Yoga Instructor 岡幸代

Yoga Instructor・岡幸代のオフィシャルブログ…


テーマ:
この石窟寺院は6~8世紀ごろに造られたそうで

{1A5DABDB-3845-441E-BE37-ACBE359B355B:01}

シヴァ神の神話にもとづく彫刻が施されています

{EBCB18EA-6B02-49FF-8091-5656AD534108:01}

踊るシヴァ神

{A7BE0C2C-42D6-4E57-A684-5E44F65C5432:01}

シヴァ神とパールヴァティ神との結婚式

{12F72C5D-E386-4905-9738-7EAF45A524F5:01}

高さ5.7m

左:破壊、右:創造、中央:維持

三面の顔が彫刻されているシヴァ神

{94FBF298-2558-4D8C-AFD7-185FF886156A:01}

男性と女性

両者の調和があって一つを成すことを一体のシヴァ神で表現しているのでしょう

{149586B8-9BCE-492D-AA4C-B30FACD28E57:01}

瞑想するシヴァ神

{E3AB23AF-4DB9-4A4E-9D40-D3B380EDB997:01}

シヴァ神を象徴するリンガが中央に祀られています

数多くの石窟はシヴァ神の日常が豊かに表現されています

神と自分の存在を身近に感じました

そしてこの彫刻はノミ一本で彫り上げたという驚愕の事実

観るものを圧倒します






AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
エレファンタ島

ヒンドゥ教のシヴァ神を祀る石窟寺院です

インド門裏から船で約1時間

その後

{AA659966-87DF-4A9E-9839-CA26E58F22ED:01}

可愛らしい電車で約15分

{23CED9F7-4DB5-405D-9FA7-EE2647155006:01}

そこからは

階段をテクテク登って行きます

途中

{D20A660A-520E-461A-BAC2-37368C22042B:01}

猿たちの歓迎も受けながら

{CC44094E-396B-4E23-9932-54DA48005067:01}

階段を登ること10分ほど

まさかの汗だく

世界遺産は簡単にはお目にかかれないのね

{1D047063-E849-4215-BFE0-38650EE47EF5:01}

籠に乗りたかったわ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2014年10月23日

インド、ヒンドゥ教の三大祭にあたるディワリでした

私達はインド滞在中その光景に出会うことができました

ディワリは、豊穣や収穫・お金の神とされる女神ラクシュミーに祈りを捧げます

光の列とも呼ばれるこの祭典

人々はお洒落をし、町中の家や木々などは煌びやかな装飾を施します

{C70E884B-64C1-4181-8090-F7C46DA980F3:01}

花々も絵画のようです

夜になると、ろうそくや照明でライトアップされそれはそれは華やかです

町中がクリスマスツリーのようでした

そして花火や爆竹が鳴り響くのです

煌びやか華やかさは女神ラクシュミーの象徴だと聞きました

その象徴をインド全土で体現し祈り捧げるのですね

{693A5931-50A1-4D56-812E-05EDFEEF32D5:01}

貴重な体験でした

Happy Diwali














AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
学校の食事は野菜と豆、ハーブをたっぷり使っています

スパイスの刺激も油も最小限です

ある日のお昼ごはん①
{72398DAC-49B6-40FF-9AD2-E6E70FFF39BA:01}

{E20CD58A-D682-4066-968C-FE8ECACBDF5C:01}

おやつ
{318FC9CA-7B21-42B3-A03B-F06CC204997F:01}
これは米を粉々にし固めて蒸したもの


ミルクにハーブと生姜を入れた甘く温かい飲み物

{A6AE974D-E309-42BC-8371-CE2E9B048174:01}
ここで頂きます

{6EAECA8F-651C-4BCC-B2CF-63BFF2462EE5:01}
これはチャパティを作っているところ

インドの一般家庭では全粒粉を使った薄いパンを焼きます

{DC464DC3-9288-44C0-B60F-0744BEA2ED4F:01}
給仕さんたち

全て身体に負担をかけない食事です

これでいい、これで充分なのよねと身に染み入ります

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
3日目は午後から子供達と触れ合う時間がありました

Kids camp Bhavas

小学校の課外授業といったところでしょうか、5歳から12歳までの子供達がこの学校に集まっていました

Bhavasとは私達のカタチを作っているものの総称です

道徳心などの生活の基礎、身体の扱い方を知ることなど、自分の中に流れているもの全てをいいます

そのBhavasについて先生と大勢の生徒達が意見交換するのです

テーマは「お友達と仲良く過ごす」

こんな感じかな…と思います

お友達に痛い思いをさせていないか

ウソをついていないか

そうしないためにはどうしたら良いか

それを見つけたらどうするか

先生の質問に子供達は積極的に答えていました

{54FEB70C-2F55-43EF-976E-5B90C656890F:01}

素晴らしいディスカッションの後はアクティビティで身体を動かします

このアクティビティに私達も混ぜてもらいました

{4B4A0DB3-2F18-4EEA-8562-866D35896EB4:01}

ボールの受け渡しを競ったり

{AACDA01B-6DED-4E39-9248-676367359AE2:01}

飛んだり

{9B5F9FE5-887D-4862-B746-DF814D54381C:01}

跳ねたり

{0A6C3C18-520B-49CB-9EDC-A1CE2D356A5C:01}

子供達の笑い声はパワーに溢れています

シンプルはキレイなのです

{60EE8BDC-522B-477E-870C-E6E3618FDE91:01}

{D2505ABA-1142-454C-9127-C40033B5DB98:01}

{0EADBE02-51A0-4745-AC05-1F8D6F56030D:01}

{FE8238DB-D625-4DCE-A61A-A093275EFA19:01}

{9CAD8406-2F50-4BFC-A86B-430E43D9A42C:01}

{0B5A43BF-2D1B-4CB9-88C8-3733D06ED080:01}

{EF005346-641C-4E86-94BF-5EAD1DA1003F:01}

{D29A8EE9-C4F0-474A-BA0A-D203ECA2AE7E:01}

{8A15FE3D-9FB9-4BEB-A0E3-2F0CD774D2A9:01}













いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
講義の一つ

Conceptual Games

3人のチーム毎に渡されたのは

・数字とアルファベットがたくさん書かれている紙

・青と白のビーズ

・5つの部屋に分かれた容器が4つ

チームで分担を決めて一つ一つ間違いのないように作業していきます

教えてくれるのはGameの方法だけ

その先のことは見えません

チームメンバーであれこれ考えながら見えないものを作り上げていきます

{AD7F668C-0925-42BC-9EDD-85E813063DF4:01}

浮かび上がってきたのは

「SMILE」

{EF9B47EA-1976-49C0-A2D9-56E2D75716E2:01}

見えないものに向っていくことは

色々な方面から思考することが必要です

その思考は様々な発見につながります

{9D1BA420-6E86-4E85-BDD1-D44BE6BC6222:01}

そしてその思考という道のりは

柔軟な心を与えてくれます

なによりその道のりが宝物になります

{D48EB17F-2D20-4E98-8E7E-9B9F83242961:01}


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
この学校は1918年に創立しました

当時はジャングルのように緑豊かで静かな環境だったそうです

{1341371D-4F31-47D8-AEC9-BCCCE6EDEB0B:01}

しかし人口が増え経済が成長するにつれて住民が多く住み始め、近隣に飛行場も開港しました

私がこの場所に来て驚いたのは、真上から轟音とともに飛んでくる飛行機のエンジン音でした

飛び去るまで一旦講義は止めなければならず、その回数は数え切れないほどです

{E8632177-D766-42A1-B185-90BDAF1DA87E:01}

その環境の中でHansaji先生の講義には改心せざるを得ませんでした

「物事の変化をありのまま受け入れること、それが自分の人生なのです」

「変わっていく中で自分のベストを尽くすしその状況を楽しむことです」

「周りを変えようとするのではなく自分の受け皿を大きくして受け入れます」

私はこの飛行機の轟音を抗議しなかったのかと考えていました

もちろん先生も考えたそうです

工夫次第

考え方次第

問題は常に起きるけれど留まっていないし、いつかは消えるものです

自分のするべきことを一つ一つ実行することが、受け入れるということ、なのです、ね

{DCB8A4F3-709C-477E-92E1-6338A2A7D403:01}
(Hansaji先生)

この環境で自分がするべきことに集中したとき、エンジン音と先生の声が分離しました

轟音はあまり気にならなくなり、先生の声がはっきり聞こえるようになったのは驚きでした

{F594048E-B1ED-45F0-A4D3-2F4EED4103AD:01}
(学校の前の道)






いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
Studio Beauraは10月で4周年を迎えます

皆さまに感謝を込めて

10月13日はBeaura Yoga Festを開催致しました

{448D7540-FAF6-407D-A1E8-DFA4F9CBD769:01}

その中で私は「ヨーガ・ニドラー」を担当しました

ヨーガ・ニドラーとは

意識は起きたまま体だけ眠っている状態へ導く積極的なリラックスの技法です

ん?でしょ

普段私たちは睡眠することで心身のリフレッシュを図ります

しかし寝たのにスッキリしないとか何度も目がさめるといった経験はありませんか?

寝ているようで休めていない状態です

私たちが生活する環境は外的ストレスと常に触れ合っています

そのストレスを抱えたまま眠ってしまうと抱えたまま目覚めてしまうのです

いーえ全くありませんという声も聞きます

ストレスは日々の蓄積ですから慢性化している場合もあります

ヨーガ・ニドラーを実践すると

意識は起きているのに肉体の感覚がなくなっていきます

その時

ふっと心身の煩わしさがとれていくような解き放たれたリラックスを感じることができます

なんとも幸せな気分です

この言葉を思い出しました

「幸せは外にあるのではなく自分の中にある」

{8838715F-C230-4CCD-B0DF-9781CE9AC250:01}

4周年にお花を頂きました

ありがとう













いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
10月16日~23日までインドへ行って参ります

いつもとは違う環境に身を置き学びを得られること

そして

その間代行を引き受けて下さったインストラクターの皆様

感謝致します

カレーと共に多くの学びを吸収できるよう精進して参ります



{72296C51-275E-4FCD-B9EA-AE8F3A7F69BB:01}














いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード