ひとりごと

テーマ:
かねてからの漠然とした私の夢。
それは、「子どもの本屋さん」もしくは「絵本カフェ」を経営するということ。

それがまた再燃。

結婚して、「結婚したら、家庭のことも大事になるから、仕事は決められた時間をきっちり働いて、それである程度のお金がもらえればそれでいいや」と思って、本とは無関係の仕事に就いたのだけれど。

うーん、やっぱり、それは私の性に合わなかったみたいDASH!

やっぱり、やりがいのある仕事、心血を注げる仕事をしていたい。

◇◆

職業訓練校のクラスメイトに、自分で輸入関連の仕事を起業、経営しているオジさんがいて。
訓練校の仲間と最後の飲み会の時に、そのオジさんから、「あなたは、今の職場(事務の仕事)にはもったいないよ!」、「以前のような(子どもの本関係)の職場にいるのが、あなたには合っている」と強く言われたのを思い出す。
その時は、「いやー、やっぱり結婚したら気持ちは変わりますよ苦笑 やっぱ、家庭のことが第一になるから、今は決められた時間働いて、お金がもらえればそれでいいかなって気持ちですよ~」と本気で答えていたんだけど。

それに対してオジさんからは、「でもね、一日、もしくは人生の中で大半の時間を費やす仕事なんだから、それじゃあキツイよ」と言われて。

その時は、ピンときていなかったんだけど、実際その状況に自分の身を置いてみて、分かった。

確かにそうだ。

◇◆

でも、「本屋さん」もしくは、「絵本カフェ」をするとしても、趣味的な店にするつもりはない。
それだったら、やる意味がない。

自分が注いだ心血の分の報酬が見込める店じゃないと。

本屋にしても、カフェにしても、そんなに儲かるもんじゃないのは分かってる。
だから、それはきちんとプランニングしていかないと。
目標は、40歳前後で開業。

と、私の今の状態はここまでー。


絵本好きが集まる絵本屋さん100 (MOE BOOKS)
¥1,470
Amazon.co.jp


AD

瀬尾まいこ

テーマ:
恥ずかしながら、今まで「瀬尾まいこ」さんの本はほとんど読んだことがなかった。
「図書館の神様」だけ、以前に読んだことがあっただけで。

それが、今回、ちょっと読んでみようかと気になったら。
もう、がっつりはまってしまった!!

図書館で借りまくり、読んだ読んだ読んだ。
図書館の神様/瀬尾 まいこ
¥1,260
Amazon.co.jp
↑これは読むのは2回目だったんだけど、やっぱり好きでしたラブラブ

天国はまだ遠く/瀬尾 まいこ
¥1,365
Amazon.co.jp
↑この本、かなり好きだった音譜
とっても良いですアップ

上記の2冊、(乱暴なくくり方をすれば)癒しと再生のお話で、なんだかじーんときてしまった。
なにか疲れてるのか?、私。

ありがとう、さようなら (ダ・ヴィンチ ブックス)/瀬尾まいこ
¥1,260
Amazon.co.jp
これは中学校の教師として働いている著者が、学校生活のことを綴ったエッセイ。
こういうのを読んでいると、「学校の先生」っていいな、と少し思ってしまう。
曲がりなりにも、小学校の教諭の免許を持っている私だけど、今は全然関係ない仕事をしているので、なおさら。


優しい音楽/瀬尾 まいこ
¥1,260
Amazon.co.jp

強運の持ち主/瀬尾 まいこ
¥1,300
Amazon.co.jp
↑上記の2冊も読んだ。
まだ他にも読んでないのがあるから、図書館に借りに行かなくっちゃビックリマーク





AD

『季節別・年齢別おはなし会プログラム』

「この本読んで!」編集部:出版
NPO読書サポート:発行
2008年6月:発行

↑
 この本、めちゃいいです。
「そうそう、こんな本あったよね」っていうヒントになる。
テーマを決めるときの参考にもなります。

おすすめ!

※NPOが出版してるからかな。アマゾンのアフィリエイト検索ではひっかかってこなかったんで、表紙画像が載せれなかった。。残念。


AD
友人から紹介されて、お気に入りになった「平野由希子さんの本」

ル・クルーゼのお鍋を使った料理のレシピ本が有名です。

私が持ってるのはこの本これ↓
作りやすいレシピばっかりで重宝してます。
「ル・クルーゼ」で、おいしい和食―お鍋で毎日のごはんをつくろう/平野 由希子
¥1,300
Amazon.co.jp

それと、もう1冊。これは今、図書館から借りてる分。
平野さんのエッセイ

普段の平野さんの生活がかいま見えるようで、いい感じです
おすすめキラキラ

料理研究家のつくりかた/平野 由希子
¥1,785
Amazon.co.jp