1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-03 00:48:14

My Sweet Sachiko Maa

テーマ:感じたこと

みなさん、こんにちは。

 

畑さち子です。

 

 

12月になりました。

 

師走ですって、まあ!大変!!。

 

 

って、今日は12月とは関係ない話で。。。

 

 

今日は、うれしいお手紙が届きました。

 

私の次女、のバングラデシュのエクマットラのシャティから。

 

ピンクの紙にハート型の切り紙をたくさん貼ってくれて。

 

相変わらず何が書いてあるかわからないけど、筆圧も強くなり、迷いなく書いているのが

よくわかる。

 

上手になったな。

 

進歩したな。

 

ママはうれしいよ。

 

いつものように日本語訳がつけてくれていて、

 

「親愛なるさちこお母さんへ

 

(ちなみに、ここだけ英語。

 

My Sweet Sachiko Maa、とあります。

 

ちょっと違ってるけど(^-^;、やはりわかる言葉だとうれしいですよね!)

 

はじめに、あなたの平和を祈ります。

 

あなたたち家族皆が元気でいますように。

 

わたしも、あなたの家族みんなの応援のおかげでとても元気です。

 

私は今、クラス1で学んでいるよ。

 

わたしのクラスは28人です。

 

期末試験がやっと終わったのですが、もうすぐ進級試験が始まります。

 

勉強ばかりですが、今は毎日がんばっています。

 

学校は楽しいです。

 

わたしのために祈っていてください。

 

そうだ、いつかエクマットラに遊びに来て下さいね。約束です!。

 

あなたの娘 シャティより 」

 

ですって。

 

行きたいなあ、会いたいなあ。

 

この手紙に同封されていたエクマットラの渡辺大樹さんの手紙には、

 

里親→里子、という特定の子どもへの支援のシステムだと、

自分の里子ちゃんが、いつも元気で前向きで、着々と成果を上げていくか、と言う意味で、

うれしい里親さんも、ちょっとがっかりの里親さんもいるかもしれない。

 

エクマットラという教育を受ける機会のある環境から、出て行ってしまう子もいるし。

 

そんな時に、その子の里親さんはがっかりするかも。

 

私だって、シャティがそうなったら、路上へ戻ってしまったら、悲しい。

 

が、ここから引用。

 

「しかし、声を大にして申し上げたいのは、ご支援頂く子どもにとって、その期間の長短に関わらず、また途中でドロップアウトしてしまった子であったとしても、どこかで自分を応援してくれている人がいる、もしくはいたという安心感は何物にも代えがたいことだと確信をもって言えます。」

 

血はつながっていないけれど「ママ」がいること。

 

その人が自分を気にかけてくれること。

 

大切に思ってくれていること。

 

心を寄せてくれていること。

 

応援してくれていること。

 

 

私にはそういう人がいるけど、シャティにはエクマットラに来るまで、そういう人はいなかった。

 

そんなこと、この国では珍しいことではない。

 

シャティもそんなもんだ、と思って生きてきたのかもしれないけれど。

 

 

だから、わたしがなろうと思うの。

 

シャティの「ママ」になろうと思う。

 

シャティを気にかける、大切に思う、心を寄せる、応援する人になるの。

 

 

自分を大切に思い応援してくれる人がいるだけで、人は安心し、自分の立っている場所ができる。

 

場所ができて、それも固い地盤に立っていることがわかると、それを踏み台にジャンプしていくことができる。

 

これは日本人でもバングラデシュ人でも同じだけれどもね。

 

「支援してあげてる」って感じは全くなくて、

「大きくなったね~、ママはうれしいよ!」ってただ一緒に成長を喜ぶ感じかな。

 

遠い遠い国に自分の大切な人がいる、というのはとっても不思議な気持ちです。

 

 

・。。・☆・。。。・・ ★・。。・・。。・☆・。。。・・ ★・。。・・。。・

 

畑のコーチングに関心をもっていただき、

 

お問い合わせ、お申込みいただきありがとうございます。

 

12月期 、コーチングのクライアント様、若干名お受けすることができます。

 

よろしければ、ご連絡くださいませ。


 

正式なご契約の前に、電話での1対1無料体験コーチングセッションもしております。

 

どうぞお気軽に、こちらyulara@nifty.com までご連絡ください。

 

お待ちしています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-30 18:20:09

クリスマスイルミネーションの表参道を泣きながら歩いた夜

テーマ:感じたこと

みなさん、こんにちは。

 

畑さち子です。

 

 

クリスマスイルミネーションが美しい季節になりましたね。

 

毎年のことながら、心が浮き立ちます。

 

ずっと続いていた忙しさも一段落し、浮かれながらクリスマスイルミネーションの写真撮りまくり、の日々であります。

 

 

海も湖も川も、山も里山も高原も好きだけど、

冬の夜に限っては都会が一番好きだなあ~、と思う私です。

 

 

 

さて、先日、私が活動しているハートフルコミュニケーションのハートフルクラブで、

キャリア教育の専門家、慶応大学の花田光世先生の講演を聞きました。

 

けっこう衝撃的で、私自身まだ整理しきれていない部分もあるのですが、

整理出来ているところから(笑)ボツボツ書いてみたいと思います。

 

この不確定な世の中、私たち親世代の価値観がもはや通用しないであろう未来を生きる

子どもたちに対し、私たちは何が出来るのか。

 

私がずっと考えていることです。

 

で、私は「応援すること」

 

「『いつもここにいるよ、必要な時はいつでもどうぞ』とメッセージを送ること」

 

「見守ること」

 

などなどと考え、それを実践しているつもりではあるけれど、まあ、難しいときもあります。

 

 

親だから期待もあるし、

「(長い間生きた経験から)そっちよりこっちの方が良いんじゃないの。」と言いたい時もある。

 

とはいえ、それをすると、子どものチャレンジする気持ちをそぐことになる。

 

チャレンジしようとする気持ちに、不安を注ぐことになる。

 

 

先生のお母様はいつも「やってごらん。」と背中を押してくださったそうな。

 

「何があったからお母様はそれが出来たと思いますか?」という質問に対し、

 

「失敗したら私(先生)自身の責任。

 

ただ母はその尻ぬぐいをする覚悟があったのだと思う。」

 

という答でした。

 

畑、感動。

 

 

で、4年前のちょうど今の季節の話です。

 

このブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、

私の娘はアジアのある最貧国で働いていました。

 

(今は任期を終え、帰国しています。)

 

本人はずっと希望していた国であり仕事であったけれど、

私は内心あまり賛成ではありませんでした。

 

だって、心配じゃないですか!?。

 

貧しいし、ごみごみしているし、衛生的面でも問題ありそうだし、何を好き好んでそんな。。って感じでした。

 

採用試験を受けていることはもちろん知っていたけれど、たぶんダメだろう、と思っていたので、それほど気にしていなかったのです。

 

が、思いがけず内定の電話。

 

大喜びの娘を横目に見ながら、複雑な思いの私。

 

「あまり喜んでくれていないみたいだね。」という娘に

 

「え、喜んでるに決まってるじゃない!!。ただちょっとびっくりしているだけ。」

 

 

その次の日、午後に銀座、夜に表参道で仕事の打ち合わせがありました。

 

日本で最も華やかな街をはしごしながら、私の心は沈みっぱなし。

 

 

日が暮れて、表参道のイルミネーションがキラキラと輝き始め、

会社帰りのカップルが肩を寄せて歩く姿も。

 

「美しい街を、親しい人たちと楽しく歩く、という選択肢もあるというのに、

どうしてうちの子は、わざわざ困難な道を行くのだろう。。

 

すぐそこにある幸せに背を向けるのだろう。。」

 

と辛くて辛くて涙があふれて止まらなかった。

 

とはいえ、「だから止めなさい。」と言えるはずもなく、

 

仮に言っても聞くはずもなく。

 

 

結果的に、娘はたいそう機嫌良く任地に向かい、つまずきながらも楽しく仕事し生活し、

私を大きく超えた存在として、また帰ってきました。

 

 

だから、良かったんですけどね。

 

行って良かったんですけどね。

 

 

ただ、なんだか、イルミネーションの季節になると、あの夜のことがふと思い出されます。

 

花田先生の講演を聞いて、ダブルトリガーで思い出されたのでした。

 

 

でももう泣かないよ!。

 

当たり前か(笑)。

 

なんかね、親は辛いね(笑)。

 

 

写真は4年前の表参道ではなく、先週末の横浜赤レンガ倉庫です。

 

クリスマスマーケット、楽しいよ~。

 

みなさん、いらっしゃいませ~。

 

・。。・☆・。。。・・ ★・。。・・。。・☆・。。。・・ ★・。。・・。。・

 

畑のコーチングに関心をもっていただき、

 

お問い合わせ、お申込みいただきありがとうございます。

 

12月期 、コーチングのクライアント様、若干名お受けすることができます。

 

よろしければ、ご連絡くださいませ。


 

正式なご契約の前に、電話での1対1無料体験コーチングセッションもしております。

 

どうぞお気軽に、こちらyulara@nifty.com までご連絡ください。

 

お待ちしています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-21 23:08:09

コーチングと〇十年ぶりに見つかった、お草履の話

テーマ:コーチング

みなさん、こんにちは。

 

畑さち子です。

 

 

だいぶ寒くなってきましたね。

 

いかがお過ごしですかはてなマーク

 

あちこちで「風邪ひきで。。あせる」「風邪のため欠席しますあせる」のような話が聞かれます。

 

どうぞみなさん、ご自愛くださいね。

 

さて、私は昨日、企画を担当していた大きな会が無事終了し、忙しさもちょっと一息つきました。

 

って、明日もまた日帰り出張ですが。。

 

あともう二頑張りほど、いたします~ニコニコ

 

 

さて先日、コーチングの時に、クライアント様の「ある気になること」に対し、

 

「それはいつからはてなマーク

 

「その時どう感じたはてなマーク

 

と、質問しながら話を聞いていました。

 

すると、クライアント様

 

「あ!!!!

 

と黙り込む。

 

「そういうことか。。」

 

 

「今は、とても不思議な気持ちです。」と最後にぽつり。

 

後できたメールでは、

 

「電話を切った後も、しばらく呆然としていました。

 

コーチングって不思議ですね。」

 

コーチングの後は

 

「安心しました」

 

「やる気出ました」

 

「行く道が見えました」

 

と言われることが多いけど、「不思議」は初めて(笑)。

 

(*クライアント様の了承を得て書いています)

 

 

話は変わって、全く変わって(後でつながりますビックリマーク

実家の母から電話があって

 

「納戸を片づけていたんだよ、何が出てきたと思う~はてなマークはてなマーク

 

わかるわけないあせる

 

でも聞いてびっくり!!

 

それはこれ!!

 

 

私がむかーーーし履いていた、振袖用のお草履です。

 

全部ビーズなんだよ、写真でわかりますはてなマーク

 

母が買ってくれたものですが、お気に入りではありましたが、だいぶ昔の話なので、

(それに振袖ってそう何度も着ていないので、したがって、このお草履もそう何度も履いていない)

忘れてましたびっくり

 

そういえば、娘も成人式のときに、私の振袖を着たのだけれど、

(これもむかーし、亡き祖母が作ってくれたのだけれどね。)

その時に、お草履がない、と言っていたような気がする。

 

母が言うには、なぜか和菓子の箱に入れて片づけたのですって。

 

母は気にして「どこにいったのだろうはてなマーク」と時々考えていたらしいけど、

そもそも、和菓子の箱に入れた、ということを忘れてしまっていたらしく。

 

納戸の和菓子の箱は、開けられないまま、〇十年たっていた、ということなんです。

 

見つかって良かったドキドキ

 

お草履も久しぶりに文字通り日の目を見て、喜んでいることでしょうドキドキ

 

まだ全く綺麗だから、孫、ひ孫の代まで使ってもらおドキドキ

 

 

ということで、私がここで連想したのは、先のクライアント様の話。

 

人の脳の中には、いろいろな物、膨大な数の物が存在している。

 

いつも使っていて、そのままむき出し(はてなマーク)で出ているものもあれば、

ちゃんとラベルのついた箱に入って、いつでも出せるように整理整頓されているものもある。

 

けど、和菓子の箱に入った草履のように、大事なものなのに、所在がわからなくなったものもある。

 

もしかしたら、ある事自体忘れているものもある。

 

コーチングはいろいろな側面を持っているけれど、

クライアント様が、すでに持っていて、忘れてしまっているものを一緒に探す、ということも

あるのだなあ、と思いました。

 

私はね、クライアント様が脳の中から、見慣れない箱を見つけ、

「何だろうはてなマーク」と開けてみたら、忘れていた、でもとても大事なものが入っていた、という

そういう印象を受けたのです。

 

なんだか不思議な気持ちです(笑)。

 

・。。・☆・。。。・・ ★・。。・・。。・☆・。。。・・ ★・。。・・。。・

 

畑のコーチングに関心をもっていただき、

 

お問い合わせ、お申込みいただきありがとうございます。

 

11月期 、コーチングのクライアント様、若干名お受けすることができます。

 

よろしければ、ご連絡くださいませ。


 

正式なご契約の前に、電話での1対1無料体験コーチングセッションもしております。

 

どうぞお気軽に、こちらyulara@nifty.com までご連絡ください。

 

お待ちしています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。