ピンク猫のノスタルジック・ジャーニーズ♪

東日本を中心とした鄙びた温泉宿や歴史ある町並、建物、
明治~昭和初期にかけての洋風近代建築を巡る思い出ブログです。
温泉はなるべく鄙びとかけ流しにこだわります。
自分の過去の旅をまとめたいため、やっています。


テーマ:

銭湯 「朝日湯」 ネオンサインが鮮やか 車道からは奥まる立地
朝



JR新潟駅から一番近く肌もツルツル温泉銭湯

場所・ 新潟県新潟市中央区春日町10-18

電話・ 025-244-7445

開業・ 昭和15年(1940)

竣工・ 昭和中期はてなマーク

構造・ 木造湯屋建て P6台

風呂・ 男女別 内湯1ずつ (月)休み 

料金・ 立ち寄りのみ 420円 14時30分~22時

備考・ お風呂セット必要 ドライヤー無料 人工温泉

最終訪問・ 2014.09

新潟市の若者の町、万代(ばんだい)の路地の奥にあり隣はボクシングジムがあります音譜
JR新潟駅から徒歩7分で駅からは一番近い銭湯になりますあし
この銭湯の前の道路はいつも通るのでその路地の奥にある温泉マークの赤いネオンサインは以前から気になっていました温泉
車道側に「ミネラル温浴」と看板が出ているのでそれが分かりやすいかと思います目


銭湯に行く前に寄った長崎ちゃんぽんの店(個人経営)
ちゃん
麺は伸びてるし味も薄く残念だったので店名は伏せます汗


Pは銭湯の後ろ側にあり解かり辛いのですが銭湯横の路地を入って右折して住宅街に入るとありますあせる
道もPも狭いので軽とか小さな車で行くか、運転の上手い方に行ってもらった方が良いかと思いますグッド!
後ろのPからは銭湯の横の人1人が通れる幅の路地を行くと銭湯の表側に出れますあし
このアプローチがまたたまりませんビックリマーク
この銭湯はネオンサインがあったりして外見は新しいのでそんなにタイムトリップ感はないかもですあせる


新潟市のシンボル「萬代橋」信濃川河口に架かるアーチ橋
万

「万代」の地名の由来に 昭和4年(1929)竣工 国・重文


玄関を入ると玄関周りは改装されてきれいですキラキラ
左手の番台の方に料金を払うと「市内はてなマーク」と聞かれたので駅から近く周りにビジネスホテルなども多いので県外からの人も来るのかも知れませんホテル
市内の場合は10回分スタンプを集めると1回、100円で入れるポイントカードを頂けますが、私の家からは10キロ以上あるのでなかなか通うのはキツイなあ車
定期的に万代に用事で来ることもないし汗
まあ期限はないようなので今後、万代に遊びに来た帰りなど寄っても良いかも知れませんひらめき電球


「朝日湯」玄関ホール 左に受付 下駄箱もある
朝日2

脱衣場は玄関と仕切りがあるので女性も安心ラブラブ


男湯はそこから左側、女湯は右側にあり玄関・休憩所・番台と脱衣場は完全に分けられた現代の造りですグッド!
女湯の脱衣場は入口の1枚目の扉の中にさらにもう1部屋あり奥まった造りなので安心です音譜
女湯」ののれんの向こうは脱衣場でここまで来るとレトロ感があり嬉しかったですラブラブ
男湯との仕切り壁には鏡がありそこに貼られている広告が昭和レトロです目
この銭湯は現代アレンジがされているので男湯側との仕切りも高い造りでこちらも安心ラブラブ
脱衣場の広さは10人くらいいても大丈夫な広い造りで浴室はさらに広く開放感があります音譜
この広さは今までの市内の銭湯にはなく駅前で人が多いという立地もあると思いますひらめき電球
靴と脱衣場のロッカーにはそれぞれ鍵もあるので防犯上も安心できますグッド!
今は使われていないと思いますが、年代もののレトロお洒落な空調もありました目


「朝日湯」女湯側入口 玄関の右手にあり向かいには休憩所
朝日3


浴室は左右の壁にシャワー、カラン11台が並び、真ん中の島にはカランのみですニコニコ
男湯の方は女湯よりもシャワーの数は少ないそうです耳
シャワーも固定とホースの付いたものがありますべーっだ!
水圧は低めですが湯の温度は適温で使い勝手は良いですグッド!
湯がやわらかく優しい肌触りで気持ちよく洗髪することができました音譜


所々よく見ると昭和レトロなタイルが残り一見、近代的に見えてレトロ風味もある使い勝手の良い銭湯ということでここはなかなか繁昌していると思いますアップ
主人も客層も若い世代が多く、今まで行った市内の銭湯のように高齢者しかいないという状況ではありませんでしたチョキ
行った時間が21時頃ということもあるかと思いますがあせる


「朝日湯」女湯 脱衣場への2枚目の仕切り
朝日4

ここから先は人がいるので撮影自粛


最後に楽しみにしていた湯ですが、ここは3つの浴槽があり左から「あつ湯」「ジャグジー」「ラジウム鉱石温泉」とあります温泉
この「あつ湯」と「ジャグジー」は同じ浴槽の中にあるので熱くて足しか入れませんでしたあし
湯の色は入浴剤でラベンダー色でしたが臭いはありませんDASH!
私が気に入ったのはぬるめの「ラジウム鉱石温泉」ですラブラブ
やはり温泉好きとしては人工温泉でも入りたいです、田舎や山ではなく市内の真ん中で入れるならグー
湯はもちろん循環されていますが柔らかい肌触りの良いぬるめの湯に包まれとてもリラックスが出来ましたチョキ
この浴槽の中のタイルも昭和タイルレトロで嬉しかったですラブラブ
湯が柔らかいせいなのか、温泉のおかげなのか、浴後は肌がツルツルになりましたラブラブ!
そして天然の温泉でもないのに体がいつまでも温かく、下手な特徴のない循環塩素の温泉より良いと思いました!!
銭湯で肌がツルツルになるというのは初めての体験で嬉しかったですにひひ


「朝日湯」女湯 タイル的に昭和中期の改装はてなマーク右端が温泉
朝日

レトロな色合いで可愛い 男湯も変わらない造り


浴後は少し待ったら浴室には誰もいなくなったので脱衣場の方に断わって浴室を1枚だけ撮影させてもらいましたあせる
ここは立地が良く使い勝手も良く湯も良いのでオススメだと思いますグッド!
ちなみに男湯はひっきりなしにお客さんが出入りし浴槽には旦那しかゆっくり入る人はいなかった様子あせる
それにしたって人がたくさん出入りするということは安泰な銭湯ですねグッド!
隣はボクシングジムなのでムキムキな人がいるかと思いましたがいなかったそうですグー

駅近・温泉・レトロ風味銭湯好きの方にもオススメです(^^♪


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

温泉・洋館・レトロ大好きピンク猫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。