Heal the World ~カルマカウンセリング・カンボジア支援

カルマカウンセラー江見佐智恵のプライベートブログです。

身近な出来事からカルマの理論についてのお話やカンボジア支援の報告レポートを書いています。


テーマ:
Y様のご支援による井戸が完成しました。

カンボジアの建設支援会社 KHJ Constructionsから届いた写真と報告書の内容です。


==========================

井戸建設報告書 
チョットロサールレアスマイミェニチャイ寺

==========================

チョットロサールレアスマイミェニチャイお寺に井戸建設が完成いたしました。
お坊さんをはじめ村人がとても喜んでいます。

とくにお坊さん達がこの井戸の水を浴びたり、飲んだり、ご飯をたいたりしています。

でもその井戸はお坊さん達だけが使うのではなく、お寺の近くに住む村民たちも使っています。きれいな井戸が出来てお坊さんも村民達がとても、便利になりました。


まだ完成していないときにも村のこども、遊びに 来ていました。


お寺住職のイェン ピーロムさん

新しい井戸が出来て、私はとても嬉しいです。これからは乾季になったので、私たちのお寺では今特に水が必要になっています。


井戸ができて、支援者の方になにもお返しすることはできませんが、心から気持ちをこめて感謝いたします。

井戸を支援して下さり、本当にありがとうございました。


                        KHJ Constructions.

===========================


井戸を建設したお寺の様子です。お寺も工事中のようです。






お寺には古い井戸はあるそうですが、かなり老朽化しており、乾季になると、ほとんど水がでなくなってしまうとの事でした。


お坊さん達が、ここに井戸を作って欲しいと言っています。


井戸建設前のお坊さんからのメッセージです。


■イェン ピーロムさんの話

私はチュットロサールレアスマイミェニチャイお寺住職のイェン ピーロムです。40歳です。お寺にはお坊さんが20人います。

この村は、水が足りない地域なのでお坊さんと村民にとって、とても大変です。

最近皆さんは水問題に苦しんでいます。昔の井戸がありますが、今は使えません。その昔の井戸は元々お坊さんと村民が使っていました。

もしも井戸を建設してもらえたら、私達はとても嬉しいです。


■シノンさんの話

私はチュットロサール レアスマイミェニチャイお寺の学生のシノンです。12歳です。

私の家族は貧乏ですから、7歳の時にお坊さんになりました。最近はお寺でも水問題があり困っています。


---------

カンボジアでは、少し大きな村になると、村の中心部にはお寺があり、村民の心の支えとなっています。

村で行事ある場合には、お坊さん達も参列し、お祈りを捧げます。

学校がない貧しい村では、お坊さん達が子供達に勉強を教えていたりします。

シノンさんのように、お寺にはまだ幼いお坊さんも多くいます。家が貧しい事から出家する場合も多いようです。

お寺は、村人の憩いの場所になっています。

井戸ができた事で、今まで以上に多くの人達がお寺に集まり、これからの村の発展の一助になるのではないかと思います。

Y様、貴重な支援をありがとうございました。




■カンボジア井戸建設支援に関するご案内は下記よりご確認ください

◎カンボジア井戸建設支援について
◎井戸建設をお考えの方へ

AD

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

江見佐智恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。