Heal the World ~カルマカウンセリング・カンボジア支援

カルマカウンセラー江見佐智恵のプライベートブログです。
身近な出来事からのカルマの法則からの考察やカンボジア支援の報告レポートを書いています。

多くの方のご支援により2014年11月、
コンポンチャム州・セダー区・サインチョムラーウン村に、2校目の小学校「MAT小学校」を建設することが出来ました。

総額5,182,500円のご支援をいただき、5教室の小学校を建設することができました。

沢山のご支援ご協力、本当にありがとうございました。


MAT小学校(1)




テーマ:

ブログ、メルマガ、HPにてアナウンスさせていただいております、「カンボジア小学校建設支援チャリティーセミナー」を、2月18日に開催させて頂きます。



開催まで、あと2日となりましたが、実は、受講の席に余裕がありまして、特別な内容も含む講座ですので、よろしければご来場いただければと思います。(ご連絡なく当日来場いただいても大丈夫です)

 

特別な講座の中身なんですが、今回のセミナーは、二部構成になっております。
 


第一部は、これまでバラコミ(カルマ論、自然動)を学んで来られた方から有志を募り、それぞれにその有効性を実感している内容について話して頂きます。
 


これは、有志の方々が日常生活や仕事の中で実感し、なおかつ有益だと感じている内容です。学んで頂くことで、カルマの法則(自然動)を日常的に活用、応用しやすくなると思います。(参加講師が、ご来場いただける方のために、各々工夫をこらした内容になっています)
 
 
第ニ部では「遺産相続とカルマ」をテーマに、私(江見)が今回のチャリティーセミナー向けに特別な内容をお話し出来ればと思っています。これは、一般講座としては、まだ公開していない内容を含むもので、これも有益な講座に仕上げています。

 

 
具体的なテーマとしては、「相続で受け取るお金の怖さと、その制御方法について」です。相続財産は受け取る人の人生を潰しかねない程、カルマの影響の強いものなのですが、特にその制御方法については、一般的には知られていません。



今回は具体的な「相続のカルマの制御方法の基本」について、詳しくお話しさせていだたこうと思っています。
 


※相続に縁のない方へ…実感は難しいと思うのですが、私たちの研究して来た結果では、数十年後の相続のカルマの影響が、すでに顕れていたり、両親の相続のカルマの影響で子供にトラブルが発生する場合もあるようなのです。



近い未来に相続の予定のある方はもちろんですが、現在、相続の予定はない方にとっても、是非知っておいて頂きたいと思う内容です。

 

お忙しいと思いますが、まだまだ席に余裕がありますので、是非、是非ご来場いただければと思います。(よろしければ、お誘い合わせの上お越しください)


■日時
2月18日(日)13時~16時 《途中入退場出来ます》
※12時半開場
 
------------------------------
(第1部)13時~15時 
バラコミ有志によるチャリティーセミナー 
体験談や法則などを交えながら、その有効性を実感している内容についてお話して頂きます。

(第2部)15時~16時 
(特別セミナー)「遺産相続とカルマ」講師)江見佐智恵
------------------------------
 

 
■【セミナー会場】
心斎橋Join
大阪市中央区西心斎橋1丁目9-31 辻本ビル 4階
(06-4963-2223)

http://shinsaibashi-join.jp/access/
地下鉄心斎橋駅7番8番出口 徒歩1分
心斎橋OPAきれい館西隣

 

 

■【会費】
1000円
(全額カンボジア小学校建設費用に寄付をさせて頂きます)  


 
■【ご支援特典】

(当日ご来場頂いた方、および、寄付にてご支援頂いた方)
 
★1)「努力のコツ・勉強のコツ・能力開発のコツ」の小冊子(全196頁)を進呈致します。
この小冊子は、私の『カルマ学と自然動の師匠』に特別に執筆をお願いしたものです。

 

 

★2)「遺産相続とカルマ」のテキスト(全17頁)を進呈します。
こちらは「お金のカルマの本質講座」のテキストの一部です。第2部「遺産相続とカルマ」の補助テキストとして使用します。
 
★3)<お土産>クロマ―
「クロマー」は、カンボジアの万能布です。日よけ、タオル、スカーフとして、カンボジアの人が日常的に使っています。
 
★4)ご寄付頂いた方のお名前を、建設地のプレート(石碑)に記載させて頂きます。(希望されない方はその旨ご連絡下さい)

 

 
■参加お申し込み

info@balacomi.com まで「チャリティーセミナー参加希望」とご連絡ください。
 
複数名での参加の場合、代表の方が「〇名」と書いて頂ければ大丈夫です。
 
当日の人数把握の為、確定でなくとも「参加してみようかな」という方もお申し込み下さい。(連絡なく当日に来ていただいても大丈夫です)

 

 

■下記は(来場以外も含む)チャリティー協力方法です。
 
◎当日セミナーにご来場いただく

info@balacomi.comまで、
「チャリティーセミナ―参加希望」とご連絡ください。
 
◎寄付のみでのご協力
(振込専用口座 郵便振替00960-2-182542 
名称 バランスコミュニケーションチャリティー基金)

★重要)小冊子等送付の為、送付先ご住所を info@balacomi.com までご連絡ください。
 
◎お知り合いにセミナー開催をご紹介いただく(このメールの転送など)




■3校目の小学校建設に向けて…
 現在、3校目のカンボジア小学校建設に向けて活動を継続しております。目標としている4教室の小学校建設の費用は約500万円です(現在集まっているご寄付は約350万円です)
 

小学校の耐用年数は約50年です。支援者の方のご支援が学校という形となって、末長くカンボジアの貧しい村の子供達を支援し続けることになると思います。
 

建設に至るまでには、まだまだ時間はかかるかも知れませんが、ご支援、ご協力頂けるお気持ちが、私共にとって大きな力となり、大きな励みとなっています。
 

カンボジアの子供達の勉強や就業の可能性、未来の可能性の拡大に、どうかお力をお貸しください。
 

 

■最後にバラコミ的(カルマ論)な観点から。
カンボジアへの小学校建設支援(途上国への教育制度に関する支援)は、これからの日本を担う未来の子供達の教育制度の発展、ひいては日本の発展にも、とても有益なカルマを積むことになると思います。

 
つまり、カンボジアの小学校の建設支援は、日本の未来への道、日本の子供達の将来の道を造るための、一枚の敷石のようなものだと考えられるのです。
 どうかご協力いただければと思います。よろしくお願いいたします。
 

長文お読み下さりありがとうございました。
 

チャリティーセミナー開催直前の、無理なお願い申し訳ありませんでした。

今後ともよろしくお願いいたします。いつも本当にありがとうございます。
 

 
お問い合わせは

info@balacomi.com
まで宜しくお願い致します。




 

バランスコミュニケーション

江見佐智恵

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

■チャリティーセミナー開催■
(カンボジア小学校建設支援)

日時)2月18(日)13時~16時 
場所)心斎橋Join
会費)1000円 (全額チャリティーです)
▼詳細は、こちらよりご確認ください。

 

【カンボジア支援(寄付および支援内容)のご報告】 

2018年1月18日現在(2009年7月より)



■これまでの寄付総額:  21,077,876円

【内訳】
○カンボジア小学校建設:12,772,068円
○カンボジア井戸建設:  7,126,634円
〇子供達へのプレゼント:   195,000円
○クリスマスチャリティー :466,850円
○ルーツ研究会活動寄付(バラコミチャリティー基金開設前)
 ・セーブザチルドレン:437,324円 
 ・井戸支援:80,000円


※バラコミでは、活動費・運営費など一切の諸経費は全額自己負担しています。頂いた寄付は全額現地に届けています。

■これまでの支援実績

○小学校 2校(YEB小学校、MAT小学校)
○大型井戸 20基
○小型井戸 73基


■これまでのおもな活動・イベントについて
http://www.balacomi.com/article/15109833.html
 


現在、3校目の小学校建設に向けて活動を継続しています。
(2018年1月18日現在、3,466,136円のご支援を頂いております)

※約500万円で、4教室の小学校を建設することができます。

---------------------------------------------------------

おかげさまで、バラコミとしてカンボジア支援活動(井戸建設・小学校建設)を始めてから9年目を迎える事ができました。 

これまで多くの方にご支援頂き、支えて頂くことで、活動を継続することができています。本当にありがとうございます。

多くの方からの支援の力と、バラコミの有志やメンバーの活動により、これまでにカンボジアに2校の小学校(YEB小学校/MAT小学校)、大型井戸20基、小型井戸73基を建設することが出来ました。

おかげさまで、引き続き3校目の建設に向けて、活動を継続することができています。本当にありがとうございます。

現在、YEB小学校、MAT小学校、それぞれの小学校に、総勢400名以上の子供達が、毎日元気に学校に通っています。

しかし、ご支援により学校が建設できるまで、どちらの村にも学校はなく、子供達は厳しい環境を強いられていました。

学校ができる前の、それぞれの村の様子について、少し書きたいと思います。

【YEB小学校】2012年建設

YEB小学校が建設されたサインチョムラーウン村には、それまで学校が全くありませんでした。

この村は川に囲まれている為、隣村にある学校まで小さな手漕ぎのボートで川を渡って、子供達は学校に通っていました。

貧しい家の子供は、家にボートがない為、近所の家のボートに乗せてもらうのですが、授業が終わる時間がまちまちなので、ボートに乗れない時には、泳いで帰らなければなりませんでした。

また、小さな子供はボートから落ちておぼれる危険がある為、1年生になっても学校に通えず、10歳~12歳でようやく小学校に通える子供達も数多くいました。

そんな学年遅れの子供達は、せっかく学校に通えるようになっても、勉強についてゆけず、途中で諦めてしまう事が多いということでした。

このような環境のため、村の識字率は非常に低く、約80%もの人が読み書きができない状態でした。

その為、村人達の仕事は制限されてしまい、多くの人達が貧しい生活を強いられていました。

【MAT小学校】2014年建設

学校ができる以前は、わらぶき屋根を木の枝で支えただけの、壁もなく、雨もしのげないような小さな小屋で、子供達は勉強をしていました。

50人も入ればいっぱいになる小屋に、150人以上の子供達が通っていました。

そんな粗末な小屋でも、勉強する為に、10キロ以上も離れた場所から通っている子供もいました。

授業は3交代制で、先生はたった2人しかいませんでした。

また、雨季(5月~10月)になると、毎日雨が降るため、雨風をしのげない小屋では授業を行うことは出来ません。

そのような環境で、子供達は十分な教育を受ける事ができませんでした。
 

 


最近では経済的に発展を続けているカンボジアですが、少し田舎にゆくと、そのほとんどが貧しい村で、十分な教育を受けられていない子供達が大勢います。

村では仕事がないので、家族の生活を支える為、若者の多くが出稼ぎにゆきます。

しかし、まともな教育を受けていないために、低賃金の限られた仕事にしか就くことができず、貧困から抜け出せない状態が続いてしまうのです。

 

村に学校ができることで、

 

■村に多くの人が集まり、村全体が活性化する。

■村の生活環境の改善と生活レベルの向上に大きな力になる。

■村に住む人たちに大きな希望が生まれ、生きる糧になる。

■これから学校に通う、数千人もの子供達と、その家族の人生が大きく変わる可能性がある。

■ひいては、カンボジアという国の未来の発展にも影響するものである。

 

 

活動を続ける中で、このような可能性について、強く実感することができました。

 


日本の一般人である私達のお金が、カンボジアの数千人かあるいはそれ以上の人達に対し、「教育により未来への可能性に貢献できる」ということが、どれだけ価値のあることか、どれだけ大きな可能性を生みだすことができるのか、について強く感じることができました。

【井戸建設支援について】

都市から離れ、少し田舎に入ると、電気もガスも水道もない、貧しい村になります。

貧しい村では、村人達の力で井戸を建設することは難しく、安全な水を飲むことも使うこともできません。

以前、視察で訪れた時、貧しい村のおばあさんは、川で汲んだバケツ2杯の水を、飲み水から水浴びまでの1日分の水だといい、大切に使っていました。

ある男の子は、毎日の食事に、おかずはほとんどなく、雨水の溜め水で炊いたご飯に、しょう油をかけて食べていました。

それでも「毎日ごはんが食べられるだけうれしい」と、男の子は話していました。

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.

 


私自身、カンボジアの支援活動を始めるまでは、このような世界の貧困について、いくらTVや記事などを通して情報を目にしたとしても、それは自分には関係のない、遠い世界での出来事でしかありませんでした。

しかし有難いことに、バラコミの支援活動に関わることで、まだまだほんの入り口かもしれませんが、そのような現実を見たり、肌で感じたりする事ができました。

そして、現在の日本に生まれて来れた事、これまで自分が当たり前のように学校に通ってこれた事、蛇口をひねるときれいな水が出る事にも、ほんの少しかも知れませんが、感謝できるようになりました。

同じ時代に生きる、同じ人間として、たまたま日本という豊かな国に生まれる事ができた私達が、何かほんの少しでも、役に立てることができればと、そんな気持ちで活動を続けています。


これからも、お預かりした寄付を、1円の無駄もなく、有効に活用できるよう現地に届けたいと思っております。

そして、可能な限り「目に見える支援」を続けてゆきたいと考えています。

また、支援者の方にとって、信用できる支援窓口の候補として、大事にしていただけるよう、これからも誠実に活動してゆきたいと思っています。

どうか今後も「支援の窓口としてのバラコミ」をよろしくお願い致します。


バランスコミュニケーション
江見佐智恵

 

 

【振込み専用口座】
〈郵貯銀行〉
00960-2-182542
バランスコミュニケーションチャリティー基金
 
〈一般銀行からお振込み〉

郵貯銀行
0九九支店(ゼロキュウキュウ支店)
当座0182542
バランスコミュニケーションチャリティー基金

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

おかげさまで、バラコミとしてカンボジア支援活動(井戸支援・小学校建設)を始めてから9年が経ちました。
 
多くの方にご支援頂き、支えて頂きながら、活動を継続することができています。本当にありがとうございます。
 
かなり久しぶりになってしまいましたが、2月18日(日)チャリティーセミナーを開催させて頂きます。
 
お時間許せば、是非ご参加頂けると嬉しいです。
 
どうぞよろしくお願い致します。

※これまでの寄付、および支援実績つきましては、追ってご報告させて頂きます。
 

 

 

 

【チャリティーへの参加方法】
1)チャリティーセミナーに参加
2)寄付での参加


  
■1)チャリティーセミナーに参加
 
【日時】

2月18日(日)13時~16時
(12時30分より受付開始)
 
【場所】 

心斎橋Join
大阪市中央区西心斎橋1丁目9-31 辻本ビル 4階
(06-4963-2223)
http://shinsaibashi-join.jp/access/
地下鉄心斎橋駅7番8番出口 徒歩1分
心斎橋OPAきれい館西隣
 
【会費】

1000円
(全額カンボジア小学校建設費用に寄付をさせて頂きます)

【特典】

(当日ご参加頂いた方、および、寄付にてご参加頂いた方)

★1)「努力のコツ・勉強のコツ・能力開発のコツ」の小冊子(全196頁)を進呈致します。
この小冊子は、私の『カルマ学と自然動の師匠』に特別に執筆をお願いしたものです。
 
★2)「遺産相続とカルマ」のテキスト(全17頁)を進呈します。
こちらは「お金のカルマの本質講座」のテキストの一部です。第2部「遺産相続とカルマ」の補助テキストとして使用します。

 

【チャリティーセミナーの内容】
 
~(第1部)~
13時~15時 バラコミ有志によるチャリティーセミナー 
体験談や法則などを交えながら、その有効性を実感している内容についてレクチャーして頂きます。
 
~(第2部)~
15時~16時 (特別セミナー)「遺産相続とカルマ」
(新企画)「お金のカルマの本質講座」より、「遺産相続とカルマ」の内容について、今回特別にチャリティーとして提供させて頂きます。 


 
【参加のお申込みについて】

チャリティーセミナーにご参加頂ける方は、お名前を明記の上、info@balacomi.com 宛に「チャリティーセミナー参加希望」と書いてお申込みください。
 
当日、会場にてチャリティーBOXを設置しております。善意のチャリティーへのご協力もございましたら、よろしければお願い致します。
 

 
■2)寄付での参加
 
ご寄付での参加も承っております。

 

ご寄付にて参加頂いた方には、

◯「努力のコツ・勉強のコツ・能力開発のコツ」の小冊子(全196頁)
◯「遺産相続とカルマ」のテキスト
(全17頁)


を郵送させて頂きます。

 

 

※現在、テキスト編集中の為、小冊子、およびテキストの送付は、チャリティ―セミナー終了後になります。ご了承ください。


※小冊子の送付の都合上、住所が必要になりますので、可能であれば郵貯銀行からお振込み下さい。

一般銀行ATMからお振込みの場合は、こちらの手元に住所が届きません。お手数ですが、お振込み頂いた後、info@balacomi.com 宛に送付先のお名前とご住所をご連絡ください。
 
※すでに「努力のコツ・勉強のコツ・能力開発のコツ」の小冊子をお送りさせて頂いている方には、「遺産相続とカルマ」のテキストのみ送付させて頂きます。
 

 

【振込み専用口座】
〈郵貯銀行〉
00960-2-182542
バランスコミュニケーションチャリティー基金
 
〈一般銀行からお振込み〉

郵貯銀行
0九九支店(ゼロキュウキュウ支店)
当座0182542
バランスコミュニケーションチャリティー基金

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

新年あけましておめとうございます。

 

いつもバラコミの活動を応援して下さり、ありがとうございます。

 

実りの多い、豊かな一年になりますように、心からお祈り申し上げます。

 

カンボジア井戸建設支援、小学校建設支援の窓口として活動を始めて、今年で9年目を迎える事ができました。

 

活動を始めてからここまで、

 

小型井戸  73基

大型井戸  20基

小学校建設 2校(YEB小学校、MAT小学校)

 

の支援させて頂くことができました。

 

ご支援頂き、応援して頂き、本当に沢山の方に支えて頂き、活動を継続することができています。

 

本当にありがとうございます。

 

今年は、3校目の小学校建設の実現に向けて、自分にできる事をコツコツと、誠実に頑張ってゆきたいと思っています。

 

この環境を与えて頂いている事に感謝しています。


いつも本当にありがとうございます。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

2018年元旦

 

バランスコミュニケーション

江見佐智恵

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もあっという間に、年の瀬になりました。

 

年を重ねるごとに、一年が過ぎるのが早いと言いますが、本当にその通りだなぁと感じます。

 

今年は、諸事情により休載させて頂いたブログ(お仕事ブログ)を再開することができ、新たな講座開催に向けての、学びを深めることができました。

 

こちらのプライベートブログについては、中々更新できずで反省しております。来年からは、もっと定期的に更新できるようにしてゆきたいと思っております。

 

また4月には、多くのご支援により建設させて頂いた、カンボジアの「YEB小学校」「MAT小学校」に訪問することができました。

 

多くの皆様のご支援により建設された2つの小学校に、毎日沢山の子供達が、元気いっぱいに通っている様子を見る事ができました。

 

ご支援により、学校が建設できたことへの感謝と、この活動を継続させて頂ける環境を与えて頂ける事への、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

来年2月には、チャリティーセミナーの開催を計画しております。

 

3校目の小学校建設の実現に向けて、来年も頑張ってゆきたいと思っています。

 

いつも支えて頂き、本当にありがとうございます。

 

どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。

 

バランスコミュニケーション

江見佐智恵

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。