「こころとからだの平和のバトン」


これは、広島市西区太光寺の副住職東和空さんの発案で、天城流湯治法 杉本錬堂さんから始まったものだそうです。


私へバトンを繋いでくれたのは
子育てサークルゆうりんく代表の
優子ちゃんからです(*^^*)


三日間連続で
「こころとからだの平和」について
ブログをするということで、
特にテーマは無いけど、
感じたままに更新したいと思います🎵




まずは、今日感じたこと(*^^*)



昔からあなたの笑顔はいい笑顔ねと
言われることが多くて、
自分でも嬉しくて笑顔でにこにこすれば
周りを笑顔にさせられると思ってました。



でも、笑顔でいるのは外にいるときだけ。

家に帰ればぐったり疲れていたんです。





子育てしてても同じ。


外に出掛けているときは

にこにこ笑っていいお母さん。


ママ友からは、怒りそうにないとか、

怒ってるイメージないとか、

ほんわかしててイライラしなさそうって、

言われてばかり。


ところがどっこい(笑)


家ではイライラしまくって、

子供や主人に当たり散らし、

汚い言葉、子供叩く、メチャメチャです。


もちろん、穏やかな時もありますよ(笑)



でも、笑顔ではない。(  ̄▽ ̄)



笑えない。(  ̄▽ ̄)




外で笑顔作りすぎてたんやと思います。



心は泣いてました。





でも泣けなくて、

家のなかで

他人にはわからないところで

感情を怒りにまかせてたんです。




不安な気持ち、

寂しい気持ち、

辛い気持ち、

悲しい気持ち、

このネガティブな気持ちを

他人に見せるのは良くない、

恥ずかしいと思ってました。


だから、頑張って隠してました。


ネガティブな気持ちを聞いた人に

心配をかけたくなかったし、

その人をネガティブに巻き込みたくなかったんだと思います。



なかなか、自分で辛いと言えない。

昔からそうだったんかなぁと。


今日、つねよしちあきさんのお話を
聴いて、私の心が軽くなったんです✨



泣きたいのを我慢して、

それが怒りになって、

外では笑顔の仮面をつけて振る舞うことで

自分を押し殺してたんだなぁって。





なーんだ!




泣いたらいいのかな(笑)



不安な気持ち、

辛い気持ち、

悲しい気持ち、


そんなネガティブな気持ちを

さらけだすというか、

隠さないでいいのかなって。



また、

悲しい気持ちは優しさへ、

さびしい気持ちは繋がることで、

絶望は希望へ、

不安な気持ちは備えることへ、

ポジティブな変換にできるようにすればいいんですね~✨



そんなお話をしてくれた

つねよしちあきさんに感謝します✨




本当にありがとうございます✨





頑張らなくてもいい。



この言葉、よく聞くけど、

なんたがしっくりこなかったんです。




笑顔の仮面の話を聴いて、

こういうことやったんか~!


なるほどー!


子育てを楽にするには、


まず、自分が楽にならないといけないんやなって思えました~(≧∇≦)




そう思えたら、今日は2回くらいしか

怒らずにすんだ~(≧∇≦)



って、普段どんだけおこってんねん(笑)




いやいや、かなりの成果です(*^^*)




もっともっと自分が楽になれるように、

明日もバトンブログを通して

自分を見つめていこうかな❤(≧∇≦)











AD

コメント(2)