人気ブログランキングへ
2008年10月29日

被考課者の心得

テーマ:03 人事考課

 人事考課者は考課者訓練等で勉強しているのである程度理解されているが、被考課者は勉強の機会が少ないので誤解していることがある。そこで、被考課者の誤解している点を考慮して、被考課者の心得をまとめてみた。

 

1. 人事考課はあなたそのもの(被考課者)の人間としての評価ではありません。

 

→ あくまでも、期間中の仕事上の結果と行動(能力)の評価に過ぎません。


2. 人事考課はあなたと他の社員を比較して、優劣をつけたり序列をつけたりするものではありません。

 

→ 期間中の仕事上の結果と行動(能力)が基準に対して、上回っていたかどうかを判断するものです。


3. 人事考課はあなたのすべての「仕事上の結果と行動(能力)」を評価することではありません。


→ 現実には、想像やうわさ話ではなく、考課者の知りえた事実によってのみ評価します。したがって、正しい評価をするためには、考課者は「知る努力」が必要であり、被考課者は「知らせる努力」(報連相)が必要です。

 

4. あなたは自分の苦労を全部知っています。しかし、他人の苦労は一部しか知りません。自分の苦労全部と他人の苦労の一部(あなたが知りえた一部分)とを比較して、私の方が頑張っているといっても意味がありません。

 

→ 人事考課は他人との比較ではありません。


5. 評価の手続きが正当であれば、結果の良し悪しにかかわらず、その結果を認め、今後の改善に結びつけることが、成長につながります。


→ 健康診断も仮に診断結果が悪くてもそれを認め、治療することで健康につながります。


やはり、被考課者に対しても被考課者研修を実施して人事考課の考え方をしっかり勉強する必要がある。

→ 被考課者訓練のすすめ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年10月25日

株価下落

テーマ:09 世間の出来事

 今日(10月24日)の昼、テレビで「日経平均株価が8,000円を割り込んだ」と臨時ニュースが流れた。臨時ニュースが出るくらい大きな出来事なのだが、ピンと来ない点もあるのでちょっと調べてみた。

 

 日経平均について

1989年12月   38,957円 バブル時代の最高値
2003年4月     7,603円 バブル崩壊後の最安値
2007年2月26日 18,300円 その後の最高値
2007年8月17日 15,262円 サブプライムローン問題発覚で暴落

2008年1月4日  14,691円 年初終値
2008年10月24日 7,649円 今日の終値

 

 今日の株価(日経平均)は、バブル時の最高値の5分の1(20%)、昨年の最高値の約40%、今年の年初の終値のほぼ半分に当たる。バブル後の最安値にあと40円に迫る価格になる。
確かに、臨時ニュースに値する出来事である。

 

 ついでに為替も調べてみた。
ドル円は、1995年4月に79.7円、1998年8月に147円とここ20年間の最高値、最安値を付けて、今年2008年1月1日は111円で始まって、今日は92円前後(82%)となっている。

 

その他、今年年初の価格と今日(午後11時ころ)の価格は次の通りである。
ユーロ円 162円 → 118円  (72%)
ポンド円 221円 → 146円  (66%)
オーストラリアドル円 97円 → 57円  (58%)
ニュージーランドドル円 85円 → 51円  (60%)
南アフリカランド円 16.2円 → 8.4円  (51%)


軒並み円高となっている。日本以外の国がもっと先行き不安ということだろうか。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年10月22日

勤務時間外の掃除

テーマ:04 賃金・手当

 大手電機販売店の契約社員です。仕事が終わってタイムカードを押した後に掃除をさせられます。決まりのようになっています。おかしいと思って、店長に尋ねたら、30分以内は残業にならないと言われました。本当でしょうか。

 

 まず、就業終了のタイムカード押した後に、掃除という仕事をさせられること自体が問題です。証拠を残さない形にして、ただ働きを強要しているようなものです。掃除が終了した時間をメモしておくといいです。

 

 また、「30分以内は残業にならない」の件ですが、残業時間の賃金の計算における端数処理に関する通達で「1箇月における時間外労働、休日労働および深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること。」は「違反として取り扱わない。」としています。

 

つまり、毎日の残業時間を正確に記録して、それを合計して1か月分の残業時間が出た時に、1時間未満の端数が出た時は30分未満は切捨て、30分以上は1時間にしてもいいですよ、ということであり、1日の残業時間で切り捨て切り上げをしてもよい、ということではありません。

 1日の残業時間については、正確にカウントする必要があります。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年10月21日

日本一短い川

テーマ:09 世間の出来事

 和歌山県は21日、那智勝浦町にある長さ13.5メートルの「ぶつぶつ川」を2級河川に指定した。法律で定められた河川では、北海道島牧村のホンベツ川(全長30メートル)を抜いて“日本一短い川”になった。

 

 ぶつぶつ川を管理していた那智勝浦町が今年7月、県が管理する2級河川への格上げを要望し、県は水質や景観を保全するため指定したとのことである。

 

 県は「日本一の川としてPRし、観光名所になってくれれば」と言っているらしいが、これを契機にもっと短い川ができるかもしれない。

 

 ちなみに、ぶつぶつ川は粉白川(このしろがわ)に流れ込む支流で、地下水源からふつふつと水がわき出ることから名付けられた。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年10月20日

社員を卑下する経営者

テーマ:12 日記

 仕事の関係で経営者の方と話をする機会が多いが、たまに自分の会社の社員を卑下する経営者に出くわすことがある。

 

 多分、謙遜して言っているのであろうが、「うちの社員は多分理解できないだろう」「うちの社員にはムリだ」「うちの社員にできるわけがない」と何度も言われると、何でそこまで自社の社員のことを悪く言うのだろうかと不思議に思う。

 

「卑下も自慢のうち」というように、「へりくだった言い方をしながら、実は自慢している」のだろうか。
 または、「社員はダメだけれども、経営者が優秀だから儲かっている」と言いたいのだろうか。

 

社員のおかげで会社が回っているのだと思うのだけれども、・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年10月15日

飲酒は脳収縮を加速

テーマ:09 世間の出来事

 米マサチューセッツ州のウェルズリー大学の研究チームは、アルコールを飲めば飲むほど脳が縮小するという実験結果を発表した。(専門誌「Archives of Neurology」で発表)

 

 「酒は百薬の長」と言われるように、多くの研究によって適度の飲酒は心臓に良いとされてきた。この研究チームでは、適量のアルコールにより加齢によって進む脳容積の減少を食い止めることが可能かを検証しようとしたが、結果は「逆」だったとのことである。

 

 その結果は、脳容積の減少が少なかった順に次の通りである。


1. 生涯にわたって酒を飲まなかった人々
2. 過去に飲酒していたが今は飲まない人々
3. 現在適度な飲酒をする人々
4. 現在大量に飲酒する人々

 

ということは、「4.現在大量に飲酒する人々」に該当する私は、かなり脳収縮が進んでいるということか、・・・。


もう、手遅れかも。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2008年10月08日

成績の悪い職員への対応

テーマ:06 人事管理

 勤務成績、勤務態度が著しく悪い職員の更生(再教育)についてですが、目標管理制度の導入と併せて検討しております。
 全国の教育委員会では、勤務態度、教師としてのスキル等が著しく劣る教員に対して半年~1年間の研修を行なって、それでも向上が見られない場合は分限処分(免職)まであったかと思いますが、地方自治体ではそこまで大掛かりなことはできません。どのように考えるのがいいでしょうか。

 

 教員の件では、色々な施策があるようですね。それぞれの事情があるので致し方ないと思いますが、・・・

 

 やはり大事なのは、そのような職員を発生させないことです。日頃から指導して、些細なうちに手を打っておけば、分限処分(免職)に該当するような問題は発生しません。日頃は甘やかしておいて、変な風に成長してしまってから、処分すると言うのは、おかしいと思います。日頃からしっかり指導することが必要です。

 
 そのための一つの方法として、目標管理で、部下がしっかり仕事をしなかったら、上司の目標が達成できないという風にします。そうすれば、上司は部下の面倒を見るようになります。

目標管理を導入しても、上司は上司、部下は部下とうようなに連動性のない目標設定をするようですと効果はありません。

上司は、部下をしっかり指導しなければ、自分自身の評価がよくならないという仕組みにする必要があります。

 

 また、そうは言っても、問題のある人もいるでしょうから、処分という位置づけではなく、降格や降職の基準を作って、そのルールに則って運用するようにすると良いと思います。
基準をオープンにして、その基準にそって降格になったりする分には、法的にも問題ないと思います。

 

さらに、職員の中にはほどほどに仕事をしていればいいとう人もいるかもしれませんので、降格の自己申告制などを導入するのも良いと思います。

 

採用した以上は、責任を持って教育し、それなりに活躍してもらうようにしていくのが、大事だと思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年10月03日

退職金の不利益変更

テーマ:05 退職金

 先月退職し、退職金を貰ったのですが私が知っている退職金の規定の金額と違っていました。(約半分)
今年の春頃に規定の変更があったことを退職後に知りました。退職の届けを出した時も退職金の規定に変更がある旨の説明も会社からは受けておりません。

 会社規定と言うのは全社員に把握させておかなくてはならないのではないのでしょうか?

労働基準監督署に相談しようかと思ったりもしています。どうか良いアドバイスをお願いいたします。

 

 今回の件につきましては、2点の問題があります。

一つは、退職金制度の変更(社員にとっての不利益変更)が正しい手続きで行われたかどうか、
もう一つは、変更後の内容を社員に周知させていたかどうか、
です。

 

 労働契約法10条は、就業規則の変更によって、包括的に個々の労働条件を変更することを認めています。
たたし、そのためには次の要件を満たすことが必要です。


・ 就業規則(賃金規定や退職金規定も含めて)の変更は合理的なものであることと
・ 変更後の就業規則を従業員に周知させていること


また、合理性の判断は
1 従業員が受ける不利益の程度
2 使用者にとっての変更の必要性
3 変更内容の相当性、代替措置、その他の改善状況
4 労働組合等(過半数を代表する従業員)との交渉
5 変更にかかる諸事情
によりますが、今回のケースではその辺にも問題があるようです。


労働基準監督署に相談されるのが良いと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年10月01日

名ばかりの管理職の例

テーマ:06 人事管理

 当社の管理職は、遅刻をするとその分控除されたりしますし、職務権限も明確になっているわけではありません。例えば、経費の支払いの許可の権限も部長にはありません。心配なのですが、具体的にどのような例が「名ばかり管理職」にあたるのか教えてください。

 

 管理監督者の判断基準は、通達(昭和63年3月14日基発150号)により次jのように示しています。
管理監督者の範囲について、「経営と一体的な立場にある者の意であり、これに該当するかどうかは、名称にとらわれず、その職務と職責、勤務様態、その地位にふさわしい待遇がなされているか否か等、実態に照らして判断すべき」としています。


すなわち、
① 経営者と一体的な立場にあるか?
② 自由に自分で出退勤できるか?
③ 職務に重要性に見合う報酬を得ているか?
で判断されということです。


WAVE出版の「すぐに使える会社が得する就業規則」に次のような例が示してありました。


● ミューズ音楽院事件(平成17)
① 採用にあたり上司に報告していた ×
② タイムカードにより管理されていた ×
③ 役職手当はあったが、労働時間の規制をなくすほどの金額ではなった ×
→ 管理監督者として認められず。 ×

 

● 風月荘事件(平成13)
① 店舗の人事権を有していない ×
② タイムカードにより管理されていた ×
③ 店長は手当を含めて42万円、次の地位のものは27万円で賃金で優遇されている。 ○
→ 管理監督者として認められず。 ×

 

● レストラン「ビュッフェ」事件(昭和61年)
① 店の売上管理が任されていた、人員の採用件を有していたが賃金等は会社が決めていた。 △
② 午前11時から午後10時まで拘束されており、タイムカードのより管理されていた。 ×
③ 店長手当は2~3万円の支給があった。 △
→ 管理監督者として認められず。 ×

 

○ 徳州会事件(昭和62年)
① 自己判断で募集し素養していた。業務の必要に応じて出張命令を出していた。 ○
② タイムカードは刻印にしていたが、便宜上のもので、実際は労働時間は自由に決定できた。 △
③ 課長としてふさわしい責任手当、包括的な時間外労働手当として特別調整手当を支給していた。○
→ 管理監督者として認められた。○


 今年の9月9日に、厚生労働省はチェーン店や小売店などの店長らを対象として、管理監督者の権限などを示し、管理者としての適正化を徹底する通達を全国の労働局に出しましたので、それも参考にしてください。


 → 「名ばかり管理者」の判断基準

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。