<鯖江市図書館からのお知らせ>

★4月の休館日は4月24日(木)です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年04月25日

★児童室の展示★

テーマ:踊子

こんにちは、踊子です。



昨日のブログで町子さんが書いていたように、館内整理日

にはいろいろな作業をしますが、児童室の展示コーナーも入れ替え

ましたよー音譜


前回の特集は、『いちねんせいになったら』でしたが、今回は



『わたしのすきなこどもの本』です。






昨年の秋には一階のロビーで ダウン






県内の図書館司書が選ぶ『わたしの好きな一冊』という

展示をしたのですが、そのとき紹介できなかったこどもの

本を今回児童室で展示します。





その本の紹介コメントも合わせて展示してありますので、

本を選ぶ参考にしてみてくださいねニコニコ






PR
2014年04月24日

館内整理日です♪

テーマ:町子

こんにちは、町子ですウサギ



今日は館内整理日のため、図書館はお休みしていますsei


今月も普段できない作業をいろいろしていますsei



特集展示の入れ替えや…







書店さんの巡回や…






除草作業…




(↑屋上で除草するひとたち草


だいぶキレイになりましたよカメ





また明日、10時から開館いたします音譜

よろしくお願いしますぺこり

2014年04月22日

プレゼントにも使える簡単ブックカバー

テーマ:箱子

こんにちは。箱子です。



先日借りた本

『結ぶ・包む・たたむ 図解なるほど帳』リボン

    (ロム・インターナショナル著/河出書房新社)


を読んでいたら、ブックカバーとしても使える本のラッピングが載っていたので、

おうちで実践してみました。






★使ったもの : 雑貨屋さんでもらった包装紙



大きさは本の高さ+15cmくらい。


紙の上下を2㎝くらい折ります。



紙の中央あたりを、本の高さに合わせてじぐざくと折ります。

(※詳しいサイズや折り方は『結ぶ・包む・たたむ図解なるほど帳』100pを見てくださいね)


本にかぶせたら


できあがり~。

矢印のところがポケットになっているので、


しおりを入れたり、カードを入れたりできます。

 

リボンをかけるとプレゼント感がアップ!ハート


別の包装紙でも作ってみました。

ポケットに余裕を持たせれば、立体物も入りますよ~馬


自分の持ち歩き本用に作って、ポケットにメモとか入れておくのも良さそうです。


5分もあれば折れます。みなさまもお試しください花




2014年04月21日

ど根性花

テーマ:民子

こんにちは、民子ですこけし


図書館のそばの駐車場に、ど根性花なるものが咲いている

との情報を聞き、探しに行ってきました目


広い駐車場をキョロキョロしながら歩いていくと・・・




ありました!!

植込みのコンクリートとアスファルトのすきまから、にょきっと出ています。




横から見た図アゲ




灰色の駐車場で、きれいなピンクが目立っていましたよ音譜

枝に直接花がこんもり、びっしりとついています。

どこからやってきたのでしょうね。

けっこう幹が太く、がっしりしているので

人知れず長い間ここで頑張っていたのだろうと思います枝


図書館に戻って

『大人の園芸 庭木 花木 果樹』 小学館 627/オ

で調べてみました本


これはハナズオウ(花蘇芳)という落葉広葉樹で、

春に咲く花の色が、日本の伝統色“蘇芳色”ににていることから

この名前がついたそうですよ。

夏にはさや状の実豆がつくそうなので、

時期になったら見に行こうと思いますニコッ


よくど根性○○と聞きますが、

こうやって懸命に咲いているのを見るとやっぱり元気をもらえますね腕。


今日も一日頑張りますビックリマーク




2014年04月20日

絵本の会 4月

テーマ:詩子

こんにちは、詩子です。



はじまりの季節。

新しいお仲間も加わりましたし、

今年度も、絵本を楽しんでいこう!

(おー!)

と、決意も新たに、

4月の 絵本の会。


今月は、4月15日(火)に開催しました。

今月も、

 「絵本に登場するお母さん」

  (『子どもたちと絵本』長谷川摂子/著 福音館書店 p50~p53)

の続きです。


今回は、3冊 読みました。


 

『かいじゅうたちのいるところ』

 モーリス・センダック/さく  じんぐうてるお/やく  冨山房



『ピーターのいす』

『ピーターのてがみ』

 エズラ・ジャック・キーツ/さく  きじまはじめ/やく  偕成社



センダック と キーツ。



このお二人、1960年代を代表する絵本を

書かれているのですね~。


今回、同時に作品を読むことで、

初めて(!)

ちゃんと気付くことができました。


キーツが、 『ゆきのひ』(1962)で、

1963年度コールデコット賞を受賞。


センダックが、『かいじゅうたちのいるところ』(1963)で、

1964年度コールデコット賞を受賞!



同じ時代に生きていて、同じ空気感(?)の中で

作品を生み出したのだなぁと思うと、

ドキドキします。


しかも、

生年こそ違いますが、

どちらも、

ニューヨーク・ブルックリンのお生まれなのですよね~。


そんなお二人の作品を同時に読めるなんて!

感慨深いものがあります。



読んでもらうたびに、知るたびに、

どんどん絵本が好きになります ハート




次回の絵本の会は、

5月13日(第2火曜日)です。


○『はじめてのおつかい』

  筒井頼子/さく  林明子/え  福音館書店


○『おおかみと七ひきのこやぎ』
 グリム童話 フェリクス・ホフマン/え

         せたていじ/やく  福音館書店


の、2冊です。


ではまた。ごきげんよう~!







[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>