「アメリカに核攻撃を加える」と度々宣言している北朝鮮の核の脅威に備え、ハワイ州では、冷戦時代に作られた核シェルターの再装備がハワイ州議会の公共安全委員会で全会一致で可決されました。

 

4月17日にAP通信が報じたところによると、1980年代には核シェルターに大量の医療器具や食料、衛生用品などが備蓄されており、その後には資金が途切れて備蓄がないままの状態であった、とのことです。そして、今回の可決によって、核シェルターが再び「使える」状態になるということを意味します。

 

 

アメリカの核シェルターには、食料や応急処置に必要な医療器具だけではなく、放射線対策用のサプリなども備蓄してあることが多く、「生き残る」ために対策が施されています。

 

ABCテレビが報じたところによると、北朝鮮のロケットはハワイに到達できるまでの技術を完成させている可能性があり、米軍基地のあるハワイは格好のターゲットであるということです。

 

 

日本にも、米軍基地がたくさんありますから、北朝鮮が「アメリカを攻撃する」と言っている時に、日本国内の「米軍基地」もその中に入っていることを忘れてはなりません。


アメリカ西海岸に住んでいる私は、過去3週間の間に周囲の人たちに「日本がいまにも核で攻撃されるかもしれないと何度も言われました。日本では、地下街が発達しているので、早急に政治が対応して、ぜひもう少し深く掘って、せめて水や食料などを装備し、核シェルターの備えも急いだ方が良いようです。

 

日本に迫る戦争の危機

骨抜きにされた日本

中国の侵略政策

AD