人気ブログランキングへ
2016年12月30日

等級制度の意味

テーマ:06 人事管理

 今度、職能等級制度が導入されて、役職ほかに等級与えられました。何のために等級が必要なのですか。

 

 人事管理を公正に行うために、なんらかの等級制度を構築する必要があります。

 
 等級制度には、職務遂行能力で区分する職能等級制度や担当職務や役割で区分する職務等級制度、役割等級制度などがあります。

 

 職能等級制度は、役職ではなく本人の職務遂行能力により等級の格付を行い、その等級により賃金等処遇を管理する制度です。

 

等級は昇格基準を満たすことによりだれでも昇格します。等級に定員はありません。本人の努力が報われることになります。

 

 役職は、ある一定の等級の中から、組織の必要に応じて任命する形をとり、権限の高さを表すものです。組織に都合により定員があります。

 

等級(処遇)と役職(権限)を分けて運用することにより、人事管理がより公正に行うことが可能になります。

 

 職能等級制度は、能力開発を促す面ではよいのですが、ある程度期間がたつと、能力は高まってもそれに見合った仕事がないというようなことが発生することがあります。

 

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kana_3さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。