• 28 Apr
    • 2017年4月28日、週末・月末の金曜日。

      忙しかった今日。頼りにしているベテラン社員さんが、今日はお休みなのです。かといって、代わりに現場で活躍する時間もわたしにはなく、朝の現場のあとは月末業務と展示会の出荷作業に勤しみます。やることいっぱいです。事務所に戻り、そこから高島晒と織物組合に用事で出掛けます。それからサンプル請求に応えるため、宅配便の送り状に4つほどの宛名を書き、生地サンプルを送ります。その次、やっと展示会向けの荷作りを仕上げる!・・と思ってじたばたしていたら、来客が・・。結局午前中はご来客との話し合いで終わってしまいました・・。お昼の間に、気を取り直して荷作り再開。展示会向けの荷物を仕上げました。荷作り、といいますか、詰めるだけつめた、という感じ。そして何とか、サンプル生地の出荷も出来ました。お昼の後半、なんとか現場で機織り。13時過ぎ、また事務所へ戻ります。それから、請求書の発行。展示会荷物の出荷も出来ました。午後から、急に会長=親父さんが高島晒へ出掛けたので、機織りをしつつ、事務所で次のプランに向けての雑事をこなします。郵便局へ行き、組合へ行き、ロータリー事務局へ行き、もうなんかフラフラで帰社。忙しい!夕方には事務所で少しロータリークラブの用事をして、それからはこぶね保育園の今西さんに書類を渡すために市内安曇川へ。帰社。機織り。振り返れば、今日だけでなく今週ずっとバタバタだった。ちょっと疲れました。帰宅。ロータリークラブの事務局に行ったとき、可以登楼さんの田下くんにもらったパンを子どもとヨメに披露。明日の朝、彼らの胃袋に・・(下の子以外)わたしの夕食は、納豆。口内炎がひどく、ものが食べられません。絶食二日目です。そろそろ、治ってきたので明日からは普通のご飯が食べられると思います。口内炎、参った。テレビをつけたら、スカパー!ではオリックスバファローズ対福岡ソフトバンクホークスの試合が。目が釘付けです。ホークスのユニフォームは、珍しいストライプユニフォームとオレンジ鍔の帽子。一方、バファローズは近鉄のもの。わたしの世代ですと、小学生の登下校キャップとして一世を風靡した岡本太郎先生デザインの近鉄のものが、やはり印象に強く残っています。日本シリーズでの広島カープとの激戦も思い出されます。明日からゴールデンウィークですが、よそからの問い合わせなどの連絡は非常に多かったです。が、それ以外は5月1日、2日ともに営業をする予定なので、結局今日は普通の土日休み前の金曜日となっているわが社では、あまり浮き足だったこともなく一日が終わり、何よりでした。明日は少し、休んで下の子を連れてどこかへ行こう。

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 2017年4月27日、準備と会議の木曜日。

      木曜日。昨日と一転、非常によい天気になりました。朝から現場に入り、それから事務所で月末業務に勤しみます。早くも4月も、あと数日。最近、時間の過ぎるのが本当に早いです。展示会向けの荷作り作業もしないといけないのですが、なかなか進みません。お昼には現場に入り、午後からは織物組合の会議に出掛けました。「産地振興」、すなわち合同展示会向けの会議です。4月7日に会議が行われたのですが、それは主に昨年度の振り返りのための会議でしたので、年度が新しくなってから2回目の会議ではありますが、意味合い的には今年度の最初の会議ということになりました。司会は、新・実行委員長の本庄織布の専務・本庄剛くん。初進行は戸惑いもあったみたいですが、人柄通り朗らかで、参加者の側からも発言しやすい、賑やかな会議となりました。本日決まったことは・・・1月下旬に大阪展、2月中旬に東京展を開催すること・大阪展の開催場所の綿業会館を本館の大ホールから、新館の大ホールに変更すること・坂尾委員長の意見の通り、「改革」「変革」「変化」というようなテーマを持った展示会とすること・サンプル反に関しては、8月末までに試織のち、下晒までを完成させておくこと・全体的に1ヶ月前倒しにスケジュールを早めにすること・他、市場調査は京都方面に6/9金曜日に、次回会議は5/19金曜日に行うこと・別件ではあるものの「高島ちぢみ」ブランドの会議を5/15に行うことなどが決定しました。各社の作りたいものに関して少しずつ話し合ったのですが、オリジナリティーの追求の大事さなどを始め、色んな前向きな話が出て、とてもよい会議だったと思います。本庄くんにはお疲れさまでしたが、任期の向こう二年まで頑張ってもらいたいと思います。会議後、少し事務所でデザインシステムの練習をします。使えば使うほど、身になる感じがします。そしてまた、楽しく思います。 今日は、習ってはないのですがプリント柄に関しての色換え、変化を試してみました。単色のプリント柄をスキャンして、色を読み取って、柄を抽出して、色を変えてみます。うまくいったような、まだまだやり方があるような。その後、懸案だった「紺から白へのグラデーション」柄を作ったところで現場に入る時間に。夕方から夜まで、機織りです。受注した規格の織り付けが出来ました。密度が多い織物なので、なかなか織れませんがボチボチ織っていきたいです。早くも明日は金曜日。週末となり、併せて月末日となります。何とか荷物を作り終えて、展示会の準備を済ませたいし、月末ならではの仕事もやってしまいたいです。まあ、なんとかなるでしょう。いや、しないといけない。工場から倉庫へ、段ボールを運ぶときに夕暮れをみました。明日も天気は良さそうです。こんな色の美しい織物が織れへんものか、などと、キレイな景色をみるといつも思います。自然の前には人間はちっぽけなものですが、それを自覚して、少しでもそのエッセンスをいただきたいと思っています。よいもの織って、作って、世の中に出していける仕事であることが有り難いと思います。家に帰り、子どもとお風呂に入ります。憩いのひと時、デザインシステムで作った柄を子どもたちに見せたり、ヨメに意見を聞いたりして過ごすことが最近の至福のひとときです。日本に古くから続くイメージ通りの「紺」を織れるよう、もうちょっと追い求めてみよう。そうそうデザインシステムの絡みで、本日嬉しかったことを書かせていただきます。連休明けの展示会「プレミアムテキスタイルジャパン」展に、島精機さんのご協力を得て、デザインシステムの展示と実演作業を披露することができそうだ、ということになりました。まだ詰めないといけない部分もありますが、わたし自身、とても楽しみにしております。ご尽力いただいた皆様には感謝申し上げます。有り難う御座います。

      1
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 2017年4月26日、ロータリークラブ例会日。

      水曜日の朝。現場。閑散期に入り、織り上げられた生機は主に備蓄用に回ることになり、これからしばらくはなかなかタフな時期になります。願わくは・・繁忙期までとはいかないまでも、バランスよく生地が売れてほしいものです。再来週の展示会向けの荷作りをしていたら、あっという間にロータリークラブの例会へ行く時間です。先週お休みをしたので、わたしとしては少し久しぶりの可以登楼別館さんでの例会です。例会前の和やかな雰囲気。福井サンドームでおこなわれた、地区大会で飾られたクラブ旗が、例会場に飾られていました。立派な旗です。 会長挨拶。 一日を通して、なぜか野崎平幹事の目線が、今日は鋭かった。お食事献立「ランチ」。結局、これ以外にもう一人前持ってきてもらい、それも頂きました。お腹いっぱい。ごちそうさまでした。渕田次年度副幹事より、夜の次年度クラブ協議会のお知らせをしていただきました。もう、次年度の話をしても鬼が笑わない時季になってきました。卓話は、ベテラン会員の森義高さん。冒頭に、わたしの会社が掲載された新聞記事についてご紹介いただきました。そのあと、市内安曇川の偉人、安原仁兵衛さんに関してのお話を。  湖西線の前に、浜大津~今津間で開通していた江若鉄道についてお話しいただきました。続いては、前川為夫さん。びわ湖高島観光協会の会長も務められ、とにかく多忙な前川さん。観光資源の話をしていただきました。スピーチ予定を入れ換えて三回目に、ようやく話していただきました。スピーチ後の海藤会長のお話によると、海藤さんの10年前の30周年時の会長が森さんで、直前の会長が前川さんだということでした。卓話の時間、お二人に話してもらうのは、プログラムを組んでいるプログラム委員長のわたし自身が「見てみたい」コンビネーションだということなのです。恐縮な言い方なのですが、本日もそういうところが垣間見え、楽しませていただきました。有り難う御座いました。例会後、周年で忙しかったここ最近ではあまりなかった、14時過ぎに会社へ戻れる有り難さ。これこれ、この「三時間だけ出掛けていって我に帰る」感じがロータリークラブの感じです。久しぶりの感覚。帰社して新しい規格の台への載せ換え作業でバタバタとして、その間に見積もりや納期の問い合わせがありました。ちょっとすぐに答えられない。結局、時間を空けて電話したら、不在だとのこと。うまくいかない。そんなときでもわずかな空いた時間を利用し、島精機さんのデザインシステムを使い、シミュレーションを行っています。課題だったピンクのグラデーション、ようやく進められそうです。ピンク系は、色差がとても付けにくいのです。 しかしながら、ちょっとやり方がわかってきました。操作方法も、色差の付け方も。生地イメージの出来上がり。その生地イメージを、製品モデルへはめ込んでみます。この作業が、いわゆる、「マッピング」というものです。そして、それらを印刷。素晴らしい。もう、既に機屋のカテゴリーを越えている。会社の大きな戦力になりそうです。夕方になり、仕事を抜けて、次年度のクラブ協議会へ向かいました。次年度の会長は、現在は会長エレクトとしての立場の桑原勝良さんです。いよいよ、桑原丸の出航準備整う、といったところの瞬間です。年次が代わると、一気に委員長メンバーも代わり、雰囲気が一変するのはロータリークラブの良いところです。わたしも委員長三年目・・色々仕事を与えていただき、恐縮ですが・・。もう少し委員長職の就任ペースが緩やかでもいいのかなあ。まあしかし、忙しい中にあらゆる責務をやり遂げよ、というような使命が、わたしへの試金石なのだろうと思っています。今年の7月で46才になりますが、まだまだchallengeしていかないといけません。会議の後、宴席となりました。鳥居楼さんの長テーブル、こんなに人が座れたのですね!お祝いの、タイの姿作りのお刺身。美しい。そして美味しそう。中田次年度幹事の進行で、宴席が始まります。中田さんから滲み出る緊張感のすごいこと。そして桑原エレクトのご挨拶。乾杯は、岸田定さんからです。急に振られても対応する。それが定さんの定さんたる所以です。本日も、勉強になりました。お料理は懐石料理で、これまたロータリークラブでは珍しいと思えました。お刺身、八寸。焼き物。先程の姿作り。タイのにゅうめん、赤飯の入った蒸し物。お肉、トマト。お食事、デザート。宴席途中、高島エリアでの話し合いも活発になり、一大勢力を感じました。次年度は「高島」メンバーが活躍されることでしょう。締めの挨拶は、現在ノミニー、次年度はエレクト就任の八田庄平さんからのご挨拶。一本締め(長い方)で締められ、会は閉じられました。皆様、お疲れさまでした。そしてごちそうさまでした。また、次年度のことも楽しみにしつつ、目前のことを頑張ってやっていきたいと思っています。何事もバランス、バランス。

      1
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 2017年4月25日、来客・準備・会議の火曜日。

      朝。現場に入り、それから来客があり、事務所にて会長=親父さんと親子揃って応対させていただきます。昨日はあまり言われなかった、「新聞に載ってましたね」的なことをおっしゃっていただく機会が増え、今週以降はしばらく戸惑うことが増えるのだろう、と思います。地方面とはいえやはり一般紙。業界紙とまた違う反応に戸惑いつつ、ひっそりと生きていこうと決めました。それから再来週、ゴールデンウィーク明けに行われる生地の展示会「プレミアムテキスタイルジャパン」の出展準備を行いました。わたしのデスク回りは究極に散らかっていますが、落ち着いたら片付けます。今日で案内状を作成し、明日以降で荷物をまとめます。そのあとは、前述新聞記事を始め、いくつかマスメディアに載せてもらったものがあるにも関わらず、長らくFacebookやblogに上げていなかった記事などを上げる作業に勤しみました。毎日新聞の記事、Web記事をシェア。ここまでやったところで、お昼ごはんも食べていないことに気付きます。そして午後3時からの市の「キャリア教育」会議の時間が迫ってきており、郵便物を出すために郵便局へ寄ってから、公民館も兼ねている観光物産プラザへ向かいます。 で、会議。年度が代わり、行政側=事務局さん方のメンバーがずいぶん入れ代わりました。人が代わることで新陳代謝が生まれるのは良いことだとは思うのですが、今回もまた「一回目」のような空気が流れ、毎回自己紹介しているなあと思うと、ちょっとしんどい感じ。毎回毎回、仕事優先したいので休もうと思いつつ、スケジュールの谷間に入ってくることの多いこの会議に参加して早くも三回目。狭義の「目の前の仕事」をとるのか広義の「将来の高島市」をとるのかそりゃあ、広義=大義をとらない訳にはいかないなあ、と思って参加しているだけなのですが。今回は、市の部長さんと課長さんの入れ替わり挨拶もあり、もう一方のご挨拶もあり。高校生に高島市ならではのキャリア教育をするために、どうすれば良いのか。わたしは個人的には・・勉強や部活や遊びなどの目の前のことだけでなく、自分が生まれそだった県や市など「地域のこと」のみならず、世の中すべてのことに興味を持つ子どもたちが増えたら、キャリア教育は成功なのだと思います。だから、人によって興味を持つ点がどこにあっても正解なのだと思うのです。それに対して、大人がどう仕組みを作っていくかということに関しても、今時点でしていないことを何か少しでも実行することだけでも、何をしても正解だとは思うのです。それを、会議でいくら話しても答えはないように見えて、すべてが答えなのだろうし、一見、井戸の中に石を投げ込むような徒労にも思えるのですが、プロセスとしては必要なのだと思います。ただわたしはこのプロセスの中に居るべきなのだろうか、といつも考えています。申し訳ないのですが、時間に余裕がないのです。自分がやるべきことは他にたくさんありますし、申し訳ないですが、年間を通して、参加をずっとさせていただくわけには多分いきません。次代の高島を担う子どもたちに伝えるべき地域の魅力、市の魅力、会社や団体の魅力がなにかということを考えることも必要なのだと思いますし、そちらの作業に注力できたら良いかなあと思っています。身体は一個しかないので・・。帰社。出掛ける前に引き続いて業界紙「繊維ニュース」さんに載せていただいた、の海外展開のまとめ記事をシェア。そして現場。連休前、といっても今週末は普通の2連休ではありますが、なんとなく現場もバタついております。19時に工場を停め、デザインシステムを少し使って、帰宅。お疲れさまでした。最近、色んな記事に取り上げていただき、刊行物に載せてもらって有り難いやら、晴れがましいやらですが・・やってることは本当に地味で、毎日毎日の課題を、その時その時で判断して乗り越えている、という作業の連続です。わたしや、わたしの会社のことが記事になるとすれば、それは大変有り難いことではありますが、もっと他の頑張っておられる会社や、人々のことを取り上げていただくことも大事だと思います。今の感じでは、恐縮過ぎて、僭越です。帰って夕食をいただきます。まだ口内炎が痛いので、冷めたものをいただきます。下の子の給食用、卵と小麦を使わないハンバーグ。出てきたら夏を感じる、酢の物。そしてさつま揚げ、じゃこ。ごちそうさまでした。毎日毎日、何とかくぐり抜けています。明日は水曜日、先週は休みましたが、ロータリークラブの例会日です。やることやって、きちんと出席しようと思います。

      1
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 2017年4月24日、バタバタの月曜日。

      月曜日の朝。先週取材いただいた毎日新聞さんに、わが社の記事が掲載されていることは、Facebookのお友だちの写真で知ることが出来ました。滋賀銀行さんのご紹介で記事にしていただいたのですが、滋賀版とはいえ、かなりの大きさの紙面でのもので、掲載いただいたことそのものも含め、かなりの驚きを感じます。ただし、毎日新聞を引いていないわが社では、現物を読めることはなく、朝からバタバタと仕事をしておりました。先週、留守にしていた事実のツケは大きく、現場に入ったあとは事務所に戻り、細々とした用事をひたすらこなします。合間に納期確認などの電話が鳴ります。ようやく、先週の勉強の成果をもとに、反省してみよう、という気になり、デザインシステムを立ち上げてみました。ペンが認識しないので再インストール、プリンタを認識しないのでアンインストールしてから再インストール、周りのものを片付けて作業をしやすいようにして・・などなどをしていたら銀行の支店長から電話。「今から新聞を持っていきます」とのこと。来られるのでお待ちしないと!などと思っていると、そこへ急な別の来客が発生。会長のお客さんなので、現場にいた会長の代わりに工場に入る必要が出てきて、慌てて現場へ。工場から出て、事務所へ戻ろうとしたら、わたしのお客さんの支店長さんが車で帰られるのが目に入りました。走って追いましたが・・帰ってしまわれました。また、そういうときに限って、別の車がすぐ後ろについたりして、追いきれず。事務所に戻り、帰ってもらったらアカンやん、とヨメと会長に言ったり、会長のお客さんと話したりしていたところ・・社員さんが、工場で怪我をしたとのことで工場から出てこられ、その方を病院まで連れていくことになりました。得意先へ電話するなどの用事を控えていたので、あとでヨメに代わりに来てもらうことにして、電話してから向かいました。また、こういうときに限って前に遅い車や、割り込んでくる車が続出して、それらを全部追い抜いての受診。思っていたより軽症だったようで、骨折もなく、縫わずに帰社されました。今日のところは帰宅していただくことにして、やれやれと思いつつ、わたしとヨメも帰宅して食事。チキンラーメン。ごちそうさまでした。食事を終えて、現場に戻ろうと思って歩いて会社に戻ったら、コンプレッサ室の方から異音が聞こえ、そのうちボン!という音がしました。コンプレッサを見に行くと、煤のようなもので内部が真っ黒け。・・故障した模様。前から言われている機械だったのですが、結局買い換えることに決定。今日はいったい、なんという日なのでしょうか。しばらく現場に入りつつ、考え込みました。午後からは、午前中でし残した仕事を中心にしつつ、デザインシステムを少し触ってみました。色んな柄が出来て、とても便利。あとは、現実との色差が少なくなるように修正、微調整をしていかないといけません。それが一番、難しそうですが。マッピング、まで一通りを終えて、夕方の現場に入りました。コンプレッサの関係で、明日からしばらくの間は、1日二台ほど、代わりがわりに停台にする必要がありそうです。急ぎの規格の織物も少ないので、ちょうどいいのかもしれませんが。なかなか、大変そうなことになってきました。こちらが、ボン!といったコンプレッサ。今までお疲れさまでした。帰宅して、何だかちょっと疲れて、食事を軽めにとりました。アユの炊いたん。疲れているせいか、先週末に口のなかを二回ほど強く噛んでしまい、それらが口内炎として、今現在わたしを襲っています。味噌汁などが飲みにくい。アユの炊いたんをつまむくらいがちょうどよく、しばらくこれを契機にダイエットでもしようかと思う、わたしなのでした。

      3
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 2017年4月23日、日曜日。

      日曜日の本日。4月も、下旬になったのにうっかり出し忘れていた五月人形を出すことにしました。少しは父親らしいことをしないといけません。まずは、とんでもなく散らかっていた和室を片付けました。そして、人形を出します。床の間を片付け、置いていきます。すぐに物が増えるので、気を付けていても散らかってしまうし、出張などが多いと途端にまた散らかってしまう。無事に飾れたのはよかったけど、これからも気を付けないと。そうこうしているとお昼になり、ヨメが作ってくれていたサンドイッチなどでお昼ごはんをいただきます。サンドイッチ、スープ、ラーメン。カップヌードル・ナイスのシーフードは、前に食べたレギュラータイプよりはクラムチャウダーっぽくて美味しかったです。今回はこってりしてるのか・・と思いつつ、食べてみましたが、こちらはアリだと思いました。どうしてもコーンスープも飲みたかったのですが、味が丸かぶりで失敗したかな、と。サンドイッチは、多すぎやろという量。しかしながら「らくだ」さんの食パンはやっぱり、ものすごく美味しいです。特に、玉子サンドをするとよく分かる気がします。玉子の相手としてはふわふわで、頼りないかと思いきや、まあとんでもなく美味しいのです。「スポンジ食パン」とでも言えば良いのか、とにかく喫茶店などで、高級なサンドイッチを食べたような気分になるのです。ハムチーズサンドも良かったです。こちらも、高級な感じの味です。最後に、ホットドッグ風のものをいただきました。腹一杯。とても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。午後からは、プロ野球を見ながら過ごしていましたら、合間に来客があったり、電話がなったりして、それとなく過ごしていました。夕方になり子どもたちが帰ってきて、お風呂に入れた後、五月人形を見てもらいました。今年の二人。昨年の二人。少しだけ、逞しくなっている?無事に育ってくれていて、本当に嬉しい限りです。夕食は、牛丼でした。今日はガッツリ系の食事が多いです。ごちそうさまでした。明日の備えをしている中、下の子が古い鉛筆を見せてくれました。ものを大事に使っていて、親としては嬉しい限りです。月曜日からも、頑張ってほしいものです。負けずにわたしも、頑張ります。

      4
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 2017年4月22日、土曜日。

      あまり、お土産を買う時間もなかった昨日の夜。和歌山駅付近で買いたいものが見つからず、小麦アレルギーのある下の子のために「あんこ系」のお土産を探していたところ、近鉄和歌山さんの地下階で「青木松風庵」さんというお店の女性の店員さんがとても親切に対応くださり、アレルギー対応についてよくわかったので、そちらのお饅頭などを買わせていただきました。いちご大福「おしゃれ」とお饅頭。上の子向けには、生クリームどら焼き。本来は賞味期限もあり、昨日までに食べないといけませんが、家族向けなので朝に食べてもらうことで、まあなんとか許してもらいましょう。下の子が食べられるものを探すのは、どこにいっても至難の技です。上の子は卵白アレルギーからも解放され、何でも食べられるようになったのですが。家族全員で何も考えずに、食べたいものを、同じものを、一度でも食べてみたいなあと思います。一番大変なのは、下の子だと、わかってはいるのですが。そんな下の子は、わたしの思いを知ってか知らずか、ご機嫌で朝からWii Uカラオケ。久しぶりに聞きました。下の子、熱唱。上の子は・・寝転んで、ゲームとタブレット。まあ休みだから、いいか。お昼前には、下の子の学校の宿題をしているのを眺めました。「春を探す」ということで、近くの草花を取ってきて、調べて、紙に書くことを頑張っていました。子どもが頑張っている姿は、親からすればとても眩しい。お昼ごはん。和風のチャーハンと、うどん。最近、毎食うどんです。うどん、好きです。ごちそうさまでした。和歌山のうどんは、どれも麺が柔らか目で、わかめとねぎが多目に入っていて美味しかったです。和歌山にいたのはまだ昨日のことなのですが、もう既にずいぶん前のことに思えます。次のわたし自身の近々の目標は、連休明けの東京での展示会「プレミアムテキスタイルジャパン」への出展です。その展示会に、今回培ったデザインシステムのスキルを見せるべく、デザインシステムそのものを持ち込むかどうか、をただ今、絶賛検討中です。 デザインシステムそのものは、パソコンの親玉みたいなものなので、それを運ぶことも大変だし、また維持するにもセキュリティが大変です。しかしながら展示会場で、それを使って柄を出したり、お客さんとやり取りしたりすることが出来るのは大きな魅力です。集客力も増しますし、空いた時間に習ったことの復習もできます。うーむ・・悩ましい。午後からは、子どもたちはサッカーへ出掛けました。わたしは留守番。出張の時の荷物などを整理したり、わたしのもので散らかっていた部屋を片付けたり、昼寝したりして過ごしました。泊まっていたホテルに置かれていたインスタントコーヒーを飲まずに持って帰っておいたので、それを飲んでみました。キーコーヒーの簡易ドリップ式。なるほど。あまりコーヒーを飲まないわたしでも、とても美味しく思えました。ごちそうさまでした。夕方、サッカーから帰って来た子どもたちはめいめいに過ごします。下の子は、宿題の続き。今日はなんとなく、反抗的な態度が多かったのは、昨日の夜の寝不足が原因なのでしょう。上の子は、またゲームとタブレット。六年生。大丈夫?夕食を、久しぶりに家族でとりました。コーラはわたしの飲み物です。鶏肉のケチャップ炒め。ごちそうさまでした。夜は、子どもたちとお風呂に入り、テレビを見て過ごしました。そろそろ五月人形を出さないと。

      1
      テーマ:
  • 21 Apr
    • 2017年4月21日、和歌山講習三日目。

      今日は和歌山での最終日となります。講習を受けるようになってから早くも三日目。出来ることが少しずつ増えていますが、なかなか操作に慣れないこともあり、日進月歩という感じです。和歌山は雨。ずっと天気はよかったのですが。7時に朝食を食べに行きます。あまりメニューは変わらない、朝のレストランです。味噌汁が美味しかった。ごちそうさまでした。一部の荷物をまとめ、宅配便で先に送ります。この部屋にも、長らくお世話になりました。昨年、一昨年の海外展開事業の際、外国にいるくらいの滞在期間で、日本の一ヶ所に留まっていたのは久しぶりのことです。8時過ぎに荷物を送り、チェックアウト。いつも通りの島精機さんへの道も、雨景色も相まって少し寂しげに感じます。何かもう少し居たいような、このまま勤めたいような、帰りたくないような。立派な会社を見ていると、そんな心持ちになってしまいます。この泥落としマットも、見納め。わたしが通う、研修室の入り口です。そして、製品が飾られています。わたしは午前中、製品の写真から「モデル」といわれる状態に抽出する作業に明け暮れました。「モデル」を作ると、その写真に自分が作ったテキスタイルデザインのイメージを放り込むことが出来、生地イメージで見せるだけでなく、製品イメージでも見せることが出来るので、明らかにビジネスチャンスに繋がります。ストールのモデルに、弊社が作ることが出来るグラデーション生地を放り込んだものです。これだけでも、胸が踊ります。ただし目が疲れて、もうシパシパ。モデル作成作業を終え、わたしはインストラクターの方、そして他の受講生の皆さんと昼食へ。社員食堂、うどん+ごはん+サラダ。ふりかけもいただき、一人満足です。ごちそうさまでした。社員食堂(あと20回ほど来たい!)をあとにして、休憩所で休みます。休憩所はショールームも兼ねていて、休憩時間は少し賑やかです。自動販売機の奥は、無料で麦茶と玄米茶と烏龍茶が飲めるコーナー。ただ茶コーナーにはお世話になりました。製品も多く飾られています。刺激的な日々でした。この写真の右奥方向が、わたしが講習を受けた研修室の一角です。わたしの席の奥には外人さんが二組、受講されており、わたしの左隣には滋賀高島出身の方が受講されていました。午後からは、午前中に作ったモデルに生地イメージをはめ込む「マッピング」という作業を主にしていました。昨日もその作業はしていたのですが、自分が作った「モデル」にはめ込む作業は格別だと感じました。今回の成果物を並べてみました。覚えるのは大変ですが、先生のお陰で無事に終了しました。でも、このデザインシステム、という機械ではまだまだ出来ることが実はあるのです。例えばプリント柄の作成。迷彩柄なんかは、すぐに出来てしまいます。チェックやストライプ、ボーダーの柄のプリント案もすぐ出せます。もう少し早く・・出会いたかった!最後に、グラデーション配色をさらに複雑にさせたものなどを思い付き、シミュレーションしてみました。反転、グループ化、などなどのテクニックを覚えました。17時過ぎ、受講の終了証をいただきました。先にわたしの隣の、高島出身の山本さんが。おめでとうございます。そしてわたしも。有り難う御座います。最近、色々もらうなぁ。有り難いです。最後に、講習を受けた茂野先生と思い出の一枚を。三日間、有り難うございました。 先生のお陰でへこたれることなく終えることが出来ました。ニットのグラデーションを受講されていた皆さんも受講修了されました。おめでとうございます。感謝しつつ、感傷的にもちょっぴりなりつつ、バスに揺られて和歌山駅まで。45才で、卒業しちゃった、そんな感じ。また来たいなぁ。和歌山駅。夕暮れ。お寿司やさんで、マグロ丼とうどんをいただきました。ごちそうさまでした。そして、新大阪・京都方面のくろしお号に乗り、帰宅します。南近畿から、北近畿への旅の始まりです。車中では、Amazonプライムビデオを見て快適に過ごしました。京都駅にくろしおは到着、その後サンダーバードで近江今津へ。その前に京都駅でうどんを食べました。なんとなく、京都弁でも、滋賀弁でも、とてもほっこり。お疲れさまでした。今回の講習の旅で、また色んなことを学んだ気がします。特に 「何かを学ぶのには、年齢は関係ない」ということがよくわかりました。会社経営をさせていただく傍らではありますが、これからも勉強を続けていきたいと思う、滋賀高島への帰り道なのでした。

      2
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 2017年4月20日、和歌山講習二日目。

      和歌山に来て早くも三日目。そして今日で講習は、二日目の朝を迎えます。押並べてお天気はよく、まだ今のところ雨に降られていません。非常に良い朝陽です。朝食は、7時からのレストランにて、一番乗りでいただきます。ごちそうさまでした。今日も風が強い中、送迎バスに乗せていただき出社致します。バスの中には、わたしと同じ場所でデザインの勉強をされる人や、ニットの勉強をされる人を始め、工場で研修をされている外国人の研修生の方などが居られ、ほぼ満員での乗車です。良い天気過ぎて、どこかへいきたくなります。9時過ぎ、島精機さんへ到着。直ぐ様に所定の位置へ。うっかりしていると、入館が一番最後になります。皆さん、わたしほど周りを見渡さないし、無駄な動きも皆無。なるほど。今日の午前中は、糸のスキャン方法から始まり、絣糸とメランジ糸のを表現方法を学びました。島精機さんのデザインシステム、とにかく優れています。万能です。「繊維はさわらないとわからない」という常識が段々、揺らいできます。平織ばかりでなく、二重織りなどの組織の書き方を試してみたところ、ちょっとだけわからないことも出てきましたが、それ以外は概ねやること為すこと、全てにおいて使っていてもその都度、ため息が出ます。素晴らしい機械だなあと。そしてまたこの通り、素晴らしい柄が簡単に織れたら素晴らしいだろうなあ、と。そんな折隣の席で講習を受けている会社の社員さんが、休憩のときに話しかけてくださったので話をしてみれば「わたし、高島の安曇川出身なのです」ということで、同郷のよしみでお話をさせていただきました。地元の高校を卒業されてから、学校に進まれ、神戸でファッションに携わっておられるとのこと。会社の方針で、島精機さんでの研修をされているということでした。羨ましい会社の方針です。午前中の講習を終え、今日のお昼ご飯は、本社ビル最上階のレストランにて、ランチをいただくことになっています。他の方とご一緒に。周りの緑やお花などの剪定なども、社員さんがされているそうです。またこれから行くレストランの厨房のシェフの方も、外部でなく社員さんだそうです。こんな感じの最上階。他の方ともお話しする良い機会になりましたが、まるで「披露宴」のお食事会という感じです。他のテーブルにも、海外からのお客さんなどがたくさんおられ、こちらの会社の技術を求められる方々の多さを実感しました。ありがたいおもてなしです。緊張感ありますが・・。白身魚のパイ包み。あっさりして美味しい。豆のスープ。食べてすぐに豆感が感じられるほど、豆の感じがよく出ています。全く関係ないのですが、ウチの上の子は「豆嫌い」なので、このスープは無理だろうな、と思いました。ヒレのステーキ。ソースは多分、バルサミコです。よく焼かれていて、胡椒の味と相まってパリッとして美味しいです。デザートは、ミルクティーとフルーツをいただきました。ミルクティー、ビックリするほど美味しかった。堪能しました。ごちそうさまでした。食後、間髪いれず始まった午後からの講習では、「マッピング」を学びました。製品に、作った生地デザインを投影する仕組みです。使えば使うほど、本当に良くできているなあ、すごいなあ、と感じます。確かにとても使いこなすことは難しいのですが、使いこなすことで得られることがあまりにも大きい。布団へのマッピング。以前、得意先さんに見せていただいたものはこれだったのか、とようやく納得。続いて、ストールへのマッピング。すごい。いろんなことを試してみたところ、本当によく分かる楽しい作業となりました。感心しかしていませんが、これからきちんと使いこなさないと。夕方、退社。島精機さんの会社から道にでるところです。和歌山のなかでは島精機さんは大きな城で、付近は城下町だと感じます。和歌山に大きな城があることも、御三家の一角である、という歴史的な背景も大きな要因だと思います。斜陽な繊維業の中、世の中にないハードやソフトを提供することで実績を挙げられている会社経営は見事だと思います。その秩序や、伝統、作法などに培われた会社の素晴らしさを拝見すると、まだまだわたしにも自身の会社経営の方法で、やることがたくさんあると思います。頑張ります。ホテルに戻り、洗濯の合間に、カレーライスをいただきました。サラダ。スープ。そして熊野牛のカレーライス。ごちそうさまでした。明日で講習の受講を終えますが、色んなものを得られているような気がします。活かさないといけません。

      2
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 2017年4月19日、和歌山講習一日目。

      和歌山で迎えた水曜日の朝。  よく晴れました。  朝日を拝んで、支度をします。  朝食は、昨晩と同じレストランでとります。  レストランから見た風景は、海が見える感じ。  朝ごはん。  ごちそうさまでした。  9時前に、研修先である島精機さんのバスにお迎えに来てもらい(わたし以外もかなりおられる)、和歌山市内の島精機さんの本社へ向かいます。   風が強い。  バスで揺られること30分ほど、本社に到着、皆さんが一斉にそれぞれの場所に向かわれる中、わたしだけ初日なので運転手さんに行き先を聞き、迷わないように進みます。  なんという立派な会社でしょう。  到着したときは撮れなかった本社屋の写真を、後で撮らせていただきました。  (この角度、素晴らしいなあと思ってたら、後で拝見したピーアールビデオでも同じ角度のものがありました。)  今日から三日間、お世話になります。  わたしが学ぶのは、同社から購入させていただいた、デザインシステムの使用についてです。  今日から三日間、9時半から17時過ぎまで講習を受ける予定です。  ですが・・  会社へ一歩入った感じでもう、どうやって三日間過ごそう?という感覚になります。  しかしながら、クールビューティーのインストラクターの先生に教えていただくことを知り、あっという間に態度を急変させ、講習に臨むわたし。  わたし、やります。  粉骨砕身、頑張ります。  格闘するのは、このシステムの端末です。  しかしながら、使えば使うほど、何となく楽しくなってきます。  午前中は、ただ持っているだけでは気づかなかった細かな使い方を教えていただくと共に、描きたかった柄を既にひとつ描くことが出来、さっそくホクホク顔で終えることが出来ました。  何とか、成果が出そうで嬉しい。  昼食は、インストラクターの先生と共に、述べ社員数一千人を越える人が使用する、という食堂でうどんをいただきます。   ごはん、サラダをいただき、これで基本、無料だという(社員さんは天引きされるということでした)、ありがたいシステム。  ごちそうさまでした。  食後、会社から連絡があった得意先さんに電話を折り返し、早速、このデザインシステムを活用した方が良さそうな商談が生まれました。  景色の良い庭で、わたしの話だけ、スーパー現実的な内容。  藤嶋邸。  なんでしょう、この威圧感。  その横のみごとな庭木。  緑が青すぎる。  桜っぽい花も咲いていました。  もう少しゆっくりしたかったのですが、外の温度が高くなりすぎて、結局、元の研修場所に戻りました。  もう少し  素晴らしいお庭を、楽しみたかった。  午後からの講習は、午前中で学んだことを応用して、他の柄を作成し、糸の色目までを指図することが出来ました。  最終的にしたかった、「マッピング」という製品への出力も可能となりました。  これが、その成果。  素晴らしい。  グラデーションもここまで来たら、飯の種以上の何かを得られた気がします。  わたしならではの、というか杉岡織布ならではの、独自の高島ちぢみならではの文化を作りたい、という自負まで生まれてきました。  16時から、会社全体の見学をさせていただくことになりました。  本社正面。  ロダン像。   なぜロダン像。   ・・と思いつつ、記念撮影するわたし。  フェラーリが二台、飾ってあります。  動かそうと思えば、当然動くらしいです。  他にも、オブジェの合間にこちらで作られたニット製品などが点在します。  素晴らしい。  移動して、こちらもサンプルが数多くおかれている場所に案内していただきました。   わたし以外の見学者の方は、それぞれニットを学ばれている人や、グレーディングを学ばれている人などが居られるので、そういう方面を学ばれる方には興味津々の変わった型の縫製品が多いようで、皆さん熱心に見ておられるのが印象的でした。  織物=布帛(ふはく)を商売、生業とするためにここで学んでいる人は少ないんだろうな・・と思うと少し寂しい気持ちになりました。  ですが、展示されているものは本当に素晴らしい。      勉強になります。  続いて  デザインシステムを深く使って居られるオフィスに立ち寄り。  さらに続いて  ニット(横編)の機械が多数動いているところを見学しました。  刺繍と見まがうばかりのインクジェットマシンの成果物も拝見しました。  レベルが高すぎて、もうため息しかでない。  最後に、島精機さんの歴史を動画などで学び、さらに多くのサンプルがおいてあるルームを見学しました。   こちらは、LEDの光を四方から当てることで、立体的に採寸できるシステム。  こちらは、動画を見せていただいた場所。  プロジェクターは、後ろから当てるタイプです。  憧れるわ~。  サンプル室で色々拝見してから、元の部屋に戻りました。  椅子の生地もこちらでの製品。   サンプル室の全体図。   掛け軸も製品例。    こちらの絵のような金閣寺も、成果物。  堪能しました。  有り難うございました。    戻ったら本日の講習も終わり、また明日もよろしくお願いいたします、ということで退社。  送迎バスに乗せていただき、和歌山駅へ移動します。  ええ天気でした。  島精機の営業(大阪)の金井さんと一杯飲むことになっており、和歌山に来られるのを待ち、焼き鳥やさんへ移動。   和歌山駅、どこか趣きがあります。  焼き鳥やさんにて、楽しく会話をしつつ、会食。  串。   冷奴と大根サラダ。    蓮根のはさみ揚げ。  ごちそうさまでした。  駅に戻り、お見送りして、タクシーでホテルまで戻ります。  昨日乗ったタクシーの会社と同じだなあ、と思ったらおんなじ人。  十何台も待っているタクシーの中で、選んでしまった運命。  ただしかし・・  かつてクアラルンプールで三日連続同じ運転手さんにあたったことがあったのを経験しているわたしには、まだまだ「偶然」の範囲内ですが・・。  ホテルに戻り、テレビで陸奥宗光公が和歌山出身であることを知ったり。  没後120年。  ウコンザクラ、というものが見頃であることを知ったり。  やっぱり本州の南部。  同じ近畿でも、天気予報に滋賀県北部がエリア外であることなどを確認しつつ、夜がふけていきます。   今日は大変勉強になりました!  明日もまた、頑張ります。  

      5
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 2017年4月18日、和歌山へ。

      朝から、現場に入り。それから高島晒協業組合まで急ぎの反物を持っていき、加工指図をして、帰りに高島織物組合でごみ袋を購入して、帰社。これで荷作りしに帰れるなあ、と思って帰社したところ、また用事が出来て会社に戻り、用事をこなし、電車を一本遅らせて、11時台の湖西線の京都方面行きの新快速に何とか乗車。バタバタすぎて。風は少し強めでしたが、雨は止んで良かった。京都駅に着き、降りて最初に向かったのは、長い間交換できていなかったコンタクトレンズの診察でした。診察を受け、無事にコンタクトレンズを交換することが出来て、良かった良かった。最近はこういう時間も、なかなか得られなかったんだなあと実感しつつ、近くのヨドバシカメラ京都の中のレストランでお昼をいただきました。「明太天茶」なるランチでした。最初にサイコロ状の天ぷらとご飯を味わい、最後に白だしをかけ、ネギなどをかけてお茶漬けとして楽しむという逸品。ごちそうさまでした。それから新大阪駅まで向かい、あまりの暑さに駅の中のヘアカットサロンで少しだけ髪を切ってもらいました。冬の間は良かったのですが、暑い時季はやはり眼鏡では不便なことも多く、無事にコンタクトレンズを交換できたことで、髪の毛もさっぱりしようと思い立ちました。気分よく「くろしお」に乗り込みます。久しぶりに来た新大阪駅は、きれいにはなっていたのですが、どこか異国のような雰囲気の、空港のような解りにくい感じのステーションになっていました。近未来都市みたいだ。外国から来た人が多いし、また彼らの多くも惑っていたから、わたしの勘は杞憂ではないのでしょう。商売の電話を2本ほどさせてもらい、何とか目的のホームへ。くろしおを待っている間、あまりの暑さに戸惑います。23℃とか24℃でこんなに暑いのなら、夏はどうなってしまうのだろう?春夏物を製織して、売る立場のわたしとしては暑いことは歓迎すべきことなので、喜んで商機に繋げたいとは思うものの、地球の将来が少し心配。特急くろしおの車内は、とても快適でした。車内では、うとうとしながら過ごしました。和歌山駅着。この後、くろしおは白浜まで向かうそうです。子どもたちを乗せてやりたいなあ。喜ぶかなあ。ウェルカム和歌山。駅を降り、用事で電話をして、しばらく滞在するので薬や、文房具を買い込みます。MIO和歌山。和歌山駅に来たのは初めてだなあ。関西近畿の人間としては、面目ない次第ですが。タクシーに乗り、おじさんドライバーと世間話などをさせていただいて、タクシーの2メーターほどで目的地の宿に着きます。手前の「ビッグウェーブ」なるドーム。立派だ。そして宿泊するのは、奥の方の建物「ビッグ愛」なる建物の上の方のホテル「ランドマーク和歌山」。チェックインをして、説明を受け、何とか部屋へ。部屋からは、海を見ることなく残念ながらのマウンテンビュー。スーツを片付けたり、持って来た服をハンガーにかけたり、さっと用事をして、早速コインランドリーで洗濯をしました。その間にレストランへ。レストランの階からは、素晴らしい夕日が見えました。キレイなレストランでお食事をいただきます。最初にサラダ。次はトマトスープ。メインは牛タンと十穀米。ビールもいただき、ごちそうさまでした。洗濯の合間に、テレビを見ていたら和歌山では田植えが始まったそうです。同じ関西にすんでいても、田植えの時季ひとつとっても全く違う感覚ですね。滋賀北西部の高島では早いところでも4月末、わたしの住んでいるところでは5月上旬です。勉強になりました。そんなわけで明日からしばらくの和歌山滞在、学ぶべきをしっかり学ぶべく、鋭意 頑張りたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 17 Apr
    • 2017年4月17日、仕事と取材の月曜日。

      月曜日。雨が強くなる予報が出ており、まだ降らない中ですが、朝から何となくどんよりしている感じです。午後から風も強くなるようなので、おそらく桜は大半が今日で散るでしょう。徐々に季節は変わってきているのですが、その変わり方が激しい。何とか、そういうのがもう少し柔らかくならないものかと思います。朝から現場。ドライヤーという機械が傷みがち、そしてコンプレッサーという機械も金属音が出がち。大事に使用しないと、物要りな春になってしまう。朝から、バタバタと申請書類を作るなどの仕事をして、午後からは新聞社さんの取材を受けました。毎日新聞さん。銀行さんのご紹介で、記事にしていただけるそうです。ウチの会社の、何がそんなに記事になるのか、甚だ僭越で恐縮ですが、午後から三時間ほど取材を受け、この後工場でも撮影をして帰られました。よい記事にしていただきたいものです。帰られた後、片付けをしながら、少しぼーっとしました。明日からまた、わたしは出張です。外は雨。何だか、ものすごく激しい天気で、それがさらに、寂しく思えるなあ。夕方から、現場。19時で終了。お疲れさまでした。帰宅して、子どもたちとお風呂にはいりました。わたしの出張の話になり上の子「とうちゃん、今度はどこにいくんや?」と聞かれ「和歌山やで。」と答えます。上の子は「かわいいもんやなあ!」といいました。何が、と聞いたら「海外に比べたら、和歌山いくくらいかわいいもんや、と思ったんや。」とのこと。言葉遣いが、何となく面白いです。傍らで下の子が「あー和歌山いきたい!いったことないけど!!」と叫んでみんなで爆笑。よいお風呂です。夕食は、久しぶりに家で食べた気がします。実際はそうでもないのですけど。お漬け物がおいしかったですね。明日からまた、出ていくわたしにはこういうのが有り難い。ごちそうさまでした。明日からまた、頑張ります。

      1
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 2017年4月16日、ロータリークラブ講演会参加。

      日曜日。  地区の川掃除には、数年ぶりに親父さんに行ってもらい、わたしは最寄り駅から10時台のJR新快速で京都に向かいました。  駅前の垂れ桜は満開で、思わず電車に乗る前に写真を撮ってしまうほどの美しさ。    本当は  ゆっくり家族でお花見でもしないといけないのだけど。  とうちゃんは出掛けますよ、今日も。   今日は、とてもお天気がよかったです。  そんな中  湖西線の一角に、陣取ったロータリークラブ一団とともに、わたしは今日とへ向かいます。      「人がいない」  「欠席したらダメよ」  などと言われた割りには、多くの方々が出席。  休みたかったなぁ。  山科駅到着。  一団は、迷うことなくラクト山科内の中華料理屋さんに向かいます。  「東東来」さんへ。    ここでランチを頂き、会場へ向かう、ということのようです。  一気に和やかな雰囲気に。  早くもビールが。  講演を聞くのか、それとも寝る方が早いのか。  既に先が少し読めました。  職業奉仕の委員長、山本竹一さん。  今日の段取り、お疲れさまです。  わたしの選んだのは、ラーメン+半チャーハン+餃子の「東東来」ランチ。  お腹いっぱい。  生ビール二杯飲んだ才川くんは、酢豚ランチを選択。  昼から二杯・・  それにしても今週は、こういう景色をよく目にします。  皆さん、お疲れさまです。  地下鉄を乗り、会場のロームシアターの最寄り駅へ。  小路を歩き、会場へ。  散り際の、桜が見事。  昨年も来ました、こちらのエリア。  川沿いの景色も美しいです。  平安神宮。  たくさんの人で賑わっていました。  会場です。  12時からの受付開始がなかなか始まらず、少し遅れて開場。  会場には、各クラブの職業奉仕の事業紹介のパネルが置かれていました。  皆さん、頑張って活動されていますね。    会場には、思っていたより少な目の人たちでした。     挨拶の際  ガバナー(地区で一番偉い人)自らおっしゃっていましたが、地区大会の翌週にこういうイベントをされたことは、やっぱり相反する事、のように思えます。  お話になったお二人のパストガバナー(地区代表経験者)は、80代のお年にも関わらず、本当にお元気で講演をされました。   お一人目の田中さんのお話は、わたしが大学のときに学んだ経済学に近く、とても勉強になりました。  しかし  会場は、  睡眠で覆われております。  しようがない。   田中先生曰く  マックスウェーバーの説いた「プロテスタンティズムと資本主義の精神」がロータリーが発展した基礎だと言われることは誤りで、それ以前にアーサー・シェルドンが説いた考え方である、自分のためでなく人の利益のために商売をする、という考え方が正しく、そのことがロータリーが発展した本当の礎だということです。   「シェルドンの蔵書をすべて集めた」先生が人生をかけてすごく勉強されていることは明白で、そのこと事態がわたしには驚きでなりませんでした。  もう一方の、塚原先生はわかりやすくロータリーの歴史を説いていただいた上で、現在のRI(国際ロータリー)と世界の各ロータリークラブとの、乖離がありはしませんか?  ということを話していただきました。  お二人の話に感銘しつつ、その後のディスカッションについては早退けさせていただき、帰りの途に就きました。   帰り道の平安神宮にはまた多くの人がおられました。   この平和な風景が、いつまでも続きますように、わたしたちは、努力し続けないといけません。     いつまでも、桜を愛でる平和な国でありますように。  山科駅から湖西線にのりました。     安曇川で途中下車しました。         ちょっと忙しかった今週。  明日から、少しゆとりがありますように祈ります。

      3
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 2017年4月15日、土曜日。

      5時台に家族が起き出してきて、ゆっくり寝る、というわたしのプランはあっけなく崩壊、という土曜日の朝。昨日までのてんやわんやな一週間で、すっかり足のふくらはぎあたりが腫れ、首と肩の辺りが張り出しました。今年7月に46才になるおっさんの身体は、バタバタして過ごすと、すぐに体調に出るようになっています。しかしながらまだ油断は禁物。明日は、また電車で京都まで出掛ける予定です。それを乗り切って、なんとかまた週明けからフレッシュな感じで動かないといけません。早くにサッカーに出掛けたヨメと上の子。残されて、地区の子ども会の行事に出掛ける下の子をクルマで送り、それから少し惰眠をむさぼります。不規則な天気で、時おり風が木を揺らし、雨が地面を打つ音が聞こえます。桜を見に行くには絶好の土曜日なのに行かれる人にはなかなかの試練が待つ、厳しいお花見日和となりました。まあしかし天気や環境が良いときばかりでないからこそ人生は楽しく、どの人生も平坦なものはないからこそ、せめて咲き誇るその時に人生などを重ねつつ、その一瞬だけは見に行きたいと思わせるものなんでしょう、桜というものは。12時まで開催される予定の子ども会の行事から、下の子が走って帰ってきたのは11時半前のことでした。雨風の中、ふうふういって帰ってきたのは驚きました。予定より早すぎて、迎えにもいけなかった。雨で濡れた子どもをタオルで拭き、早めですがヨメが用意してくれたご飯を食べます。お疲れさまでした。わたしには、先日発売された「カップヌードルナイス」という「こってりなのに糖質カット」的なカップヌードルがあたりました。ほか、おにぎりなど。楽しみにしていたカップヌードルナイスですがパッケージにも、きちんとこってりとかいているのに・・食べてみるとほぼ、こってりではない感じ。タンメンヌードル、という感じでしょうか。カップヌードルとはまた別物、という感覚で食べたほうが良さそうです。ごちそうさまでした。食後、テレビをみたり、昼寝したりして下の子と過ごす留守番タイム。急に晴れてきてとんでもなく温度が上がったかと思えば、今度は雨がぱらついて。雷もなるし、無茶苦茶な天気でしたが、夕方になって無事に上の子とヨメは帰ってきました。良かった。ワコールさんの通販の雑誌が届き、中にはウチの会社で織った「高島ちぢみ」のものを取り上げていただいていました。高島ちぢみ関連のものや、ウチで織ったものに似ているものなどに目が惹かれましたが、今回、はっきりと弊社がらみだとわかるものはこのページのものでした。ブルーのグラデーションと、グレーのグラデーションの織物を、高島晒で生地加工したものです。涼しげなよい製品に仕上がりました。売れてくれるとよいですね。夕食。ヨメは朝からのサッカーの引率で大変だったのですが、買ってきたものを含め、手早く料理をして準備をしてくれました。下の子と二人、勝手にどこかに食べに行こうかとしていたのを思い出し、少し恥ずかしくなりました。お刺身。筍と豚肉、肉じゃが。ごちそうさまでした。土曜日は、少し休めましたので、明日からまた頑張ります。

      3
      テーマ:
  • 14 Apr
    • 2017年4月14日、神戸から滋賀へ戻る。

      前夜は神戸・三ノ宮のダイワロイネットホテルに宿泊しました。比較的新しいホテルで、部屋のベッドでもよく眠れましたし、お湯の出具合も良かったし、食べられなかったけどホテルの前にはCoCo壱もありました。持ち帰りカレーを部屋で食うこともできてしまう。そこそこ、わたしみたいな人間には夢のホテルなのです。ちなみに朝ご飯は、隣の居酒屋さん?ご飯やさん?の「かっぽうぎ」というお店で食べることができます。玉ねぎを食べ過ぎて、ずっと辛い感じのわたしの口中。今日は、釜山光復ロータリークラブの皆さんは姫路から関西空港へ向かわれ、そこから韓国釜山に戻られます。昨日の夜の宴会に参加したあと、その旅の最後の部分だけアテンドしようかな、と思っていたのですが、もろもろの都合で今朝、滋賀高島へ帰る組の中に組み込まれることになりました。海藤会長、お疲れさまですがスミマセン。バスを見送るというのは、いつも何だか寂しい気持ちになりますね。乗ってる側だとそんなに寂しくないのに。お見送り。・・してたら、急にメンバーさんの数人が降りてこられてまたもう一度握手タイム。会長さん、お疲れさまでした。さようなら。バスを見送ったあと、滋賀へ戻る組の一人として、わたしはまずフルーツ・フラワーパーク大沢に立ち寄りました。まだ早かった、ということもありますが、10時開店のお店が準備されていて、それ以外はまだ見られるものは何もない。広大な自然以外は・・桜の時季なのに桜もあまりないので、観光客の方もあまりおられない。奥に見える建物は、どうやらホテルだそうですが、広すぎてそこまで歩く気力もあまり湧いてこない。よく見たら先月末の3月30日、リニューアルオープンされたということみたいです。そういえばデリカD:5の会に所属していたときに、一回来ていることを思い出しました。もう何年前かな。土日になると、もっと人が来られるのでしょう。また賑わったところを見に来よう。続いて、近くのアウトレットモールに立ち寄りました。開店直前のモールは、こちらもまた人が少な目。朝九時前の三ノ宮の街中には、勤め人を中心にたくさんの人が見えたのですが、平日金曜日午前中の人並みとしても?少し寂しいような気がしました。スターバックスが開いており、そこでコーヒーを頂き、シナモンロールを食べました。甘かった。「シナボン」のことを同行の皆さんに聞いてみましたが、皆さんご存知なく。シナモンロールという名前より「シナボン」がわたしにとっては馴染みがあるほどなのに、相変わらずわたしの方がマイノリティです。参考画像「シナボン」。たぶんミニ。ネットからいただきました。激しいまでの甘さ、濃厚な見た目、久しぶりに食べたい気持ちでいっぱいです。わたしは、前からどこかで買おうと思っていたネクタイを数本買い、あれやこれやを見て回りました。ここ数年で、インドネシア、マレーシアともに海外にはモールがたくさん出来つつあり、ここしばらくの海外展開プロジェクトのタイミングもあって、それらを見学や市場調査をすることが多いのですが・・よく考えたら日本のこういったモールへ来ることが最近では珍しく、コンスタントに市場調査はしておかないといけないな、と改めて思った次第です。こちらのモールはアウトレットといいながらも価格帯の高いブランドも多く入っていることにも驚き、モールに入っているブランドの多さにも驚き、、それに比しての人の少なさにも驚き、何かもう、個人的には大変でした。海外発のブランドは高名なところを含めてかなり多いのに、日本のブランドがとても少なく、なおかつ店舗としても目立っていないあたりがとても寂しく、日本のアパレルファッションの現状と現実を如実に表している気がしました。UNIQLOさんや無印良品さんが入らないと、とてもではないですが人が集まらない。そういう人はお客として要らない、ということをプランとして選ぶのはいいが、いざ実行するのは、とても大変なのだと思いました。でも、このモールを海外にそのまま持っていったら多分、相当お客さんが集まると思います。昨年クアラルンプール空港そばの三井アウトレットモールを視察する機会もあったのですが、敢えていかなかったので、次回は必ずいこうと決意しました。昼食は、こちらのフードコートに入っている名店「三田屋本店」さんのステーキをいただきました。電磁調理機で温められたあと、自分で焼き加減をみて食べるのですが、まあなんと美味しいお肉。臭みがないどころか、レア気味で食べても、ウェルダン気味で食べても、あっという間に口中で、溶けて無くなります。それでいて噛みごたえもある。コショウと塩を充分しておけばそのまま食べても美味しいし、醤油ベースのタレに浸して食べてももちろん美味しい。普通はわたし、ご飯に乗せてワンバンさせ、もりもり食べてしまうタイプなのですが、お肉と野菜を併せて、それだけで食べた方が絶対に美味しいと判断して、ご飯と一緒にあまり食べませんでした。お供として、ハムを使われたサラダと一緒にいただきましたが、こちらもまた絶品。ドレッシングが独特で、どこにもない感じの味であっさり、それでいてこってりとした味わいでいただくことが出来ました。味わって初めて、以前、京都に住んでいる弟家が贈ってくれたことがあったのを食べた気がするのと、ヨメ実家で食べた気がするのと、色んな記憶が混じりました。食べ物の記憶、恐るべし。本当にごちそうさまでした。アウトレットをあとにして・・関西全域で見頃の時季が固まった気がする今年の桜を道路脇に見つつ、滋賀まで戻りました。坂本仰木あたりで渋滞をしたあと、そのあと志賀町一帯も長い渋滞がありました。おそらく高島市マキノの桜の名所となりつつある、海津大崎に向かうための渋滞ではないか、ということで、平日金曜日にもかかわらず、そういう部分に人やクルマが流れていることに驚愕しました。都会(近く)のアウトレットに人がいず。田舎(ただし名所)の桜に人が集まる。ただし、お金の流れがあるかどうかは、残念ながらわかりません。逆に言えばチャンスはまだまだ地方にもある気がするのですが・・難しいものですね。思っていたより早く、高島へ帰着しました。同行いただいた皆様、お世話になりました。有り難うございました。15時から19時まで、現場と事務所をいったり来たり。いい天気で、暑いくらい。工場でもやることがたくさん。早めに帰れて、仕事もある程度出来たので、空港で見送りできなかったのは不本意ですが、わたしとしてはよかったのです。キレイな夕日も見られましたし。工場を止め、帰宅します。 お疲れさまでした。夕食は、カレーライスでした。今週は色んなものをいただきましたが、シンプルなカレーライスが少し有り難かったです。磯辺揚げ。他に 肉じゃが、味噌汁も有り難かった。ごちそうさまでした。 食後に阿闍梨餅をいただき、一息。子どもたちはわたしがいなくても、健やかに過ごしておりました。家族を見たら、何となく早めに眠気が襲ってきた、本日のわたしなのでした。明日は、一応土曜お休みの予定。日曜日にはまた、ロータリークラブの職業奉仕のセミナーの予定が入っております。忙しいなぁ。 はたしてどうなりますやら。

      3
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 2017年4月13日、大阪と神戸へ。

      木曜日の朝。今日は大阪へ。最寄り駅の新旭駅の、垂れ桜がそろそろ見頃を迎えています。いつもは・・少しだけ、他の桜と咲く時が違うのですが、今年に限っては同じ時季に咲いている気がします。気のせいかな。市役所の上原くん、高島晒の平山くんと合流して、JR湖西線にのりました。少し肌寒い天気ですが、とても良い天気。窓から見える琵琶湖は、久しぶりに見た気がする、快晴の琵琶湖。ここしばらく・・いまいち、天気が悪かったですね。もうそろそろ、春らしくなるのかな。大阪では、「高島ちぢみ」の今年度の海外展開事業の打ち合わせとかのために商社の信友大阪支店さんへ。メモを取る上原くん、疲れで声がでない平山くん・・そしてわたしは結局、話す役。有意義なお話ができました。お昼は、御堂筋を西方面に向かい、ちゃんこ「しが」さんへ。久しぶりのちゃんこ鍋。テンション上がります。これで三人前、ご飯と玉子などがついて一人あたり900円?素晴らしい。鍋を見守る、同志社大学コンビ。信友さんの藤井氏と、平山くん。そして上原くん、信友さんの山田氏。そろそろ食べ頃。なんと美味しい。鳥の柔らかい出汁がよく効いています。締めは、ラーメン。そして雑炊。お腹いっぱい。ごちそうさまでした。市役所の上原くんはきっちり料金を払い、わたしと平山くんはあっさり、信友さんにごちそうになりました。スミマセン。食後、四件の得意先をまわり、途中で上原くん、平山くんとはお別れ。途中でアイスコーヒー。ベトナムコーヒー、というらしい。底に練乳が。途中で、20/20という喫茶店を発見。糸番手?なかなかの名前だと思います。肥後橋。なかなか来ない。そのあとわたしは最後、大阪駅前ビルで営業終わり。それから、電車です。三ノ宮まで。ロータリークラブの皆さんと合流。「南京町の中華料理屋さんで18時から」が「30分早めたし。」と。なんですって?!刑事のように、ドラマチックに慌てて、タクシーで南京町へ。はじめてきた。雅苑酒家さん。良かった、間に合った。中華料理、いただきます。ごちそうさまでした。夜はバーへ。あー・・毎日大変ですが、なんとか生きてます。

      5
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 2017年4月12日、高島ロータリークラブ40周年式典挙行。

      本日は、所属させていただいている高島ロータリークラブの40周年の記念式典 例会・祝賀会の当日となりました。この日のためにわたしには出過ぎたことだと思いながら、青年会議所時代や仕事で培ったデジタル力を発揮すべく、構想2年(ただし準備は約2ヶ月 ・・)を費やし、わたくしの役割を担うべく、動画や音楽、映像構成などを考えてやって参りました。まあ当初は青谷啓司実行委員長のお手伝いをするつもりで気軽に受けた映像の担当者のひとり、というだけだったわけですが、もうひとりの映像担当者であるはこぶね保育園園長・今西さんの忙しい時期に丸かぶりとなり、これは僭越ながら、今回はわたしの出番なのか、と自負するようにして言い聞かせ、進めてきました。(まあ、わたしもここ数年の中で、稀有な忙しい時期だったんですが・・)そのなかで可以登楼の海藤会長、不動産鑑定士の野崎幹事や事務局高木さん、他、重鎮の方々にも緒先輩の方々にも色々と失礼なことをして来たように思えますし・・シーズン的に忙しい時期にも関わらず、それまでもただでさえ忙しかったわたしがさらに会社を留守にしたことも増え、社員の皆さんにも申し訳ない限りだったように思えます。で、当日の今日。まあしかし大変だったのも今日で終わりで、あとは遂行するだけ、という、開き直りのような気楽なものでした。7時半過ぎに清水電機の清水忠昭さんに迎えに来てもらい、今津サンブリッジホテルさんに向かいます。8時前に集合。やることがいっぱいで、全体の打ち合わせとかに全く関われず、わたしと今西さんだけ、別部隊。音がホテルのフロアのスピーカーから出せなかった問題は、昨日の接触不良気味な症状を改善させ、何とかクリア。今西さんにアンプをもってきてもらい、マイク配線の一部をもいでもらって配線させたりしたのですが、そちらもうまく行かず、接触不良を直す方が結果として効を奏することになりました。ややこしいんだ、機械って・・。そのあと、HDMIのチェンジャーを使い、生放送風にビデオカメラから多重放送を試したところ、ノイズが入り、少し工夫。(本番ではそれがバグり、ちょっと大変なことに・・)これらを解決して、リハーサルができたのは9時半になりましたか?ちょっと時間が押してしまいました。海藤さん親子の晴れ姿を見ることができて、何より。祝賀の会で、花束贈呈役の会長と、その補助のさりちゃん。海藤さんから出ている疲れと緊張感との「波」のようなものが半端ない。とても気を遣われる会長なので、気疲れされていないかが心配です。祝賀会会場は、黄色で纏められており、支配人の河原田さんが作られた桜色の紙のメニュー表は、実は昨年の観桜会でわたしが使った紙が事務局に残っており、途中で足りなくなったものに買い足して作られたものだそうです。「100枚入とかいてあるから100枚あるんじゃない?」と高木さんから言われたそうですが、違いますよ、使った残りなのですよ。無事に終わられて良かった。式典、祝賀会とリハーサルを終え、式典の会場に戻ったわたしを待っていたのは、音が再度でなくなる現象+パソコンのフリーズ。慌てる。で、結局式典途中で一台のカメラ配線が死に、挿し直してみたところ、もう一台のカメラ配線も死にました。パソコンもフリーズしかけましたので後追いせず映像を諦め、パソコン投影のみの設えに戻しました。そのとき中田国博 新ソングリーダーと今西拓也 映像担当責任者が談笑していた、式典開始直前の雰囲気が、わたしの頭のなかでは走馬灯のように流れました。(後々の人生でも、式典途中でのパソコンフリーズとかは、夢に出てくるんじゃないかな。)まあなんとか、式典を終えたあと、祝賀会の記念撮影を撮り終えました。そのあと、祝賀会の会場にも、ビデオカメラとパソコンや配線などを移動させ、何とかその問題もクリア。何とか、お食事のスタート。最初の方が余裕なく、立ち食いのようにいただきました。お刺身など。鯛の子の炊いたもの。お肉。お寿司。にゅうめん。デザート。和やかな雰囲気です。最後の方は、もうわたしはパソコンでの投影を諦め、動画を撮影して、スクリーンへ映すことのみ考えて行動しました。次回からは・・もうちょっと今西さんと相談してから行動しよう。やっぱり今回のようなことはちょっと、出過ぎた真似でした。会の終了後、若手のメンバーは片付けをあっという間に終えました。準備はいったい、何だったのか?くらいあっという間に撤収終わり。その後、韓国からのお客様を若手メンバーでお見送り。安堵感。さようなら。バスのなかには、神戸方面に行かれた光復ロータリークラブの皆様と、ベテラン会員さんたち。明日夕方には、不肖わたくしも恥ずかしながら、合流致します。(今週は、そういう週です。)可以登楼別館さんに荷物を運びいれ、トヨテック渡部社長に、家まで荷物とわたしを送ってもらいます。なべ氏にも、色々と動いてもらってて心強いものです。なぜだか青年会議所時代のブロック大会実行委員長の肩書きのことを、ロータリークラブに於いては一切伏せているのは気になるところですが、まあ気にしないことにします。(やったらできる子なのにもったいない。)それにしても桜も咲いて、良い時期にイベントができたものです。これから、桜を見ると、この年のロータリークラブでのことは大変だったなあ、などと思い出すのでしょうか。打ち上げは、かしわのはしもとさん、いわゆる「はしかし」さんで久しぶりに食事会をさせていただきました。お店の雰囲気はずいぶん変わりました。乾杯の挨拶は、遅れてきた才川食品社長 才川副実行委員長により行われました。「最近、才川くんに厳しいぞ」と多くの方々に言われたので、ちょっとこれからは線を引こうと思います。高島地域の若手のホープと目される才川くんに冷たくするなんて、おこがましい限りです。許してちょうだい。鶏をいただき、途中で眠くなり、居眠りなどして楽しく過ごしました。アカンなあ、疲れている。皆さんの話にも全然ついていけない。食欲だけはありますが・・締めはそぼろ丼。ごちそうさまでした。二次会は「華」さんで。皆さん、鮮やかに酔われており、かくいうわたしもそこそこ酔い、ところどころの記憶が曖昧になりました。そんな折ピノの抹茶の星を見られたのは、吉兆だと思うことにします。ごちそうさまでした。帰った時間もまったく覚えていませんでしたが、気付いたら関西アーバン銀行の田中支店長とネクタイを交換していたようで、ポケットに見慣れない一本が入っていました。皆さん、お疲れさまでした。

      2
      テーマ:
  • 11 Apr
    • 2017年4月11日、ロータリークラブ周年の前日。

      明日は所属する、高島ロータリークラブの周年の式典と祝賀会が行われます。わたしには、映像と音楽など、画面進行関係の役割が当たっています。そんなわけで、今日は前日準備です。 朝から仕事を始め、9時半に今西さんに機材を借りに行き、今津の可以登楼別館さん内のロータリークラブ事務局に向かいました。サンブリッジホテルさんに、機材を運ぶだけ運ぼうと思ったら、もう設営できるということで結局、午前中すべてを使って設営をしました。式典の会場。この左奥の画面をいかに大きく見せるか、というのがわたしの任務。借り受けたスクリーンを組み立て、パソコンとプロジェクターをつなぎます。音はパソコンから出ました。この時点では・・パソコンが一台しかないので、祝賀会の場所では接続テストができませんでした。まあ、今日のリハーサルくらいはなんとかなりそうですけど、明日は果たして。一通り、映像と音楽を流してみました。祝賀会会場では、とりあえずスクリーンを舞台から下へ移しました。思ったより時間が かかり、一旦会社に戻ったのが12時。工場に入り、出て、着替えたのが13時。13時半に集合し、ご飯を食べてないので鍋焼うどんを可以登楼さんにていただきました。 ごちそうさまでした。それから、17時半までリハーサル。おとがでない。野崎幹事が真面目にしない。大丈夫なのか・・?   わたしのいる場所から見た角度。ともあれ来日された友好クラブの韓国釜山の光復ロータリークラブさんをウエルカムするパーティーに出席するため、リハーサルは17時半で打ちきり。お迎えのパーティーは前川為夫さん経営の、白浜荘さんで行われました。国際的な雰囲気です。なかなか、会員さんが着座しません。わたしはさっさと座っていましたが・・すみません。お腹減ったなあ、と思いつつ開始を待ちます。本庄さんの司会です。和やかな感じ。会長あいさつのあと、光復ロータリークラブの会長さんから挨拶をいただきました。乾杯は、来年度の光復ロータリークラブさんの会長さんからしていただきました。わたしのテーブルは、若手のメンバーがいる日本テーブルなので、気楽なものでした。お刺身。お肉。椀もの。パイ。中身はとんちゃん。思ってたんと違うなぁ。サワラとなんとかのお料理。最後に、お食事。「お食事」。ご飯と味噌汁をさして呼ぶ、謎のセット名称です。デザートは、春らしいイチゴのものでした。ドムみたいに三連でいただきました。ビンゴ大会では、鳥居武さんが活躍。やり終えた感じ。英語で番号を読んだだけで(「31。サーティーワン。アイスクリーム。」とか)爆笑を生む才能を羨みます。会場は、盛り上がってましたが、あまり国際的でないところもあり・・まあ、これはこれかな。終盤には、時々プーチン大統領に見えるときがある川越副会長さんが、50才に見えない光復ロータリークラブの前年度会長に捕まり、「六甲おろし」を歌わされるというハプニングが。 でもちょっとだけ嬉しそう。いつもの、岸田こうすけ君から清水忠昭さんへの愛のやり取りを垣間見つつ、明日はうまく行くといいなあ、と思ったわたしなのでした。大丈夫かな?

      1
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 2017年4月10日、月曜日。

      月曜日。多忙な予定の今週と来週の中で、まだ本日までは、わたしは会社におります。スケジュールとして、明日昼から会社を出るのですが・・今日会社に居られて良かったなあ、と思ったのは、今日は小中学校の入学式の日となり、社員さんの中でも早退やお休みの方が居られたことです。また、会長=親父さんが平日ながらも法事に出向き、朝から15時まで不在でしたし、事務所に詰めているヨメも昼からほとんど不在でしたので、我がことながら、わたしが会社に居てよかったなあと安堵することとなりました。現場が手薄な中、用事以外はほとんど事務所に立ち寄れず、機織りに終始しました。幸い・・現場は、そんなに停まる機械もなく、全体的には調子が良い方だったと思えます。限られた人数の中での作業は、色々と頭を使うことも多いですが、そういうことがまた、少し楽しくもあります。お昼ご飯は、その間隙を縫って、11時過ぎにいただきました。焼きそばUFO。慌てて食べて工場に戻る必要があるのに・・ヨメによりこっそり湯切りをしてもらうときに、人に呼び止められたりしてなかなか大変な、やきそばの昼食でした。ごちそうさまでした。お昼は現場にて過ごし、午後からは13時から14時まで事務所で少し用事をして過ごしました。ロータリーの式典を控えているので、手直しなども必要なのです。その後、現場に入り、15時からの来客予定にあわせて事務所に戻ると・・まず会長が帰社し、そのあとヨメが帰社し、来客はこられず。来られたかな?と思ったら予想と違う銀行の支店長さん。帰られた直後、予定していた来客がお越しになり、無事に予定完了。目が回る。会長が帰社したので、少し自宅に戻り、夕方は家族をつれて、ひととき桜を見に海津大崎へ向かいました。七分咲き?(撮影・助手席の下の子。)明日は雨の予報なので、良いときに見られたと思いました。帰社して、19時まで機織り。お疲れさまでした。夕食は、金のハンバーグが出てきました。夕食を作る時間を割いて、桜を見にいったので、コンビニのおかずです。ごちそうさまでした。デザートは、昨日買ってきた水ようかん。ごちそうさまでした。明日から、イベント実行に向けて頑張ります。それまで少し用事をしておかないと!

      1
      テーマ:
  • 09 Apr
    • 2017年4月9日、福井行き。

      本日は、ロータリークラブのいわゆる「地区大会」が福井県で行われるということで、参加させていただきました。バスで、会場の「サンドーム福井」まで向かうということで、車中ではこの前の会員親睦研修旅行のような雰囲気です。ですが、高島でも周年のイベント関連を控えているということで、少し参加率はおさえ目、という感じでした。(若手はほとんど・・。)火曜日は準備と前日リハーサル、水曜日は朝から準備とリハーサル、昼前から式典、その後祝賀会。それ以外に、火曜日から金曜日にかけて来日される、友好クラブの韓国のクラブの方々へのおもてなしもあり、一週間をかけて、なかなかの日程なのです。おまけに、次の日曜日は職業奉仕関係のセミナーが京都で行われるとか。な、なんという日程。せめて、このバスの快適さの中で、少し休みつつ向かいたいと思う次第です。AmazonのKindleというタブレットで、最近出張の度に映画やドラマをみているのですが、今回も旅のお供となってもらいました。本当はベテラン会員さんたちのお話を聞いたりして過ごしたかったのですが、今週は如何せん、ロータリークラブ濃度が高すぎます。ちょっと希釈して薄めないと、持たない。9時半過ぎ、到着。(会場は鯖江市だけに、わたしの目も鯖のよう・・)開場後に、ステージではマリンバなどの演奏が行われていました。水曜日の式典を控えている身としては、そのスクリーンの大きさに目が釘付けです。横に20m、たてに5mくらいはありそうな。しかも地面から2mほど上げ、ステージの人たちに被らないように配慮されていました。勉強になる。10時に開会。参加された、高島のメンバーさんたち。今回のしつらえとして、参加クラブすべての紹介を、コメントと映像つきでされたことが挙げられます。 確かに良いことなのですがその代償として、全体として時間が押してしまい、最終的にはとんでもないタイムスケジュールのずれが。ガバナーといわれる地区の代表者の方である、刀根さんの挨拶の時にはそこまで押さないかも?と思っていたのですが。RI、といわれる国際ロータリー団体の会長のさらにまたその名代の方の、アドレスという名の挨拶は非常に長く、最終的には25分ほど押したように思われます。午前中の最後は、チアダンスの映画のモデルとなった福井商業高校のチアダンス部の演技を拝見しました。日本の学校が全米で一位、という点が仕組み的に頭に入っては来ないのですが、立派な演技だったと思います。会場の立派さ(風で冷えて寒いけど)や、アトラクションの派手さ(時間が押してしまいかわいそうだったけど)や、今回の大会に懸ける福井エリアの方々の並々ならぬ思いを感じました。昼食会場は、ドーム観覧席での食事となり、早めに野崎幹事により場所とりがされていた模様で、無事にメンバー揃って食べることができました。おもてなしのビールや、ラーメンには長蛇の列で、なかなか大変な大会だと思いました。お弁当も特別なもので、包装紙には地区大会の文字が。ガバナーの経営されている会社はお弁当屋さんだそうで。そこの製品だということですが、大変なことだと感じました。ごちそうさまでした。昼食後、午後からの講演なども楽しみにしていたのですが・・子どもたちのサッカー練習が天候により中止になったということで、わたしも少し父親らしいことをする、ということが求められ、帰宅することにしました。名札を返却し、一礼して帰ります。一緒に帰ることにした、清水忠昭さんにしても、明日はお子さんの入学式。ロータリーの概念である、大きな意味での奉仕の精神を実行する前に・・地区の川掃除を親に任せ、子育てに関して自身のやるべきことをヨメと子どもたちの自助に任せている状態を、わたしは少し反省しないといけません。大会への出席も大事。でもわたしの代わりは居られます。家族や会社には、わたしの代わりは誰もいません。帰り道、お弁当で足りなかったのでお蕎麦を食べることにしました。よく桜が咲いています。「森六」さん。メニューはせいろと、おろしそば。せいろともりとで、そばの太さが違う。おろしそば大盛り。おろしはかなりカラい。そして実はネギもカラい。目が覚めました。桜を見つつ、帰ります。帰宅したら、子どもたちとヨメは部屋の片付けの真っ最中。母屋のおじいさん、おばあさん(わたしの父母)と夕食にうなぎを食べることを励みにして、作業にいそしんでいたようです。わたしは、こういうファミリーでのことに組み入れてもらえなくなりつつあるなぁ・・自業自得なのですが。世界平和の第一歩は、やはり家庭の不和を減らすことなのかもしれない。そして夕食。子どもたちの食欲の、すごいこと。うなぎで孫を釣るとは、父母もなかなか祖父母としてベテランになってきた模様。わたしもお相伴。ごちそうさまでした。早く帰って、色んな方々にご迷惑はおかけしましたが・・わたしの中では、ロータリーに対しても、家族に対しても、とりあえずの面目は保てたような気がします。明日から、本格的にバタバタした日程が始まります。 身体と気持ちを整え、 臨みたい、と思う次第です。

      2
      テーマ:
AD

プロフィール

滋賀•高島の機屋サダ杉岡

性別:
男性
誕生日:
1971年7月23日0時頃
お住まいの地域:
滋賀県
自己紹介:
滋賀県に住んでいる自営業の40代男性です。糸を買い、工場で製織して売ることを生業としています。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

ランキング

総合ランキング
43027 位
総合月間
63787 位
オヤジ
148 位
ひとりごと
650 位

ランキングトップへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。