幸せになるためのカレッジ「通信講座さちカレ」info

いつでもどこでもあなたのやる気で、人間力、ワンランクアップ!の資格取得のための通信講座ターミナルサイト「さちカレ」のスタッフブログです♪


テーマ:

新年明けましておめでとうございます。

株式会社ボヌールコンサルティング

通信講座のさちカレを今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

本日より始動を始めた私共、今年も真摯に仕事に向き合い

お客様へ最高のサービスを届けてまいりたい所存です。

 

 

さて、元日に多くのメッセージを目にしましたが

今日はお正月・元日・元旦の違いについてお話したいと思います。

 

● まずはお正月とは・・

 

正月は1月のことで、元日や元旦と異なり、1年の最初の月を表します。
ただし、元日から1月末日までの1カ月間を指して使われることは少なく、一般には正月を祝う期間を指します。
その期間は、大きく分けると三が日(1/1〜1/3)と松の内(7日まで)に分けられます。

 

●元旦と元日

 

元日は、1年の最初の日で、1月1日のことです。
元旦は、元日の朝、元日のことを指します。
元旦の「旦」の字は、太陽が地平線から出るさまを表した漢字で、朝や夜明けを表すため、元最近では旦は1月1日の朝のみを表すともいわれますが、1月1日(元日)も意味します。
しかし、元旦が元日の朝も意味することには変わりないため、1月1日の朝をいう場合は、「元旦の朝」とはいわず「元日の朝」というのが正しいです。

年賀状は、1月1日の朝に届くよう出すのが礼儀であるため、日付は「元日」ではなく、ふつうは「元旦」と書きます。
「〇〇年元旦」と年号を付けることは良いですが、「一月元旦」と月を付けてしまうと、1月が重複するため間違いです。

 

上記のように元旦を1/1全日という解釈がありますが

先日TV番組撮影に息子が携わり、1月1日放送であったのですが

制作では会話の中で昼以降の会話であったため

タレントさんが「元旦」と言ったのを「元日」と言い改めるように指示していました。

 

様々な解釈があるため、誤解のないように

 

元旦 → 1月1日の朝

元日 → 1月1日全日

 

と使うのが好ましいのかと思います。

 

皆様にとって向上心があふれ、

健康で幸せに過ごせまする年となりますよう心より祈念しております。

 

2017年、今が学習の時です!

一緒に頑張りましょう!

 

いつでもどこでもあなたのやる気で人間力アップ

通信講座のさちカレ

http://sachicale.bonheur.co.jp/

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

さちカレさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。