2013-11-29

飫肥杉旅日記 -上映会編-

テーマ:サバニイベント

飫肥杉に、スギズナに、会いにゆこう。
せっかくならサバニ旅上映会も!
早速日南市役所の河野さんに連絡をいれた。
油津商店街イベントの仲間にいれてもらい、立派な上映会が催される運びになった。

日南市の上映会記者発表
「日南で復元されている飫肥杉製の帆走漁船「チョロ船」は、弁甲材ブランド「飫肥杉」と、東洋一の マグロ基地と呼ばれた「漁業」という、地域を繁栄させた2大要因を体現している日南の象徴です。
チョロ船の存在自体が、飫肥林業の歴史と船材に適した飫肥杉の特徴を物語り、一方でマグロ、カツオ漁の裾野だった近海漁の息吹を今に伝えています。
しかしながら今、チョロ船の造船と操船の技術が途絶えようとしています。
かつて同じような危機にあったサバニは、2000年九州・沖縄サミットを契機としたレース開催や、体験乗船、観光での活用 などにより復活し、次代へ歴史や文化、誇りを継承するとともに、人づくりにも大きく貢献しています。
そんなサバニという飫肥杉製の船について知ることにより「日南のまちから飫肥杉の船が姿を消 してしまっても良いのか?」という議論のキッカケづくりにしたいと考え、この上映会を計画しました。」

主催: 日南飫肥杉舟の会(会長 山口秀一(NIC21 会長))
共催: 日南市産業活性化協議会(NIC21)、油津チョロ船保存会、なんごうオーシャンネットワーク フーカキサバニ

たくさんの地元油津の方々にご協力頂き実現した。

油津商店街に着くと、ちびっこたちが賑やかにアートイベントを楽しんでいて、
見事な上映会場が設営されていた。「上映会」の大きなパネルを見上げた。(ウルウル)
飫肥杉製のパーテーションに、チョロ船とサバニの写真パネルがずらりと貼られ、サバニTシャツ、クバ笠、サバニの模型とチョロ船の模型、エークが仲良く並び、このまま一式、移動上映会に持ってまわりたいくらい、ほんとうに素敵な空間が出来上がっていた。


帆かけサバニ日記 帆かけサバニ日記

帆かけサバニ日記 帆かけサバニ日記

帆かけサバニ日記 帆かけサバニ日記

若くてハンサムな日南市長はじめ、共催頂いた皆さんにも挨拶を頂き、サバニの他に地元シーカヤックの活動や貴重なチョロ船の映像も流れ、地元のみなさんと海を旅する時間を楽しんだ。

油津には以前、数件の映画館があり賑わっていたそうだ。
映画館が姿を消した今、この地でドキュメンタリー映画の上映会を開催することが、
商店街活性化、映画館復活のきっかけの一日になったという声もまたうれしかった。

帆かけサバニ日記 帆かけサバニ日記


帆かけサバニ日記 帆かけサバニ日記

帆かけサバニ日記 帆かけサバニ日記

帆かけサバニ日記 帆かけサバニ日記

帆かけサバニ日記 帆かけサバニ日記


その夜、大交流会でもたくさんのスギズナでつながった人々が集まり、チョロ船やサバニ、飫肥杉の未来を語り合った。
来年は座間味レースを観に行てくれる人が更に増えそうで楽しみ。

旅の最後に飫肥杉にも再会できた。
飫肥城址に悠々とそびえる飫肥杉は樹齢100年を超えると聞く。
瑞々しい空気に、いにしえの時を想い、深呼吸した。

帆かけサバニ日記 帆かけサバニ日記


帆かけサバニ日記 $帆かけサバニ日記


こうしてスギズナの旅は
日南のみなさん、チョロ船、飫肥杉とのふれあいの中、大感激のうちに過ぎた。

企画、準備から片づけまで担ってくださったみなさまに心から感謝申し上げます。
スギズナ バンザイ!

帆かけサバニ日記

次は 座間味レースでお会いしましょう。


フーカキサバニ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

フーカキサバニのさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。