人気ブログランキングへ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年10月21日

同僚・後輩とよい関係を保つための注意点

テーマ:01 仕事・人生

 同僚・後輩との関係はうまくいっていますか?

 

1. 仕事上、協力を求めたり、協力を得たりすることに工夫している。

 
2. 仕事上はもちろん、仕事外でも積極的な仲間づくりのための努力をしている。

 
3. 後輩指導の方法や、問題の対処の仕方について、日頃からよく話し合っている。

 
4. 仲間の建設的な意見に耳を傾けるようにしている。

  
5. 自分の知識や経験を惜しみ無く後輩・部下に伝え、教えるようにしている。

 
6. 後輩・部下といつでもどこでも気楽に話せる雰囲気をつくるようにしている。

 
7. エチケット・マナーについては、いつも後輩・部下の模範になるようにしている。

 
8. ほめる時はきちんとほめている。

 
9. 後輩・部下が故意に規律を犯したようなときは、遠慮なく叱っている。

 

10. 成果が上がらないときでも、努力を認め、労をねぎらっている。

 
11. 自分が援助して成功した時でも、後輩・部下の功績にしている。

 
12. 後輩・部下が難問にぶつかった時、その打開策を一緒に考えている。

 
13. 後輩・部下の担当業務と必要能力を知っており、かつ教育必要点を把握している。

 
14.目先の利害にとらわれず、後輩・部下の将来を考えた長期的な視点も持っている。

 

15. 同僚とはいい意味でのライバル心を持っている。
 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

      

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
     

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年10月20日

指示命令を受ける時、報告する時の注意点

テーマ:01 仕事・人生

 一般職レベルのチェックシートです。全部できていて当たり前。

 

① 呼ばれたらすぐ返事をしていますか。

 
② 呼ばれたらメモを持って聞きに行っていますか。
 

③ 質問がある場合は上司の話が終わってからしていますか。

 
④ 内容を正しくうけとったかどうか復唱して確認していますか。
 

⑤ メモは5W1Hで書いていますか。

 

⑥ 直属以外の上役から命令を受けた時は直属の上司にも必ず命令を受けたことを伝えていますか。

 
⑦ 急ぎかどうかいつまでやるのかを聞いていますか。

 
⑧ 報告は必ず命令された人にしていますか。

 
⑨ 仕事が終わったら必ず報告していますか。
 

⑩ 予定より長びくと思われる場合には途中で中間報告をしていますか。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

      

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
     

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年10月19日

説得の仕方

テーマ:01 仕事・人生

 自分の考えの良さを伝え、相手を納得させるためのポイントをまとめてみた。 

 

① 動かない事実をベースに話をする。

 
② その際、時系列で話をする。

 
③ 客観的な証拠や記録を示して話をする。

 
④ 統計データなどの正確な数字を使って話をする。
 

⑤ 具体例を挙げて、話をする。

 
⑥ 成功事例を紹介しながら、話をする。

 
⑦ 権威をさり気なく使って、話をする。

 

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

      

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
     

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年10月18日

説得するときの注意点

テーマ:01 仕事・人生

 説得とは、「よく話し聞かせて相手に納得させること。」であり、その納得した方向に相手が変化した場合(行動した場合)、説得に成功した、と言う。

 
1. 送り手の信憑性が高いと、一般に説得の効果が高まる。
 

2. 説得される相手がその内容について、ほとんど知識を持っていない場合には、「良い面だけを提示する」ほうが効果が高い。

 

3. 説得される相手がその内容について、あらかじめ様々な知識・情報を持ってたり、教育水準が高い場合には、「良い面と悪い面の両方を提示する」ほうが効果が高い。

 
4. 弱い恐怖を喚起する場合は概ね効果的である。

 
5. 喚起される恐怖の度合いが強すぎると、説得者に対する反発やそのメッセージ自体に対する拒絶などから説得の効果が減じてしまう。

 
6. 説得しようという相手の意思が受け手に明確に意識されたとき、抵抗が生じたり、態度を硬化させたりする。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

      

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
     

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年10月13日

書くときの注意点

テーマ:01 仕事・人生

 話すのも難しいけれど、書くのもまた難しい。ブログを書く時も注意しているのであるが、ブログは練習の場ということで、許してもらおう。

 

~ 気をつけていること ~

 

① 大切な内容は一つに絞る。優先順位を決める。

 

② ムダな言葉を排除する。周辺情報にはできるだけ触れない。

 

③ 可能な限り「短文化」する。必要不可欠な情報に絞り込む。

 

④ 重要なことは重要であるように伝える。

 

 
 

⑤ 事実と意見は混同しないように区別する。

 

 面白い話題や面白い書き方ができれば長文にしたいのであるが、まだまだ未熟なので、なるべく1画面に収まるように(縦スクロールしなくてもいいように)心がけよう。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

     

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
   

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年10月12日

聞くときの注意点

テーマ:01 仕事・人生

 書くときの注意点、話すときの注意点と続いたので、ついでに「聞くときの注意点」を挙げてみる。

 

 傾聴の技術 6ポイント (よい話の聞き方 ← 人に好かれる話し方)

 

1.話している相手の目を見て、話を聞く。

2.うなずく。 ← 話を聞いているという合図を送る。

3.相槌を打つ。

4.メモを取りながら、話を聞く。

5.質問する。

6.復唱する。 ← 自分の言葉でいい直す。共感を示す。

 

 悪い話の聞き方

 

1.話の腰をおる。相手の話している途中で、自分が話してしまう。

 

2.相手の話をとってしまう。相手が話し始めた話題を奪って、自分で話してしまう。

 

3.相手の話を聞きながら、いたずら書きをしたり、手遊びを始める。

 

4.相手の話を聞きながら、そわそわした態度をとる。

 

5.相手の話を聞きながら、窓の外など、関係ないところを見ている。

 

6.あからさまに嫌そうな態度を取る。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

     

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
   

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年10月10日

仕事への集中

テーマ:01 仕事・人生

 懸案事項の期限が迫ってくると、誰もがそうだと思うが、いつも以上に仕事に集中する。実は今そのような状態で、かなり睡眠を減らして、その仕事に取り組んでいる。

  

 しかし、このような状態での仕事の集中は、精神的に非常に疲れる。切羽詰って「ねばならない」的な集中は、同じ集中でもあまりよくないような気がする。

  

 また、特に期限は無いが、自分で「やった方がよい」と思って取り組んだ仕事も集中できる。これは、徹夜しても精神的にはほとんど疲れを感じず、逆に爽快感を感じることがある。

  

同じ仕事の集中でも、「ねばならない」的な集中と「やった方がよい」的な集中があるようだ。

 

できれば、「やった方がよい」的な集中で仕事を進めたいものだ。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

     

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
   

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月08日

まぐれと不運

テーマ:01 仕事・人生

 結果とプロセスについて、それぞれ「よい」「悪い」の2通りを考えた場合、次の4つの組み合わせが考えられる。

 

① 結果がよい、プロセスもよい → 当然の成功

 
② 結果がよい、プロセスは悪い → まぐれ

 
③ 結果は悪い、プロセスはよい → 不運

 
④ 結果は悪い、プロセスも悪い → 自業自得

 

 その組織の中で、まぐれでも結果のよい方が高く評価されるのか、たまたま結果は悪くてもプロセスのしっかりしている方が高く評価されるのか?

 

 あるいは、「運も実力のうち」と考えるのか「運はいつまでも続かない」と考えるのか。

 

 この辺をしっかり議論して、その組織として明確にすることが大事である。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

     

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
   

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月21日

プロセス評価の具体的な仕方【まとめ】

テーマ:01 仕事・人生

 ブログで紹介しました「プロセス評価の具体的な仕方1~20」までをPDFにまとめました。

印刷もできますので、参考にしてください。

 

⇒ プロセス考課の具体的な仕方(PDF)

 

 なお、PDF版では、「考課」と「評価」を使い分けしております。

  

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

   

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
   

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年07月29日

苦手のおかげ

テーマ:01 仕事・人生

 子供のころから苦手なことがいくつかある。その一つが人前で話すこと。

 

 子供のころは人前どころか、普通に女子と話しをするのも苦手で、赤面とあがり症で悩んでいた。

 

 会社に入ってからは、朝礼での3分間スピーチが苦痛で、当番の日は休もうと思ったことが何度もある。

 

そんな私が、今は講師として人前で話をすることを仕事にしている。

 

きっかけは、32~33才のころ、「あなたは話し方で損をしていませんか?」という電車内の広告に誘われて「話し方教室」に通ったことである。

 

 もし、「話が苦手だ」という意識がなかったら、今このような仕事をしていないだろう。
今思えば、「苦手のおかげ」ということだろうか。

 

 ちなみに、その話し方教室を修了した後、その教室の仲間と1年くらい自主的に勉強会を開いていた。

 

その時の訓練方法は確か「チャップリン方式」とかいって、それぞれが3枚の紙にテーマを書いて見えないように箱に入れ、スピーチする前にその紙を箱から取り出して、その場でそのテーマにあった話をするという方法だった。

 

当時は刺激的だった。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!

  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!
   

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。