Heal the World ~カルマカウンセリング・カンボジア支援

カルマカウンセラー江見佐智恵のプライベートブログです。

身近な出来事からカルマの理論についてのお話やカンボジア支援の報告レポートを書いています。

多くの方のご支援により2014年11月、
コンポンチャム州・セダー区・サインチョムラーウン村に、2校目の小学校「MAT小学校」を建設することが出来ました。

総額5,182,500円のご支援をいただき、5教室の小学校を建設することができました。

沢山のご支援ご協力、本当にありがとうございました。


MAT小学校(1)




テーマ:

絵本作家の平良陽子さんから、今年もカレンダー販売のご案内をいただきました。

 

平良さんにはバラコミ発足時、支援活動を始めるきっかけとなった「ルーツ研究会」主催のチャリティーセミナーの頃からのご支援を頂いています。

 

当時チャリティーセミナーでお配りしていた「はなみずきの根っこ」の表紙と挿絵も平良さんに書いていただきました。

 

毎年、チャリティー活動の為に作品を制作、カレンダーに仕上げ、その売上代金を寄付されています。

 

カレンダー制作かかる経費などもすべてご自身で負担しながら、活動を続けておられます。

 

1校目のYEB小学校の建設、そして2校目のMAT小学校の建設支援においても、大変大きな支援をいただきました。

 

カンボジアの支援活動だけでなく、難病と闘う子供達への支援もされていて、毎年活動の幅を拡げておられます。

 

支援活動を継続してゆく事の難しさについて、私自身ももう十分理解できておりますので、平良さんが活動の幅を拡げながら継続されているというのは、とても難しいことだと思います。

 

長年に渡り、バラコミの活動を応援して頂き、継続して支援頂けていることに本当に感謝しています。

 

継続して支援いただけるという事が、私にとって大きな励みになっており、活動を続けてゆくのにどれほど大きな力となっていることかと、身に沁みて感じています。

 

 以下、平良さんのブログより抜粋させて頂きました。

 
--------

 

「2017年カレンダー」完成しました。


 

今年も、売上金は全て、以下、毎年ご寄付している国内外の子供達のために活動している誠実な団体×4に寄付させていただきますラブラブ(部数限定キラキラ)
 

◎カンボジアに小学校建設をしているバランスコミュニケーションさん
 

◎ご家族も滞在できる小児癌専門治療施設チャイルドケモハウスさん
 

◎地方から高度治療を受けにくる子供の家族が長期滞在出来るぶどうのいえさん
 

◎アフリカのタンザニアでHIV/AIDSとともに生きる人々のために無料でホリスティック治療を提供する団体HHAさん

 


ご家庭に一冊ラブラブ

お部屋に一冊ラブラブ
職場のデスクに一冊ラブラブ
毎日の鞄に手帳として一冊ラブラブ
お友だちに一冊ラブラブ

日頃お世話になっている方々やお客さまに、感謝の気持ちを込めて一冊ラブラブ
ハロウィンのプレゼントにラブラブ
クリスマスプレゼントにラブラブ

小児科や歯医者の先生からは、日頃恐がらせてばかりいる子供たちへのプレゼントにしてみてはいかがでしょうかラブラブ(このアイデア、アニメーション界の王子のパクリですキラキラ)

何らかの理由で施設で生活している子ども達にラブラブ(私が責任を持ってお届けしますラブラブ)

 

 

ご注文方法 ⬇⬇⬇

2017年度カレンダー 1冊 1,000円
(手帳としても使っていただけますラブラブ)

ご注文数 : 1冊~1,000冊
1,000円 × ご注文数 +送料~

「2017'カレンダー希望」&①②③をご明記の上、
ブログ内のご注文フォームよりご予約ください(ブログ記事一覧の右側に注文フォーム)


①お名前
②お届け先の郵便番号とご住所
③ご注文冊数

✳ご注文フォームはパソコン版で見ないと出てきません。

パソコン版で見ていただけない方は…
個人メールアドレスをご存知な方は、私に直接メールやLINEでキラキラ
アメブロをされている方は、アメブロメッセージでキラキラ
Facebookされている方は、Facebookのメッセージでキラキラ
仕上がりましたら順次発送させていただきますキラキラ

 

--------------------

 

iカレンダーの購入をご希望の方は、「カレンダー希望」と明記の上、
 

☆お名前
☆送付先ご住所
☆冊数
 

info@balacomi.com まで、ご連絡ください。
 

このブログを通じて、バラコミ宛にお申込み頂いた方については、送料はバラコミの方で負担させて頂きます。
 

なお、バラコミでの受付は、10月20日までとさせて頂きます。
 

発送は10月下旬頃の予定です。あらかじめご了承ください。(お急ぎの方は、ご一報ください)
 

よろしくお願いいたします。

 

※10月20日以降にお申込みの場合は、平良様に直接ご依頼ください。

ご依頼先はこちらです。

 

  

  

  

  

 

 
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

N様のご支援による井戸が完成しました。

 

カンボジアの建設会社 KHJ Constructionsから届いた写真と報告書の内容です。

 

=======================

井戸建設報告書 (ボフトム村)

=======================

 

オムお婆さんの家に新しい井戸が完成いたしました。


水質、水量とも問題なく毎日、炊事、洗濯、水浴び、畑に井戸は大活躍をしております。

 

近所の 6世帯の人たちが使用しています。


下の写真は井戸完成を祝い最高の笑顔で家族一緒に万歳をしています。

 


特にオムお婆さんが一番喜んでくれているようです。

 

普段は恥ずかしがり屋な人だそうですが 井戸の完成の時は、うれしくて泣きながら話してくれました。

 

オムお婆さんから 『本当に貧乏で辛い日々を送っていましたが 日本人の方から井戸を寄贈してもらって本当 に嬉しいです。とても大事に使わせてもらい ます。もしカンボジアに来られた時は会って お礼を言わなければなりません。』

 


長女パンちゃんから 『井戸を作ってくれた日本人の人はとても優 しい人です。今まで遠くの他所の家に水汲み に行くのはとても惨めでした。でもこれで私 はとっても気持ちが楽になりました。』

 

 

井戸はとても感謝され、大切にされ、有効活 用されています。 今回の井戸建設は大成功だったと言えます。
 


 井戸建設のご支援を頂き本当に   ありがとうございました。

 

                                  KHJ Constructions

=======================

 

下記は、ボフトム村に住むオムさん家族の様子です。

 

 

 

家族構成はお祖母さんオム(60)長女パン(13)長男ウォン(10)次男ベン(8)三男ワンダー(6)です。

 

お父さんは出稼ぎに出ています。お母さんは離婚してどこにいるかわかりません。

 

現在、井戸は近くにないので700m先のよその家まで毎日行って使わせてもらっています。

重たいバケツを運ぶのは大変ですし、よその家なので遠慮しながら使わなければなりません。

 

もし、井戸を作って貰えたら井戸の使い方は炊事、洗濯、水浴び、野菜栽培の水やりに使いたいと言っています。

 

また、近所に井戸はないので近隣5、6世帯が井戸を使用することになります。

 

家族の月の収入はお父さんからの仕送り50ドル、お祖母さんのアルバイト(畑仕事、芋売り)1日2ドルです。

 

お祖母さんのアルバイトは声をかけて貰えた時しかありません。

 

カンボジアの田舎には若者がいません。理由は仕事がないからです。

 

よっぽどの地主でない限り農業は現金収入にはつながりません。

 

若者は首都にでて月120~200$の給料から生活費を引いて田舎に仕送りをするのが普通です。

 

この一家のお父さんも同じです。田舎の仕事では家族を養えないのです。

 

カンボジアの物価は日本の約半分と言われていますが、ガソリン等の輸入する物は日本と同じか、もっと高かったりします。

 

生活は苦しいのが普通です。カンボジアの田舎はのどかで良い思う日本人もいるかも知れませんが、みんなギリギリの生活なのです。


写真は炊事場の様子です。

 

 

オムさん一家はご飯の時は食べれる草を子供が探すのが日課です。

食べれる草と食べれない草を分けて探しています。

 

庭にはバナナの木が植えられています。
バナナとマンゴーだけは痩せた土地でも栽培することが出来るのです。

 

肥えた土地なら様々なフルーツの木を植えられて食べたり売ったりも出来るのですが、平地の広いカンボジアでも肥えた土地は限られています。

 

オムさん一家は激貧です、しかしお父さんお祖母さんの頑張りにより子供は学校に通えています。

 

何とか貧困から脱したいと努力しています。

 

オムさん一家だけが井戸の問題を抱えているわけではありませんが、ここに井戸を建設していただけたら絶対大切に有効に使ってくれると確信できます。

 

 

                                             KHJ Constoructions
 ----------------------------------------------

 

カンボジアの多くの地域は、この村のような貧しい農村地帯です。

 

どの村でも、同様の貧しい生活を強いられています。

 

諸外国からカンボジアへ多くの支援が入っていますが、貧しい農村地帯まで支援が行き届かないのが実情です。

 

人が生きるためには「水」は不可欠です。

 

しかし、その水さえも十分に確保できないのが貧しい村の現実なのです。

 

村に井戸ができるということは、村の人達にとって、どれほど大きな恵みとなる事かと思います。

 

N様、貴重な支援をありがとうございました。

 

 

 


■カンボジア井戸建設支援に関するご案内は下記よりご確認ください

◎カンボジア井戸建設支援について
◎井戸建設をお考えの方へ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

N様のご支援による井戸が完成しました。

 

カンボジアの建設会社 KHJ Constructionsから届いた写真と報告書の内容です。

 

=======================

井戸建設報告書 (ロムデン小学校)

=======================

 

ロムデン小学校の井戸が完成いたしました。水質、水量とも異常無くしっかり機能しています。周りのコンクリートの土手もきれいに作られています。

 

基本的に小学生が使って、その合間を見て地域 住人が飲料水としての水を汲みに来ます。

 

 
生徒たちは大喜びで新しい井戸を使っています。

 

手洗い足洗、飲んだり、頭から水をかぶっ ている子もいます。かわりばんこに仲良く協力 して使っています。

 

 

水はきれいで冷たくでとても気持ちがいいで す。それはまさにカンボジアの田舎に出来たオアシスと言えます。

 


 
先生は 『トイレも水が無くて機能していませんでしたが、新井戸ができて使えるように準備が始まり ました。本当に助かります。 また今はまだ始まっていませんが花や野菜の栽培も始める予定です。』 と言っていました。

 


   

下の写真2枚は井戸建設の様子です。 この様なボーリングマシンで井戸を掘りました。
 

 


ロンデン村の人々はとても大喜びしてい ます。

 

『冷たくてとても気持ちいいし飲んでも おいしい』

『日本人はとても心が優しいから好きに なった』

『家に井戸がないから公共の井戸ができ てとても助かる』

『とても良いものなので壊さないよう大 事に使わなければならない』

などなど喜びの声を頂いております。
 

 

井戸の建設により村の人たちに大変喜んで頂き、井戸はとても有効に使用されて おります。

 

ロムデン小学校の井戸建設は大成功だったと言えます。

今後、井戸は永く地域から愛され、人々を潤していくことでしょう。

 

以上で井戸完成報告を終わります。 

 

                   KHJ Constructions 

=======================

 

○井戸を建設したロムデン小学校の様子です。

 

小学校の校門の様子

 

教室の外観

 

 

新しい教室2部屋はまだ新しくきれいですが、教室が足らないので木の教室もあります。

 

木の教室は隙間か直接光が入ったり、大雨の日は雨が吹き込んだり大変だそうです。

 

 

子供たちが万歳をしている場所が井戸の予定地です。

 

 

○主な井戸の使用用途

・飲料水(近隣の住民も含む)

・子供達の手洗い、足洗い

・トイレの水

・花壇への水やり など

 

 

他の村同様、村には井戸はほとんどはありません。

学校に井戸が出来ることで、村人皆で利用することができます。

 

 

 

1つの井戸ができることにより、村の子供達の学校生活をより快適で豊かなものとなり、村全体の生活環境の改善と発展へと繋がります。

 

N様、貴重なご支援ありがとうございました。

 

 


■カンボジア井戸建設支援に関するご案内は下記よりご確認ください

◎カンボジア井戸建設支援について
◎井戸建設をお考えの方へ

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Y様のご支援による井戸が完成しました。

 

カンボジアの建設会社 KHJ Constructionsから届いた写真と報告書の内容です。

 

=======================

井戸建設報告書 (オーピー小学校)

=======================

 

オーピー小学校に井戸が完成いたしました。

 

 

この井戸は大型で一般的な井戸より深く掘っている為、水質、水量で高性能であり、乾季の長期における干ばつでも水が枯れる心配もありません。

 

この地域にはこの様な大型の井戸は今まで無かった為、学校の生徒だけではなく住民の皆さまからも大型井戸に対する期待がとても高かった為、地域全体から喜ばれています。

 

オーピー小学校の教室の様子

 

 

この時は井戸は未完成でしたが水の綺麗さにみんな驚き、もったいないので水をバケツにためる生徒らの様子。

 

 

井戸の建設工事の様子です。

 

井戸の穴を掘る様子。

この井戸は深さ約50mありますので普通の井戸掘りと比べて大掛かりなものになります。

 

 

深く掘るほど地面は硬くなり困難になります。

しかしそのおかげで水量豊富で透きとおった水質になります。

 

井戸の穴にパイプを入れる作業です。井戸が深いので何本も入れなければなりません。

 

 

これは電動ポンプを準備しているところです。銀色の筒状の物がポンプです。これがないと深い井戸からは水を汲み上げられません。

 

 

井戸は朝から夕方まで人が集まってきます。

 

 

子供たちは喉が渇いたら水を飲んだり、遊んだ後に手足を洗ったり、野菜や花に水をやったり。

 

 

地域の住民の方も飲料水や料理をするための水を汲みにきます。

 

普段はもちろんですが乾季の時に水が枯れないのでとても安心できるし、子供にきれいな水を飲ませることが出来るのでとても良いそうです。

 

小学校の先生は『井戸が出来て、子供たちの衛生状態はとても良くなりました。井戸の水がきれいなので、子供たちが安全に飲むことができます。

 

これからは子供達が病気にならないとおもいます。本当にありがとうございます。』と言っておりました。

 

また子供たちが手足をしっかり洗えるようになったので学校の中も土で汚れなくなったそうです。

 

 

学校では井戸が出来てから花や野菜の栽培も始まりました。

 

花壇や畑に水をやる事が出来るほど水量が豊富なのです。

 

 

当番の子供が頑張って重たいじょうろを運んで花壇や畑に水をやります。

 

 

生徒は『この井戸ができてから、とても嬉しいです。朝クラスが始まる前に植物に水をあげます。

 

大変な仕事ですが新しい井戸が嬉しいから大丈夫です。』と言っています。

 

カンボジアは乾季に半年間雨が降らないので小さな植物は枯れてしまいますがオーピー小学校には緑がたくさんになるでしょう。

 

 

カンボジアは暖かいので水さえあれば植物の成長はとても早いです。いったいどんな花や野菜ができるか楽しみです。

 

学校のトイレの水も綺麗な井戸水が使えるようになりました。

 

カンボジアには未だ寄生虫等の問題がありトイレの衛生問題は誰もが気にすることでしたが、これでトイレの衛生状態も良くなりトイレを介した病気の心配もなくなりましたし、何よりも気持ち良くトイレを使用できるようになりました。

 

トイレの水道管を組み立て作業

 

 

この様に水を貯めて、この水でお尻を洗ったりします。ですのでトイレの水でも衛生状態は大切です。

 

 

トイレ清掃をする生徒たち 水の量が多いのでしっかり掃除ができます。

 

 

オーピー村の住人みんながこの井戸に感謝し、そして大喜びしております。

 

『作ってもらった井戸は大事にみんなで使います』

『優しい日本人の方へ感謝の気持ちを忘れません』

『すごくきれいな水で驚いた』

『水がない時、遠くまでバケツを持って行かなくても良いので本当に嬉しい』

『日本が好きになりました』

などなど
喜びの声を多数受けております。

 

 

 

井戸建設は大成功だったと言えます。

支援者の皆さま、本当に ありがとうございました。

 

KHJ Constructions.

=======================

 

今回、オーピー小学校へは大型井戸の支援でした。
 
小型井戸は地質などにより建設できない場所がありますが、大型井戸の場合、基本的には地質を選ばずどのような場所にも建設することができます。
 
深くまで掘るので、水源が枯渇する心配が少なく、長年使用し続けることができます。
 
ただその分、小型井戸よりも高額になります。
 
今回の大型井戸建設では、広範囲で井戸水を使えるようにするための工事など、色々工夫がなされています。
 
建設された井戸は、もちろん小学校の生徒達だけではなく、村中の人達が井戸を利用することになります。
 
井戸ができることで、村中の人達の生活が改善され、村の発展にも大きく寄与することになるはずです。
 
Y様、大きな支援を本当にありがとうございました。
 
 
 

■カンボジア井戸建設支援に関するご案内は下記よりご確認ください

◎カンボジア井戸建設支援について
◎井戸建設をお考えの方へ
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

N様のご支援による井戸が完成しました。

 

カンボジアの建設会社 KHJ Constructionsから届いた写真と報告書の内容です。

 

=======================

井戸建設報告書 (チョップ小学校)

=======================

 
シィムリァプ村ソニコン郡チャンソー区チョップ村のチョップ小学校に井戸が完成しました。
 
 
この地域の井戸は数が不足しており、今ある井戸が深さ不足であった為に乾季になると約半年雨が降りませんので慢性的な水不足となっていたところでした。
 
今回完成した井戸は深さが十分にあり乾季でも水が枯れないようになっていますので先生、生徒、地域住民のみなさんは大変よろこんでいます。
 
生徒は校庭で遊んだ後に水で手足を洗えますのでとても衛生的ですし、のどが渇けばきれいな水を自由に飲む事ができるようになりました。
 
また学校のトイレも今まで水がなく使用できませんでしたが新しい井戸のおかげで使用できるようになりました。生徒、先生は我慢したりしなくて良くなったので大喜びです。
 
 
地域の住民の方からは『これからは乾季でもここに来ればきれいな水があるのでとても安心できます。本当にありがとうございました』といっています。
 
 
支援者の皆様、井戸を支援していただき誠にありがとうございました。
 

                        KHJ Constructions.

=======================

 
こちらの学校には、周辺約100軒の農家から320名の学生が小学校へ通っています。
 
 
 
学校内にトイレはありますが、水がないためお尻や手を洗うことも便を処理することも出来ません。そのため、せっかく作ったトイレも現在は使用できなくなりました。
 
子供達は休み時間に、サッカーをしたり、いろいろなゲームをしたりするので、手や足がとても汚くなります。しかし手足を洗うことが出来ないので、そのままクラスに入り授業を始めていました。
 
先生たちはこのような状況から、子供たちが病気になりやすくなることを心配していました。
 
周辺の村人の家の多くは井戸がありません。
 
乾季になるとカンボジアは雨が全く降らなくなります。
 
村にあるわずかな井戸も水量が減り、やがて水はでなくなります。
 
 
井戸の水がなくなったとき、村人全員が水不足になります。
 
新しく井戸が出来たことで、乾季になっても水不足になる心配がなくなりました。
 
 
N様、貴重なご支援ありがとうございました。
 
 
 
 

■カンボジア井戸建設支援に関するご案内は下記よりご確認ください

◎カンボジア井戸建設支援について
◎井戸建設をお考えの方へ
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。