三六武道祭

テーマ:

11月6日(日)に第11回三六武道祭 少年少女なぎなた練成大会が

神明健康スポーツセンターで開催されました!

近年では県外からの参加者も増えてきて、今年は愛知県、滋賀県、岐阜県、石川県、福井県の約130名近くの小・中学生の参加がありました!

写真がなくて残念ですが、公開演技では愛知県弥富町の小学生から高校生がメドレーで

‘リズムなぎなた’を披露してくださいました。

福井県でも、中学生、高校生による‘リズムなぎなた’は披露していますが

小学生も‘リズムなぎなた’で、また一味違う、なぎなたを楽しめるといいな♪と感じました。

 

お昼休憩後は毎年恒例の福井高専剣道部対なぎなたの異種試合剣道 面

←これは3年前の画像ですゴメンナサイ・土台座

剣道の気迫のある発声と体当たりに立ち向かうなぎなたは、女性でありながら凛として逞しく見ごたえのある試合です。

 

こうして、試合の勝敗だけでなく、武道祭に相応しい内容も盛り込んで

なぎなた愛好者皆さんで楽しめる伝統的な行事を今後も続けていきたいですね(*^^*)

 

さばえスポーツクラブのサークル「武陵館中嶋道場」の小・中学生も

小学生は小学生らしく、中学生は中学生らしい、のびのびとした試合ができ

これからの自信に繫がったことと思います。

特に、小学生の低学年の部と高学年の部の試合競技の決勝は「武陵館」同士の戦いになり

ました!

身内同士の戦いで1位と2位に分かれましたが、終わった後は、とてもいい笑顔でしたニコ

お疲れさまでした音譜

 

 

AD