2011-12-31 07:40:24

今年eBayが行った変更点を復習しましょう!

テーマ:■eBay
おはようございます! SAATSの林です^^


今日はいよいよ2011年の最終日、12月31日ですね!


今年1年皆さんにとってどんな1年だったでしょうか?


充実した1年だったでしょうか? 飛躍した1年だったでしょうか?


それとも煮え切らない1年、もしくは最悪の1年だったでしょうか?



うまく行った人はそのいい状況が来年にもうまくつながるように、
そしてその状態を壊さないように、年末年始でしっかり来年の戦略を
イメージしてくださいね。


うまく行かなかった人は、私がお勧めするのは、とにかく何か一つ
毎日コツコツするというルーチングを決めて、明日から実行してください。


私はとにかく毎日4時起きでメルマガを毎日配信するというのが
来年の全目標のうちの1つです(苦笑


365日毎日の4時起きは難しいとは思いますが、
毎日やるという行為が大切なのです。


さて、今日はeBayが今年一年どんなユーザーに直結する
ポリシー変更やその他もろもろを実施してきたかを
復習してみましょう。


ご存知の方もいるかも知れませんし、そうでない方もいるかも知れませんが、
eBayでは2008年秋より、毎年2回のSeller Update(セラーアップデート)という
重要な変更内容が発表されます。


時期的に3月末に春のアップデート及び実行、
7月に秋のアップデートを発表し、9月に実行といった感じです。


もともとバイヤーに有利なマーケットプレイスであるeBay
ですので、多くの変更はバイヤーにとっては有利で、セラーにとっては
不利なものが多いですが、中にはセラーにとっても良い変更もあります。



じゃあまず今年春のアップデートではどんな変更があったのでしょうか。



まずは4月19日から有効となりました、ストアを持っていないセラーは
毎月50品までオークション形式のInsertion Fee(出品手数料)が
無料で出品できるようになったことが大きいですね。


オークション形式で始め、即決価格も設定した出品形式も
送料無料が適用でき、従来のように開始価格が高くなればなるほど
Insertion Feeが上がっていたことを考えると、月々50品までは
手数料を気にすることなく出品できるようになったのはいいでしょう。


更には7月6日より、


固定価格価格(ストア保持者及びストアを持っていないセラー)と
ストア保持者のオークション形式出品の
Final Value Feeパーセンテージが低くなりました。



これはセラーにとっては完全にメリットある変更のようの思えました。


ただ、eBayもただでは出品手数料をや落札手数料を
下げてはくれませんw


ここでeBayは新しい方針を打ち出してきました。


それは7月6日より落札手数料(FVF)は落札価格に
セラーが設定したアメリカへ国内への最も安い送料が
足された金額に対して落札価格が請求されるようになりました。


つまり商品代金に対しても落札手数料、アメリカ国内への
最も安く設定した送料金額に対しても落札手数料が別途
分けて請求されるようになったのです。


これは今までのS&Hチャージ(送料及び取扱手数料)という
欧米イーコマースでは当たり前だった、実送料に加えて
郵便局までの交通費、梱包材料費、梱包手間賃等を
ハンドリングチャージとして請求していた行為が
逆に裏目にでることになったのです。


なぜなら高く落札手数料を請求すればするほど、
逆に落札手数料が上がってしまうからです。


これは輸入組のバイヤーにとってはいいですね。


販売価格を下げて、送料で稼いでいたセラーは
これがしにくくなるからです。


高く請求すればするほど、落札手数料があがるのですから。


ただ日本人セラーにとってはこれは痛い変更でした。


確かに落札手数料の率は少し減りましたが、
逆に送料も考慮に入るようになってしまったため、
軽い商品はいいですが、重たい商品でどうしても送料が
かかってしまう商品もあるわけですから、そういった商品を
販売するセラーにとってはこの変更は痛い変更となりました。


送料無料を提供することにより落札手数料の請求は
免れることができます。


これは明らかにAmazonを意識した変更で、セラーに対して
eBayがアメリカ国内のバイヤーへは送料無料を
提供して欲しいという願いの現れですね。



春のアップデートでもう1つの目玉変更となったのが、
パワーセラーの落札手数料5%オフの優遇が6月より
廃止となりました。



これによりパワーセラーのメリットは、TRS(トップレートセラー)
になるための切符を手に入れた以外にはほぼメリットは
なくなってしまいました。


eBayの説明ではパワーセラーの落札手数料優遇を
廃止することにより、セラーによりTRSになることの
メリットを見出してもらい、より良い顧客サービス及び
出品活動をしてほしいという願いからです。



これに関する詳しい情報は弊社の3月17日の
ニュース記事を参照にしてください。

2011年春のアップデート手数料改定 : eBay


あと春に変更があったのは、固定価格出品(Buy It Now)
の出品に対しては、ショッピングカート機能が導入
されたことです。


これにより、バイヤーは別々のセラーからの購入をそれぞれ
別々に支払うのではなく、カートに入れて最後に1回の
決済で支払うことが可能になりました。



セラーにとって重要なことですが、このカート機能が
みなさんの出品に表示されるようにするためには、
各国への送料をちゃんと出品ページのプルダウンメニュー
にてどこの国のバイヤーがみても送料が表示されるようにして
いなければなりません。


送料入力をせず、商品説明文に表にて送料を記載することが多い
日本人セラーはここを気をつけたほうがいいですね。


Amazonがバイヤーにとって人気がある理由の1つとして
カート機能であるとeBayは認識しているのです。


たとえ違うセラーからの商品でもどんどんカートに追加して、
最後にまとめて決済できるAmazon。


これをeBayも目指しているわけです。


ということはこのカート機能が使えない、
言い換えればプルダウンで送料が記載されないセラーの出品は
バイヤーに少なからず敬遠される可能性もあります。


ただ、バイヤーでもまだこの変更を知らない人も多いので、
そんなに気にすることでは現在のところありませんが、
カート機能が加わった意図は頭に入れておいてください。


バイヤーのユーザビリティ向上の為です。



あとはeBay出品フォームの送料設定項目ですが、
従来はDomesticもInternational shippingも
設定は3つまででしたが、


春よりDomesticは4つまで、Internationalは
5つまで設定できるようになったため、特に
海外発送の料金設定はより自由度が以前と比べて
でましたね。


最後にもう1つ重要な春のアップデートとして、
eBay.comに出品する際に、イギリスとオーストラリア
への送料を設定して出品した場合、


セラーの出品はeBay.co.ukとeBay.com.auにも
ISV(インターナショナルサイトビジビリリティー)
の追加手数料なしに、検索結果に表示されるように
なりました。


これはセラーにとっても販路が増えるわけでしたので
良い変更でしたね。


詳しくは弊社の6月3日のニュースを参照して下さい。
豪eBay USとUK出品を表\示開始へ : eBay



とここまでが春のアップデート内容でした。


次に7月15日に発表された秋のアップデート内容についてです。


だいたい春の変更が毎年大掛かりで、夏の変更は
サブ的な変更です。


まずは9月1週目より、出品タイトルが従来の55文字から25文字
増え、80文字に増えたことです。


これはセラーにとってよりタイトルにキーワードを
盛り込むことができ、いいことなのですが、
検索結果に全ての80文字のタイトルが表示されていない
ケースが多く、なんのためのタイトル文字制限アップ
だったのか?という疑問も出ています。


9月30日の弊社のニュースを参照してみてください。
タイトルは55文字~80文字に増えたが : eBay


あとはカタログ機能を利用させるカテゴリーが増えたこと、
それからMy eBayの仕様が少し変更し、Purchase History(購入履歴)
という項目が設けられ、過去2年間の購入履歴が全てここで
保存されるようになりました。


以上がここ1年間のeBayの変更状況でした。


もっと詳しく復習したい場合はeBay Japanの下記のサイトを
参照してください。


2011年春のアップデート


2011年秋のアップデート



長くなってしまいましたがeBayの今年1年のセラーに対しての
戦略は、いかにセラーにFree Shippingをバイヤーに対して
提供させるかということでした。


顧客満足度という面でAmazonに負けているeBayは


2009年秋に加えられた「eBay45日間バイヤープロテクション」
という45日間の「商品代金 + 元の送料の完全補償」に加え、
「送料無料」「ショッピングカート導入」を浸透させ、
何としてもAmazonに対抗したいのでしょう。


来年も当然eBayには多くの変化が訪れるでしょう!


弊社SAATSニュースは、こういったeBayを主とした
海外イーコマースを毎日配信しているだけでなく、
発表後スピーディーに配信するよう努力しています。



ぜひ皆さんの情報源としてご利用ください^^


それでは2011年も大変お世話になりました!


昨日も書きましたが、eBayを絡めた輸入もしくは輸出ビジネス
は楽しいですよ^^


グローバルなビジネス展開をして行きましょう!


eBay公認コンサルタントである私のもとで
eBayビジネスを学びたい方は、SAATSに
いつでもご入会ください^^


SAATSに所属する他のヤル気あふれる会員様も
日々SNS内で情報交換していますので、
モチベーションアップにもつながると思います!


それでは良いお年を!

Happy New Year!!



━SAATS NEWS 本日のピックアップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Cyber Mondayがオンライン・セールで12億5000万ドルを売り上げて今年の年間売上1位となり、オンラインショッピングでこの日を含め10日が今年10億ドルを突破した。消費者は現在まで353億ドルを費やし昨年比15パーセントの増加となった。12月25日を最終日とする週は28億ドルを記録し昨年同時期の16%の増加となった。





クリスマス用にスマートフォン、タブレット、電子リーダー、そしてデジタルコンテンツギフトを手にして、あらたアプリを入れる人は多い。デジタル・コンテンツ今日までのホリデーシーズン中(11月1日から12月26日)の平均はDigital Content & Subscriptionsが小売イーコマースの2.85%を占めたが、クリスマスには、同カテゴリーの販売は20%を超えた。以前と同様に、comScoreは、好調なセールスがクリスマスに続く週全体に続くことを予期している。



「ホリデーシーズン中イーコマースの支出はその間ずっと好調でした。2年連続してオンラインの最も売上の多いオンライン日がCyber Mondayになり2億5000万ドルが費やされた。しかし、さらに、今年日は10億ドルを超えた日が9日あることに注目して欲しい」


昨年、ComScoreは、308億1000万ドルに達して、オンラインホリデー特別セールが2010年12月26日を通して13%上昇したと報告した。

━━eBay 取引例文━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーではeBayで使える英文をご紹介致します。
商品名等はあくまでもサンプルで入れているモノです。



【日本語】


お正月休みに入りますので郵便局がお休みで発送出来ません。

発送は1月5日になります。

発送まで今しばらくお待ちくださいませ。
  ↓

【英 語】

Since Japan will be on new years holiday,
I cannot ship it out due to the close of business at Japan Post.

The earliest shipping will be on January 5th.

Please wait for the shipment until then.



━━Terapeakからワンポイントアドバイス━━━━━━━━━━━━━━━


今年も多くの方にTerapeakをご利用いただき、
ありがとうございました。


来年も大小のサイズを問わず、より多くの日本在住のイーコマースを営む
マーチャントの方々に対して落札データに基づくeBay市場の
知見を提供させて頂き、より賢く、効率よく売上を伸ばせるよう
サービスを提供させて頂きたいと思っております。


来年もどうぞよろしくお願いします。


Terapeakチーム


━━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本当に今日で2011年が終わってしまうんですね。


本当に1年が早いです。


来年の年末も何も出来ずに終わったなーと反省する
いないためにも、2012年も時間を無駄にせず、
どんどん前進していきたいと思っています。


明日は私の来年の抱負でも書こうと思っています^^


それではSAATS会員の皆様を始め、メルマガを読んでくださっている方々、
弊社のセミナーにお越しくださった方々、


Terapeak、SAATSスナイパー、MercahntRunをご利用して
頂いておりますすべての方がに感謝いたします。


来年も有益な情報を皆様に配信させて頂きますので、
今後共よろしくお願いします(_ _)


もう一度、Happy New Year^^



━━SAATS提供サービス & メディア━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【SAATSオフィシャルサイト】 http://www.saats.jp/
【SAATSオフィシャルFacebook】 http://www.500rpm.jp/Facebook.html
【SAATS林一馬のFacebook】http://www.500rpm.jp/Kazza_facebook.html
【SAATSオフィシャルTwitter】 http://twitter.com/saats_jp
【SAATSオフィシャルブログ】 http://ameblo.jp/saats/
【eBayサポートサービス・SAATS】 http://www.saats.jp/join
【SAATS LIVE PORTAL】 http://www.saats.jp/portal/
【SAATSniper】 http://www.saats.jp/saatsniper/
【Terapeak JAPAN】 http://www.terapeak.jp/
【MerchantRun JAPAN】 http://www.merchantrun.jp/

AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード