ロジャー・プラッツさんは、英国でも定評のあるデザイナーで、ナーサリーも経営していらっしゃる。

その彼が、今年八年ぶりにチェルシーで庭を作ったそうで、これが彼の作品。 

縦長写真ですから、スクロールして見て下さいね。


ううん、さすがゴールドメダル。 

トラディショナルな英国の庭のスタイルで、落ち着きのある素晴らしいお庭ですね。


2ヶ月以上前から作りはじめるショウガーデンとはいえ、この、「ずーとここにあったみたい」な雰囲気。

広い庭で、右上に見えるサマーハウスのような建物の正面には池もあるし、

その向こうにはローズパーゴラもありました。


園内の巨木たちも、景色を作ってくれています。

美しい鳥のさえずりが始終聴こえる、素敵な環境でした。


ガーデンデザイナー 秋元ふみ子のひとりごと

AD

Grow Your Own! 英国ベジ事情


最近英国ではよくその言葉を目にしたり、耳にしたりします。


自分で育てよう、という意味で、大抵の場合は野菜を育てることをあらわします。


この野菜たちの素晴らしいディスプレイは、今年のチェルシー・フラワーショウのテント内ディスプレイ。


どうです? 花達に負けず劣らず。 美しいパフォーマンスですね。


経済的で、しかも安全な野菜を口にできるとあって、英国では自分で野菜を育てる人が急増中。


都会のロットメント(レンタルのスペース。 市民農園のようなもの)は何年も先まで予約がいっぱいとか。


今年は、私も挑戦しようかしら。 ・・・とはいえ、場所ないし、時間も・・・。 

そうだ、スプラウト( 種から発芽させて、比較的すぐに収穫するもの)だわ!


結果はまたお知らせしますね♪


ガーデンデザイナー 秋元ふみ子のひとりごと-Grow your own





AD

ひかり

テーマ:


あっきぃのブログ-ギンヨウアカシア


あっきぃのブログ


神々しい 紫のひかり


朝のひかり 音譜


満開のギンヨウアカシアの花を照らして


銀色の葉と雨のしずくを通り抜けて


わたしたちに降り注ぐ


わたしたち全てに降り注ぐ


AD