人気ブログランキングへ
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年10月30日

ノルマ管理と目標管理

テーマ:03 人事考課
 当社でも目標管理が導入されましたが、以前のノルマ管理のような気がして、非常に嫌悪感を覚えます。ノルマ管理と目標管理とどこが違うのでしょうか。
 
 ノルマとは、ソビエトなどの旧社会主義国などで労働者に与えられていた仕事の分担のことです。一方的に与えられた数値的な責任や義務を指します。
 
 目標とは「目的に、期間と達成レベルを加えたもの」であり、一方的に上司が決めるのではなく、よく話し合って決めたものという違いがあります。
 
 しかし、評価連動型目標管理では、上司の要望が優先するので最終的にはノルマのように押し付けられた様になってしまう場合もあります。したがって形式的にはほとんど同じになります。
 
 それでは本当の違いは何でしょうか。
 
 評価のための目標管理ではなく、業績向上、組織目標達成のための目標管理であるということです。そして、この組織目標達成のための目標管理をするためには、目標設定段階で大事なことが3つあります。
 
 一つは、組織目標達成に貢献できる(連動した)目標であること。
 
 二つ目は、本人が努力をすれば達成可能な水準であること。
 
 三つ目は、上の二つが一致するように、指導育成や援助を行い、また、達成できるような仕組み作りや環境を作ることです。
 
 ところが、組織の都合で達成不可能な目標を押し付け、何の支援や仕組み作りもしないで社員を苦しめる、というノルマ管理になっている場合があるのです。
 
 なかには、上司がサバをよんでわざと目標を上乗せして、それで安心しているケースもあります。これでは、目標管理とはいえません。
 
 目標設定がいくら高くてもあまり意味がなく、問題はどれだけの成果を出したかで大事なのです。
 
 そして、その成果を出すための仕組み作りや指導育成によって、組織全体の水準を上げることが目標管理の最大の利点です。そこを忘れてしまうと、ノルマ管理になってしまいます。
 
 もう一つ、ノルマ管理と目標管理の違いがあります。
 
ノルマ管理は、ゴールを決めて、やり方や方法も決まっている。(汗をかくだけ)
 
目標管理は、ゴールはある程度会社の要望で決まるが、やり方や方法はある程度自分で考えて工夫する。(頭を使う)
 
これも、大きな違いだと思います。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月29日

目標が高すぎる

テーマ:02 目標管理

 成果主義ということで目標管理制度が導入されました。賞与にも連動するということですが、目標が高すぎて、明らかに達成できそうもありません。そうなると、目標管理は賞与を下げるための方便としか思えません。みんなあきらめムードになっています。このような制度でいいのでしょうか?

 

 目標管理制度が失敗する典型的な例です。

 
 チャレンジ加点主義の考え方で目標設定して、評価連動型として運用するのは最悪です。

 
区別して運用する必要があります。評価連動型目標管理の場合は、確実に目標を達成できるようにしていくことが大切です。

 

組織の都合でチャレンジングな目標を設定する場合は、それに見合った権限を委譲することが必要です。権限も同じ、やり方や方法も同じで結果だけ高い水準を求めるのでは、部下は苦痛を感じるだけです。トップの方も評価連動型目標管理を理解する必要があります。

 

 期待理論では、「動機付けは、職務遂行の努力が何らかの個人的報酬に繋がるであろうという期待と、その報酬に対して人が持つ主観的価値の二つの要因で決まる。」ということですから、目標管理で考えた場合、達成水準が高すぎて達成の可能性が低い目標は、逆にモチベーションを下げてしまうということになります。

 

モチベーションの強さ(高さ)=達成の魅力×達成の可能性

 

 やはり目標を与えるほうの責任を明確にすることが大事です。

 

例えば、会社目標を高く設定してもし達成できなかった場合、その会社目標の未達に対して誰がどのように責任を取るのかということです。この辺が明確になっていないと、部下に高い目標を押し付けることが多くなります。 

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年10月28日

和香御膳

テーマ:14 駅弁

 京都駅新幹線ホームの売店で、半月状の形が気になって「和香御膳」というお弁当を買った。

  
人事コンサルタントのブログ

 おかずの品数も多く、ご飯がもっちりしていておいしかった。



人事コンサルタントのブログ

 

価格900円。星2つ。★★

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月27日

自発残業の扱い

テーマ:06 人事管理

 社員が勝手に残って残業している時間についても、残業手当の対象になるのですか。また、支給しないとサービス残業(賃金不払残業)になってしまうのですか。


 難しい問題ですね。

 
 「労働基準法においては、労働時間、休日、深夜業等について規定を設けていることから、使用者は、労働時間を適正に把握するなど労働時間を適切に管理する責務を有していることは明らかである」(労度時間適正把握基準)として、厚労省は使用者に労働時間の把握を求めています。

  

 したがって、「部下が自発的に居残り残業をしているのに、上司が中止命令を出さないのは、黙示の残業命令として割増賃金の対象になる」(結果説)という考え方もないわけではありませんが、判例上は、「業務上の必要性、緊急性等の事情と使用者の残業認識意思とを合わせて判断しなければならない」(客観説)となっています。

 

 吉田興業事件(1990年5月30日名古屋高裁)では、「就業開始時刻である午前八時より前に行った労働及び公団職員退庁後にしたものであっても翌日の就業開始後にすれば足りる後片付け等をした労働は、被控訴会社ないし公団の指示に基づくものと認めることはできず、控訴人の自発的な行為というべきである。」として、労働時間に含まれないと示してします。

 

 簡単に言うと、上司の指示がなく、業務の必要性がない(翌日勤務中に行えばよい)仕事を、自分勝手に行っても時間外手当の対象にならないということです。


 逆に、上司の指示がなくても、業務の必要性がある場合は、時間外手当の対象になると判断できます。

 

また、上記のような必要のない残業が習慣化しており、上司も黙認している場合も、時間外手当の対象になると判断されるようです。


 いや、難しい問題ですね。

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年10月26日

サービス残業の評価

テーマ:03 人事考課

 勤務時間が過ぎてから自主的に残業して(残業申請をしないで)、改善業務を行っているのは、どう評価すればいいでしょうか。サービス残業で頑張っているので、プラスの評価をしたいのですが。

 

 一昔前までは、おっしゃるように「サービス残業で頑張っているので、せめて賞与では少しでも多くなるように積極性でプラスに評価する」というような考えがありました。

 

 しかし、サービス残業をプラス評価するということは、「会社ぐるみでサービス残業を奨励している」ことになってしまいます。したがって、プラス評価は好ましくありません。

 

 必要なことは、上司に申請し、許可をもらってすべきです。勝手に勤務時間以外に仕事をするのは困ります。そのことを注意して、指導することが必要です。

 

 それでも、同じようなことが続くようであれば、規律性等の項目でマイナス評価せざるを得ません。

 

参考


 業務の必要性のないことを、勤務時間を超えて自主的に残って行っているのは、時間外手当の対象にならないという判例があります。ただし、そのようなことを上司が知っており、恒常的になっている場合は、時間外手当の対象になると考えられます。

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月25日

札幌の観覧車

テーマ:12 日記

 久しぶりの札幌出張。空模様が気になってホテルの窓から外を見たら、何と近所のビルの屋上に観覧車があった。

  
人事コンサルタントのブログ

 

 宿泊したのは地下鉄大通駅のすぐそばのホテルだから、札幌の街の真ん中に観覧車があることになる。
 
これまでに何度も札幌に来たことはあるが、町の真ん中に観覧車があることは全く知らなかった。

 

調べてみると、すすきのにあるNORBESA(ノルベサ)という商業施設の屋上にあり、観覧車の最高地上高は約78mで市内を一望できるそうだ。

 

料金は1人600円(4人2,000円)で年中無休で、場所は地下鉄南北線「すすきの」駅下車徒歩で約2分(札幌市中央区南3条西5丁目1-1)とのことである。

 

 「以前家族で行った時に知っていれば、乗っていたのになあ」とちょっと残念に思った。

 


ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月24日

高校時代『物理得意』だった人

テーマ:09 世間の出来事

 夕刊フジ(10月21日)で「高校時代『物理得意』だった人は高給料!」という記事が配信されていた。高給料ではないが、私も高校時代は物理好きだったので、ちょっとうれしかった。

 

 その記事によると、「理系学部出身者の平均所得は文系学部出身者より約130万円高く、そのうち高校時代に物理が得意だった人が最も高所得(経済産業研究所の調査)」ということである。

 

 昭和15年4月生まれ以降の大卒者を対象に今年2月に行ったインターネット調査で、平均所得は全体が552万円だったのに対し、理系学部出身者は637万円、文系学部出身者は510万円と大きな格差があり、さらに、高校時代に得意だった理科科目別では物理681万円、地学647万円、化学620万円、生物549万円の順となっている。

 

 自分のことではないけれど、自分と同じ物理が得意(好き)だった人が、活躍しているのはうれしいことである。

 

 ちなみに、私の高校時代の得意な科目(好きな科目)は、物理、数学、化学、地理、地学。

苦手な科目(嫌いな科目)は、英語、古語、漢文、日本史、世界史だった。

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。  


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月22日

雑誌「Web R25」からの取材

テーマ:12 日記

 先日、雑誌「Web R25」の記者から「ブログを見た」ということで「早期退職優遇制度」についての取材の依頼が来た。

 

 特に断る理由もないのでOKのメールを送ったら、翌日電話が来て色々と質問された。

 

15分くらいのやり取りだったと思うが、その内容が記事になって「YAHOO!ニュース 」今日掲載された。

 

 読んでみてびっくり。あんなとりとめのない会話からうまくまとめて記事にするなんて、さすが記者だと感心した。

 

早期退職優遇制度って、どれくらい優遇してくれるの?」 に興味がある人は、ぜひ読んでみてください。

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/smartphone/article?a=20111021-00000007-rnijugo-ent

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月21日

新幹線みずほ

テーマ:12 日記

 大阪から高松へ行く際に、岡山まで新幹線を利用したら、たまたま「みずほ」だった。

 
人事コンサルタントのブログ

 

 実はそれまで「みずほ」という新幹線を知らなかったのだが、乗ってみたビックリした。内装が茶系で統一されていて、普通指定席なのに座席は2+2でグリーン車のような豪華な感じである。

 
人事コンサルタントのブログ

 調べてみると、「のぞみ」と同じ扱いで新大阪から九州方面に走っているらしい。新大阪から西へ向かう場合はぜひ「みずほ」をお勧めしたい。

 
人事コンサルタントのブログ

 

 ちなみに、九州新幹線(鹿児島ルート)が全線開通したのは、東日本大震災の翌日の2011年3月12日であり、この時から新たに「みずほ」が導入され山陽新幹線経由で新大阪駅まで乗り入れているようなったとのことである。

 
この「みずほ」を使うと、新大阪・鹿児島中央間を3時間45分で結ぶそうである。

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月20日

河口湖の遊覧船

テーマ:12 日記

 先週の土曜日、妻とぶどう狩りを兼ねて河口湖に行った。

 

 あいにくの曇りで富士山ははっきりと見ることはできなかったが、せっかくだからと河口湖の遊覧船に乗ってみた。

 

人事コンサルタントのブログ

 河口湖には今年の春も含めて何度も来ているが、遊覧船に乗るのは初めてである。

 

 ちょっと期待して乗ったのだが、iphoneのアプリ「GPS-Trk」でチェックしてみると湖の中ほどまでまっすぐ行ってそのまま帰ってくるだけであった。

 

人事コンサルタントのブログ

 

900円20分のコースだからこんなものなのだろう。

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。