などを有り難くいただきました。ごちそうさまで・・という瞬間、携帯電話がなり、会長=親父さんから。あわてて残りのご飯を掻き込み、目を白黒させて駅へ。バッテリーが上がった、とのことでした。会長=親父さんは、今日の晩に横浜から帰省してきたわたしの姉とその子達を駅まで迎えに行き、いらちなので時間から比してかなり早く出掛けたせいで、一旦エンジンを切ってしまい、悲劇が発生したようです。省エネなのはわかりますが、車も古いので寒くなってきたとき、ガラスなどの除霜ボタンをしたあとすぐはエンジン切っては危険です。何とか救出成功。冷えてきたので、これ以上遅れなくてよかった。姉の子達と、わたしの子どもたちが遊ぶのを見るのが楽しみです。賑やかな冬休みになりそうです。寒くなってきた夜は、自宅でおとなしくビールをいただきました。静かに仕事納め。台湾で買ってきた、日本のビールをいただきました。そういえば、夕方に台湾のリン社長から電話がありました。催事での荷物に関してのことでしたが、他に色々聞けば・・・台湾では、旧暦のほうがお正月として一般的なので、日本のように長く、1月1日前後を休まない。・ というわけで、普通の土日のような休み方しかしません。そうですか、なるほど。と思いつつ、そんなリンさんに、良いお年を。と言えたのが嬉しかったなあ。今年はこういう年なんですね。お仕事関係の皆様、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

      テーマ:
  • 27 Dec
    • 2016年12月27日、慌ただしい火曜日。

      火曜日の午前中。ものすごく、用事がたくさんありました。流石、年の瀬。まず工場に入り、仕事をしていたら電話がなり「昨日加工場から出荷したものが受け取ってもらえない」という連絡を受け、そのことを遣り繰り。指定された日時に送って受け取ってもらえない、この辛さ。それから年明けの出荷反の遣り繰り、それからサンプル出荷の要請×3。年末にここまでサンプルを出せと言われるのも、実際に出しているのも、実はそこそこ珍しいかもしれません。来年に期待が持てます。社員さんの給与の準備もあり、バタバタしたまま、11時からご来客への応対。年末最後の、大きな用事が終わりました。安堵。お昼は、自宅でとりました。うどん。美味しかったです。ごちそうさまでした。冬休みの子どもたちと一緒に食べられるので、余計美味しい気がします。昼から、可以登楼さんに寄り、南あきさんからの婚活パンフレットを預かる。ほか、加工場に何回も行き、織物組合にも行き、出荷の確認や、サンプル出しの作業を継続。マスダ社からのストールも何とか手に入り、出荷が出来ました。良かったです。用事の合間、鳥居楼さんに立ち寄ると、武社長が鳥を伴って帰ってこられました。軍鶏。なんという立派な。こちらで、いただいている軍鶏の肉も、そこに命あってのものです。来年の干支でもあるので、心していただきたいものです。帰社。年明けの、産地合同展示会のため。サンプルカットです。夕方から夜には、機織り。19時に工場を止め、外に出ると、圧倒的に風か強くなっています。音がなるほどの強い、冷たい風。最寄りのJR湖西線も停まっていたようです。帰宅。夕食に、いただいた明太子が登場です。そして、お漬けもの。明太子には、やはりご飯。ごちそうさまでした。冬休みの子どもたちは、コロコロと二人で遊んでいます。NHKの滋賀ローカルニュースでは、湖西線の運転見合わせがトップニュース。続き、湖西線の第三セクターの話も上がっていました。色々、話題になるのは良いことです。夜は、家でビールをいただきました。とりあえず明日で仕事納めです。その後、わたしだけ数日は、出勤すると思います。とにかく明日を無事で!締め括りたいと思います。

      テーマ:

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD

プロフィール

滋賀•高島の機屋サダ杉岡

性別:
男性
誕生日:
1971年7月23日0時頃
お住まいの地域:
滋賀県
自己紹介:
滋賀県に住んでいる自営業の40代男性です。糸を買い、工場で製織して売ることを生業としています。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

ランキング

総合ランキング
78001 位
総合月間
53398 位
オヤジ
301 位
ひとりごと
1234 位

ランキングトップへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。