人気ブログランキングへ
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007年12月29日

平成20年

テーマ:12 日記

 いつも年末になると、「1年が経つのは早いものだ」思う。その度に、「1年の割合が自分の人生にとって段々小さくなっていくのだから、そう感じるのは当たり前だ」と自分に言い聞かせる。

 

 10歳の時の1年は、自分の人生において10分の1、すなわち10%を占めることになるが、50歳にとっての1年は、50分の1、すなわち2%にしかならない。同じ1年でもだんだん短く感じるのは、しょうがないことだ。

 

 でも今年はそれだけではない。もう平成20年、平成になって、もう20年になろうとしている。
平成になった当時の出来事を思い出して、あらためて実感した。


「本当に月日が経つのは早いものだ。」

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年12月26日

年賀状

テーマ:12 日記

 やっと年賀状を書き終えた。これですっきり、肩の荷が下りたような気がする。
年賀状の是非は別にして、年賀状のおかげで、日頃おろそかにしている住所録の更新ができるので、助かる。

 

 ちなみに、今年というか、今販売している「平成20年用お年玉付郵便はがき」は1億枚追加発行して、2年ぶりに40億枚台になるそうだ。


これも民営化のおかげか? 

 

 営業努力で枚数が伸びたのであればいいのであるが、ノルマがきつすぎて、自腹で購入して金券ショップで換金しているようなことがあると、意味がないような気がする。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年12月21日

ポップコーン効果

テーマ:08 法則

 日常場面における些細な不公正さが、あたかも波紋が広がるかのように周囲に伝播し、それが組織風土全体に悪影響を及ぼす過程を、ポップコーン効果というそうだ。

 

誰か一人が食べ始めると、それが伝達して多くの人が食べ始めるからだろうか?

 
それとも、小さなマメが膨張して大きくなっているからだろうか?

 
由来はなんだろう。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年12月20日

トルシエ監督

テーマ:09 世間の出来事

 サッカー日本代表のトルシエ元監督(52)が、JFLのFC琉球の総監督に就任するそうだ。

 

 日本代表監督時代(1998年~2002年)は、いろいろ批判もあったが、私はどちらかというと好意的に応援していた。(中村俊輔の落選以外は)

フランス出身なのに、何かと日本に縁がありそうで、沖縄でも頑張って欲しい。


 ちなみに、日韓ワールドカップ後、日本の代表監督を辞めてからの動向は次のようだったらしい。


2002年7月 フランス代表監督の最終候補になったが、選に漏れる。
2003年8月 カタール代表監督に就任。
2004年7月 成績不振のためカタール代表監督を解任される。
2004年11月 フランス・マルセイユの監督に就任。
2005年10月 モロッコ代表監督に就任。5年契約を結ぶ。
2005年12月 モロッコサッカー連盟と決裂し代表監督を解任される。

2007年12月 JFL・FC琉球の総監督に就任。ベナンとの交渉が決裂し、希望していたアイルランドとオーストラリアの代表監督への就任も全て断られ、日本サッカー界へ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年12月19日

人事考課の公正さと納得性1

テーマ:03 人事考課

1.公正とは

 
 辞書によると、公正とは「かたよりなく平等であること。公平で正しいこと。また、そのさま。」ということである。多くの人は道徳として、公正であって欲しい、公正であるべきだと思っているであろう。また、個人の損得に影響がある場合は、公正であることをさらに強く要望すると思う。

 

2.人事考課における公正

 
① 分配的公正(結果の公正)
 自分の評価と他人の評価が釣り合っている、あるいは、自分の投入した努力と得られた評価の度合いが他の人と釣り合っている場合に公正さを感じる。しかし、これは自分を中心に他人と比較して公正さを感じるわけであるから、「自分が一番かわしいい」と思っている人間の本性から、全員が公正と感じることはほとんど不可能であると思われる。
 「○○さんより自分はよくやっている。それを上司はわかってくれない。」とか、「私はこれだけ努力しているの、○○さんはラクして良い評価をもらっている。」など、不満の原因になりかねない。

 

② 手続き的公正(プロセスの公正)
 そのような評価になった理由がわかっており、定められたルールや基準に基づいて行われたものであれば、その結果にかかわらず、公正と感じる。
ルールや基準など評価の手続きだけでなく、評価者との信頼関係や日ごろのコミュニケーションがよければ、さらに公正さを感じる。


(以下、後日)
③ 人事考課の公正さの限界

3.人事考課の納得性
4.納得性を高めるための方法
5.人事考課の位置づけの再確認

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年12月18日

女子高生のアルファベット略語

テーマ:09 世間の出来事

 テレビでKY(空気読めない)などの女子高生が使うアルファベット略語を紹介していた。KY以外まったくわからなかったので、娘に今どんな略語を使うのか聞いてみた。


以下、問題(右側を選択すると答えが出ます。)

  

JK  女子高生
PK  パンツ食い込む
TK  とんだ勘違い
HK  話変わって
WK  ホワイトキック→しらける
MT  まさかの展開
DK  大事なところでかむ、または男子高生
KD  高校デビュー
HD  暇なときに電話する
KZ  絡みづらい

 

 娘曰く、そのときの状況や相手によって意味が違うとのこと。その他、以下のような略語も聞いたことあるそうだ。

 

MM  マジめんどうくさい
MA  マジありえない
HP  はみ出しパンツ
WH  話題変更
KB  空気ぶちこわし

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年12月17日

被考課者訓練

テーマ:03 人事考課

 最近、被考課者訓練を行う会社が増えている。考課者同士が人事考課の基準やルールのすり合せを行うことは大事なことであるが、それ以上に、考課する人とされる人が、基準やルールに関して共通認識を持つことが大事なことであるからである。

 

 人事考課は納得性が大事である。その納得性を高めるために考課結果をフィードバックするわけである。しかし、その結果について、いつも納得できるとは限らない。本人にとって、不都合な結果や本人の思いもよらないような悪い結果になってしまうこともある。その結果だけを教えて、「納得しろ」といっても、なかなか納得できるものではない。

 
 やはり、結果の納得性ではなく、プロセスの納得性を高める必要がある。どのような理由でそのような結果になったのか、をよく説明することが大事である。そして、事前に基準やルールがわかっていれば、理由や根拠も理解しやすい。

 
 被考課者が基準やルールをよく知らないから、考課結果だけで判断せざるを得ない。結果が悪ければ、不満が残ってしまう。被考課者が基準やルールをよく知っていれば、考課結果だけでなく、その結果になった理由も理解できる。結果が悪くても、決められた基準やルールで行われたものであれば納得する。

 

プロセスの納得性、手続きの納得性を高めるために被考課者訓練は効果的である。


被考課者訓練のプログラム はこちら。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年12月12日

今年の漢字

テーマ:09 世間の出来事

 今年を象徴する一文字は「」。日本漢字能力検定協会(京都市)が募集する「今年の漢字」が12日、発表された。


 まさに、その通り。食品偽装事件や年金、防衛省汚職など、さまざまな偽りにだまされた一年だった。

 

ちなみに


2006年 「命」
悠仁親王のご誕生に、日本中が祝福ムードに包まれた一方、いじめによる子供の自殺、虐待、飲酒運転による事故など、痛ましい事件が多発。ひとつしかない命の重み、大切さを痛感した年。

  

2005年 「愛」
紀宮様のご成婚、「愛・地球博」の開催、各界で「アイちゃん」の愛称の女性が大活躍。残忍な少年犯罪など愛の足りない事件が多発したこと。「愛」の必要性と「愛」欠乏を実感した年。

 

2004年 「災」 台風、地震、豪雨、猛暑などの相次ぐ天災。 

 

2003年 「虎」 阪神タイガースの18年ぶりのリーグ優勝。

 

2002年 「帰」 北朝鮮に拉致(らち)された方の帰国。

 

2001年 「戦」 米国同時多発テロ事件で世界情勢が一変。

 

2000年 「金」 シドニーオリンピックでの金メダル。

 

1999年 「末」 世紀末、1000年代の末。

 

1998年 「毒」 和歌山のカレー毒物混入事件。

 

1997年 「倒」 山一證券など大型倒産の続出。

 

1996年 「食」 O-157食中毒事件や狂牛病の発生。

 
1995年 「震」 阪神・淡路大震災。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年12月10日

M-1グランプリ2007

テーマ:09 世間の出来事

 今年のM-1の決勝進出者が決まった。(敗者復活者以外)
誰が優勝するのか、12月23日が楽しみだ。

 

● 決勝進出者

 
1.笑い飯
 M-1の常連、2002年から連続6年決勝進出。マンネリにならないように頑張って欲しい。


2.POISON GIRL BAND
 決勝進出は3回目。昨年は決勝では最下位だったが、今年はリベンジできるか。


3.ザブングル
 決勝進出は初めて。加藤の顔芸がどこまで通じるか。


4.千鳥
 2003年から3年続けて、決勝最下位。昨年は準決勝止まりだったので、その悔しさをどこまでぶつけられるか。


5.トータルテンボス
 昨年は決勝5位。もう一押しの爆発力が必要か。


6.キングコング
 3年ぶりの出場。テレビでの露出度は抜群であるが、さて、面白さはどうなのか、ある意味楽しみ。


7.ハリセンボン
 昨年は3回戦止まり。今年は決勝に進出しただけでも大健闘。紅一点に期待。


8.ダイアン
 決勝進出は初めて、6年連続準決勝止まり。緊張せずに頑張って欲しい。


○ 敗者復活候補

 

オリエンタルラジオ
麒麟
スピードワゴン
アジアン
ザ・プラン9
東京ダイナマイト
ハイキングウォーキング

アームストロング
えんにち
オードリー
大脇里村ゼミナール
勝山梶
カナリア
鎌鼬
ギャロップ
キャン×キャン
高校デビュー
ザ☆健康ボーイズ
座長座長 吉本興業
ザ・パンチ
サンドウィッチマン
三拍子
GAG少年楽団
磁石
ジパング上陸作戦
ジャルジャル
志ん茶
span!
スマイル
ゼミナールキッチン
ソラシド
タイムマシーン3号
チーモンチョーチュウ
超新塾
天竺鼠
天津
とろサーモン
ナイツ
流れ星
なすなかにし
NON STYLE
はだか電球
ハム
パンクブーブー
ピース
ヒカリゴケ
髭男爵
藤崎マーケット
プラスマイナス
ブレーメン
平成ノブシコブシ
ヘッドライト
BODY
まえだまえだ
マシンガンズ
モンスターエンジン
U字工事
ラフコントロール

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年12月10日

賞与配分の方法4

テーマ:04 賃金・手当

1.単純に配分する場合(人事考課が反映しない場合)


2.人事考課を反映させて配分する場合

① 賃金連動方式

② 等級連動方式 (掲載済み)



③ 賞与ポイント方式

 
 等級と人事考課の結果により一人ひとりに賞与ポイントを付与し、全員のポイント合計からポイント単価を割り出し、賞与を計算する。


賞与=個人賞与ポイント×ポイント単価 ポイント単価=賞与総原資÷ポイント総合計


賞与ポイントは等級と人事考課による設定する。例えば次のように設定する。

評価段階 6級職  5級職  4級職  3級職  2級職 1級職
 S     640    540    440    340    250
 A     540    440    340    250    190   160
 B     440    340    250    190    160  150
 C     340    250    190    160    150   140
 D     250    190    160    150    140
   
この方式の特徴は次の通りである。


よい点
・ 賃金の多少にかかわらず、同じ等級で同じ評価であれば、金額は同じになる。
・ また、同じ等級であれば、評価の違いがストレートに金額に反映することになる。


問題点
・ ポイント単価は、それぞれの社員の等級と評価によって変動するため、同じ等級同じ評価でああっても、前回と同じ金額にはならない。
・ 全体の評価(点数)がよくてポイント単価が下がった場合は、仮に評価が上がっても金額が下がるということがありえる。
・ 計算が複雑になり、事前に金額の想定がしにくい。


なお、年齢や役職に対してもポイントを設定して、賞与に反映させることができる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。