人気ブログランキングへ
2008年09月30日

生キャラメル

テーマ:12 日記

 札幌出張の帰り、新千歳空港のおみやげ屋さんをウロウロしていたら、結構長い行列があったので「何事か」と思って見に行った。

 

 花畑牧場の「生キャラメル」の販売だと言う。11時から販売開始で10人ずつ店内に入って一人5箱まで買えるらしい。
今はもう12時を過ぎているが、50メートルほどの行列ができている。テレビでも話題になったことがあるので買っていこうと最後尾に並んだ。

 

 すると店員さんがやってきて、「このままですと1時間30分くらいかかります。下の階のレストランで(ホエー豚丼)を食べると、生キャラメルを2箱購入できます。今なら、すぐ購入できます。」とチラシを配り始めた。

 生キャラメルと豚丼の抱き合わせ販売である。

 

hoe-


ちょうどお昼どきだったので「ホエー豚丼」を食べることにした。まずくはなかったけれど1470円は高い。


みんなレジで生キャラメルを買っていたが、「ホエー豚丼」には満足したのだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月22日

残業割増50%(労基法改正案)

テーマ:09 世間の出来事

 先日、新聞(208.8.29毎日新聞)で、 「自民、公明両党は、現行は一律25%の時間外労働の賃金割増率について、月に60時間を超える部分は50%とすることなどで大筋合意した。今度の臨時国会で成立させ、施行は来年10月となる方向。」と報じていた。

 

 「9月12日召集予定の臨時国会で成立させる方針」となっていたが、予期せぬ総裁選で未だ国会は始まっていないが、いずれ、成立するのだろうか。

 

 長時間労働を強いる企業に負担増を求め、労働時間短縮を図るのが狙いで、日本経団連も容認する構えだという。民主党も、連合が与党案を容認する姿勢であることから賛同するとみられている。


 さらなる残業対策が必要だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月18日

家族カラオケ

テーマ:12 日記

 先日、息子と娘と3人でカラオケに行った。それぞれが好きな歌を順番に歌って、適当に発散して、楽しかった。

 

 気を使って拍手をする必要もないし、聞いているふりをする必要もない。
知っている歌であれば、一緒に口ずさんだり、聞き入ったり。知らない歌や興味ない歌であれば、無視して次に歌う自分の曲探しをすればいい。それぞれが何かの練習のつもりで色々歌って、スッキリしたようだ。(私もスッキリした。)

 

 大学生の娘が、家族(父と兄と)でカラオケに行ったとクラスメートに話したら、ビックリされたそうだ。家族(父と兄と)でカラオケに行くなんて、「ありえない」らしい。

 

 わが家では、年に1~2回は家族(妻や次女も含めて全員)でカラオケに行っているが、喜んでいるのは親だけなんだろうか?

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年09月17日

残業の上限

テーマ:04 賃金・手当

 当社では、現在、月45時間以内、年360時間以内しか残業をさせてもらっていません。
裁量労働制(一定ランク以上の従業員)の人は時間数で言えば相当働いていますが、同じような仕事量を裁量労働以外の人は+360時間以内で行わなければいけないということになっています。
以前、働いていた職場では、忙しい時期はもっと残業をしていた(申告していた)ように記憶しています。
もっと残業をしたと思っているのですがムリなんでしょうか。

 
 一般的な例で言いますと、裁量労働制の方は裁量労働という名のもとで「サービス残業」させられているケースが多く、時間計算で残業代が払われている方が安心です。

 

 もちろん、「月45時間、年360時間」以上残業しているにもかかわらず、それ以上は支払われないのであれば違法になります。どのような理由を付けようとも、実際に行ってしまった残業には残業手当を払う必要があります。

 

 実際に行う前に、「月45時間、年360時間」以内という規制を設けて、それ以上残業させないのは良いことです。限られた時間の中で、仕事を完了するように努力することで本人の能力もアップし、会社の業績も向上します。

この、「月45時間、年360時間」というのは、厚生労働省が1998年に出した「労働省告示第154号」に示されているもので、残業時間の上限とされています。

 

 したがって、今いらっしゃる会社は法に基づいていることになります。


>以前働いていた職場では、忙しい時期はもっと残業をしていた(申告していた)ように記憶しています。

 

 本人の自己申告で残業を許可しているようなところは、残業管理ができていない証拠であり、サービス残業の温床になります。また、上限を超えての残業もいずれ残業カットなどになる可能性があり好ましくありません。
労働者の健康上のこともあります。


以上、よろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月13日

新人フォロー研修

テーマ:12 日記

 昨年の春入社した社員のフォロー研修を行った。1年半も経つと、それなりに社会人らしくなっていた。

 

会社に入ってうれしかったことを聞いてみると
・ 上司にほめてもらったこと
・ 仕事を任せてもらったこと
・ 色々な人と知り合って、仲間になったこと
などの意見が出てきた。

 

そんな中で、中途採用の人(数名一緒に参加)のうれしかったことは
・ この会社に入れたこと
・ 安定した収入がもらえること
・ ボーナスがもらえたこと
という意見だった。

 

年齢的には変わらなくても、過去の経験によって、ずいぶん感じ方が違うものだ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月11日

「名ばかり管理職」の判断基準

テーマ:06 人事管理

 厚生労働省は9月9日、チェーン店や小売店などの店長らを対象として、管理監督者の権限などを示し、管理者としての適正化を徹底する通達を全国の労働局に出した。

 

 通達は、管理監督者に当たらないケースとして、主なものは


1.アルバイトなどの採用権限がない
2.部下の人事考課に関与していない
3.遅刻、早退などをすると不利益な取り扱いを受ける
4.賃金を時給に換算すると最低賃金に満たない


などである。

 

 通達では、最終的には「他の要素を含め総合的に判断」としているが、管理監督者性を否定する重要な要素と補助要素と分けて明示している。

 

● 管理監督者性を否定する重要な要素
職務内容、責任と権限
① アルバイト・パート等の採用について責任と権限がない
② アルバイト・パート等の解雇について職務内容に含まれず、実質的にも関与せず
③ 部下の人事考課について職務内容に含まれず、実質的にも関与せず
④ 勤務割表の作成、所定時間外労働の命令にについて責任と権限がない


勤務態様
① 遅刻、早退等により減給の制裁、人事考課での負の評価など不利益な取扱いがされる


賃金等の待遇
① 時間単価換算した場合にアルバイト・パート等の賃金額に満たない
② 時間単価換算した場合に最低賃金額に満たない


● 管理監督者性を否定する補助要素
勤務態様
① 長時間労働を余儀なくされるなど、実際には労働時間に関する裁量がほとんどない
② 労働時間の規制を受ける部下と同様の勤務態様が労働時間の大半を占める


賃金等の待遇

① 役職手当等の優遇措置が割増賃金が支払われないことを考慮すると十分でなく労働者の保護に欠ける
② 年間の賃金総額が一般労働者と比べ同程度以下である


今回は、チェーン店の店長を対象にしているが、一般の会社でも同じように判断することになるのであろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月07日

残業の対応

テーマ:06 人事管理

 残業(時間外勤務)に対する評価について悩んでいます。時間外勤務をした者は、事後報告で上司に印をもらうことで、上司に残業を認めてもらったことになっています。
私は上司の立場で、どんな基準で認めるべきなのか、と考えています。遅くまで残って仕事を一生懸命していることを認めてあげたい反面、もっと効率よくできるんじゃないか?効率よくやる努力をしてないんじゃない?と思ってしまいますが、それらを何らかの形で評価することで、お互い気持ち良く有意義な仕事ができると考えています。
是非ご助言頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。

 

 難しい問題ですね。
 行ってしまったものは、事後承諾であれ何であれ、残業は残業です。法に基づいて、残業手当を払うべきです。もし、無駄な残業をしているのであれば、行う前にさせないようにすべきです。(許可した、または黙認して)行ってしまったもの、割増賃金を払うべきです。後で、残業規制とか理由を付けて残業代を払わないのは違法行為になります。

 

 残業には、頭を下げてでも行って欲しい残業と、残業と認めてしまってはいけないムダな残業があります。

仕事量が多い中、必要な残業を行って、会社に貢献しているのであれば、責任性などでプラス評価できます。

 
適切な仕事量であるにもカかわらわらず、能力不足で残業が発生するのは、能力に関する項目でマイナス評価になります。

 
意欲不足で残業が発生するのは、責任性でマイナス評価となります。ただし、マイナス評価の反映の前に、しっかり指導することが必要です。指導もしないで、いきなり評価でマイナスするのは、不信感につながります。

 

そうはいっても上司が部下の仕事をすべて管理するわけにはいきません。
本人自らが、無駄な残業をすると本人も会社も困ると言うことが自覚できるようにすることが必要です。
そのような仕組みを作りオープンにするが近道ではないでしょうか。

 

ホームページやブログに、残業に関する記事をたくさん載せていますので、参考にしてください。

残業の評価
http://www.sabcd.com/03q&a/42q&a.htm#110

残業の削減方法
http://www.sabcd.com/03q&a/49q&a.htm#159

残業自粛の残業!
http://www.sabcd.com/03q&a/21q&a.htm#3

残業問題の解消
http://www.sabcd.com/02jinnji/38teiann.htm

残業は悪?
http://ameblo.jp/sabcd/entry-10000702979.html

以上、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年09月04日

ライスとご飯

テーマ:12 日記

 レストランでご飯を注文すると、ライスと称してお皿に薄く盛ったご飯が出てくる。フォークとナイフを使った場合に取りやすいようにとの配慮だと思うが、・・・。

 

 普通に考えて、ご飯は暖かくて水分をある程度含んでいる方がおいしい。お皿に薄く盛ってしまうと、早く冷めてしまう。空気に接する面積が大きくなるので、水分も早く飛んでしまい、ちょっと時間をおくとパサパサになってしまう。

 
お客においしいものを提供することに日夜努力している料理人が、なぜおいしいご飯をおいしく食べられなくなるライスという方式で提供するのだろうか?

 

レストランであっても、ご飯が一番おいしい食べ方は「お茶碗に箸だ」と主張しても良いのではないだろうか。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年09月03日

360度評価の注意点

テーマ:06 人事管理

 社長の意向により、今年6月に初めて360度評価を導入したが、社員より戸惑いや不満の声が上がっている。事前に評価基準や360度評価の目的(給与に反映するのかどうかなど)を説明しないまま行った為、問題も多いが、社長は今後も続けたいと考えている。どう改善すればよいのかアドバイスをお願いします。

 

 360度評価は、使い方によっては非常に良い効果をもたらしますが、その分、使い方が悪いと悪影響を及ぼします。

360度評価を導入する職場(会社)の風土と、360度評価導入の目的がポイントです。

 

 職場のコミュニケーションがよくて、お互いに仕事の中身を知っている。さらに、お互いに問題点を指摘しあってよりレベルアップを図っていこうという職場で、教育目的で「360度評価」を導入することは、非常に効果があります。

 

 しかし、コミュニケーションが悪くて、お互いに指摘しあってレベルアップを目指そうという職場でないところで、いきなり360度評価を導入すると、評価すること自体に嫌悪感を感じ、良い効果が出ません。逆に、導入すること自体が悪影響になります。

 

 また、360度評価を処遇に連動することにも問題がありますが、その前に、もし取り合いの仕組みになっていると360度評価以前の問題があります。

 
 すなわち、評価によって良い人は賞与が多くなり、悪い人は少なくなるということを、強く打ち出しているような場合です。個人の評価により、取り合いするようなことを強調する前に、会社の業績がよければみんなよくなる、みんなが協力して会社がよくなれば、個人の処遇がよくなると言う仕組みを明確にすべきです。

 
その仕組みを明確にせず、個人の評価によって賞与等を決めるようにすると、結局は取り合いの仕組みになり、良い風土にはなりません。 

 

 さらに、360度評価を処遇に結びつけると、上司の指示命令を聞くよりは、部下や同僚の言うことを聞いた方が良いということになってしまいます。部下にゴマをする上司が出てくるかもしれません。

 

指示命令する人が処遇を決める人であり、評価をする人、指導をする人です。
その原則をはずすと、指示命令系統がおかしくなってします。

 

360度評価の導入の注意点は、ホームページのコーナーをご覧ください。


http://www.sabcd.com/02jinnji/37teiann.htm#32


http://www.sabcd.com/03q&a/34q&a.htm#70

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年09月03日

ゲリラ豪雨

テーマ:12 日記

 8月20日から国内を転々としていたが、ついにゲリラ豪雨の影響を受けてしまった。

 

 例年8月は社員研修が少ないのだが、今年は20日からすっと研修が続いていた。郡山から始まり、高松、名古屋、東京、横浜、京都と行ったり来たりの移動を続けていたが、幸いゲリラ豪雨の影響を受けずに順調だった。

 

 しかし、ついに昨日ゲリラ豪雨に襲われた。夕方6時半過ぎの新幹線で京都から東京に向かう途中、「米原・岐阜羽島間が集中豪雨のため運転見合わせ」というアナウンスが流れ、1時間ほどストップしてしまった。
運転が再開されて、「米原・岐阜羽島」間を通過したが、そのときはほとんど雨が降っていなかった。

 

 ごく限られた範囲に集中して一度に降る降雨を、「ゲリラ豪雨」というそうであるが、まさにそのとおりであった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。