人気ブログランキングへ
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2014年01月31日

情報の質と量

テーマ:01 仕事・人生

 情報の質はとる量に比例する。その件に関して、かたっぱしから膨大な量の情報を集めていく。そうすれば、その中から本当に必要な質の高い情報が見えてくる。

  

 その件に関して、持っている情報量が少ないと、後から入る新しい情報の影響力は大きい。新しい情報にほれ込んで、間違った判断をしてしまうかもしれない。

 

もともと多くの情報を持っていれば、新しい情報が入っても、その情報の占める割合が小さいので、冷静に考えることができる。

  

 質の高い情報だけをピンポイントで得るような特別な方法を探すよりは、まず、たくさんの量の情報を集める努力の方が大事だろう。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014年01月30日

知識の呪縛

テーマ:01 仕事・人生

 「一度知ってしまったら、その知識に縛られる」という現象。

  

 何かを一度知ってしまったら、それを知らない状態を想像することはきわめて難しいということであり、知識がその人を呪縛(心理的に自由をうばうこと)するということである。

  

 つまり、自分はよく知っていることを誰かに伝えようとする時、「自分にとっては既知のことだからこそ、逆に相手にうまく意図が伝えられない」ということになる。

  

 これは、コンサルタントや研修講師としては致命的な欠陥になってしまう。気をつけよう。(汗)

  

 自分が知っていることは要約して抽象的な言葉で表現してしまうことが原因らしい。日頃から意識しているつもりであるが、改めて具体的に表現することをキモに命じよう。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年01月29日

はひふへほ

テーマ:01 仕事・人生

はひふへほ

 「はひふへほ」は便利である。人の話を聞くときは「あいづち」が大事ですよ、「はひふへほ」を逆の順番で言えばいいですから、と研修でよく言っている。

 

 そんな便利な「はひふへほ」であるが、幸せの「はひふへほ」もあるらしい。

 

 「幸せ」とは、

  
 ・   半分でよい
 ・   人並みでよい
 ・   普通でよい
 ・   平凡でよい
 ・   ほどほどでよい

 

 先日送られてきた宣伝メールの最後のところに「誰の言葉かは知らないけれど、何かが私に響いた。」のコメントとともに掲載されていた。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014年01月27日

幸せを望む範囲

テーマ:01 仕事・人生

 誰もが幸せを望んでいると思うが、どの範囲までの幸せを意識しているかよって行動が違ってくるように思う。

 

 一つは横の広がりの範囲として、自分だけの幸せを望むのか、家族の幸せを望むのか、友人・知人の幸せも考えるのか、地域社会、全世界の幸せを意識しているのかである。
 
 もう一つは時間軸として、今だけを考えるのか、1か月後、1年後のことまで考えるのか、自分の生きている期間を考えるのか、自分の子どもが生きている期間まで考えるのか、永遠の幸せを考えるのかである。


人事コンサルタントのブログ

 自分だけ今だけ良ければよいと考える人は多分「悪人」になるのだろうし、全世界の永遠の幸せをいつも考えている人は「神様」のような人なのだろう。

 

 年を重ねるとともに「幸せを意識する範囲」は変化するのだろうが、最近は地域社会までとはいかなくても少しでも自分にかかわった人に対して、自分が生きている間だけでなく次の世代が生きている間は幸せであって欲しいと考えるようになってきた。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014年01月26日

返報性のルール

テーマ:01 仕事・人生

 返報性のルールとは、「他人がこちらに何らかの恩恵を施したら、似たような形でそのお返しをしなくてはならない。」というルールであり、そのような義務感を感じてしまうということ。

 

 例えば、スーパーの試食品も無料でもらうことで、「買わないと悪いかな」という気を起こさせる。

 

 社会心理学者ロバート・B・チャルディーニ(Robert .Cialdini)氏が著書「影響力の武器」の中で述べているものである。

 

 さらに、この「返報性のルール」は、自分に対して譲歩してくれた相手に対しては、こちらも譲歩する義務がある。」ということでもあり、それを使った説得方法として、拒否したら譲歩」テクニックというのがある。

 

 この「拒否したら譲歩」テクニックというのは、「ある要求を受け入れさせたい時、最初に相手が拒否しそうな高い要求を行い、それが拒否された後、受け入れさせたい要求を行うと、相手はそれを自分に対する譲歩と考え、今度は自分が譲歩しなくてはならないと義務感を感じる。」というものであり、色々な交渉の場面で使われている。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014年01月25日

後悔の回避

テーマ:01 仕事・人生

 決定や決断には失敗することがあり、その失敗に対して「あの時こうすればよかった」という後悔をするのがつらく、その後悔を避けたいという気持ちを持っている。

 

 その後悔の回避が強いと、決定できない人になってしまう。

 

 「今決定しないことも、一つの判断である(自分の決定である)」と考えることで、決定できない人から脱却できる。

 

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014年01月24日

単純なルールによる戦略

テーマ:01 仕事・人生

 急速に変化しているマーケットに身をおく企業は、複雑な戦略ではなく、「わかりやすく、明確で、具体的な中身ではなく方向性を指し示す少数のルール」を設定すべきである。(キャシー・アイゼンハルトとドン・サルの主張)

 

 さらに、この二人は次の5種類のルールを提案している。


① ハウツーのルール
 どのように事業を進めていくかというルール

 

② 境界のルール
 経営者が追求すべきものとそうでないものの境界のルール

 

③ 優先順位のルール
 経営者が優先順位を決めるためのルール

 

④ タイミングのルール
 他の部門で行われている事業とどのようにタイミングを合わせて事業を進めていくか当店に関するルール

 

⑤ 出口のルール
 すでに着手している事業からいつ撤退すべきかという点に関するルール

 

 物事を重要視すればするだけ、難しく複雑に考えてしまい、また複雑なものがいいように思ってしまうが、最低必要なものを単純に示したほうが、逆に複雑な状況にも対応できるということだ。納得!

  

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2014年01月23日

オートクライン機能

テーマ:01 仕事・人生

 自分でしゃべったことを自分の声で聞いたとき、さらに理解が深まるという脳機能。相手に納得してもらうには、自ら話をしてもらうと効果的であるということだ。

  

 ということは、部下指導や営業で一方的に話をするよりは、相手に話してもらった方がより受け入れてもらうことができるということになる。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014年01月22日

組織の重さ

テーマ:01 仕事・人生

 組織が「重い」と、新たな方策を立てて組織が一丸となって行動しようとすると、多大な労力がかかったり、結局何も変わらなかったりする。(「組織の“重さ”―日本的企業組織の再点検」日本経済新聞出版社より)

 

 逆に、「軽い」組織は、思い切った政策転換が容易で、新しいものを生み出していく創発力を持っている。

 

組織の重さを形成する4つの要素

 

1.過剰な和志向

 
 一人でも反対意見が出るとまとまらない。変化を拒み、現状維持への志向が強くなる。

 

2.内向きの合意形成

 
 市場や業界の動向よりも、組織内部の事情が優先される。

 

3.フリーライダー問題(「社内評論家」の存在)

  
 評論家のように口は出すけれど責任は取らない人が多い。

  

4.経営リテラシー(基本的考え方)の不足

 
 経営に関する基本的な考え方を理解していない管理職が多いと、的外れの方向に組織が動く。

 

 「組織の“重さ”―日本的企業組織の再点検」日本経済新聞出版社 (2007/08)は、一橋大学の教授・准教授たちが、2003年から2007年にかけて、日本の組織の問題点を実証的に明らかにするために遂行されたプロジェクトの結果をまとめたものであるが、さらに、次のようなことも言っている。

 

 個人的なネットワークや情報源を増やすことはよいことと思えるが、実際にはそれ以上のデメリットがつきまとう。

 
 組織内に知人が増えるということは、支持者が増えることにつながるが、それ以上に説得者が増えることになる。

 

すなわち、根回しの必要な人数が増えてかえって手間がかかるということである。

 

今まで勘違いしていたかもしれない。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014年01月21日

エレベターにあった語録

テーマ:12 日記

 先週の土曜日、福岡で研修を行った。

その研修会場のエレベータに「なるほどなぁ」と感心させられる語録が掲示されていた。

 

実力の差は努力の差

 
実績の差は責任感の差

 
人格の差は苦労の差

  
判断力の差は覚悟の差

 

 

人権だと知恵が出る

 
中途半端だと愚痴が出る

 
いい加減だと言い訳ばかり

 

 

本気でするから
 大抵のことはできる

 
本気でするから
 何でも面白い

 
本気でしているから
 誰かが助けてくれる

 



 

 一番下に「この語録を差し上げる」と書いてあった。

 

そのビルは、地下鉄天神駅近くのGGソーラービルである。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。