ヨコハマ〜〜女子会 ②

テーマ:
横浜 石川町駅の近くのcafeでいよいよ5人が初対面を迎えた


皆んな初めて見る顔触れなのだが何故か親近感わく面々だ


kirArinちゃんはまるで まだ学生服が似合う様な新鮮味がある女の子である

可愛い


ピダムおやびんは女優の片平なぎさに似た笑顔の素敵な女性である
コロコロと笑い周りを楽しませてくれる


オリーブの奥さんはご存知の方も多いかもしれない
美魔女だ
声が一番通り周りをやはり賑やかにしてくれる


レンちゃんは色気ムンムンとした美人さんで良くナンパされずに此処まで来たものだ


皆さんそれぞれが個性があり私達はおしゃべりに夢中だった



2時間近くいただろうか
話題はアメブロの読者さんの話題で持ちきりだ


その度に歓声がわく
私も久しぶりに大声で笑っていた

実に楽しい




外は土砂降りの雨が降っていたが そんな事は関係無かった


誰が愚痴を言う訳でもなく 文句を言う訳でもなく明るい話題で盛り上がる



実に楽しい時間を過ごしたものだ


皆んなありがとう



私は嬉しかったよ



さて これからSHIMOMURAへとcafeを出る




歩く事 約5分



店に到着!



さぁ ここから宴の始まりだ

{B16821F2-505E-47DC-8A89-8BC32E93A81C}










花本ひろみ
AD

ヨコハマ〜〜女子会 ①

テーマ:
横浜駅で私は おやびんと待ち合わせをした

2人とも待ち合わせの駅に着いたのだが
お互いに待っている場所が違かった

電話が鳴り急いで手に取る

お互いに 何処にいるのー?って感じだ



私は雑踏の中に埋もれて私を探してるおやびんをすぐに見つけた

私はおやびんに近寄り強く抱きしめる

2人で笑って会えた事を喜んだ



お喋りしても まるで10年来の友人のようだ
楽しいおやびん



私達はそのまま根岸線に乗り石川町駅まで向かう



あいにくの雨だったが比較的暖かい日だった






近場のカフェに入り2人でジュースなどを飲む



楽しい時間はどんどん過ぎて行くものだ






おやびんを見てると懐かしい友に久しぶりで会ったような錯覚に陥った


気立てが良くて 良く喋り可愛いげのある顔で私を見つめてくれる

嬉しい



笑った笑顔がステキ‼️




この数十分後には5人全員がこのカフェにあつまるのだった







つづく











花本ひろみ




AD

SHIMOMURAさんで兄弟盃

テーマ:
{0800CC17-9263-4571-A1C0-9F59CEE8EEB0}

赤なまこ
りんごおろし
合鴨ロースパテ包み
昆布巻き

{1413B88F-1EFD-4A1F-83E0-9B3770E22752}
{311FB2D9-CAE5-4A38-BABA-2D37A3F81D38}

{285EC1C9-8285-47D4-AEAC-DCEA01984B46}

{F148E341-F48A-414B-8B3C-BF58F689537E}

{2F4B20BA-3EFD-4C51-B2CB-046BA175095E}

{327C188C-36F2-44AB-8448-26D2D5734A55}

お造り
メジマグロ
寒ブリ
ヒラスズキ
{7B2F877F-4E8E-4B87-A7BB-0473CBE87C26}

ありがとうございます
思わぬサプライズでした
下村さんも同じ日が誕生日です
{7AF62F5A-B6C4-4758-A9B6-9009F449FED8}

兄弟盃

とにもかくにも皆様お疲れ様でした

おやびん
オリーブちゃん
レンちゃん
kirArinちゃん

楽しい1日でした
ありがとうございます

下村さんごちそうさまでした
また伺います


{8E45E1FB-2800-4DC5-A92E-19E1575D780D}

おまけのシローさん
いい人です
ありがとう







花本ひろみ
AD

ぼくたちの失敗

テーマ:
26年間 未だに一緒に暮らしている従弟がいる



従弟が26歳の時にシャブを教えてしまった



真面目で人付き合いも無く


ただ働く事の毎日だった







私が 一回だけやってみる?と言うと黙って頷き
血管の細い手を差し出した




それから一年従弟はシャブにどっぷり浸かってしまう



私は従弟にとんでも無い事をした



それまでの仕事を辞めてしまい
私とのシャブに時間を費やした



今は辞めているが それで良かった



ただ一つ
従弟は自分では打てないのだ



それでいい



従弟は今月の17日で51歳になる
長い年月だった



クスリの話はご法度になっている






花本ひろみ