ヴォーカル中山タツオのBLOG

ヴォーカル中山タツオの徒然日記。


テーマ:


・愚痴をこぼす人には、「でも、その中で頑張っているね」と褒めてあげて

・そういう風に美しい物を見たときに反応する脳の部分と、おいしそうな物を見たときに反応する脳の部分は同じなんだそうです。わーおいしそうだなー、食べたい! という欲求と、わーきれいだなー、欲しい! という欲求は同じだということなんです。これは人間の、本能的な欲求ですよね。

だから、人の心をとらえて離すことがないと思うんです。人は美しい物を大切にしようとします。海辺で綺麗な貝殻を拾ったら、ちょっととっておこうと思うし、きれいな風景のポストカードが届いたら捨てないで、何処かに貼っておこうと思ったり。そうやって美しい物というのは、決してゴミになることはありません。長く残って、価値のあるものとして、ずっと時を重ねることができると思うのです。これは美しい物の力です。

・私は話すはずがないと思われていたし、学ぶこともないと思われていました。でも学ぶことから、考えること、そして創造することへと切り替えることができたから、私は今ここにいることができるのです。私はニューヨークで400人から800人もの人を前に話をしているのです。

●認知のゆがみ10種類

1.全か無か思考:白か黒か、成功か失敗かのどちらかで考える

2.一般化のしすぎ:いくつかの例だけを見て、「いつもそうである」「みんなそうしている」などと判断してしまう

3.心の先読み:相手の心を先読みし「返事がないのは嫌われたからだ」などと思い込んでしまう

4.双眼鏡のトリック:常にほかと比較し、「やっぱり別のランチの方がおいしそうだ」など自分の選択を後悔する

5.レッテル貼り:「自分はどうせ○○だ」と行動する前から結果を決め付けてしまう

6.責任の取りすぎ:何でも「自分が悪い」「自分のせいだ」と思い込む

7.完ぺき主義:理想が高く、ささいな欠点を見つけると極端に幻滅してしまう

8.マイナス化思考:どんな良いことが起こっても、マイナスに置き換えてしまう

9.感情的決め付け:自分がそう感じたら、事実もそのとおりになると思い込んでしまう

10.すべき思考:何でも「当然○○すべきだ」「絶対○○でなければならない」と頑固に思い込んでしまう
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
■メモメモ

■ムーンショット
フェラーリのデザインを任されたことで世界的に有名な、奥山清行さんの講演。
デザイナーの視点から日本の未来、世界の未来について。ぐいぐい引き込まれました。夜中にイッキ読みしたのなんていつ振りだろう。かなり長文なので時間のある時にじっくり読むのがお薦め。
オチも秀逸。また読み返そう。/
いつ来るか分からない15分のために常に準備をしているのがプロ、デザイナー奥山清行による「ムーンショット」デザイン幸福論 - GIGAZINE http://bit.ly/pgHqdf

■いつ来るか分からない15分のために、常に準備をしているのがプロで、来ないかもしれないからと言って準備をしないのがアマチュア。それだけの違いだと思います。プロとアマチュアというのはそんな小さい違いだと思ってます。

■英語圏が世界で一番人口が多いわけですが、それでも英語が理解出来る人間は世界人口の15%ぐらいだと言われています。
言語の壁を越えて行かないと、どんなに名曲でも届かないわけです。

■いちばん肝心な点は、第1章に描かれているように次の点なのです:「ジェニー・フィールズは次のことに気がついたのだ。それは、他人を驚かすことが尊敬を集めるということではなく、ささやかなプライバシーを維持しながら自立した生活を送る努力をすることこそが尊敬に値するということだ」

■デザートやバイキングは控え、食べ方も血糖値を急激に上げないよう野菜から食べ、そして、腹7分で、1日1.5食で、カロリーコントロールで健康管理されているようです。
さすが、美を追求する人なので、プロ意識をお持ちですね。とくに、50歳を超えると、食べ過ぎは健康に良くないので、勉強をされて実践されていることがよくわかります。

■それこそ、まさしくミュージシャンの役割だとも言えますね。
奥野 あるとき、Mr.Children の桜井(和寿)くんがライブで言ってくれたみたいなんだ。
「この先、もし自分が怪我や病気をしたとしても奥野さんみたいに
ニッコニコの笑顔でステージに立ちたい」って。
── なんか、嬉しいですね。
奥野 歌ってさ、「俺、元気だよ!」ってメッセージも伝えることができるんだよね。遠くまで。
── はい、気持ちが沈みきっていたら
「この素晴らしき世界」なんて歌えないですよね。
奥野 歌えない、歌えない。
俺なんかとくに、こういう状況だから
気持ちを前向きにしとかないと、絶対に歌えない。
── 逆に、歌を歌うことで‥‥。
奥野 そう、前向きになれるんだよ。
歌を歌うと、どんどん元気になれるというか。
── 歌の持つ力、ですね。
奥野
だからさ、そういう「歌」があるからこそ、こんな怪我したけど
やっぱり、この世界は
「この素晴らしき世界」なんだと思う。

■【スターの孤独】
私はマンガや映画を見ては英雄になりきっていました。
そうやって何度も夢を叶えてきました。
私は子供の頃、
歌なしでは一日は終わらず
友人もできず
道もないと知りました。

だから歌い続けます。
by エルヴィス・プレスリー

■幼少期に受けた虐待によってハンデキャップを負っているにしても、知らないことがあるという事実に気付き、「知らないことを知る」ことで社会との接点を確保する努力をすべき

■いけすの中に魚がいて、ずっと泳いでいると活きが悪くなってみんなだんだん死んできて、そこにナマズを1匹入れると、変な魚が来たのでびっくりして、活きがよくなって、死ぬ魚が少なくなるんだそうです。僕はイタリアでナマズでしたし、日本でもナマズなんですけど、何が言いたいかっていうと、ものの本質というのは、実はその中にいる人間っていうのは意外と分かってない。

■さっきアマチュアとプロの話をしました。アマチュアというのは実はすばらしいアイディアを持っていて、それでプロよりも非常にいい思いつきをするんですね。プロというのはものを知っているだけに、実は一番保守的です。長年同じことをやっているプロというのは、実はアマチュアよりもインスピレーションという意味でははるかにレベルは低いです。ところがなぜプロがプロたる仕事ができるのかというと、アマチュアはたった1枚の企画書、1枚の絵、たった1個のアイディアに満足して先に進まない。プロは最初はろくでもないアイディアが出てきて、なかなか会議でもアイディアが出ない。だけどもそれを100回続けて、100個の中から1個を選んで、そういった人間が予算を取って100人集めて、合計1万個の中から1個のアイディアを出すから、いいものが出るのが決まっているというシステムを作るから、プロはプロたり得るのだと信じます。プロというのはシステムで仕事をする人間である
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■幸福感を持っている人内的な特徴は4つ
①自分自身のことが好きである
②主体的に生きているという感覚
③楽観的であること
④外向的であること
であると指摘されている

■どんな人間が増えたら世界は楽しくなるのか?
どんな人間が増えたら自分は嬉しくなるのか?
「一流を体験することで、自分自身の当たり前の基準を底上げしよう」ってこと

■自分の先天的な才能に気づき、それを毎日磨き続けなければ、その「天才性」は維持されない

■恋には下心がない。恋の文字の下にある心の部首名は『したごころ』じゃなくて『こころ』。『したごころ』があるのは『忝』『恭』『慕』の三文字だけ

■心理学者であるベイアス(1991)らは、3000人以上の人間を対象にして、
「決断が早く、行動力がある」人の性格特性を調査しました。
その結果、決断が早い人間は、ほとんどが、「周囲の人に相談しない」ということが分かりました。
相談しないからこそ、決断が早く、行動できる。

■偉人/パトリック・ムーア卿(1923–2012)

功績:パトリックが司会を務めた"The Sky At Night"は50年以上続いている有名なTV番組だ。2001年、天文学への広範囲にわたる業績から騎士の称号を授かった。

パトリック・ムーア卿は完全に独学で天文学を身につけた人物で、時折シロフォンを奏でたり、猫好きだったりと、その風変わりな性格で知られる。
彼は11歳でイギリスの天文学研究会の最年少メンバーになり、13歳の時に初めて発表した論文は、月の裏側にあるクレーターの"危難の海"がテーマだった。そして16歳の時には、どこかのボスみたいに片眼鏡を使ってパイプをふかしていた。

■現在の学生のほとんどは、絶えず正解を与えられて、採点をされて育ってきているために、自分の学力や成績を正しく評価されないと怖くて前に進めないという傾向があります。この傾向は人の評価に振り回されてしまうことにもなりかねません

■自分が好きな歌は、エゴイスティックな気持ちが少ないもので、「音楽そのものになりたい」っていう感じのものなんです。
ライブで歌うことも、好きになれたのはここ数年で、昔は「なんでみんな自分の方を見てるんだろう?」って思ってて。自分はただどこかにある音楽を、身体を通して歌っているだけのつもりなのに、お客さんはみんな私の表情や服装を含めて、「これが坂本美雨なんだ」という感じで見てる。ありがたいことなのに、最初は違和感がありましたね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
■メモメモ

・オレたちは「理由」で行動してきた。
でも、もうそんな生き方やめようぜ。
もう人類の夢である「安定、安全」を手に入れたんだから。
そう、熱くなるような人生を送ろうぜ。
だったら
「無謀」「無償」
「無益」「無意味」
なことをしまくるしかないんだよ。
そこに「理由」がないから「素敵」なんだよ。

・つまり人は、絵を描き出した時に祈りを始めてる、祈りを形に表そうとして絵を描き出している。表現は祈りとそもそも表裏一体だった。それがわかったので、僕はそのことをしっかり掴んだら、いいアーティストになれるんじゃないか、それで神主になった。

・YouTube再生順にソートする 方法
&search_sort=video_view_count


■偉人変人列伝
リチャード・ファインマン(1918-1988)

功績:ノーベル物理学賞を受賞したアメリカ人。彼は原子爆弾の開発に助力し、チャレンジャー号爆発事故の調査も行った。

ファインマンは徹底して飾らない人柄で、常に(良い意味でも悪い意味でも)多彩な発言やジョークを言うことで知られていた。ボンゴ(小型のラテンドラム)を叩きまくるのが大好きで、自由な精神を持っていた彼には、LSDやケタミン、マリファナを研究してるという噂もあった。2度目の離婚の理由は一日の生活は、ボンゴを叩くか、微積分を解くかのどっちかしかしていなかった為とも言われている

カリフォルニア工科大学在籍中はトップレス・バーを研究室代わりにしたり、紙製のプレートマットにアイディアが浮かんだ時の図面や、物理方程式を描いたりして周囲を驚かせた。詩人、アーティスト、そしてサイエンティストでもあった彼は多才な偉人だったのだ。

■クリエイティブな名言
ジョージ・バーナード・ショー(1856年 - 1950年) 劇作家

・空想は創造の始まりである。
願いごとを空想し、次に空想したことを願いだし、
そしてついには、空想したことを創造する。

・人は存在するものだけを見て、「なぜそうなのか」と考えるが、
私は存在しないものを夢見て、「なぜそうではないのか」と考える。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。