<鯖江市図書館からのお知らせ>

★9月の休館日は9月29日(木)です。

(22日が祝日のため)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月29日

ありがとう、ゴーヤ

テーマ:民子

こんにちは、民子ですこけし

 

 

今日は館内整理日で、図書館は休館しております。

でも職員は出勤して、開館中はできない仕事をしてますよチョキ

 

 

この夏、涼しげな緑のカーテンとして活躍したくれたゴーヤのつるゴーヤ

そろそろ撤去しないといけません。

 

その前に・・・

ゴーヤの足元に露草を発見!

自然に生えてきたのですね。可愛いなぁラブラブ

 

 

そしてゴーヤと一緒に植えた赤いアサガオは、

まだまだいけそうだけど・・・

 

 

 

一緒にさようならしましたショボーン

 

 

緑のカーテンがなくなり、西口玄関はさびしくなりましたが、

これからは利用者の方からいただいたパンジーパンジー

目を楽しませてくれますよ音譜

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月23日

今月のカフェは「介護」のおはなし

テーマ:箱子

こんにちは、箱子です。

 

久~しぶりにブログ当番がまわってきて、ブログの入力画面を開いてみたら、

レイアウトが以前と変わっていてあたふたしてしまいましたあせる

 

歳とともに新しいことへの順応性が衰え、

パソコンにしても何にしても変化があると慣れるまでがとても大変ですショックあせる

 

 

セキセイインコ青セキセイインコ黄オカメインコ 

**********************

 

 

 

さて、明日のライブラリーカフェのお知らせです。

 

コーヒー 第138回さばえライブラリーカフェ

テーマ

「 介護で慌てないための準備と心構え」 花花花

 

【講師】  上田 順子 氏 (福井県介護福祉士会)

       

** 内容 *********** 

 

最近、「終活」という言葉をよく聞きます。自分の終わり方を考えるいい機会になることは間違いありません。

しかしその前に、元気なころは出来ていた「自分の世話」が出来なくなる「介護」が必要な状態がやってきます。

何を準備し、どんなことを知っておくといいのかをお話します。

 

 

***************

 

日 時 : 平成28年9月24日(日) 午後7時~

 

場 所 : 鯖江市文化の館 多目的ホール

 

参加費 : 500円(コーヒー、ケーキ付)


申込不要です。

おまちしております。
 

 

 

 


あわせて来月のライブラリーカフェのお知らせです。

 

第133回 さばえライブラリーカフェ

テーマ : 「ブータントレッキングで考えたこと」 

 

 

講 師 :  中村 隆喜 氏 (福井県山岳連盟 副会長)

 

日 時 : 平成28年10月18日(火)

 

参加費 : 500円(コーヒー、ケーキ付)

開催日が近づきましたら、また詳細をお知らせいたします。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月21日

9月の休館日について

テーマ:鹿子

こんにちは。

鹿子ですバンビ

 

今月の休館日についてのお知らせです。

 

ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ

 

文化の館は、

毎月第4木曜日を館内整理日として休館しておりますが、

9月は第4木曜日が祝日と重なるため、

下記の日程で休館いたします。

 

休館日 

平成28年9月29日(木)

 

 

 

 下記の期日は平常通りの日程で開館しております。
 ご来館お待ちしております。

 

 

 9月22日(木) 10:00~18:00
 9月23日(金) 10:00~20:00

 

 

ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ

 

 

先日、夕飯中に窓からカエルFrogが飛び込んできました。

部屋中をかけまわり、夕飯どころではなくなりました~汗

家族によると、

その日は玄関にカニカニすまいる★が歩いていたそうです。

 

カエルもカニもうちの庭に住んでいるので、

遊びに来たんですかね~スター

びっくりしました!!

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月16日

9月の映像シアター

テーマ:鹿子

こんにちは!鹿子ですバンビ

 

今月の映像シアターのおしらせです!!2

 

ayaスティングaya【字幕】

1936年、シカゴ近郊のダウンタウンに住むジョニーは

詐欺で日銭を稼いでいた。

ある日、いつものように金を騙し取ったのは、

大物ギャングのロネガンの賭博場の上がり金だった。

そのため親同然の師匠ルーサーが殺される。

ジョニーは復讐のため、

伝説の賭博師ゴンドーフに協力を求める。

(1973年/アメリカ)

 

出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード 他

 

 

チェック まる日にちチェック まる

9月17日(土)

 

チェックまる時間チェックまる

・13:15~開場

・13:20~福井ビデオ映像クラブ作品上映

・13:30~「スティング」上映

上映時間2時間9分

 

チェック まる入場無料チェック まる

 

チェック まる会場チェック まる

鯖江市文化の館2F多目的ホール

 

たくさんのご来場お待ちしていますスマイル

 

 

花  花  花  花  花

 

文化の館正面入り口のイベント案内に、

映像シアターをはじめ、様々な行事等の

ポスターを掲示しています。

 

上矢印今日の行事のお知らせ

 

セキセイインコ青あかちゃんと絵本のひろば 11時~

セキセイインコ黄絵本とよちよち1・2・3 11時30分~

会場は図書館2F 視聴覚研修室です。

お申込みは不要ですので、どうぞご参加ください!

 

 

チラシはこちらに上矢印

 

 

来館された際には、どうぞご覧くださいね星

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月15日

絵本の会 2016-9

テーマ:詩子

こんにちは、詩子です。

 

9月 絵本の会は、13日(火)に開催しました。

テキストの範囲は、前回から読んでいる

 

『子どもたちと絵本』 136p~140p

  「〈子どもってかわいい〉と思う危うさ」

 

の2回目でした。

 

 ピノ・ノワール      梨       月 満月

 

今回は、2部構成。

まず読んだ絵本は、

 

● 『となりに きた こ』

    岩崎ちひろ/絵と文 武市八十雄/案  至光社

 

岩崎ちひろさん(1918-1974)は、武生市(現・越前市)生まれ、東京育ち。

(そういえば、若かりし頃、ちひろさんの絵のポストカードを集めてたなぁ…。

どういうわけか、練馬の ちひろ美術館 行ったなぁ…。

などなど思い出がよみがえりました。)

 

今回、調べてみて、

自分が、ちひろさんのことを、ほとんど知らなかったのだ

と気付きました。

ちひろ美術館 が、日本ではじめての絵本の専門美術館 

だったのだということも、今回知りました。

 

今では、絵本美術館も、絵本の原画展 も、

そうめずらしいものではない気がするのですが、

少し前までは、日本でも、海外ですら、

絵本の原画はその価値が重要視されず、散逸することもあったのですね。

 

ちひろさんは散逸しないために、ご自分で大切に原画を手元に残されており、

それがコレクションの核となっているのですね。

そして、

画家の著作権獲得と擁護にも尽力されていたとは!

 

あらためて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

 ピーターラビット        野菜       ベンジャミンバニー       

 

 

次に、読んだのは

 

● 『キツネどんのおはなし』

  ビアトリクス・ポター/さく・え  いしいももこ/やく  福音館書店

 

です。

大きめの絵はお見せしながら、3人で、リレー方式で、読みました。

所要時間、50分強。

でも、面白かったです。

図書館にいてもなかなかできません。

この会だからこそできること!と、幸せに感じました。

(会のみなさん、ありがとうございます。)

 

ビアトリクス・ポター は、絵はもちろん、

物語の語り手としても一流だなぁと思いました。

 

『キツネどんのおはなし』 は、他の作品と比べても、

かなり文章が多い、長い物語です。

(しかも、いやなひと ばかり出てきます。)

でも、絵は 少なくても、物語そのもの を、

みなさんも 楽しんで聞いてくださいました。

目で読むのと、耳で聞くのとでは、やっぱり何かがちがうのです。

より深く、楽しめるなぁと思いました。

 

 

ビアトリクスは、 『キツネどんのおはなし』 を読んだ6歳の子どもから、

キツネどんとアナグマ・トミーの「その後」について、手紙で尋ねられています。

確かに、気になるのですが、

ビアトリクスは、ちゃんと返事をしており、とても興味深かったです。

今回は、「その後」を読み終えたところで、お時間となりました。

 

ちなみに、そのエピソードが書かれていたのが、

 

● 『ビアトリクス・ポター 描き、語り、田園をいつくしんだ人

  ジュディー・テイラー/著  吉田新一/訳  福音館書店

 

です。

今回ようやく、「読まなければ!」

と思っていたこの本を読むことができました。

ビアトリクスが、どのようにして、ピーターラビットの物語を

絵本にしていったかが分かり、とても楽しめる1冊でした。

『ピーターラビットのおはなし』が、

友人の子どもへの絵手紙から生まれた物語だとは

知っていましたが、

他の物語も多くが、先ずは、だれか、特定の子どもに向けて書かれていた

ということを、この本を読んで知りました。

 

     りす       フクロウ         どんぐり

 

次回は、

 10月11日(火曜日)

です。

前回、今回と、関連の深い内容でいきたいと考えています。

 

『ピーターラビットのおはなし』

『ベンジャミン バニーのおはなし』

『フロプシーのこどもたち』

  ビアトリクス・ポター/さく・え  いしいももこ/やく  福音館書店

 

の3冊を読む予定です。

 

 

ではまた。ごきげんよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。